知財・弁理士・特許技術者の転職動向と転職エージェント

弁理士・特許技術者・知財の転職マーケットは求人数は年々増加傾向にあり、分野にもよりますが転職市場は売り手市場といってもよいでしょう。
ただし、その他の職種の場合では未経験者や経験の浅い方向けの求人も多い中、
弁理士・特許・知財業界に関しては基本的に実務経験の有無が問われ、
ある程度能力・スキルがあることを前提とした意味での売り手市場と言うことになります。

そのため、弁理士資格を持っているからといって転職が容易なわけではなく、実務経験が重要視されるという点に関しては、これまでとさほど変わらない状況です。

傾向としては、企業の海外進出に伴う国際出願に関する求人が増えており、高い語学力を有している方に関する需要はかなり伸びていることから、語学力と実務経験を兼ね備えた弁理士は転職により高い年収・報酬を得ることができるケースも多くなっています。

また、企業内(インハウス)の弁理士・特許技術者の採用も増加傾向であり、近年は企業の知財部門等へと転職する弁理士も多くなっています。
そうしたことから、特許事務所での欠員による求人募集も増えているため、一定のスキル・経験を保持している方に関しての転職マーケットは悪いものではない状況と言えます。

企業の知財部門等の求人需要が増え、弁理士・特許・知財経験者の転職先・選択肢は広がっている

公認会計士や弁護士等の他の士業もそうなのですが、
ここ数年、一般事業会社への転職を希望する弁理士が増加しています。
これまでの士業のキャリアは独立志向が強い傾向にありましたが、近年は安定志向へとシフトしており、大手企業等への転職を目指す方が増えているように感じます。

合わせて企業側も弁理士資格者の採用を強化する動きも見られたこともあり、見方によっては弁理士のキャリアの選択肢は増えていると言えるでしょう。

しかし、逆に言えば、独立のハードル・特許事務所の生き残りが厳しくなってきているという裏返しとも取れます。

特許事務所の転職状況

グローバル化に伴う国際出願が増加している一方で、日本国内の特許出願件数は年々減少しており、それに伴って特許事務所の中でも国際特許出願案件を処理できるところは売り上げを大きく伸ばしています。

また、テクノロジーの進化のスピードも速くなっており、特許戦略の重要性も増していることから需要が高まっています。
時代の流れ・変化により求められるスキルや知見も変わってきている状況です。

上記のような分野を得意としている事務所は売り上げをのばしており、
拡大している特許事務所と伸びてない特許事務所の格差は広がっています。
特許事務所の二極化が進んでいる状況で、伸びている特許事務所では人手不足から求人案件は多くなっており、
人手不足もあいまって以前と比べれば転職がしやすい状況となっているでしょう。

一方で、商標や意匠に関連する分野は求人案件自体が少なく、転職のハードルは比較的高めです。
人材難が続いているため、以前と比べれば転職はしやすくなっているものの、
丁度良いタイミングで求人が出ているとは限りませんので、
転職サイト等に登録し、粘り強く転職活動を行う必要はあります。

若手の弁理士・特許技術者は転職市場で需要が高い

弁理士に限らず、20代、30代の転職マーケットは超売り手市場となっています。
弁理士に限って言えば、そもそも20代で弁理士資格を保持するケースはほとんどなく、
社会人経験を重ねていく中で弁理士資格を取得する方が大半です。
そのため、資格取得の年齢層として、30代、40代が多くなっています。

30代中盤までは若手として扱われますので、この年代の場合、転職を実現させることは比較的容易となります。

ただし、文系出身者のケースにおいては年齢が若くとも不利になるケースが多くなるので、
理系分野の勉強をしっかり行っていることをアピールしましょう。

30代中盤以降から40代に関しては、実務経験が重要な年代となります。
ただ、高齢化が進んでいる業界であり、
人材難が続く時代においては、全くの未経験でもない限り転職自体は可能です。

それほど経験が豊富でない方が年収UPで転職を実現した事例もありますので、まだまだキャリアアップの転職が可能な年代です。

いずれの年代でも現在の転職市況であれば全く転職できないということはなくなってきておりますので、
なかなか希望の転職先が見つからないという方も転職サイト等に登録し、粘り強く活動することをおすすめします。

弁理士・特許技術者・知財の転職でおすすめの転職エージェント・転職サイト

弁理士の転職に強いエージェントというのは多くはありません。
また、転職サイトに登録したもののマーケット規模が小さいせいか稼働していない転職サイトもいくつかありました。

そこで、ここでは、フィールドごとに弁理士におすすめの転職エージェントや転職サイトをご紹介します。

企業の知財への転職に興味のある弁理士や特許関連業務経験者向けの転職エージェント

エルキャリ
転職ならエルキャリ

公認会計士が多く勤務する監査法人で業務を行っていたコンサルタントが運営する転職エージェントで、会計士に限らず、弁理士などの士業全般の転職支援を行っています。

特にベンチャー企業とのかかわりが強いので、IPOベンチャーや最先端技術を有する企業の知財への転職をお考えの方は登録してみると良いでしょう。

商標関係はあまり扱っていないようですが、有機化合物等のバックグラウンドをもつ知財経験者や弁理士の方向けの転職実績などがあります。

大学発ベンチャーの知財など新しい分野への転職をお考えの知財経験者・弁理士の方は転職相談してみると良いでしょう。


士業や企業の管理部門への転職実績がトップクラスの転職エージェントです。
弁理士の転職支援を積極的に打ち出しているわけでは無いのですが、企業の知財・法務の求人も多数保有しており、転職実績も豊富です。

特許事務所というよりは企業内の弁理士を目指したい方におすすめの転職エージェントです。

特許事務所を中心に企業の知財部門等も含め選択肢を広げて転職先を探したい弁理士向け

LEAGL JOB BOARD

法律系の求人サイトとしては国内トップクラスの転職サービスです。
弁理士・特許技術者をメインに取り扱っている転職サービスの数はそれほど多くないなか、
LEAGL JOB BOARDでは他の転職・求人サイトと比べて弁理士・特許技術者向けの事務所求人が非常に多く、様々な種類の求人を取り揃えています。

特許事務所の求人が多い傾向にありますが、知財や法務の求人も多数取り扱っているため、幅広く求人をサーチしたい方には良いでしょう。

弁理士の利用者も多く、求人先情報を得るには良い転職サイトですので、登録するサイトに迷ったらまずはこちらを利用してみると良いでしょう。




弁理士・特許技術者の転職マーケットは規模が小さいため、
それほど多くの転職サービスがあるわけではありませんが、転職自体は十分できる市況となっておりますので、
転職をお考えの方はこの機会に是非検討してみてください。

ABOUT US

士業Job編集部(公認会計士・税理士)
士業Job編集部(公認会計士・税理士)
会計士・税理士等の士業の転職支援に精通したメンバー及び公認会計士資格者・税理士資格者等の国家資格を持つメンバーが執筆、監修しています。 一般的な職種の転職とは異なり、各資格ごと、各士業事務所ごとで転職事情やキャリアパス、志向性が大きく異なってくるため、それぞれの領域に詳しいメンバーが執筆しています。昨今、士業が事業会社の経理や人事等の管理部門への転職を希望されるケースも多いことから、士業事務所領域だけでなく幅広い視点でキャリアについての解説を行っています。 なお、求人情報も一部掲載しておりますので気になる方は求人情報よりご覧ください。また、本格的に転職をお考えの方は提携する転職エージェントサービスの利用も検討ください。