IT・Web業界でおすすめの転職エージェント・サイトを紹介【エンジニア・営業等職種別に紹介!】

IT・Web系職種・業界で働く方向けの転職サイトの数は非常に増えており、どのようなサービスを使うべきか迷ってしまう方もいらっしゃるかと思います。

特に20代・30代の若手で初めて転職をするといったケースだと尚のことでしょう。

最近はIT・Webスキルを持った方々の活躍の場は広がっており、ITと一見縁の無さそうな職場でも採用を強化する動きがあるのでキャリアの幅や未来への可能性は広がっていると考えて良いでしょう。
例えば、一見ITとはなんの関係もなく見える士業事務所などでもIT・Web人材を求める動きというのは増えていますし、子供を預かる保育園なんかもIT化が進んでいたりして活躍の場があります。

つまりはどのようなフィールドであってもこれらの業界で働いてきた経験は活かせるということになります。

また、業界ではなく職種で見ても、エンジニアやクリエイター、マーケター等の職種だけでなく、営業やディレクターとしてフロント(顧客対応等)よりの仕事をされていた方々を求める職場も多いです。

もちろん、これまで通りIT・Web系企業も採用意欲は旺盛ですので、転職先候補が多くてむしろ迷うというケースもあろうかと思います。

こうした背景もあり、転職エージェント・サイト等のサービスがかなり増えているという状況となっております。

ここでは、そんなIT/Web業界・職種で働く方々向けにどのような転職サイトを利用すればいいのか、選び方やおすすめどころをお伝えするとともに、キャリアに関する情報も解説していければと思います。

転職サイト・エージェントの選び方。ランキング比較は気にしない方がよい

IT・Web系転職サイト・エージェントの選び方

まず、どの転職サービスを利用すべきかというのは、あなた自身が抱える悩みや現在置かれている状況によるため、ここが一番おすすめ!というところは存在しないと思っておいた方が良いです。

どこの転職サイト・エージェントが一番良いのか知りたくなる気持ちもわからなくはないのですが、ランキングサイトで1位だからそこを利用するといった考えは捨てた方が良いでしょう。

それよりも、例えばなんで転職したいと思ったのか、あるいはどういったことがしたくて転職をするのか、職場環境を改善するための転職なのか、キャリアチェンジ転職なのか、エンジニアとして転職するのか、営業職として転職するのか等、そういった自分の中の転職理由やキャリア的な考えの軸で見て利用する転職サイトを決めていった方が良いかと思います。

転職サポートの質は担当者次第で運

転職サポートの質が良いエージェントはあるのか?

どの転職会社がサポートがしっかりしていて安心してお任せできるのか、昔は気になっていました。
というのも個人的に初めて登録したエージェントがひたすら求人送り付けてくるだけの無能エージェントで、加えて勝手に応募手続き進めようとする危ないハズレ担当者を引いてしまったので、結構ナーバスになりました。
ただ、その後その担当者はお辞めになり、別の人がついてからは非常にしっかりとしたサポートをしていただけました。

結局、同じ転職サービスでも担当してくれる人によりサポートの質は変わるので、どこのエージェントが良い、という評判はあまりあてにならないです。

ただ、どんなに担当してくれる人がダメな人でも、情報はその転職会社に蓄積されているので、良い求人は紹介してもらえますし面接前の情報提供も役に立つものが多いです。

なので、転職サポートの質の良し悪しの評判は気にせず(悪徳エージェントは除外した上で)、そのエージェントがどういった分野に詳しくて実績が高いのかで選んでおくと転職活動では良い結果が得られやすいです。

そして、ありがちな話にはなりますが、なんだかんだ大手もしくは専門特化型で有名どころを利用しておけば、ハズレは無いかなというところです。

IT・Web系業界・職種の転職でおすすめの転職サイト・転職エージェント

少し前置きが長くなりましたが、どこの転職サイトが良い求人に出会える可能性が比較的高いのか、あなたの悩みが解消されるのかといった軸で転職会社を紹介します。

なお、エンジニア等の開発職と営業・ディレクター等のフロント職で利用すべきエージェントは変わってきますので、しっかり分けて紹介していきます。

エンジニアにおすすめの転職サイト・エージェント

エンジニアにおすすめの転職エージェント・サイト

まず最初はエンジニア・クリエイター職であるという前提でおすすめの転職エージェントを紹介します。

レバテックキャリア:エンジニア系職種がキャリアアップのために利用するエージェント

レバテックキャリア

IT・Web業界且つエンジニア・クリエイター職として転職をお考えであれば必ず登録しておきたい転職サイトです。

まず求人数がとても多いという点がメリットとしてあげられます。

良い出会いをするには選択肢を多くする必要があります。
レバテックキャリアでは当該職種における豊富な求人の中から自分にあったものを選んでいけますのでその点は問題ないでしょう。
また、豊富な選択肢の中からあなたにマッチする求人先を絞り込んでいく作業にあたってもスキルマッチ的な視点はもちろんあなたの心(マインド)面も重視した転職先の提案を行ってくれるので、希望を叶える求人先が見つかりやすい傾向です。

担当してくれるキャリアアドバイザー(エージェント)もしっかり職種に対する理解も高いので、キャリア的な相談も問題ありません。
「IT・Web業界に詳しい」、「転職先の内情に詳しい」というのは当然なのですが、開発言語や技術に関する知識も勉強しており、こちらのキャリアもしっかり理解した上で求人の提案を行ってくれます。

的外れな転職先の提案はしてこないのでとても良いと言えるでしょう。

IT・Webエンジニアやデザイナー、ディレクターなどのエンジニア・クリエイター職種の方が転職をするというケースではおさえておきたい転職エージェントです。

レバテックキャリアを利用するのに合う方

  • スキルマッチだけでなく志向性(悩み・希望・不安等)もしっかり加味して転職先が探したい方
  • エンジニア系職種の方(経験者)
  • キャリアパスなど先々のキャリアを含めた転職相談をしたい方
  • 課題や実績提出などにおける対策支援があると助かる方
  • 就業環境改善(ワークライフバランス等)や企業の内情(雰囲気・関係性)まで詳しく情報を知りたい方
運営企業名 レバテック株式会社
サービス名 レバテックキャリア
特徴補足 エンジニアの方の場合、応募書類等でどのようにスキルをアピールするかなどまとめ方が難しいケースもありますが、レバテックキャリアの場合、そうした応募書類サポートノウハウも会社としてかなり蓄積されているのでとても参考になります。また、年収UPを期待する方も多いのですが、7割以上近くの方が年収UPを実現しているようでした。
開発系職種・クリエイター職種の方は必ず登録しておきたいです。
一方で、これまでの経験やスキルを活かしてどう今の状態を良くしていくか、ということに向いているサービスなので、未経験者がこれから業界を目指す上での利用にはあまり向かないのでお気を付けください。
厚生労働大臣許可 13-ユ-308734(有料職業紹介許可番号)
派13-308125(労働者派遣事業 )

 

マイナビIT AGENT:経験者はもちろん未経験のエンジニアの転職でも使えるエージェント

マイナビHPより画像参照

最大手の人材紹介会社ということもあり、求人はすごく豊富です。

特に都市部には強く、東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とした首都圏と大阪・京都等の関西圏の求人はかなり多いです。

マイナビの場合、絶対とは言えませんが、エージェントの方の質も良い可能性が高く、IT業界に勤務していた経験のある方が転職相談をしてくれるケースも多いので話はしやすいです。
未経験者でも20代や30代前半までの若手であれば転職できる先をいくつか持っており、キャリアパス等も聞きながら転職相談や求人の紹介が受けられるので、経験が浅いIT・Webエンジニアの方々にとってはとても良い転職サービスではないかと思います。

それに、面接対策等の情報・ノウハウは長年積み上げてきたものが蓄積されているので、非常に有用です。
大手と言うことも有り、求人量・情報量は豊富でエージェント利用のメリットがあると感じました。

どんな悩み・希望にも応えられるだけの求人数があるので、とりあえずどこに登録するか迷ってしまった、、、という方や初めて転職するから不安があるという方は「マイナビエージェント」に登録しておけば安定したサービスが受けられて安心できるかと思います。

初めての人はまず大手の転職エージェントでしっかりとしたレクチャーを受けるのが良いかなと思いました。

マイナビIT AGENTで転職するおすすめポイントまとめ

  • 未経験者や経験浅めのエンジニアにおすすめ
  • IT業界勤務経験のあるコンサルタントが在籍しているから業界特性に詳しい傾向
  • 書類作成補助・面接対策等はしっかり行ってくれて情報多めで安心感がある
  • 求人の量・幅が広いので思いがけない業界でのキャリア提案等もあり、幅広くキャリアや転職先を考えていきたいケースではとても良い
  • 首都圏・関西圏を中心に都市部にかなり強い
運営企業名 株式会社マイナビ
サービス名 マイナビAGENT
特徴補足 書類選考通過率が非常に高く、その理由として求人企業側がどういった人材を求めているのか等の情報が蓄積されていてしっかり把握しているからどういったことをポイントに書類作成をすればよいのかなどがわかりやすくてよかったと思います。また、同様に面接通過率も高いです。
選考通過率を高めたいとお考えの方、面接や応募書類作成が苦手というエンジニアの方はマイナビエージェントを利用することで、あなたの魅力をしっかり打ち出すことができるようになり、希望の企業への転職が叶う可能性が高いと感じます。
有料職業紹介厚生労働大臣許可番号 13-ユ-080554

TechClipsエージェント:エンジニアが好待遇を目指す転職を検討するケースで利用するエージェント

TechClipsエージェント

「好待遇・高年収」の定義は人により異なるため一概には言えませんが、年収が転職の動機・ベースとなっているケースで利用するエージェントです。

求人の数自体は大手エージェントに比べると少ないのですが、年収500万円以上~1500万円ぐらいのゾーン且つ首都圏での転職という点においては非常に良いと言えるでしょう。
なお、高年収といっても所謂超ハイクラス転職だけというわけでなく、年収500万円以上といった一般的な年収よりも上を狙うというような位置づけでお考え下さい。

担当してくれるエージェントは現役のエンジニアなので、基本的にあなたのスキルを正しく理解して求人の紹介を行ってくれるからミスマッチという点でも少ないです。

TechClipsエージェントのおすすめポイントまとめ

  • 年収を上げるための転職である方
  • 現役エンジニアが担当してくれるので相談がしやすいのと悩みをよく理解してくれる
  • 求人数は少な目で首都圏限定での転職をお考えの方でないと厳しい
運営企業名 notari株式会社
サービス名 TechClipsエージェント
特徴補足 年収UP・ハイクラス転職を狙う首都圏のエンジニアだけでなく、現役エンジニアの方が転職面談・求人アサインをしてくれるので、ミスマッチも少ないですし、どういったところへ転職すれば希望や悩みが解消されるのかよく理解した上での求人紹介をしてくれるので、ミスマッチの少ない転職を実現するという点でも良いと思いました。
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-308393(有料職業紹介)

リクルートエージェント:最大手で求人保有トップクラスのエージェント

ITエンジニアもリクルートエージェントで転職
リクルートエージェントより画像引用

それほど説明はいらないと思いますが、リクルートエージェントは転職実績トップクラスの転職エージェントです。
求人数は恐らくトップで非公開求人も合わせると20万件以上です(エンジニアやクリエイターに限らず全て合わせてです)。

リクルートエージェントをおすすめする理由としては、日本で一番求人を持っていると言っても過言ではないエージェントなので登録しておく必要があると言った方が良いのかもしれません。

リクルートエージェントのポイント

  • 求人数トップクラス故に登録しておいた方が良い
  • 面接対策は意外と詳細に情報を教えてくれるのでとても役に立った
  • エンジニアに特化しているわけでは無いためたまに話が通じないこともある
運営企業名 株式会社リクルート
サービス名 リクルートエージェント
特徴補足 細かい説明は不要かと思いますが、もし登録していない人がいれば、登録しておいた方が良いかなと思います。とにかく求人は多いです。ただ、マッチング制度は高くないので、メインで使うというよりはなかなか良い求人が見つからない時のための補助として押さえておくような立ち位置で利用すると良いです。
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-313011(有料職業紹介)

IT・Web業界の営業の方におすすめの転職エージェント

IT・Web業界の営業職におすすめの転職サイト・エージェント

同じIT/Web業界で働くにしても、エンジニアと営業とでは求められるスキルが異なります。
そのため、営業系職種を得意とするエージェントもまた異なるという結論になります。

IT・Web領域の営業(ディレクター含む)として転職をお考えの方向けにおすすめの転職サイト・エージェントを特徴別に紹介していきます。

doda:総合型エージェントだがIT営業の転職情報は非常に豊富

dodaはITやWeb営業の転職でもお勧めのエージェント

IT業界やWeb業界の営業求人はもちろんなのですが、IT業界での経験を活かした新しいフィールドへ転職したいケースでもおすすめです。

冒頭で記載した通り、IT業界での営業経験があり、サービス導入や支援等にまで携わっていると、コミュニケーション+ITリテラシーの高い方を欲っする採用求人等の新しいポジションでの募集といったようなものもあります。

そのため、営業から営業という転職はもちろんですが営業からの新しいキャリアパス等を模索するケースにおいて転職先を見つけるのに有用です。

IT業界・Web業界での営業経験がある方を欲する求人は多いので、是非dodaの利用は前向きに考えてみてください。

dodaのポイント

  • IT・Web業界の営業ポジションでの転職でもおすすめだが、それら領域での経験を活かした新たな転職先も豊富
  • ワークライフバランス重視やノルマ設定の弱いIT営業ポジション等細かく希望を出して求人の紹介を受けたい方
  • エージェント担当者が比較的世話を焼いてくれるので、書類の作成から応募企業まで含めいろいろと相談しながら進めたい方には合います
  • どちらかといえば20代~30代後半くらいまでの年齢の方に合った求人が多く年配の方にはマッチしないこともある
運営企業名 パーソルキャリア株式会社
サービス名 doda
特徴補足 テレビCM等も多数流れていて既に登録済みの方も多いかもしれませんが、大手転職エージェントで求人量・質のバランスが良く希望の転職がしやすい傾向です。
担当してくれるエージェントの質にはバラつきがありますが、面接前情報等は企業としてしっかり持っているので役に立つ情報が得られます。応募書類作成から面接対策、待遇交渉まで一通りのサポートは無難にこなしてくれます。
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-304785

リクルートエージェント:IT・Web業界の営業職ポジションの転職でもトップクラスの実績

Web/IT営業の転職もリクルートエージェント

上記のエンジニアの転職領域でも記載しましたが、当然IT営業でも登録しておいた方が良いエージェントとなります。
むしろエンジニアよりも営業の方がより一層登録すべきエージェントと言えるでしょう。

特徴としては最大級の求人数(20万以上)と情報量となります。

営業の場合、エンジニアと違って面接での受け答えが合否・通過により一層大きな影響を与えますが、その求人企業がどういった人を好み、どういった人が通過しやすいのか等のデータが他のエージェントよりも情報量が多いので、営業として転職するのであれば登録しないという選択肢はあり得ないというぐらいに利用した方が良いエージェントとなります。

転職サポートは結構素っ気ない感じであまりキャリアの相談を熱心に、という感じではないのですが、ポイントを押さえた求人の提案はしてくれますし、情報提供力は申し分ないので絶対登録しておきましょう。

リクルートエージェント(営業)のポイント

  • リクルートに登録しておけば営業系の求人はほぼ網羅できるのであらゆる人が使うべきサイト
  • 面接情報等が充実しておりどういった質問があるのか、どういった人が求められているのか等の情報が濃いから対策が立てやすい
  • IT・Web業界の転職はもちろんキャリアチェンジ転職をお考えの際も求人が見つかりやすい
運営企業名 株式会社リクルート
サービス名 リクルートエージェント
特徴補足 面接含めた選考の対策をしっかりやりたい人はこちらを利用するメリットは高いです。応募する企業にもよるかと思いますが、特に面接においては志望動機も含めてどういった人が好まれやすいかといった情報まで提供してくれるので安心して面接に臨めます。キャリア面談は淡泊ではあるものの、過去の事例なども交えてキャリアをいくつか呈示してくれます。ただ、手取り足取り構ってくれるわけではないので、自発的に質問したり、求人をサーチしたりといったことは必要になります。しかしながら、本当に求人数多いので希望に合致する求人先は見つかる可能性は比較的高いです。
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-313011(有料職業紹介)

ワークポート:営業系求人量がかなり多いIT/Web/ゲーム転職に強いエージェント

IT営業にも強い転職エージェントのワークポート

IT/Web/ゲーム業界と太いパイプでつながっており独自の求人も多く保持しているエージェントです。
担当してくれるエージェントさんによりサービスレベルにムラがありますが、求人数はかなり多いです。
エンジニア系の職種の求人も多いのですが、個人的にはあまり開発系の職種に詳しい人が多くないなと感じたので営業系で転職するのに使う方が良さげと感じます。

ワークポートのポイント

  • 担当してくれるエージェントさんのレスポンスは非常に良い
  • 離職率が高いのか担当エージェントさんがしょっちゅう変わった
  • 求人数は非常に多く良い求人も見つかるがマッチング制度はそこそこ
運営企業名 株式会社ワークポート
サービス名 ワークポート
特徴補足 メール等の返信が早いため、サクサク転職活動を勧めたい方にはマッチするかと思います。
ただ、担当者ごとで面談レベルに差があるので注意はした方が良いでしょう。
有料職業紹介厚生労働大臣許可番号 13-ユ-040590

どの転職サイト・エージェントにするか迷ったら

どの転職エージェントがいいのか迷う

どの転職エージェントに迷ってしまうケースでは、まだ志向が固まっていない、なぜ転職するのか自分でも頭が整理できていないといった状況が想定されますので、カウンセリングに重きを置いているエージェントの利用が良いでしょう。

エンジニア等の開発職であればマイナビIT AGENTの利用が良いかと思います。

経験の浅い方にも対応している点、求人が豊富な点、会社としてキャリアカウンセリングに力を入れている点などからマイナビIT AGENTを利用することで志向が整理されて、具体的にどのような求人先が自分に合っているのか整理がつくかと思います。

一方で、IT・Web系の営業職として転職をお考えのケースでは、dodaの利用がよろしいかと思います。

営業職の場合、転職先が多岐にわたるため、IT業界だけでなく幅広い可能性まで含めてキャリア相談をしてくれるdodaは自身のキャリアを広げるきっかけを作ってくれる可能性があるでしょう。
また、待遇改善・職場環境改善などにおいてもあなたの悩みに合わせた求人の紹介が受けられるので、キャリア相談・ミスマッチの無い求人紹介という視点から、迷ったのであればこちらを利用すると良いかと思います。

IT・Web業界転職サイト・エージェント一覧

転職エージェントの特性を一覧にしてまとめておきます。

エンジニア・
デザイナー
営業・
ディレクター職
マーケティング職
マイナビIT AGENT × ×
レバテックキャリア × ×
TechClipsエージェント × ×
リクルートエージェント
doda
ワークポート

IT・Web業界で転職サイト・エージェントを利用した方の声や評判

転職エージェントを利用して良かった!利用者の評判・声
転職エージェントサービス等を利用した方の実際の声を一部紹介します。

IT/Web業界の転職サイト・転職エージェントを利用した方の評判・感想

20代女性IT業界営業職
SaaS営業として技術チームなどとも連携して顧客にサービス導入を進めていく仕事をしていました。仕事内容自体はやりがいがありよかったのですが、30歳を前にして待遇面と労働時間に不安が出てきたためdodaに登録し転職相談を行いました。
基本的にITやWebサービスに係わる営業がしたかったので軸はそのままに、環境改善可能な求人を紹介してもらい、面接対策等も行ってもらってすんなり転職が出来ました。内定後も企業情報など詳しく頂けましたし、スムーズ且つ待遇も改善して満足の行く結果が得られました。


20代男性Webエンジニア
面接(しゃべること)に自身が無く、転職活動が不安で仕方なかったです。なんとなく良さそうに見えたマイナビAGENT(IT)に登録し、担当の方と話をしたところ、とてもしゃべりやすくて丁寧に対応して頂けたので、しゃべるのが苦手であることや、初対面だとどうしてもうまくしゃべることができず面接で撃沈することが多いといった自分の悩みをしっかりエージェントさんに伝えることができ、相応の対策をして転職活動に臨むことができました。サポートが丁寧で話しやすく、いろいろとやっていただけるので、安心して転職活動できます。面接に自身が無いとか不安を抱えているケースではエージェント利用はかなり良いと思いました。


20代女性インフラエンジニア
スキルと経験を積むために常駐のエンジニアとして勤務していましたが、自社サービスを展開する企業内部へ転職したいと思い、エージェントに登録し相談しました。自分の現在のスキルが客観的に見て世の中一般的に通用するものなのか自身がなかったのですが、多くの求職者を見ているエージェントの方から客観的な意見とキャリアパス事例などを頂けたと同時に、良い求人を紹介してもらい、サポートしてもらうことで転職ができました。


30代男性エンジニア職
データサイエンス系のベンチャーへ転職したくエージェントを利用しました。
元々はWeb系サービスのフロントよりの開発を仕事ではやっていたので、ややジャンルが異なることから不安があり相談しました。企業によっては別ジャンルの開発をやっていた方を採用する動きもあることや、フロントエンドの業務をこなしつつ新しい領域に入っていけるように仕事の割り振りをしてくれる企業もあるということでお話しいただき、広い選択肢の中から自分のキャリアを構築していける企業へと転職することができ満足しています。


30代エンジニア・ITコンサル
開発現場で働いてきましたが、もう少しビジネスよりの仕事がしたいとなんとなく考えていたことから、上流の仕事ができる環境への転職をすべく何社かエージェントに登録しました。
エージェントに登録した当初は、開発現場が長かったことも有り、ビジネスというよりは、現場をマネジメントするポジションの求人が多く紹介されました。
そのような中、例えばエンジニア採用人事といったポジションやVPoE等のポジションも目指せるという話をあるエージェントから聞き、そうした方向での転職活動を行いました。そして1社ベンチャーのVPoE的なポジションで採用されビジネス・経営に近いところでの仕事を開始するに至りました。自分のスキルや経験では難しいと思っていたので、うまくプッシュしていただき感謝しています。

未経験者がIT・Web系業界で転職して活躍は可能か?

未経験からエンジニアとしてIT業界へ転職したいという方は非常に多いのですが、未経験者受け入れの門徒は広いので、これまでのご経験によるところもありますが、ご年齢が20代~30代前半ぐらいまでであれば十分に転職することは可能ですし、その後の活躍も可能です。

ただ、自身にプログラミング等の適性があるのかどうかわからないという方もいらっしゃるかと思いますので、簡単なものでいいので、本を買ってきて何か自分でWebサイトなりサービスを作ってみると良いでしょう。
完全未経験でも今どきは本を見ながらやれば土日でサクッと作れるものも多いです。

その際に重要なのは、技術的なものを学ぶということではなく、自分でプログラミングして何かを作り上げるのが楽しいと思えたかどうかというところです。

苦痛に感じたのであればIT・Webエンジニアとして就業するのは向いてないと言えるかもしれませんが、楽しいと思えたのであれば、IT業界目指して転職活動をするのは良いことでしょう。

未経験だからといって転職前にエンジニア・プログラマ養成スクールに通う必要はない

スクールに通って技術を身に着けてから、、、という方もいらっしゃいますが、時間がもったいないのでさっさと転職して実務経験を積んでしまうことをおすすめします。

というのも、特に20代であれば未経験者を求める求人は多いので、仕事をしながら勉強させてもらった方が圧倒的に効率的と言えるでしょう。

転職エージェントに相談し、未経験でも研修がしっかりしていて基礎を学べるところの求人を紹介してもらう、実務経験+お給料をもらってキャリアを積んでいきましょう。

なお、30代中盤以降等で未経験エンジニアとして転職というケースでは、タイミングにもよるため、必ずしも簡単に求人が見つかるとは言えませんが、まずはエージェントに相談してみて現在のご自身のスキルと求められるものとのギャップを鑑みて選択肢を考えてみると良いでしょう。
年齢によってはスクールに行っても無駄になってしまうこともあるので、まずは実際に働く現場で求められるのかどうかというところを知ってからにした方が良いです。

IT・Web業界で働くエンジニアの転職失敗事例

希望を叶えたい!悩みを解消したい!そう思って転職をしたはずなのに、いざ転職したらもっと酷い職場だった、、、というケースは少なくありません。

転職エージェントを利用することで転職失敗リスクは下げられますが、あなた自身でもある程度失敗しないためのポイントは押さえておいた方がリスクヘッジができるかと思いますので、いくつか事例を紹介させていただきます。

残業時間が思ったより長い

昔に比べれば労働環境は大きく整備され、かなり良くなったと言えますが、それでも未だに長時間残業が続く職場があります。

そのような中でよくある転職失敗のケースが残業(労働時間)を減らしたくて転職したのに、結果的に労働時間が増えてしまったというケースです。
求人票や面接の際に平均残業時間はだいたい〇時間ぐらいです、と説明されたにも関わらず、実態はそれよりもかなり多いということが多々あります。

最近は確かに求人票にも残業時間の平均が記載されているケースは多いのですが、その数値が必ずしもあなたが働く部門でのみの残業時間とは限らないケースが多いので数値を鵜呑みにするのは危険です。
開発部門全体で〇時間といったケースもあるので、残業時間を減らす転職で失敗したくないのであれば、実際に残業時間をどのようにカウントしているのか、自身のポジションではどの程度発生が想定されているのかなどしっかり確認しておいた方が良いでしょう。

また、残業時間が少ないことを売りにしているエンジニアポジションも多くありますが、なぜ残業を少なくすることができたのか、その背景をしっかり確認しておくと、単に残業が少ないということだけでなく、その企業の労働に対するスタンスも見えてくるので、残業時間・勤務時間での想定外によるミスマッチは減るかと思われます。

いずれにせよ、こうしたこともエージェントに確認すれば避けられる転職失敗なので、ぜひエージェント利用も検討してみてください。