公認会計士の年収を活躍フィールドごとに見てみる

公認会計士は、キャリアフィールドや勤務先の規模などによって年収が大きく異なってきます。
監査法人、コンサルティングファーム、一般企業など働くフィールドにより様々です。
また、規模によっても、大きく変わってきます。
そこで今回は、タイプ別に公認会計士の年収を調査してみましたので、簡単に紹介して行きたいと思います。

キャリアフィールド別、公認会計士の年収目安

今回は、公認会計士の活躍フィールドを「監査法人」「コンサルティングファーム」「会計事務所」「事業会社」「ベンチャー企業」の5つに分類しておおよその年収を紹介していきます。

監査法人:年収約600万円~1000万円台

まず、公認会計士は、監査法人からキャリアスタートする方が大半かと思います。新卒で監査法人に入所してスタッフとして働き始めた場合、残業代にもよりますが、だいたい400万円後半〜500万円代の年収となることが多いです。初任給がおよそ30万円程度でそこにボーナスと残業代が発生するため、事業会社に勤める場合と比べてかなり高い水準の年収になります。経験を積みシニアに昇格すると600万円〜800万円、マネジャーに昇格すると800万〜1000万円程度となります。
最近では、約3〜5年で監査の次のキャリアについて模索する方が多い傾向にあります。公認会計士としての知識・スキルを活かしてどのようなことが出来るのか、前向きに考えて転職される方もいますし、単に監査に飽きたという方もいらっしゃいます。いずれにせよ、監査法人にいるうちに、「インチャージ」経験やアドバイザリー等の「非監査業務」を経験しておくことで、転職先の幅は広くなりますので、転職する際はじっくり考えるとよいでしょう。

ポジティブな理由、ネガティブな理由ともに様々ありますが、転職する人は多くなっています。
なお、監査法人にもbig4〜中規模・小規模までありますが、中堅・中小の監査法人だと年収はbig4に比べて100万円〜200万円程落ちることが多いのですが、big4に比べて、経験や年齢が浅くても、インチャージやマネジャー経験が積みやすくなります。

コンサルティングファーム:年収約600万円〜800万円台

big4系や独立系、戦略系、fasなど様々あります。
なお、年収は比較的高い水準であり、1000万円を超えるものも多いのですが、監査法人からの転職の場合、年収が落ちることが多いです。
将来の独立やその先のキャリアのことを考えて、コンサルティングファームに転職される方が多いため、一時的な年収の低下は問題無いと考える方が多いです。
若手の会計士の方の場合、「会計・監査の知識を活かしてなんとなく別の仕事がしたい」、という方も多くいらっしゃいますが、そうした方の場合、FAS(ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス)系のコンサルティングファームに転職される方が多いです。M&Aや再生などの業務においては、財務デューデリジェンスやバリュエーション(企業価値評価)等で比較的監査業務の経験が活かしやすくなるためです。

会計事務所:年収約600万円台~

税務を経験したいという理由で会計事務所へ転職する人も多くなります。こちらも将来の独立を見据えて税務を経験しておきたいという公認会計士の方が転職するケースが多いです。
税務の経験の無い方が多いかと思いますので、転職時の給与は下がることが大半ですので注意が必要です。

事業会社:経営企画であれば年収約750万円位

昨今、公認会計士の方の人気の転職先が事業会社です。ただし、監査法人からの転職だと年収はかなり下がります。
やりがいや福利厚生、ワークライフバランスなど転職理由は様々です。

CFO(chief financial officer:最高財務責任者)や経営企画として転職できれば年収は比較的高めであることが多いですが、経理や財務部門での転職の場合、かなり年収は下がります。(経営企画よりも約100〜200万円程度下がることが多いです。)年収だけが全てではありませんので、ご自身がどうしたキャリアを積んで行きたいのかよく考えて転職先を検討されるのがよいでしょう。

ベンチャー企業:年収約650万円~

IPOや資金調達等が主業務のことが多くなります。

なお、ベンチャーは会社自体が発展途上のため、自分で諸システムを構築して会社を自らで作り上げていく実感・やりがい等はあることが多いです。監査法人で多くの企業を見てきた経験が生かせる環境でもあり、公認会計士を必要とするベンチャー企業は多くなっています。

年収も影響している?監査法人へ出戻り転職する公認会計士が増えている

ちなみに最近は、事業会社へ転職したものの、監査法人へ出戻る公認会計士も増えています。
というのも、事業会社の場合、公認会計士のプロフェッショナルとしてのスキルのみならず、コミュニケーション能力や調整力など、その他のスキルも必要になってくるため、うまく合わせることができずに辞めてしまう方も少なくないです。また、当初予定していた業務では無い業務が割り当てられることもあり、話が違うということで辞めてしまう方もいます。
また、監査法人から事業会社への転職の場合、年収が下がることは認識していたものの、昇給が想定していたより低く、収入面で悩んで再び監査法人へ転職する方も少なくありません。監査法人側でも、人手不足ということもあり、ある程度スキルがあることが見込める出戻り会計士を受け入れるところが大半のようで、待遇も悪くなく、その数は増えております。転職したものの、年収や待遇面で悩んでいる方は、改めて監査法人への転職を検討してみるのも良いかもしれません。

年収だけが全てではありませんが、、、

簡単ではありますが、公認会計士の年収についてザックリ説明させて頂きました。
同じ公認会計士でも、勤務先のタイプなどによって、大きく年収に差が出ます。しかし、目先の年収だけではなく、将来どのようなことをしていたいのか?自分が重視するものは何なのか?よく考えてみるといいでしょう。
ただ、そうは言っても今現在の年収をどうにかしたいという方もいらっしゃるかと思います。その場合、やはり、監査法人への出戻り転職、もしくはBig4系のFASへの転職が良いでしょう。特に監査の経験しかない場合は、監査法人とFAS以外で高年収を狙うのは厳しいのが現状です。

今回は5つのフィールドでの年収を紹介させていただきましたが、公認会計士の活躍の場は広く、今回ご紹介したもの以外でも、金融機関やベンチャーキャピタルなど様々ありますので、またの機会に紹介させて頂きます。
また、もっと年収相場やキャリアパスについて細かく知りたいという方は、転職エージェント等に相談してみるとよいかも知れません。彼らは多くの公認会計士を見てきているので、情報源としてはとても役に立つでしょう。
この記事が、公認会計士としての大成を目指す貴方のモチベーションアップにつながったなら幸いです。

公認会計士の転職マーケットや年収相場、キャリアパスに詳しい転職エージェントの紹介

<PR>ジャスネットキャリア
公認会計士の方が創めた転職エージェントです。会計分野には特に強い転職エージェントで、一人ひとりのキャリアステージに合った最適なキャリアプランの提案が受けられるのが特徴です。年収UPを目的とした転職事例も豊富なのはもちろんですが、転職後どのような給与体系になっていくのか、キャリアパスはどうなっていくのか、総合的に判断したい場合にもおすすめです。また、面接対策や書類の書き方等に関する指導はもちろん、資格者向けの実務に関するお役立ちセミナーなど様々な取り組みを行っており、転職ありきではなく、キャリア全体を俯瞰したサポートが受けられます。



<PR>マイナビ会計士
マイナビブランドということで、圧倒的な求人数を保有しています。年収はそこそこだがマッタリと働ける環境の求人から高年収帯のハイクラス求人まで幅広く保持しており、年収UPから労働環境の改善まで幅広い要望に応えることができる転職エージェントでしょう。
転職に役立つ情報もたくさん保持しており、応募書類の書き方から面接で聞かれるポイント、面接官の特徴まで丁寧に解説してくれるため、はじめての転職でも安心です。

<PR>MS-Japan
会計業界はもちろん、事業会社に転職したい公認会計士にもおすすめの転職エージェントです。
豊富な転職実績をもとに、求職者の希望に沿った求人を多数紹介してもらえるため、年収UPを目的に転職したい方はもちろん年収と労働時間のバランスを適切な状態にするために転職したいという方にもおすすめです。

<PR>DODA
総合型の転職エージェントです。公認会計士向けの求人も幅広く保有しており、実績も豊富です。年収等の待遇に関する交渉などにも強いエージェントです。

<PR>BIZREACH(ビズリーチ)
ハイクラス・良質な求人案件が多い転職サイトです。高年収を狙いたい方は登録しておきましょう。
事業会社やコンサルティングファーム、ヘッドハンターからスカウトが届きます。
さらなる高みを目指し、キャリアアップを求める方は登録しておいて損はないでしょう。