税理士・税理士科目の会計事務所への転職 12月・1月の動きについて

会計事務所の転職お役立ち情報

税理士試験合格発表のある12月~1月あたりは比較的転職マーケットは活況です。
もっとも、近年は1年中活発ではありますが、その中でもやはり税理士試験や税理士試験の合格発表後というのはより一層動きがでてくるものです。

どのような分野の会計事務所に転職するのかにもよりますが、会計事務所での勤務経験があることを前提に考えると一般的には確定申告が始まる2月中旬より前に入社することが前提の転職は可能です。
確かに1月も繁忙期ではあるのですが、この時期はまだ転職が可能な時期です。

最近の傾向としては応募から内定までが非常に早くなっており、面接から2週間程度で入社日が確定したりします。

また、繁忙期明けの転職を狙っている状況であったとしても、情報収集のために動くのであれば、12月~1月あたりに済ませておくのが良いでしょう。
転職活動は意外と時間がかかるものなので、慣れていない方は早めに情報収集や準備は始めておいた方が良かったりします。
会計事務所によっては、入社時期を考慮してくれるところもあり、2月に内定が出て5月頃に入社という方もいらっしゃいます。

そのため、早めの転職をお考えの方も繁忙期明けの転職をお考えの方も今の時期から簡単に情報収集を行い、転職に備えておいて損はありません。

転職活動の情報収集をするには

だいたいのことはネットに情報が載っていますが、転職先の会計事務所の実態に関してはなかなか情報がとり難い傾向にあります。
気になる会計事務所の採用サイト等を見ることもあるかと思いますが、
ある程度のことはわかるものの、事務所内の本当の雰囲気や人間関係、風通しのよさまではわかりません。

お金をかけてHPを作りこんでいるケース等ではどの事務所も良さそうにみえるものです。

そのため、会計事務所の情報に詳しい転職エージェントや知り合い等から情報を集めておくと良いでしょう。

転職エージェントは会計事務所や税理士・会計士の転職に強いエージェントであれば基本的にどこでも大丈夫ではあります。

ただ、忙しい時期に転職活動をするのであれば、膨大なデータとAIを活用した求人の提案を行ってくれる最速転職HUPRO(ヒュープロ)の利用がおすすめです。
AIによる転職診断で素早くあなたにあった最適な求人先を提案してもらうことができます。
最速転職というだけあり、応募から5日以内で内定まで進んだという実績もあります。

この機会に最速転職HUPROの無料AI転職診断を試してみても良いでしょう。

なお、税理士の転職時期に関する記事を他でも書いておりますので、気になる方は以下もご覧ください。

税理士の転職時期やタイミングについて業界ごとに考えてみる

2018年4月17日

また、税理士としてどのようなフィールドで活躍できるのか興味のある方は以下の記事をご参考ください。

税理士が転職して活躍できるフィールドは?税理士の転職先と転職事情を考える