公認会計士の転職とキャリアパス

公認会計士はとても汎用性の高く、スキルの高いことを証明できる資格です。そのため、公認会計士の資格を持っていればさまざまな形で活躍できます。では、公認会計士が活躍できるフィールドには、どのようなものがあるのでしょうか。

公認会計士の転職先とは

公認会計士は、いわば財務・会計のプロフェッショナルです。財務や会計はあらゆる業態・業種に必要となる業務なので、公認会計士の活躍できる場はあらゆるところに広がっているといっても過言ではないでしょう。

監査法人で働く

監査法人は公認会計士の就職先としてもっとも一般的な先で、公認会計士試験に合格したら、監査法人への就職からキャリアをスタートさせる方が大半となります。監査法人には、Big4と呼ばれる大手監査法人から中小監査法人までさまざまな規模のところがありますが、ひとつのクライアントをチームで担当し、監査やアドバイザリーといった業務を行うのが一般的です。クライアントを訪問してアドバイスを行うことも多いため、地方への出張が多いのも監査法人の特徴です。また、昨今監査法人では、監査業務のみならず、IPOやM&A、IFRS導入支援、内部統制などのアドバイザリー業務に力を入れているところが増えているため、監査以外の業務を経験したい公認会計士にとって経験できる業務に広がりが出ており、以前と比べて様々な業務にチャレンジしやすい環境になっています。こうした背景と昨今の売り手市場も手伝って、過去に監査以外の業務がしたいと監査法人から飛び出して行った方が、再び監査法人へと転職するケースも増えています。

税理士法人・会計事務所で働く

最近では、税理士法人に勤務する公認会計士も増えてきております。特に中堅規模以上の税理士法人では、通常の税務業務の他に、組織再編支援、M&Aに係る財務デューデリジェンスなど公認会計士としてのスキルを活かしながら税務にチャレンジできる環境があるため、税務にチャレンジしたい公認会計士にとっては転職しやすい状況と言えます。将来の独立を見据えて税務を経験しておきたいという方や、オールラウンドに税務・会計分野の業務に対応できるようになりたいという公認会計士の方の転職が多い傾向にあります。

上場企業で働く

昨今公認会計士の転職先として人気なのが上場企業を始めとする事業会社です。公認会計士のニーズは高まっており、財務・経理のポジションのみならず、CFOや内部監査、経営企画など、様々な分野で活躍している公認会計士が増えています。
財務・経理部門においては、IFRS基準での決算書作成や海外連結決算、資金繰りなどの分野で公認会計士が求められる傾向が多いように思われます。CFOや経営企画といったポジションの場合、新興市場に上場している企業での需要が多く、経営管理全般の業務を任せられることも多いです。そのため、外部との折衝や部署間の調整、管理システムの構築など業務内容が多岐に亘るため、財務・会計に関する知識のみならずコミュニケーション能力や調整力も含めた様々な能力が求められます。

ベンチャー企業で働く

また、企業は企業でも、ベンチャー企業で働く選択肢もあります。ベンチャー企業では経理・部門や財務部門の体制が整っていないことも珍しくありません。そのため、会計士には経理や財務部門の立ち上げから金融機関からの資金調達など、経理や会計、財務に関する業務はもちろんのこと、管理部門全般のあらゆる業務に従事することが求められます。かなり大変な一方、会社組織の構築に一から携われる点も、ベンチャー企業の魅力です。

コンサルティングファームで働く

コンサルティングファームと一口に言っても戦略系、人事系、システム系など様々ありますが、公認会計士の方が主に活躍している領域は、財務・会計系コンサルティング(FAS)に関する領域になります。FAS領域のコンサルティングファームは、特に監査法人からの転職先として人気となっており、M&Aや事業再生などの業務においては、財務デューデリジェンスやバリュエーションなど、監査業務で培った経験が生かせる業務が多いため、比較的入って行きやすい分野となります。FASを行っているコンサルティングファームというと、Big4系のFASがもっとも有名どころになりますが、独立系のファームや少数精鋭で行っているファームもいくつかあります。Big4系の場合、業務が細分化されていて横断的な業務がしにくいという話しもよく聞きますが、独立系や少数精鋭で行っているファームの場合、一人の担当者が横断的に業務を進めて行くことになるため、大変な反面、幅広くスキルが身に付くようです。
また、昨今注目されているのが不正調査(フォレンジック)です。Big4系FASを中心に急拡大しており、日本ではまだまだ歴史の浅い分野であることから、他の分野と異なり、まだまだ無数にチャンスは広がっており、新しいポジションをつかむチャンスがあります。監査業務で培った知識やスキルが役に立つ領域のため、監査意外の業務にチャレンジしてみたいという方にとってもオススメの選択肢となります。
fas業界への転職に関して解説している記事もありますので、fasに興味のある方は下記もご覧ください。

公認会計士の転職で人気のFAS業界とは?

2018.04.24

金融機関で働く

近年のグローバル化に伴い、メガバンクを中心にグローバルな会計基準、とりわけ国際会計基準(IFRS基準)の早期導入に向けての取り組みが進められており、そこに公認会計士が必要とされるケースが増えています。また、ファンドや投資銀行でも、M&Aやクライアントへの提案業務、投資先に出向してのコンサルティング業務などに携わる公認会計士が多くなっています。

公認会計士の転職における求人情報の見方とは

以上のように、公認会計士の活躍できるできる分野は無数にありますが、活躍フィールドが広いが故に悩んでしまう会計士の方も少なくないようです。そのため、公認会計士としてのスキルや経験を活かした転職を考える際には、自分がどのような経験を積んでどの分野での専門性を高めたいのか、将来どのような仕事をしていきたいのかについて、一度立ち止まってじっくり考えてみることが必要です。
たとえば、CFOになりたいと考えた場合、財務会計に関する知識のみならず、M&AやIPO、税務に関する事など幅広い知識が必要になってきます。そうした場合、「ジェネラリストとしての公認会計士」が求められますので、幅広い経験が積めるコンサルティングファームへ転職し、経験を積んだ後事業会社のCFOの転職先を探す、といったようなイメージです。
求人情報を見る際には、自分がこれまで積み上げてきたスキルや目指したいキャリアと、求人情報に記載してある業務内容や求める人材像がマッチしているかどうかをよく見極めることが大切です。

独立開業を目指すのも手

独立開業するのもひとつの方法です。ただ、公認会計士の資格だけで独立開業することは難しいため、税務に関する経験や知識を身につけたのちに公認会計士・税理士として独立するパターンやコンサルティングファームで経験を積んだ後、コンサルティング会社を設立するパターンが多くなっています。その際は、自分のキャリアや人脈の棚卸をし、どういった分野を強みとして打ち出したいのか、どのような形で事業を展開していきたいのかをよく検討してから準備を進めるようにしましょう。
公認会計士の資格を持っていれば、転職するときにもさまざまな業種・業界で有利になるでしょう。しかし、手当たり次第に応募しても、応募先と自分の進むべき方向性のミスマッチも生まれかねません。応募する前に、転職してやりたいことや身につけたい知識・経験が何なのかをしっかり考えた上で、応募先を絞り込むことが大切です。

公認会計士向けのおすすめの転職サイト一例

ジャスネットキャリア
公認会計士の方が創めた転職エージェントです。会計分野には特に強い転職エージェントで、一人ひとりのキャリアステージに合った最適なキャリアプランの提案が受けられるのが特徴です。面接対策や書類の書き方等に関する指導はもちろん、資格者向けの実務に関するお役立ちセミナーなど様々な取り組みを行っており、転職ありきではなく、キャリア全体を俯瞰したサポートが受けられます。



マイナビ会計士
マイナビブランドということで、圧倒的な求人数を保有しています。会計業界のみならず、事業会社やコンサルティングファームも含めて幅広く次のキャリアを模索したい方にはおすすめの転職サイトです。
転職に役立つ情報もたくさん保持しており、応募書類の書き方から面接で聞かれるポイント、面接官の特徴まで丁寧に解説してくれるため、はじめての転職でも安心です。

MS-Japan
会計業界はもちろん、
事業会社に転職したい公認会計士におすすめの転職エージェントです。
求人数が豊富で、様々な可能性を視野に入れた転職活動が可能です。

DODA
総合型の転職エージェントです。公認会計士に特化しているわけではありませんが、会計業界はもちろん事業会社、財務・会計コンサルティングファーム、金融機関など幅広く求人を持っており、公認会計士の転職実績も豊富です。特化型の転職エージェントには無い非公開求人も多数保有しています。また、大手ということもあり面接対策等のノウハウもしっかりしているため、一度転職相談してみるのも良いでしょう。

BIZREACH(ビズリーチ)
ハイクラス案件が多い転職サイトです。
事業会社やコンサルティングファーム等からスカウトが届きます。
上のクラスの転職を狙うのであれば、登録しておいて損はないでしょう。

その他の公認会計士の転職お役立ち記事を見る

公認会計士の転職で人気のFAS業界とは?

2018.04.24

公認会計士がワークライフバランスを実現させるための転職で知っておきたいこと

2018.04.13

公認会計士が転職エージェントを使うメリットは何か?

2018.04.10

公認会計士の転職事情~監査法人から転職したい会計士が活躍できるフィールドは?

2018.04.05

公認会計士の年収を活躍フィールドごとに見てみる

2017.10.28

公認会計士の転職・求人記事一覧へ