司法書士の資格をとったらどのような仕事があるのか?

ご存知でしょうか?
司法書士の仕事内容について。
敷居が高いイメージの職業ですが、意外と身近なところでお世話になることも多いのが、この司法書士です。
近年は超高齢社会のため、成年後見や遺言・相続などでも役立ち、活躍の場が広がっている注目資格のひとつです。

そこで今回は、司法書士の仕事内容についてまとめてみました。

司法書士の仕事内容

登記(不動産・商業など)

司法書士の最重要業務は登記です。
土地・建物の登記は不動産登記、会社の場合は法人登記と呼びます。

登記には様々な利害・権利が絡むので、司法書士資格がないと行えません。

現役司法書士が関わる業務の大半は、この登記業務になります。

不動産登記

土地・建物などの売買・相続の時には、それらの所有権を明確にするため、登記を行います。

不動産・会社など、有象無象の資産を所有するためには、登記をした上で自分名義にする必要があります。

この登記により、はじめて「その資産が誰のものなのか」ということが法的に確定するのです。


商業登記

会社を設立する時に必要な書類作成・手続きを行います。

成年後見

認知症・障害等で判断力が十分でない人(被後見人)の財産や生活を保護する為、後見人が本人の代わりとなって権利・財産・生活を守ることができる制度が、「成年後見制度」です。

法的専門知識を持つ司法書士は、後見人として期待される存在です。
このため、超高齢社会の影響もあり、今後より一層拡大していく業務範囲と思われます。

債務整理

借り入れ金額が大きすぎて、返済困難になっている人や、多重債務・過払いに陥っている人の支援のため、返済計画の策定などを行います。

遺言・相続における支援

超高齢社会の影響もあってか、遺言・相続の相談も増えつつあります。
遺言や相続を、トラブル無く円滑に進めるためのアドバイスや、万一、相続争いとなった場合のアドバイスや相談などを行います。
司法書士は、これら手続きを行い、資産を次の世代へとスムーズに引き継ぐためのお手伝いも行います。

代理・裁判事務(※一部の簡易裁判に限ります。)

司法書士資格の取得後、法務大臣の承認を得ることで、訴訟額140万円以下の簡易裁判ならば、司法書士が法廷での弁護・弁論ができることになりました。
部分的にではありますが、弁護士同様、法廷に立ち、弁護活動の代理ができるようになった訳です。
司法書士が法廷に立てる裁判件数は増加傾向にあるため、今後の発展も大いに期待できる分野です。

法律相談

司法書士は、身近なトラブルの際にもお役に立てることがあります。

例えば、、、
・友達に貸したお金が返ってこない
・ネットショップで買った品物が届かない
・土地や会社の権利関係のトラブル
などの場合、司法書士がお役に立てることがあります。

その他

債権譲渡登記・動産譲渡登記・筆界特定手続業務・供託業務・帰化申請・審査請求などです。

まとめ




いかがでしょうか?
ここまで述べてきたとおり、司法書士の業務フィールドは幅広く、今後活躍の場がさらに増えて行く、魅力ある資格です。
ぜひ、資格取得をご検討されてはいかがでしょうか?