税理士の年収はどのくらい?

税理士は、勤務先の会計事務所の規模や種類によって年収が大きく異なることをご存知でしょうか?
規模であれば小規模から中堅・準大手、大手など。
また、総合型の会計事務所か、専門特化型の会計事務所かによっても、大きく変わってきます。
そこで今回は、規模等別に税理士の年収を調査してみましたので、転職や就職の際に是非参考にしてみてください。

規模等別、税理士の年収目安

個人・小規模会計事務所の年収

年収約400万円台~約600万円位。
個人事務所といって様々あり、一概に断定することは難しいのですが、多くの場合、長く勤めてもあまり年収は上がらない傾向にあります。個人事務所ではそもそも売上げの拡大を目指していないところも多く、そうした事務所では当然売上が伸び無いため、従業員の給与も必然的に上がり難くなります。
昇給・給与を気にするのであれば、個人事務所を受ける前に大手・中堅の会計事務所にも目を向けた方が良いかもしれません。
しかし、個人事務所といっても様々なところがあるため、自分にピッタリ合っていると感じる事務所があったのであれば、そこを実際に受けてみるのが良いでしょう。
なお、勤務税理士ではなく、開業税理士ならば、スタート時から軌道に乗るまでは年収約300万円台~というケースもあります。

中堅会計事務所に勤務した場合の税理士の年収

年収約500万円~約700万円位。
但し、マネージャークラスだと約800万円位もありえます。

Big4を始めとする大手税理士法人に勤務した場合の税理士の年収

年収約600万円台~約900万円台位
マネージャークラスになれれば、それ以上も望める可能性はありますが、そのマネージャークラスの席数は限られています。

専門特化型の会計事務所の年収

利益率が高いため、同規模の一般系税理士よりも年収水準は高い傾向にあります。
各専門特化分野において、5年程度の経験を持つ税理士ならば、約700万円~800万円位の年収も期待できるようです。
また、数は多くは無いものの、少数精鋭で動き、いわゆる超富裕層・上場企業のオーナーなどのセレブリティ相手に資産税などのコンサルティングをしているような、資産税特化型の会計事務所ならば、年収1000万円以上となる場合もあるようです。

一般企業等における税理士の年収

年収約500万円〜となります。
大手上場企業の税務室から中小企業の経理スタッフまで様々な職種があるため、こちらも一概には言えませんが、税理士資格をお持ちの方の場合、500万〜600万円を中心に、職責に応じてそれなりに給与は出ている傾向にあります。所属する企業の給与テーブルにしたがって昇給していくため、所属する企業しだいとなります。ただし、大手税理士法人等と比べると、年収は下がる傾向にあります。

税理士の年収まとめ

簡単ではありますが、税理士の年収について説明させて頂きました。同じ税理士でも、事務所の規模や専門特化型か否か、などによって、大きく年収に差が出ます。ただし、年収だけが全てではありませんので、転職先を検討する際は、ご自身のキャリアパスや家庭の状況など、様々なことを考慮して検討されるのが良いのではないでしょうか。

税理士向けの転職サイト一例

<PR>ジャスネットキャリア
これまで2万人を超える転職希望者(公認会計士、税理士など)のサポートを行っており、会計分野には特に強い転職エージェントです。そのため、一人ひとりのキャリアステージに合った最適な求人先の提案が受けられるでしょう。また、年収をUPしたいとお考えの方や年収と労働時間のバランスを取りたいとお考えの方など、様々な希望に合わせた求人の提案も受けられるため、一度転職相談してみるのもよいでしょう。



MS-Japan
会計業界はもちろん事業会社の経理や財務、税務室等に転職したい税理士におすすめの転職エージェントです。
転職成功実績も方なエージェントなので、年収が気になる方は、年収の適正値や高くしていくためにどうすればいいかなどの相談もできるでしょう。

BIZREACH(ビズリーチ)
ハイクラス且つ良質な求人案件が多い転職サイトです。
もっと高い年収を狙いたい方、ハイクラスな仕事に就きたい方は登録してみるのもよいでしょう。

税理士の転職・求人記事一覧へ