通信・ネットワーク系エンジニアの転職・求人動向

通信・ネットワーク系エンジニアの転職動向について記載いたします。

通信・ネットワーク系エンジニアの現状とこれから求められる人材

日々の生活に欠かすことのできないSNSの利用はもちろん、現在良く耳にするAI技術やIoT技術。

これらは高速の無線通信技術が発展してきたからこそ出来た技術です。
インターネットが今後更にどのような進化を遂げるかは、ひとえに、無線通信技術の進歩に掛かっていると言っても過言ではありません。

インターネットの黎明期に、その技術を率先垂範して取り入れたのが日本の産業界でした。

代表的なものとして、電子技術分野と機械技術分野が結びついたメカトロニクス技術では、産業用ロボット大国と称される程、技術立国日本を冠たるものとしました。

通信技術の発展により、産業構造が変わるだけでなく、労働することの意義や生活スタイルが根底から変わる可能性を秘めており、歴史的変革をもたらすと考えられてきました。

IT系基礎技術である通信技術に、AIやIoTがどのように関わっていくのか想像すると、既存の技術分野の枠を超えた、組織や技術が横断的に繋がる時代が到来しています。

それらの相互連関を確実なものにするため、スマートフォンに代表されるモバイル端末の高速通信技術の発展がより重要となってきました。

そのため、これから求められる技術者は、既存の電気技術、電子技術、機械技術、通信技術、半導体技術、それぞれの技術分野の職域を超えた広がりのある技術者が求められる時代に突入しました。

この様な時代の大変革を向かえ、技術者に求められることは、柔軟な発想力で各分野の技術をベースにして、更に個々の技術分野の垣根を越えた横方向関連技術が相互に連携することです。

通信・ネットワーク系エンジニアの転職・求人動向はどうなる?

昨今の通信技術者に求められることは、日々進化する無線通信技術の知識を習得していくことと、周辺分野の知識・スキルを向上させていくことです。

IT関連業界は人材不足が続いており、ネットワーク分野に関しても売り手市場であると言えます。しかし、他の技術分野と少し違う点としては、「通信・ネットワークしかできない」というエンジニアの需要は減ってきている傾向にあります。ネットワークとサーバーなど複合した技術や知識が重宝されるようになってきています。

また、IoTに関しては、技術領域をクロスオーバーさせた開発や様々な端末に対応したソフトウエアが必要になることから、幅広い知識を求められるのはもちろん、他の領域の技術者たちとしっかり連携できるコミュニケーション能力も重要になります。

IoTに関してはまだまだ手探り状態ではありますが求人数は増加傾向にあり、売り手市場が続くものと考えられます。しかし、通信・ネットワーク系のエンジニアとしては、幅広い分野の技術知識の習得等が必要になってくるでしょう。依然として転職市況は良い傾向が続きますので、今のうちにスキルアップできそうな環境への転職やキャリアについて考えてみてはいかがでしょうか。

なお、具体的に転職を検討される際はエンジニアに強い転職エージェントなどの利用も視野に入れると転職失敗のリスクが下がりますのでご検討ください。