会計士の転職活動で役立つサイト一覧【会計士の転職サイト】

公認会計士の転職

自身の可能性を広げるための転職を目指す公認会計士が増えているように感じています。
自身のキャリアの幅を広げたいと精力的な活動を行っている会計士も多く、財務・会計に関するスキルのみならずビジネスセンスも高い会計士の方が本当に増えています。

ここではそんな会計士の転職に役立つサイトやサービスを紹介していきたいと思います。
情報は随時更新していきます。

なお、現状監査法人に勤める会計士が多いかと思いますが、
監査法人への転職であれば、基本的に会計士に強いとうたっている転職サイトであればどこを使ってもほとんど変わりありません。
そのため、転職サイトという点では気になったところを活用すれば問題ないでしょう。
ただ、監査法人も含めて幅広い可能性の中から転職先を選びたいとお考えの公認会計士の方も多いと思いますので、そのような視点で情報提供したいと思います。

公認会計士向けの転職サイト

はじめに、公認会計士向けの転職サービスを紹介していきたいと思います。

マイナビ会計士:会計士の事業会社の経理・財務・コンサルへの転職に良し

マイナビは新卒の就職等でよく使われる会社であり、その時期になるとテレビCMもやっているのでほとんどの人がご存知かと思います。
マイナビは公認会計士向けの転職サービスも取り扱っており、ここ1、2年はかなり転職実績が上がってきているように感じました。

大手ということもあり、取扱求人の量・幅はかなりのものです。
特に事業会社の経理や財務、経営企画、内部監査等への転職も視野に入れているという会計士の方には良いでしょう。
経理・財務部門への転職実績は高く、企業情報に関してもそれなりに詳しいので、マイナビ会計士は事業会社への転職をお考えの会計士の方におすすめの転職サイトの一つです。

また、最近ではコンサルティング業務に興味のあるという会計士も多いのですが、マイナビ会計士ではコンサル業界への転職にもそれなりに強いです。

コンサルと言っても様々ありますが、FASや事業再生等の財務・会計が関連するコンサルティングファームへの転職であればしっかりサポートしてもらえるでしょう。
戦略系等のコンサルティングファームも一部取り扱いはあるでしょうが、戦略系を希望される方はここだけではなく、別の転職サービスも併用すべきと思われます。

監査のみならず、別のスキルも身につけていきたいなど、
最近の公認会計士の転職志向にマッチした転職に強いので、マイナビ会計士を一番最初に紹介しました。

最速転職HUPRO(ヒュープロ):AIを活用した転職診断により最適な転職先が見つけられるサービス!

大学との共同研究による独自開発の「AI」を用いた転職診断が行えます。
膨大なデータとAIを使った転職診断では、あなたの経歴・スキル等を基に最適な転職先が効率的に見つけられます。

会計業界・事業会社・コンサルティングファーム・金融業界と幅広く求人を保有しており、幅広い選択肢の中から自分に合った転職先を見つけることができます。
AIによる転職診断だけではなく、
多くの公認会計士の転職支援実績のある専門のエージェントにLINEやメール、電話で24時間相談ができるので、転職相談を重視したい方にもおすすめです。

たった5分のAI転職診断であなたにぴったりの転職先を見つけることができるので、この機会に最速転職HUPROの無料AI転職診断を試してみてはいかがでしょうか。

REX:公認会計士の会計事務所への転職ならおすすめ

税務を経験したいなど様々な理由がありますが、会計事務所へ転職される方も一定数いらっしゃいます。
そんなときはこちらの転職サイトが良いでしょう。
会計事務所業界にめっぽう強く、内部情報まで詳しく教えてくれるのでおすすめです。
一つだけ難点があり、会計事務所以外の求人のバリエーションは少ないです。ただ、それ以外は特に問題ありませんでした。

MS-Japan:公認会計士の管理部門全般及び会計事務所への転職に強い

古くから会計士や税理士の転職サービスを行っており、広告もたくさん出ていることから恐らくほとんどの方がご存知の転職エージェントでしょう。
細かい説明は不要かと思いますが、管理部門(特に経理・財務)への転職に強く、実績は豊富です。
また、最近はあまり打ち出していないのですが、会計事務所の求人も多数保有しており、かなり会計業界の転職にも強いエージェントです。
そのため、経理・財務や会計業界での転職を視野に入れている会計士の方におすすめです。

【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】

【ジャスネットキャリア】:公認会計士の経理の転職に強い

公認会計士の経理の転職に比較的強いのですが、上記で紹介したMS-Japanマイナビ会計士と比べて特別すごいかというとそのようなことはありません。

しかしながら、こちらの特徴としては、公認会計士向けのキャリアに関する情報誌やキャリアアップのための各種セミナー等が定期的に開催されることです。

他の転職サイトでも会計士向けの転職セミナー等は行われていますが、こちらの転職エージェントでは転職・採用に関するセミナーはもちろん実務に役立つセミナー等も行われているのでキャリアアップ・スキルアップにもってこいの会社さんです。
【ジャスネットキャリア】マイナビ会計士の併用など上手に転職サービスを活用することで、質の高い転職が実現できるのではないでしょうか。

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』:ハイクラスポジション・コンサルティング会社へ転職したい会計士におすすめ

こちらはスカウト型の求人サイトです。
上質なヘッドハンターや企業からスカウトが届くサービスです。
最近会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』を使って転職される方も増えており、人気となっています。

ハイクラスポジションやベンチャー企業の経営に近いポジション、コンサルティングファーム等の求人案件があります。

自身の市場価値を知りたいという会計士の方も多いのですが、そうした方が登録することもあります。
スカウトを待ち、ヘッドハンター等から情報を得ることであなたの市場価値をある程度判定することは可能でしょう。

ただしある程度年収(750万円以上)がないと良い方から良いスカウトが届かないこともあるようなので、
監査法人勤務の方であれば5年以上等、ある程度経験を積んでキャリアアップを狙った方が登録した方が効果は高いでしょう。
公認会計士向けのハイクラスポジションの求人は以下より一部を検索することができます。
財務・会計コンサルタントハイクラス転職・求人検索

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

ムービン:コンサルティングファームへの転職ならよい

戦略系コンサルティングファーム等の求人も取り扱っており、コンサルティング会社へと転職したい会計士の登録が一定数有ります。
特に戦略系のコンサルティングファームではケース面談と呼ばれる一般的な企業で行われる面接とは違った選考が行われるので、必ず専用の対策を受けておく必要があります。
そうしたノウハウや情報をお持ちなので、戦略などのコンサルティングファームへの転職をお考えであれば、登録しておいても良いでしょう。
レベルの高い求人もかなり取り扱っているので上を目指したい方にはおすすめです。

ただ、監査法人からはじめて転職されるような方の場合、念のためマイナビ会計士等のその他の会計士の転職に強いエージェントサービスも併用した方が無難です。
既にキャリアがあり、慣れている方なら問題ありませんが、経験の浅い方が転職するケースでは慎重に動くことをおすすめします。

Wantedly:ベンチャー企業に飛び込みたい会計士向け

特別会計士の転職に良いというわけではないのですが、
とにかくベンチャー企業に飛び込んでみたいんだという会計士の方もいらっしゃいますので、記載しておきます。

いわゆる一般的な転職サイトではなく、共感をベースとした情報サイトのようなもので、企業やその企業に勤める人たちが顔を出し、同じような志の人を集うようなサイトです。

普通は求人応募という形でエントリーするものですが、こちらではまず会って話をしてみる、というようなスタンスなので、ある意味気軽にコンタクトがとれるサイトではあります。
SNSの転職版みたいなイメージを持っていただければよいのかと思います。

ただ、どちらかというとエンジニアやクリエイター等を求めるような募集が多いので、会計士に向けた発信は少ない傾向です。しかし、ベンチャーに飛び込むのであれば、活用してみても良いと思います。良い出会いが生まれる可能性はあります。

アカウンタビリティーフォーチェンジ:転職ではなく会計士のボランティア(プロボノ)

転職ではないのですが、会計士のプロボノも最近注目されています。
私は経験がないのですが、NPO団体等に会計士としての会計スキルを提供している方々増えています。
例えばNPO団体の決算業務や日々の会計処理などのお手伝いを行います。
監査法人に勤務していると実際の企業の日々の活動を経験することができないのですが、このようにボランティアという形で新しい経験やスキルを身につけることが可能です。
試しに見てみても良いでしょう。

会計士の転職に役立つ情報について

まだまだ編集途中であり、今後も会計士の転職に役に立ちそうなサービスはまとめていきます。

現時点で、実際に転職をするということであれば、多くの方が登録しているかもしれませんが、
マイナビ会計士がバランスよく転職活動ができるサイトなのではないかと考えられます。

ここに挙げたいずれのサイトも実績は豊富です。
気になるサイトがあれば活用してみてください!