公認会計士の転職エージェントを転職先や悩み別に比較しておすすめを紹介!【会計士専門転職エージェント勤務経験者が解説!】

公認会計士の転職エージェント・転職サイトを紹介!

会計士専門の転職エージェント勤務経験とその人脈を活かして会計士が転職を考えた際にどのような転職エージェントを使えば効果的なのかおすすめどころを紹介していきたいと思います。

以下はこのページでご案内する転職エージェントの一覧と簡易的に特徴をまとめたものとなります。

過去人材紹介会社に勤務していた時に得た知見と繋がりなどからの情報収集、求職者の方からのアンケートや口コミ投稿をもとに作成しています。

これらをベースにしつつ主観も交え、具体的にどういった転職エージェントがどういった会計士の方の利用にマッチするか解説していきたいと思います。

なお、上から順におすすめの順番で並んでいるわけではなく、本ページでは会計士が抱える悩みや希望の転職先などに応じてエージェントを使い分ける方向で記載していますのでランキングづけなどは行っておりません。

また、何を良い・悪いと感じるかは人それぞれなので、可能な限りどういった方に合いそうか(もしくは合わないか)も各エージェントごとで記載しております。

会計士の転職サイト・転職エージェント エージェントの特徴
マイナビ会計士 ほとんどの方がご存知かもしれませんが、会計士向けの転職エージェントとして高い実績を持つ転職エージェントです。事業会社に強い傾向ですが、会計系コンサル、会計業界(監査法人や会計事務所)など会計士の主な転職先全てにしっかり対応しており、転職サポートが手厚いのが特徴です。会計士の転職実績はかなり高くおすすめできると考えます。ただし、独立も視野に入れた会計事務所への転職であれば別途検討の余地ありなので後ほどご案内します。
MS-Japan 東証プライム上場企業ということからもわかる通り、企業規模は大きく、転職実績は豊富です。
会計士向けの求人保有数は非常に多いため、良い求人があったら転職しようといった求人ありきで転職活動をしたい会計士には特に合います。経理などの事業会社への転職イメージが強いようですが、会計事務所の求人数も豊富で、大手から小規模まで揃っている。
レックスアドバイザーズ 過去数年は会計士の転職サービスの中では群を抜いて対応に関する評判が良かった傾向。大手から中小規模の会計事務所や会計系コンサルの求人数は豊富であり、それらに関する情報密度の評判が高く、会計業界に限定すればかなり良いと言えるため、会計業界での転職であれば登録しておきたいです。
ジャスネット 会計士と経理の転職に強いので、会計士が経理へ転職する際にはとてもおすすめです。
特に会計士に対する転職相談には定評があるので相談をしながらじっくり転職活動をしたい方は良いでしょう。
SYNCA 経理経験のある会計士向けのベンチャーへの転職サービスです。戦略コンサルやベンチャーCFO出身者の方々がいるので、良さげなベンチャーとの繋がりは多く、会計士がベンチャー経理へ転職することを考えるケースでは非常に有用なサービスとなっています。純粋なエージェントサービスというわけではないのですが、エージェントさんにも必要に応じて相談が可能となっています。
コトラ ファンド(金融)への転職に興味のある会計士におすすめのエージェントで、当該業界の知識が豊富なので、こうした特殊な業界に興味のある会計士は登録しておきたいです。
最速転職HUPRO AIとデータを用いてあなたに最適な求人を素早く提案してくれる転職サイトです。
会計士を始めとする士業の転職にとても強く、膨大な求人の中からあなたの希望とお持ちのスキルにマッチした最適な求人が見つかるでしょう。登録すると無料の最速転職診断ができるので、気軽に試してみても良いかと思います。ただし、2点注意事項があり、転職相談を重視される会計士の方にはあまり合わないかもしれない点と会計業界への転職に強いので税務を経験したい会計士には合うがそれ以外の領域へ転職したい会計士には合わない可能性が割と高いです。
リクルートエージェント 総合型の転職エージェントで会計士に特別強いわけではありません。しかし、会計士が資格に拘らず幅広い視点で転職を考えたいケースではありとあらゆる職種・業界の求人を取り扱っているので、目線を広く持つ意味では利用する意義があることも多くあります。後は、会計士としての転職で利用実績が無いわけでもなく、例えば、グローバル企業(日系外資問わず)への転職を考えるケースでは会計士向けエージェントでは取り扱いの無い求人保有ケースもあり、そうしたケース求人先を広く見たいケースでマッチすることもあります。ただし、会計士のキャリア相談向きでは有りませんのでご注意ください。
アンテロープ 金融機関やコンサルへの転職に興味のある会計士におすすめです。
ただ、会計士向けの転職エージェントというわけではないため、会計士としての資格を活かして幅を持たせた転職活動がしたいケースでは特化型も視野に入れた方が良い。
ムービン コンサルティングファームへの転職に強いため、戦略コンサル等へ転職したい会計士等は登録してみても良いでしょう。
なお、一般的な財務・会計コンサルであれば会計士向けの転職エージェントでも問題ありません。
JACリクルートメント 外資やグローバル企業など大手企業でのポジションや英語等の語学力を活かした転職をしたい会計士は利用してみても良いでしょう。
会計士に特化しているわけではありませんので、キャリアに悩むケースでは会計士特化エージェントの方が相性は良いですが、事業会社におけるハイクラスな求人を求めるケースでは会計士特化型より求人も多く良いでしょう。ちなみに担当してくれるコンサルタントの方もレベルが高く、会計士に限定しませんが利用者の評判は基本的に高いです。なお、会計士でなければならない求人というよりも会計士でも良い転職先が中心となり、レベルの高い求人も多いため、一定以上の水準にないとマッチしないケースもあります。
エルキャリ 新興勢力のためデータは少ないが一般的なエージェント利用でマッチしないケースでは利用を検討してみましょう。
エリートネットワーク 事業会社のハイクラスポジションよりの転職がしたい会計士の利用であれば良いでしょう。会計士に特化しているわけではありませんので、様々な視点で求人を見たいケースでも良いです。

目次

会計士の転職エージェント選びの基準

上記ではザっと各種エージェントの概要について記載しましたが、会計士向けのエージェントは意外とたくさんあり、細かく見ていくと特徴が異なるので希望する「転職先業界」や「悩み」「状況」に応じて使い分けるのが吉です。

会計士のキャリアへの精通度合いの高さ

キャリアパスについてあらゆる可能性を模索してから具体的に転職を実行にうつしたいという会計士の方は多くいらっしゃいます。

職種柄どのような業界にも転職が可能ですが、採用者側も昨今は資格の有無というよりは専門性(経験)を重視される傾向にあるので、考え無しに転職をしていると会計士といえど不安定なキャリアになる可能性もあります。

そのため、まずはキャリアパス領域全体を押さえておいた方が良いケースが多いので、特に初めて転職するというケースでは会計士のキャリアについて一定の理解を持っている転職エージェントに相談しておく必要があると考えます。

初めての転職の場合、会計士として監査経験だけだとキャリア的に将来詰みそうだからキャリアの模索はしているけど、、、といった場合も多いのですが、そういった悩みは会計士のキャリアに精通しつつ、長く業界で転職支援を行い、幅広い事例を持ってキャリアコンサルティングが行えるエージェントを利用する必要があります。

会計士が活躍可能な各フィールドの業界知識をどの程度保有しているかに着目

会計士のキャリアに詳しいかどうかという視点も重要ですが、転職先となる業界に詳しいかどうかも極めて重要です。

例えば会計士専門特化型の各転職エージェントを利用するにしても各社ごとで「事業会社に弱い(もしくは強い)」、「小規模ファームに強い・弱い」、「会計事務所に強い・弱い」など弱点あるいは反対に強みを抱えている傾向にあります。

また、会計士特化型エージェントが苦手としている領域(金融・ファンド・コンサル等)もあり、こうした領域への転職の場合は会計士向けとはまた別のところを利用しないと満足いく情報が得られないなどの問題が生じます。

会計士は職種柄全ての業種への転職が可能ではありますが、全領域に詳しいエージェントはいませんので、希望する転職先業界によってエージェントを使い分ける必要があるケースが多いです。

比較的万能なエージェントもありますが、概ね弱い部分がありますので、あなたの現在置かれている状況・悩み・希望により適したエージェントが変わってくることを理解し、利用を検討しましょう。

このページではそうした各種転職先やご希望、悩みに合わせたエージェント選びを行っていますのでご参考頂ければと思います。

取り扱い求人数は重要だがサイト上に公開されている求人数の比較は無意味なため実態を想定した基準

業界知識の有無も重要ですが、各業界の求人を保有しているかどうかも非常に重要です。

ただし、会計士向けの求人は大半が非公開なので、一見するとどこのエージェントがどの程度求人を保有しているかはわかり難いです。

全ての転職エージェントについてその情報を知り得るわけではありませんが、過去に転職エージェントに勤務したい経験や人脈から凡そのそれぞれの各エージェントのボリュームゾーンは把握しているため、類推して求人数的にもおすすめかどうか判断してご案内します(主観も多いですがご了承ください)。

なお、エージェントによってはサイト上に求人を掲載しないケースもありますし、逆に一度掲載したら募集が終わっても出しっぱなしというエージェントもあるので、一見するとずぼらなエージェントが求人保有量が多いという風にも見えるため、注意する必要があります。

キャリアアドバイザーの対応力

各エージェントで転職サポート方針が異なる他、同じ人材会社であっても、担当者により対応力に差があるため、一概にどこの会社のキャリアアドバイザーが良いかは断定することができません。

ただ、評判などからどのような対応方針をとっているかの目安を知ることができるほか、全体的なレベル感は判断することが可能なので、このあたりを軸にして各社のアドバイザーの質について記載しております。

各求人先内情の把握度

キャリアアップだけが転職の目的ではありません。

人間関係を重視される方、ワークライフバランスを重視される方などその理由は様々ですが、キャリアの視点だけでなく、働く環境・内情がどうなっているかも転職においては非常に重要です。

こうした情報を得るには業界に精通し、各企業と密接に連携しているエージェントが強い他、求職者とも親密な人間関係を築いているエージェントが知識として強いです。

各企業の本当の内情は求職者から得られる情報が多いので、転職相談を重視し、しっかり行っているエージェントからの情報が信頼に足ると考えますので、そうした視点を加味しています。

会計士におすすめの転職エージェント・サイトを転職先別に比較

公認会計士の転職エージェントの特長

公認会計士におすすめの転職エージェントを希望や転職先別に比較しながら紹介していきます。

一概に何をもって質が高い良い転職エージェントと判断するかは難しいのですが、一つ言えることは、各社の特長を理解して登録することで、エージェント選びのミスマッチという点はリスクを下げることが可能です。

転職先業界に悩む会計士におすすめの転職エージェント

キャリアに悩む会計士におすすめの転職サイト・エージェント

転職を検討する会計士の方で意外と多いのが、転職はしたいけど特に具体的な希望が無いというケースです。

会計の知識・経験を活かしたいとは思っていて「監査以外がやりたい」という考えはあるが「これが良い」という希望が具体的に無いケースです。

コンサルが良さそうな気がするけど事業会社も良さそう、経理じゃなくて経営企画ってどうなんだろうといった形でふわっとした要望であったり、そもそもどういった領域でキャリア構築ができるのかしっかり把握できておらずあいまいなケースです。

こうした方が意外と多いので、そのような方が利用すべき転職エージェントを最初に紹介しますが、このような場合は会計士のキャリア全般に詳しく、紹介可能な転職先フィールドも幅広く、それでいてある程度しっかりと話を聞いてくれる転職エージェントを利用する必要があります。

マイナビ会計士:転職面談満足度が高く幅広い転職先に対応可能なエージェント

会計士の転職エージェントマイナビ会計士HP画像

マイナビ会計士を利用して転職面談に満足した方が95%以上(※1)というデータも有り、そういった点からしてもキャリアに悩む会計士の利用に適していると言えます。

マイナビ会計士は一般的な会計士の主な転職先である事業会社(経理財務・経営企画)、会計系コンサルへの転職にはかなり強く、プラスアルファで税務が経験できる会計事務所、金融、スタートアップベンチャー等への転職実績もあり、会計士の転職先はトップクラスにカバーできていると言っても良いでしょう。

初めて転職する会計士の場合は例えば各コンサルティングファームの規模の大小や種類ごとなどによりキャリアパスがどのように変わっていくか、その先のキャリアにどう影響するのかなど総合的に広く情報を頭に入れておいた方が良いため、広く転職支援が可能なマイナビ会計士の利用に適していると言えます。

それらに加えて、会計士のキャリアや会計士の業務事情等にも明るいエージェント担当者が所属しており、年々転職相談のレベルも上がっていることから、キャリアに関する相談がしたいとお悩みの方にもマッチするエージェントと言えます。

そのため、例えば監査法人からの転職先やキャリアに悩んでいるという若手の会計士の方の転職実績も豊富で、あれもいいけどこれも良い、どうしようと悩んでいる方には非常に良いでしょう。

ただし、税務の経験がしたいということで会計事務所への転職をメインに考えているケースにおいては少し注意も必要で、求人は結構持っているのですが、さほど有名でない事務所については詳しくない傾向も見て取れるため、税務希望の会計士(会計事務所希望)は別途会計事務所領域に精通したエージェント利用を考慮する必要はあります。

マイナビ会計士はこんな悩みを抱えた会計士におすすめ
  • ワークライフバランスがとれる転職先を探している
  • キャリアの相談がしたい
  • 転職活動そのものに不安があるからサポートして欲しい
  • 監査法人の次の転職先で悩んでいる
  • 事業会社への転職に際する情報提供が受けたい


レックスアドバイザーズ:キャリアカウンセリングに定評があり会計業界に精通した転職エージェント

レックスアドバイザーズ

公認会計士の転職相談のレベルが比較的高いことから評判が良く、おすすめする転職エージェントとして1位に選ばれる(※2)など、確かなスキルを持ったコンサルタントの方が対応してくれるので、キャリアに悩むといったケースでの利用に適していると言えます。

監査法人・会計事務所・会計系コンサルへの転職に特に強く、会計業界での転職においてはとても強いエージェントです。

各監査法人や会計事務所、ファームの特徴をしっかり押さえてくれているのはもちろんですが、内情がどうなっているか、どういったキャリアパスが描けるのかしっかり情報提供してくれるのでキャリアに悩む会計士の方には非常にマッチするエージェントと言えるでしょう。

求職者対応という点ではかなり親身にしっかりやってくれるという声が最も多かったのでキャリア相談・信頼という点でもGoodかと思います。

ただし、事業会社の求人が少ないため、当該領域への転職というケースに弱点を抱えています。

そのため、キャリア相談重視の方で尚且つ会計領域(コンサル・監査法人・会計事務所)での転職希望がある方に適していると言えます。

レックスアドバイザーズはこんな悩みを抱えた会計士におすすめ
  • 志向性が固まっていないため、事例も交えながらじっくり相談しながら転職先を決めていきたい会計士
  • コンサルも含めた会計業界への転職を中心に考えている会計士
  • 税務を経験すべく会計事務所への転職を考えている会計士
  • 求人先情報に関してしっかり情報提供してもらいたい


MS-Japan:事業会社と会計事務所領域の求人数が豊富な転職エージェント

会計士・経理等管理部門の転職エージェントMS-JapanのHP

古くから公認会計士を始めとする有資格者の転職支援を行っており、多くの会計士が利用している転職エージェントです。
事業会社の経理への転職に力を入れていた時期もありましたが、昔から会計業界の転職支援を行っている関係で、小規模事務所(少数精鋭)等との付き合いも多く、会計士が税務も経験しておきたいと考えた際の転職先の紹介を受ける意味においては、そういう求人と業界知識もそれなりにあるのでかなり良いでしょう。

独立に備えて中小企業税務に興味があるという会計士の方も意外と多いですので、そうしたケースでの転職でも良いかと思います。

会計業界について記載しましたが、ご存じの通り事業会社への転職にも強く、加えて会計系のコンサル求人は一通りそろっているので、一般的な会計士が転職先に選ぶゾーンの求人は豊富で申し分ありません。

担当してくれるエージェントさんによりサポートの質に差が出ることも多いですが、しっかりした担当者にあたれば良い相談が受けられるほか、求人数が豊富ということもあり、希望の求人先とのめぐり合わせという意味では確度が高いエージェントです。

MS-Japanはこんな悩みを抱えた会計士におすすめ
  • 転職相談というよりは求人をたくさん見てイメージを膨らませたい方
  • 事業会社の経理などで働いた場合のキャリアや待遇を特に知りたい



ジャスネットキャリア:会計士の転職相談に定評のあるエージェント

会計士の事業会社の転職に強いエージェントのジャスネットキャリア

ジャスネットの大きな特徴はキャリア相談に力を入れている点でしょう。
これまでの経験、希望や志向性などを詳しく聞き、それらを総合的に判断してキャリアの相談をしてくれるエージェントです。

そのため、自身では気が付かなかったキャリアパスやルートに気が付ける可能性があり、キャリアに悩むケースでの利用には適していると言えます。

ただし、それゆえに意に沿わない提案を受けることもあり、人によってはそこに不満を感じるケースもあるようですが、意見の一つとして客観的に自分を見つめるのに良いのではないかと思います。

キャリアに正解は無いので難しいところですが、転職・キャリアのプロとして多くの事例を見てきた経験からの提案が受けられるので個人的にはキャリアに悩んでいるケースでは利用してもらいたいエージェントの1つです。

なお、ジャスネットは職業紹介優良事業者認定を受けており、そうしたことからもサービスの質の高さはあるといって問題無いでしょう。

その他、アカウンタンツマガジンなどの冊子ツールはキャリアパスや他の会計士のキャリア事例を見るうえで非常に参考になり、登録すると読めるのでおすすめです。

弱い部分としては、会計事務所への転職に関しては、知見が浅く、求人は少ない傾向ですので、税務をやりたい方には向かないです。

ジャスネットはこんな悩みを抱えた会計士に良い
  • キャリアに悩んでいて迷っている、相談したい、他の人の事例を詳しく聞きたいケース
  • じっくり時間をかけて転職活動を行いたい
  • アカウンタンツマガジンというキャリア冊子が読みたい方


希望転職先業界が定まっていない会計士におすすめの転職エージェントまとめ

まず4つの転職エージェントを紹介しましたが、比較的どれもメジャーで全部知っている、という方も多いかもしれません。

上記は利用者の評判や口コミ等も加味し定期的に編集をしていますが、現在において上記の主要どころはキャリアに悩む方にとってはおすすめと言えるでしょう。

ただ、登録するのは1つか2つに絞りたいという方が多いかと思いますので以下に結論をまとめました。

公認会計士の転職エージェントどこを利用するか迷ったら

マイナビ会計士を利用されると良いでしょう。

なぜなら、求人の幅や転職サポート(相談含)のバランスが良いからです。

特に求人バリエーションは結構あり、転職先フィールドに悩むケースでは総合型エージェントとしても多くの企業と付き合いがあるマイナビ系は良いでしょう。

公認会計士に精通しているという特化型の転職エージェントという側面とマイナビという総合型エージェントの良い側面の両方のメリットを活かした転職支援が受けられます。

ただし、この次に紹介しますが、事業会社への転職よりは会計業界への転職に重きを置いているケースではレックスアドバイザーズが小規模優良事務所やファーム等も含めて情報が濃い傾向もあるので、こちらも押さえておきましょう。


監査法人や会計事務所への転職をお考えの会計士におすすめの転職サイト・エージェント

会計士が監査法人・会計事務所などの会計業界で転職するのにおすすめのエージェント

会計業界での転職を中心に考えているという方向けに転職エージェントの紹介をします。

先ほど一通り税務がやりたくて会計事務所への転職も考えているなら、という視点でも解説しているので、ここは簡潔に記載させていただきます。

また、会計事務所だけでなく、いま勤務している監査法人から別の監査法人へ転職したい、あるいは事業会社から監査法人へ転職したいというケースもあろうかと思いますので、そのような視点も加味します。

まず、一定数いるのが、税務を経験しておきたいという会計士向けの転職エージェントですが、基本的にはレックスアドバイザーズが良いかと思います。

ポイントは会計士が会計事務所に転職するにあたって一番ネックになるのが年収部分なのですが、税務未経験のケースだとかなり年収落ちます。
ただ、求人先によっては、監査経験を活かした仕事しつつ税務もやれる、というようなところもあるので、そうしたところだと年収落とさずに税務経験がつめることも多々あります。

そのようなところまで考えると、会計税務フィールドの転職先と情報が多いレックスアドバイザーズあるいは老舗のMS-Japanは外せないでしょう。

なお、監査法人へ転職したいというケースは、正直好きなところを登録すれば良い、というのが率直な意見ですが、その先のキャリア間で含めた転職相談がしたいというケースではレックスアドバイザーズで相談しておくと良いかもしれません。

この会計業界の転職という点においてはかなり強いと言えるでしょう。

なお、新興勢力として注目されていて会計事務所領域での転職において昨今評判が良い転職サービスも登場してきており、最速転職HUPROも視野に入れてみても良いでしょう。

会計業界の転職先サーチに強いエージェントのHUPRO

会計士の無料AI転職診断HUPROのHP
大学との共同研究による独自開発のアルゴリズムを用いた転職診断が行えます。
会計事務所は全国に3万事務所以上存在しており、そうした情報を自身でサーチするのは困難なため、テクノロジーを活用した転職診断はとても有用なのではないかと考えられます。

多くのデータに基づいた解析を行っており、様々なデータを基に、税務と監査バランスよくやりたいといったあなたの希望に合わせた会計事務所や監査法人の求人の紹介が受けられます。

全国の会計事務所求人を多数保有しているため、幅広い選択肢の中からあなたに最適な求人が見つかることと思います。

会計事務所の求人探しにおいては、求人量と情報量の視点からおすすめと言えるでしょう。残業が少ない会計事務所を探している、子育てに理解のある会計事務所を探しているなど、キャリア視点ではなく、条件面重視で求人を探すケースでは良いです。

転職診断だけではなく、エージェント担当者に相談することも可能ですが、公認会計士が転職するという視点で見るとキャリア相談や転職活動サポートを重視される傾向にあるので、その部分はやや弱いため、そこを理解した上で利用すると良いでしょう。

登録後に転職診断等のコンテンツが利用でき、あなたにマッチする転職先を見つけることができるので、この機会にこうしたサービスにも目を目て見るのも良いでしょう。

HUPROはこんな悩みを抱えた会計士におすすめ
  • ワークライフバランスの取れる会計事務所が気になる会計士
  • 自分で求人を探すのは大変だけどエージェントとガッツリやるのも面倒でサクッと会計業界の求人を見つけたい会計士
  • 転職診断等のコンテンツに興味がある会計士


公認会計士が会計事務所へ転職する際は年収面で注意も必要

監査法人から税務を経験するために会計事務所や税理士法人への転職をする場合、年収が大きく下がる傾向にあるため、その点はご注意ください。

監査で培ったスキルを活かしつつ、税務も経験できる会計事務所もありますので、そうした求人先であれば、年収を落とさず新しいことにチャレンジすることができます。

また、監査法人から監査法人へと転職するケースでも、Big4等の大手監査法人から中小監査法人へ転職する際は大きく年収も仕事の仕方も異なってくるため、各種違いについてはしっかり把握しておくべきでしょう。

このように細かい条件で会計業界の求人をお探しであれば、上記に記載した転職エージェントに相談してみると良いと思います。

同じ会計業界でも、会計事務所ごとでエージェントを利用することで、先のキャリアや年収などの参考になるデータも聞けるでしょう。

会計業界での転職を考えている会計士におすすめのエージェントのまとめ

会計事務所は独特なので求人は持っていても業界について熟知しているという転職エージェントはそう多くありません。
長く会計業界に入り込んでいるエージェントを利用するのが吉です。


コンサルティングファームへと転職したい会計士におすすめの転職エージェント

コンサルに転職したい会計士におすすめの転職エージェント

監査法人からの転職を考える会計士の中で、コンサルティングファームへの転職に興味を持っている会計士はとても多いです。

監査法人からの転職ですと、FAS業界への転職が比較的転職しやすく、転職後のミスマッチも少ない傾向なので人気となっております。

ただし、FASはBig4だけではなく中小の独立系のFASも存在しており、各社ごとで仕事の進め方や経験できる業務範囲が異なるので注意は必要です。

大手のfas系コンサルティングファームでは、業務が細分化されているので、横断的な業務がやりたい方には向いていないケースもあります。

また、いわゆる「コンサル」的な業務がやりたいのであれば、大手のfasよりも中小のfasの方が濃い経験が積めるところも多いので、規模感やネーミングだけで判断しないように注意が必要です。

その他、転職のハードルは高いのですが、戦略系等含め、幅広くコンサルティングファームへの転職を検討しているケースでは、会計士向きの転職エージェントよりも、コンサル業界に強みを持つエージェント利用が良いでしょう。

一つずつ紹介させていただきますが、まず、監査法人から初めて転職されるというような公認会計士や会計士資格(もしくは監査経験や財務会計スキル)が活かせるコンサル領域への転職を希望の場合はマイナビ会計士に登録し、一般的な会計士が転職可能なコンサルティングファームの情報の取得とキャリアに関する情報を得つつ、求人紹介を受けることを優先してください。同社が合わない場合はレックスアドバイザーズも良いでしょう。どちらか好きな方で問題無いと思います。

監査経験しかないケースでは、コンサルへの転職は注意が必要となりますので、会計士のキャリアに詳しいところに初めは相談した方が良いです。

一方で、例えば戦略コンサルに興味がある、あるいはビジネスよりのコンサル等に興味があるなど会計士に関わらず競い合う領域のコンサルを志望されるケースでは、コンサル全般に強い転職エージェントを使った方が良いでしょう。

例えばムービンはコンサル領域の転職に非常に強く、各種領域のキャリア等にも精通しているほか、戦略コンサルを希望するケースにおいてはケース面談対策等もしっかりやってくれるため、こうした領域に興味があるケースではこちらを利用すると良いでしょう。

アンテロープも同様にこうした領域に強めです。

ただ、ファンドなどの金融領域に近しいところへの転職が視野に入っているケースではコトラがかなり強いので、会計士専門エージェントというわけではありませんが、情報取得においては有効なので登録しておきたいところです。

いずれにせよ一般的な公認会計士がコンサルへ転職する場合はマイナビ会計士の利用がマッチするかと思います。

公認会計士が会計系コンサルへ転職するならマイナビ会計士はおすすめ

マイナビ会計士HP画像
コンサルティングファーム(FAS、事業再生、M&A等の会計領域)への転職をマイナビ会計士を使って成功させる方がとても増えておりますので、コンサルを検討されているのであれば情報収集もかねて必ず登録しておきたいところです。

公認会計士の転職に役立つ情報や転職サポート体制も充実しており、応募書類の書き方から面接で聞かれるポイント、面接官の特徴まで丁寧に解説してくれるため、はじめての転職でも安心です。

なお、経験の浅い会計士の場合は、キャリアパスについて理解しておく必要があるので、この後にコンサルに強いエージェントも紹介していきますが、その前に会計士向けエージェントで話を聞いてからにした方が良いかと思います。


コトラ:ファンドを含めた金融業界に興味のある会計士におすすめのエージェント

金融・ファンドの転職に強いエージェントのコトラ

取り扱っている求人領域はかなり広く、金融・ファンド・コンサルを始めとして事業会社の幹部層への転職支援などに定評があります。
この領域の求人数も多い傾向です。

会計士の場合で行くと、投資ファンドへの転職を希望されるケースでは非常にマッチするエージェントと言えるでしょう。

各種業界の経験者など金融領域に精通したコンサルタントの方がいるので詳しい話が聞けます。

逆に、会計士専門の転職エージェントだとこの領域はかなり弱いので、こうしたケースではコトラを利用すると良いと思います。

担当してくれるエージェントさんは質が良いので上記記載の業界への転職を考えるなら良いと言え、また、職業紹介優良事業者認定を受けている(認定番号:1802009(02))ので一定の質の高さがあることが客観的に証明されております。

ただし、会計士資格者としての転職相談をしたいとお考えであれば別途会計士専門特化型エージェントの利用も視野に入れてください。

コトラはこんな会計士におすすめの転職エージェント
  • 投資ファンドなどファンド系への転職に興味がある会計士
  • 金融業界への転職に興味のある会計士
  • その他高年収領域の転職に興味のある会計士


アンテロープ

コンサルの転職アンテロープ

コンサルや金融業界への転職に強いことで知られています。

私の周りの会計士で利用している人は見たことがありませんが、会計士ではないコンサル志望の知り合いが利用しており、かなりレベルが高くてよかったとのことです。

ただ、基本的に会計士の転職を専門的に支援しているわけではありませんので、会計士としてのキャリアを探っていくケースでは別のエージェントとの併用も考えた方が良いでしょう。

アンテロープはこんな会計士におすすめの転職エージェント
  • 金融業界に興味があり情報を取得したい
  • コンサル業界に興味がある


ムービン:会計士も含めたコンサル業界への転職に定評があるエージェント

会計士からコンサルタントへの転職 ムービン

コンサルの転職に定評があり、会計士の利用者もそれなりにいます。

コンサル業界・金融領域の求人数はかなり多く、幅広くコンサルへの転職に興味があるケースでは非常に有用です。

戦略コンサル等ではケース面談対策等の専用の面接対策が必要になりますので、ハイレベルな外資コンサルに興味がある場合は利用しても良いかと思います。

ただ、一般的な財務会計系のコンサルへと転職するケースでは、むしろ会計士専門の転職エージェントで十分であると言えるほか、事業会社への転職には強くないため、コンサル業界に絞った転職活動をするのに向いていると言えます。

ムービンはこんな悩みを抱えた会計士におすすめの転職エージェント
  • 戦略コンサル等コンサル業界に興味がある
  • 会計士という枠組みにとらわれず広くコンサル業界への転職に興味がある


エルキャリ

公認会計士の転職ならエルキャリ

監査法人勤務・事業会社勤務・起業経験を活かし、会計士のキャリア支援を行っています。

FA業務を経験したいといったケースや大手コンサルばかりでなく、新設・新興勢力のコンサルティングファームなどへの転職支援も行っており、ベンチャー企業(ベンチャーコンサル)へ飛び込み大きな経験を積みたいといった会計士の転職には合うかもしれません。

IPO支援やM&Aコンサルを行っている会計系のコンサルの転職にも良いかと思います。

気軽に登録できます。

ただし、転職相談・サポートには不安定な部分も多いため、注意も必要です。

エルキャリの特徴(参考)
  • FAS・M&Aに興味がある


コンサルに興味のある会計士向けエージェント情報まとめ

コンサルへ転職したい会計士におすすめの転職エージェントのまとめ
  • 財務会計コンサルや会計士資格・会計知識を活かしたコンサル領域への転職であれば基本的にマイナビ会計士に登録した方が良い
  • 戦略コンサル等への転職を検討しているケースではムービンを視野に入れる
  • 上記でマッチしなかったケースでは転職相談に定評のあるレックスアドバイザーズを利用しましょう

経理・財務や経営企画など事業会社への転職を考えている会計士におすすめの転職サイト・エージェント

事業会社(経理・経営企画等)に転職したい会計士におすすめの転職エージェント

ここ数年、公認会計士の方の転職先で一番多いのが事業会社です。

ワークライフバランスを求めて事業会社へ転職される方もいますし、企業の内部から自身のスキルを活かして成長させていきたいと考えて転職される方が多いです。

ただ、情報収集不足で早期退職になる会計士は多いです。事業会社といっても企業によっては監査法人以上に激務、単純作業が多いといった職場もあるので、ご注意ください。

また、女性会計士の場合ですと、ライフイベントを機に転職されることも多いのですが、この場合では、同性のエージェントの方が話しやすいということもあるようですので、そのような希望をお持ちのケースでは希望を出してみても良いでしょう。

こうしたことを踏まえて、公認会計士の事業会社への転職であればまずはマイナビ会計士の利用を検討しましょう。

上場企業から中小企業、ベンチャーまで幅広く転職が可能であり、また、ワークライフバランス重視の方にもそうした情報の提供もしっかり頂けるので安心して転職活動が行えます。

後は、事業会社でもベンチャー企業限定で転職したいケースにおいては、SYNCAの利用も良いでしょう。

経理財務経験がある方であれば、良いベンチャー企業のポジションの求人が見つかります。

一方でグローバル企業への転職を視野に入れている会計士の方はJAC Recruitmentの利用が良いでしょう。

日系・外資ともに大手企業で質の良い求人が揃っています。

ただし、会計士を求めているというよりは、会計士としての知見が活かせる転職先が多いということであり、かなり高いレベルが求められるものも多いので、監査経験だけですと厳しいかもしれません。

マイナビ会計士MS-Japanは幅広く万能に事業会社の求人を持っているので会計士が事業会社へ転職する際は非常におすすめなのですが、ベンチャーだけ、あるいはグローバル企業だけ、という部分的に切り取った視点で見た際は網羅できていないケースもあるため、ケースバイケースで使い分けると良いかと思います。

公認会計士の事業会社への転職実績がトップクラスのマイナビ会計士

マイナビ会計士
20代、30代の事業会社志望の会計士の利用者がかなり増えているように感じました。
事業会社への転職を希望する会計士は近年最も多いゾーンなのですが、直近で見てみるとマイナビ会計士を利用して転職される会計士はかなり増えており、サポートのレベルもかなり高くなっています。
※マイナビ会計士では事業会社を転職先に選び決定される方の割合は40%以上(※1)とのことです。
当然のことながらマイナビグループとして数多くの企業との取引があり、事業会社の求人はかなり保有しており、書類作成のアドバイスや面接対策にも力を入れているので最初に利用するエージェントとしておすすめです。


グローバル企業の転職に強い転職エージェントのJACリクルートメント

JACリクルートメント
JACリクルートメントは電車の中に広告が貼ってあることが多いので、ご存じの方も多いかもしれません。
グローバル企業(日経・外資)への転職では国内ではトップクラスの実績を誇っています。

当然この領域の求人数は非常に多いです。

こちらのエージェントはとにかく担当してくれるコンサルタント(エージェント)の質が高く、非常に評判が良いです。
ハイクラスのポジションとなると、面接も一般的なものではなく、戦略コンサルほどではないにしろケース面接のような特異な面接が設定されることもありますが、企業ごとに過去の面接内容等の記録も残しているのか、非常に多くのノウハウをお持ちで、役立つアドバイスをたくさんもらうことができます。
そのため、ハイクラス且つ語学力も活かしたいという方は、こちらのエージェントさんに相談してみるのが良いかと思います。

ただ、公認会計士のキャリアに特別詳しいわけではありませんので、監査法人から初めての転職と言ったケースや転職活動が不安な方は公認会計士の転職に特化したエージェントと併用すると良いでしょう。

JACはこんな希望を持っている会計士におすすめのエージェント
  • 事業会社で英語を活かしたいと思っている
  • グローバル企業への転職を考えている
  • 管理職としてハイクラス転職を考えている


SYNCA:会計士のベンチャー経理への転職でおすすめ

会計士のベンチャー企業の転職ならSYNCA

事業会社での経理経験のある会計士向けですが、ベンチャー企業のCFOや経理財務担当としてゼロベースから企業の体制を作っていく経験がしたい会計士はこちらの転職サービスはかなりマッチすると思います。

まだ新しいサービスではありますが、同社の性質上、多くのベンチャー企業との接点を持っているから良いベンチャーとの出会いがあります。

診断コンテンツ等もありますし、登録したらすぐに転職しないといけないわけでもありませんので、ベンチャーに興味のある会計士は登録しておくと良いでしょう。

会計士専門の転職エージェントの弱みであるベンチャー界隈の求人を多く持ち合わせているので、既に「経理経験」があり「ベンチャー企業」へ転職ということであればぜひ利用してください。

ただ、求人数そのものはそれほど多くありませんので、ベンチャーで良い求人があったらいいな、といったスタンスでの利用が良いかと思います。

SYNCAはこんな希望を持っている会計士におすすめの転職サイト
  • ベンチャーCFOとして転職したい
  • 経理・財務経験を活かしてベンチャーで活躍したい
  • 市場価値診断コンテンツ等により客観的な市場価値を知りたい方


会計士の事業会社経理の転職に強いジャスネットキャリア

会計士の事業会社の転職に強いエージェントのジャスネットキャリア

転職相談に定評があり、会計士が事業会社へ転職した際のメリットだけではなく、デメリットまで含めてしっかりとアドバイスしてくれるエージェントです。
経理の求人数は多く、特に会計士にマッチする事業会社の求人は豊富に持ち合わせていることから事業会社経理への転職をお考えの会計士の方にはマッチするエージェントです。

同様に会計業界での転職にも強いので、キャリアや条件的な良い面だけでなく、会計士が事業会社へ転職する際の注意点と会計業界との比較という視点での情報収集も可能です。


会計士の事業会社への転職が伸びているエージェントのMS-Japan

会計士・経理等管理部門の転職エージェントMS-JapanのHP

会計業界でも古くから転職支援を行っているので強いのですが、事業会社の管理部門への転職支援実績はかなり高いと言えるでしょう。
特に会計士を始めとする士業が管理部門へと転職することにおける実績はトップクラスと言っても間違いないかと思います。
会計業界・事業会社の双方を良く知っている転職エージェントです。



各種スカウトサービス:ハイクラスポジションに興味があるなら会計士を欲する事業会社などから直接オファーが来る転職サービスの利用もあり

ハイクラス転職に興味のある会計士向け転職エージェント

例えば会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』の利用を検討してみるのもありでしょう。

ビズリーチは公認会計士に特化した転職サイトではありませんし、そもそもエージェントサービスではありませんが、ハイクラス案件を保有しており、レベルの高い業務へとチャレンジしてみたいのであれば、登録してみても良いでしょう。

スカウト型の転職サービスなので、あなたのこれまでの経歴が転職市場で評価されるようであれば、事業会社等での上位ポジションでのオファーやスカウトが届いたりして求人の紹介が受けられるかと思います。

なお、ヘッドハンターからのスカウトに返信し、ヘッドハンターの話を聞くことで参考になることもあるのですが、現年収が低くても750万程度ないと該当する案件が無い可能性がありますのでご注意ください。

事業会社への転職に興味のある会計士向け転職エージェントのまとめ

事業会社へ転職希望の会計士が最も多いのですが、キャリアの浅い会計士の場合はやはり会計士向けの転職エージェントを最初に利用して情報を取得しておいた方が良いでしょう。基本的な会計士の事業会社におけるキャリアを知った上で総合型なども利用することで選択肢が広げられます。

事業会社へ転職希望の公認会計士におすすめの転職エージェント
  • 広く事業会社への転職希望であればマイナビ会計士を検討する
  • 事業会社の経理などに興味がありつつも会計事務所も視野にあるのであればMS-Japanが良い
  • 事業会社での経理経験がある公認会計士でベンチャー企業志望であればSYNCAで良い求人が見つかる可能性がある。ただし、監査経験しかないなど経理未経験の場合は応募可能な求人が少なく厳しいのでマイナビ会計士にしておく
  • グローバル企業の経理財務等に興味がある場合はJAC Recruitmentを利用

高い英語力を活かした転職をしたい会計士におすすめの転職エージェントは?

英語力を活かした転職をしたい会計士におすすめの転職エージェント

TOEIC●●点とかそういうレベルではなく、
読み書き、話すということがビジネスレベルで行える方は、「会計+英語+ハイクラス」の転職エージェントを使ってみても良いでしょう。
ただし、このようなエージェントでは、スキルがない方にはほとんど求人を紹介してくれません。
そのため、英語が得意といっても、どのレベルかによって利用するエージェントは使い分けましょう。

まず一番初めに検討したいのがJAC Recruitmentです。

先ほど紹介したので詳細は省きますが、グローバル企業(外資・日系)の求人が多く英語が活かせる求人が豊富であり、それでいてしっかりと転職活動フォローをしてくれるので、かなりおすすめです。

また、ロバート・ウォルターズも外資系ハイクラス案件が豊富なので英語で外資ということでしたら候補に入れてみても良いでしょう。

グローバル企業の転職に強い転職エージェントのJACリクルートメント

JACリクルートメント
外資に興味がある会計士であれば既にJACリクルートメントを活用されている方も多いかも知れませんね。
グローバル企業(日経・外資)への転職では国内ではトップクラスの実績を誇っています。
こちらのエージェントはとにかく担当してくれるコンサルタント(エージェント)の質が高く、
非常に評判が良いです。
ハイクラスのポジションとなると、面接も一般的なものではなく、戦略コンサルほどではないにしろケース面接のような特異な面接が設定されることもありますが、企業ごとに過去の面接内容等の記録も残しているのか、非常に多くのノウハウをお持ちで、役立つアドバイスをたくさんもらうことができます。
そのため、ハイクラス且つ語学力も活かしたいという方は、まず初めにこちらのエージェントさんに相談してみるのが良いかと思います。
ただ、公認会計士のキャリアに特別詳しいわけではありませんので、心配な方は公認会計士の転職に特化したところと併用すると良いでしょう。


外資系ハイクラスポジションの転職エージェントのロバート・ウォルターズ

外資系転職ロバート・ウォルターズ
こちらの転職エージェントは外資系のハイクラスポジションへと転職を希望されているのであればとてもおすすめです。
ただし、会計士のキャリア支援を行うとかそういう目線でサービスを行っているわけではなく、スキルの高い人を純粋にハイクラスのポジションへと導くための転職サービスなので、これからキャリアどうしたらいいでしょうか?という人には向きません。
会計士の方に多いのですが、何をやったらいいかわからない、というようなフワッとした感覚の人は登録してはいけません。
英語力+会計スキルに自信があり、キャリアの道筋もある程度自身の中でたてられていて、そのうえで外資やグローバル企業のハイクラスポジションに興味のある人だけ使ってください。


エリートネットワーク

転職サイトエリートネットワーク

エリートネットワークを利用して転職される会計士の方も少ないながら一定数いらっしゃいます。

事業会社の上のクラスやグローバル企業で語学を活かすようなポジションへの求人はそれなりに保有しているため、ハイクラスや語学を活かした求人を探すということであれば、利用してみる価値はあるかもしれません。


語学力を活かす会計士におすすめの転職エージェントまとめ

公認会計士の転職に強くて英語も活かせる求人も多数保有しているのが、マイナビ会計士となりますので、会計士としてのキャリア相談もしつつ語学力を活かせる転職先を紹介してもらいたい場合はこちらを活用すると良いでしょう。

ただ、外資の求人は少なく、また、グローバル企業案件もそこまで多くないので、評判の高いJAC Recruitmentも使っておくと良いかと思います。

会計士向け転職エージェント情報のまとめ

会計士の転職エージェント図(転職先別)

転職エージェントの紹介はここまでとなります。
どの転職エージェントを利用するか迷ったケースでは冒頭で紹介した通り、会計士の転職に精通している+転職先領域が豊富なマイナビ会計士を利用すると安全でしょう。


会計事務所 監査法人 事業会社 ベンチャー コンサル(会計士向け) 転職サポート力
マイナビ会計士
ジャスネット
MS-Japan
レックスアドバイザーズ
エルキャリ
SYNCA
最速転職HUPRO
アンテロープ
ムービン
JACリクルートメント
エリートネットワーク

ここからは、これまで一度も転職エージェントを活用したことがないという公認会計士の方向けに、転職エージェントを使う際の利用の流れや注意点、メリットについて説明しておきます。

転職エージェントが何をしてくれるのかそもそもよく知らないという方はご覧ください。

公認会計士の転職エージェント利用の流れ

会計士の転職エージェント利用の流れ

通常、転職エージェントに登録してから1か月~3か月以内程度に転職が完了しますが、公認会計士の場合、監査法人でのアサインの都合等もあり半年から1年程かけて転職活動される方もいらっしゃいます。
会計士を理解しているエージェントであればあなたの都合に合わせてサポートしてくれます。
ここでは、個別の悩みは抜きにして、一般的な利用の流れを見て見ましょう。

STEP1.転職サイトに登録

まずは各社のサイトより登録しましょう。
必要最低限の情報を入力し登録ボタンを押せば完了で、どのサイトも1分~3分程度あれば登録できます。
登録後、エージェント担当者からその後の流れについて連絡がありますので指示に従いましょう。

エージェントからの連絡方法は各社により違いますが、登録時に入力した電話番号宛に「電話」がかかってくるケースと「メール」のみの場合があります。
この段階では、転職面談(キャリアカウンセリング)の日程調整等が中心なので何も準備する必要はありませんので気軽に応対しましょう。

どちらにせよ登録すると必ず自動返信メールはきますので、迷惑メールフォルダ等に振り分けられてないか、登録後に確認しましょう。

なお、登録から転職完了まで全て無料ですのでご安心ください。
※一部有料サービスを提供している転職サービスであっても勝手にお金が請求されることはありません。

STEP2.転職面談

エージェント担当者(キャリアアドバイザー)との面談を行います。

以前は対面での面談が必須でしたが、最近は電話やWeb面談が主流となっていますので、忙しい会計士の方でも利用ハードルは下がっていると言えます。
※対面を希望されるケースでも状況に応じて可能です。

この転職面談ではあなたの希望や悩みをエージェントの方がヒアリングし、転職やキャリアに関するアドバイス、最近の会計士の転職マーケットの情報提供、キャリアパス事例なんかの情報を得ることが出来ます。面談後も定期的にメールや電話で情報提供はしてくれます。

個々人でヒアリング内容は異なりますが、以下のようなことを聞かれたり、教えてくれたりします。

会計士の転職面談内容一例
監査法人から初めて転職するケースを想定すると、

  • 転職エージェントサービスに関する説明や個人情報の取扱いに関する説明(各社5分程度)
  • 転職活動の流れに関する説明(初めての転職の場合)
  • あなたのキャリアの棚卸
  • 悩みやご希望のお伺い
  • 監査法人からどのような転職先や選択肢があるのか等のキャリアに関する情報提供
  • 将来像に合わせたキャリアパス事例の紹介
  • 各ファームあるいは企業の違い、業界動向等について
  • 求人の紹介

※上記はあくまで一例で、あなたのご希望やご年齢、就業年数、会話の流れ等により異なります。特に事前準備等は不要なケースがほとんどですが、職歴書は事前に提出した方がマッチする求人の提案が受けやすくなります。

STEP3.求人の紹介

面談後、あなたの希望が叶う、あるいは悩みが解消される転職先の紹介であったり、エージェント側から求人やキャリアの提案があります。

STEP4.応募書類の添削や面接対策など

応募する企業が決まったら履歴書・職務経歴書を必要に応じて修正します。
求人先や業界ごとで求められるスキルセット等は変わってくるため、応募先企業ごとで内容を変えたりすることもあります。
このあたりは転職エージェント担当者にお任せしましょう。

また、書類選考に通過したら面接対策を行います。

会計業界(監査法人や会計コンサル、会計事務所)であれば会計士に強い転職エージェントに登録すると、面接でどのようなことを聞かれるのかとかどういった方を求めているのか、同僚はどういった方々多いのか等細かいところまで情報くれることが多いので、エージェント経由で面接受けるのが楽です。
場合によっては模擬面接も行ってくれます。

特に会計事務所の場合ですと所長の性格の把握は重要ですので必ずエージェントに相談しておきましょう。

なお、面接日程調整などもエージェントがやってくれるので楽です。

STEP5.面接

いよいよ面接本番です。
少し失礼な記載になりますが、会計士の方の場合、一般社会の常識を持ち合わせていない方が一定数いらっしゃいます。
エージェントから指導があると思いますが、服装や面接マナー等にはくれぐれも注意しましょう。

なお、エージェントによっては面接同席してくれて、その場でフォローしてくれるケースもあります。

面接が苦手という会計士は多いので、そういった方は事前にエージェントに相談しましょう。

STEP6.内定・入社

内定を頂きましたらエージェント担当者から待遇等の条件面や入社日に関する情報の案内が届くかと思います。
条件面で少し気になる部分があればエージェントを通じて調整や確認をすることができます。
ご自身で待遇条件の交渉をするのは少々大変かと思いますが、エージェントを利用していれば全て代わりに行ってくれます。

また、会計士の場合、入社日調整が必要となります。
監査法人勤務の方の場合、一定の調整は必要になるケースも出て来ますが、内定先企業が会計士の採用に慣れていないケースだと理解してくれないケースもあります。

そうした際にエージェントが間に入っていると楽ですし安心して任せることが出来ます。

なお、転職先の業界が会計士が多数いる企業なりファームであればそれほど心配いりません。

なぜ公認会計士は転職エージェントを利用するのが良いのか?

公認会計士の場合、転職活動を円滑に進めたいのであれば転職エージェントの利用は非常に有効と言えます。

というのも転職先(活躍可能なフィールド)がとても幅広く、監査法人や会計事務所、一般事業会社、コンサルなど業界・業種を問わず様々な選択肢があるため、それらの情報を的確に収集しようと思った際は専門家から情報を仕入れた方が安全だからです。

そして、ご存じの通り今の時代は変化が激しく早い時代なので、各業界ともに内情や状況は大きく変わっているので、1年前はこうだったといったちょっと前の情報ですら役に立たないことも増えています。

そのため、リアルタイムで各業界の転職マーケット及び求人企業の内情を把握しつつ、転職している各会計士達の今現在とその変化をしっかり見ている転職エージェントから情報を取得しておくことは、非常に有用なこととなります。

ただ、その際にどの転職エージェントや転職サイトを利用すべきかというのは悩ましい問題かと思います。

昨今公認会計士向けの転職支援を行う企業は増えており、選択肢がとても多くなっています。
各社のサービスの特徴の明確な違いも分からないという方も多いでしょう。
また、転職先業界の変化が激しいのと同じように、転職エージェントの質や傾向も年々変化しています。

そうしたことも踏まえて会計士の転職エージェントサービスについて解説させていただきました。

転職エージェントを選ぶ際にランキングは気にする必要が無い

会計士の転職エージェントに相談したい悩み:ワークライフバランスの取れる事業会社へ転職したい、監査法人は飽きたから別のところに転職したい・・・

インターネットで情報収集をしていると、ランキング1位とか2位とかつけて会計士向けの転職エージェントを紹介しているケースもありますが、そもそも各エージェントで特徴が違うので、ランキング付けはあまり意味が無いと思った方が良いでしょう。

それよりも、あなたが抱える悩みであったり希望であったりといったところを軸にしてどのような転職エージェントを利用すべきかを考えてみた方が効果的です。

例えば、「監査に飽きた」「経理に興味がある」「会計事務所に興味がある」「提案業務(コンサル要素のある仕事)を行っていきたい」「人から感謝される仕事がしたい」「ゆったりワークライフバランスをとって仕事したい」「なんとなく転職したい」など人により悩みは様々かと思いますが、こうした悩みや希望に対してそれぞれのエージェント各社に得意・不得意があったりします。

全てが完璧というエージェントは少なくとも見たことが無いので、使い分け、組み合わせが重要になるケースもあります。

なお、本ページでは軸としては、希望の転職先業界(どの領域に興味があるかや逆に希望が無い場合も含め)でおすすめの転職エージェントを紹介しましたが、エージェントから客観的な目線で意見をもらうことは有用であり、抱える悩みの解消や希望の実現の助けとなりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

転職エージェント利用のメリット・デメリット・注意点

会計士が転職エージェントを利用するにあたっての注意点

転職エージェントを利用することで、以下のようなメリットがあります。

会計士の転職エージェント利用のメリット
  • 非公開求人が紹介してもらえる(会計士募集求人において特に事業会社は90%近くが非公開求人です)
  • ふわっとした希望をお持ちのケースでもプロの視点であなたにマッチしそうな転職先の紹介やキャリア事例を教えてくれる
  • 転職サポート・補助(書類作成補助や面接日程調整、待遇交渉等)が受けられる
  • 充実の面接対策(想定問答・模擬面接・相手に好印象を与えるポイント等含め色々フォローしてくれる)
  • 各コンサルファームの違いやキャリアパスを教えてくれる他、事業会社へ転職した場合のリスクやメリットも教えてくれる

転職エージェントを利用することで、ネット上ではなかなか手に入らない希望業界の転職情報や意中の企業の裏話まで聞けたり、面接対策や応募書類作成補助までやってくれたりするので一見すると良いことばかりに見えるかもしれません。

しかし、デメリットとまでいきませんが注意すべき事項もあります。

会計士の転職エージェント利用のデメリット
  • エージェント担当者のレベルがそれほどでもない
  • エージェント担当者と相性が合わない
  • 希望にマッチしない転職先をすすめられることも有る

例えば、あなたが所属する監査法人・ファームでもレベルの高い人とそうでない人がいるということはあろうかと思いますが、職業紹介においても優秀なコンサルタントとそうでないコンサルタントの方が存在しており、どういった方が担当してくれるかは運の要素もあるため、もし合わないなと思ったら担当を変えてもらう、あるいはエージェントそのものを変更してみても良いでしょう。

詳しくは以下の記事にて解説しています。

転職エージェント

転職エージェントに登録しても無理に転職する必要は無い

転職エージェントに登録したら無理に転職させられる?

転職エージェントに登録してみようと思っているけど、絶対転職したいわけじゃないし、そういう場合は登録しない方が良いのか?と疑問に思っている方が多いのですが、転職エージェントに登録したからと言って必ず転職しなければならないわけではありません。
希望に合わないケースでは無理に面接を受けたり、内定を承諾したりする必要はありません。

エージェントに登録すると、むしろその状況であれば転職しない方が良いですよ、とアドバイスをいただくこともあります。

実際に監査法人に勤務する会計士の場合、監査法人にいるうちに経験しておいた方が良い業務もありますし、監査法人内での異動もできたりするものです。

転職ありきではなく、そうしたアドバイスをしてもらえるので、無理やり転職させられるとかそういうことはないのでまずは安心してください。

総合的・俯瞰的にアドバイスをくれるので、個人的にはいろいろ利用してみて良かったなと思っています。

ここまで、公認会計士におすすめの転職サイト・転職エージェントやエージェントを利用するメリット・注意点を紹介させていただきました。
一般的な転職における悩みや希望はエージェント利用で解決できるかと思います。

ただ、希望を叶えるうえで転職エージェントの活用は必須且つ有効ではありますが、それだけではなく、あなた自身もしっかり転職先を選ぶ姿勢をもって転職に臨んだ方が転職成功の確率が高まります。

そこで、ここからは、転職エージェントは有効利用しつつも転職に失敗しないためのポイントについて、ご自身でできることを解説していきます。

会計士が転職に失敗しないためにはエージェントに頼るだけではダメ

転職に失敗したくないからエージェントを使うんだけど、、、と思う方もいるかと思いますが、失敗を避けて成功へとステップしていくにはあなた自身の気の持ちようや工夫も必要となります。

転職失敗だけは避けたい、会計士に限らず多くの方が思っていることです。

ここでは、転職成功に向けてどのようなところに気をつけた方が良いのか、見ていきたいと思います。

転職エージェント任せになり自分で意思決定できない公認会計士は転職に失敗するケースが多い

これまでの古い価値観にとらわれず広い目線でキャリアを考え、新しい領域に自ら進んでチャレンジする方が増えている一方で、
具体的な希望はないけどなんとなく転職したいと考えているという公認会計士も増えているように感じています。

現時点で具体的な希望がないということ自体は問題ではないのですが、
こうした方の場合、転職先を決める最終意思決定も他者(エージェント等)に頼る傾向があるので注意が必要です。

具体的な希望がない方の場合、転職サイトに登録しエージェントに相談する段階で、
自身のこれまでの経験とスキルでどのようなところに転職できるのか、どのような可能性があるのかを聞きたいという希望をお持ちの方が多いです。

これに対してエージェント側は、過去の転職者の事例や現在の転職市況から、例えば〇〇業界や〇〇のポジションでの可能性があり、こうしたキャリアを歩んでいる方はその後こうなっています、というような一般的なキャリアの説明が受けられるかと思います。

そうした客観的な意見を聞いて、それをもとにあなたの頭で考えキャリアを選択していければよいのですが、
最近増えているのが、「私だったらどこが向いてますか?決めてください」というような方もいらっしゃいます。

客観的な意見の一つとしてどこが向いているのかを聞いているのであれば良いのですが、
そうではなく、本当に意思決定をエージェントに任せ、転職先を決めてしまう方も一定数いるので危ないなと感じております。

少し極端な例ではあるのですが、自身の道を自分で選択せず、他者に任せてしまう方は意外といらっしゃり、転職後に聞いていた話と違うじゃないかという状況に陥る転職失敗例を見かけることがあります。

エージェントはキャリアアドバイザーとしてあくまで客観的な立場で情報提供・コーディネート例を提案してくれる人であって、それをもとにあなたの価値観と照らし合わせ意思決定・判断をするのはあなたである必要があるのです。

意見をもとに自身で決めて判断するという意識を持つことは最低限必要なことです。

また、自分で判断するという視点は、エージェントの意図的な誘導引っかからないということにおいても重要です。

先ほども記載しましたが、エージェントには目標数字(売上)があるので、人によっては売上が立ちやすそうな求人先に応募してもらうよう誘導することもあります。

あなたの希望を無視して意図的に特定の求人への応募を誘導するエージェントはそれほどいませんが、
知らないうちに価値観をすりこまれてしまうケースもあるので、自分の頭で考え判断する必要があるということは認識しておきましょう。

少しエージェントの印象が悪くなってしまったかもしれませんが、情報収集するにはかなり良い存在なので、うまく活用してください。

どこの転職サイト・転職エージェントを使うかよりマッチする転職先企業を判断することが重要

丁寧に転職活動をサポートします、
キャリアを一緒に考えましょう、
公認会計士のキャリアに精通しています、
質の高い転職サポートがウリです、
転職満足度〇〇%!
転職サイトを見ると上記のようなことが記載されていることが多いのですが、どれも恐らく嘘ではありません。
ただ、転職サイトや転職エージェントがどんなに素晴らしかったとしても、微妙な転職先へと転職してしまっては意味がありません。

エージェントは確かに親身に話を聞いてくれますが、エージェントの方はあくまでエージェントであり他人なのであなたの全てを把握できるわけではありません。

また、あなたのことだけでなく、紹介してくれた求人先のことも正しく理解できていないケースは多いです。
世の中に何百万社も法人はあるので、全ての企業の最新の情報を保ち続けるのはかなり厳しいため、ある程度仕方のないことではあります。

よく転職エージェントを使ったがミスマッチで早期退職してしまったという話も聞くかと思いますが、これはエージェントだけが悪いわけではないのです。
どんなにエージェントが熱心で丁寧だったとしても起こりえることなのです。

そのため、転職サイトに登録し、キャリアに関する相談をし、転職先候補となる求人を紹介してもらい、企業の担当者に会い、、、といった工程の中であなた自身の目・耳でも情報をキャッチアップし、それをもとに判断を下していく必要もあるのです。

ポイント
転職エージェント任せにするのではなく自分自身の頭でもしっかり考えるようにしましょう。
情報収集も受動的な姿勢ではなく自分の希望と照らし合わせてどのような情報があれば良いのか考えて見ると良いです。

自分の目・耳で情報を引き出すにはどうすればいい?ネットの情報を信用しすぎないこと

公認会計士の転職先として事業会社が人気なのはご存知のことと思います。

日本公認会計士協会が公表している資料を読み込んでいっても、役員レベルの方も含みますが、企業内に勤務する公認会計士は年々増加の一途をたどっており、公認会計士全体の1割ちょっとくらいは企業に勤める方になります。

実際求人を見ても、IPOを目指すベンチャーやメガベンチャー等で公認会計士の採用需要は旺盛で、実際に転職を希望される方も増えていることから、企業に勤務する公認会計士が増えているのは客観的な事実からもわかります。

事業会社へ転職するケースでは転職先候補の企業がメディア等で情報発信していることが多いため、情報収集がしやすい傾向にあります。

企業の大枠や方向性をなんとなく確認するために閲覧することは悪くないでしょう。

ただ、企業が自発的に発信する情報というのは広告的な要素も多いため、キレイな部分が中心となっていたりするので鵜呑みにするのは危険です。

後は、メディアで人気の企業もたくさんありますが、こうしたメディアで人気の企業が必ずしも優良企業であるとは限らず、実際に人気の企業でも残業過多で離職率が高かったりするケースは多いです。

こうしたケースでは中で働いている人に直接意見を聞ければ良いのですが、都合よく知り合いが勤めている可能性は低いです。
そのため、転職エージェントを通じた情報収集に加え、実際に面接に行きあなた自身の目と耳で判断するほかありません。

判断する上で、
例えばプライベートの時間を増やしたいと考えて転職するのであれば、残業時間は気になる要素の一つだと思います。

最近は求人票に平均残業時間等が記載されているかと思いますが、
この残業時間の算出方法が会社全体の平均残業時間なのかそれとも予定配属先の平均残業時間なのか、エージェント等を通じて確認しておきます。

これを確認する理由としては、残業時間は部署ごとでバラツキが多く、0のところもあれば100時間超えているような部門もあったりするのです。

そして確認した結果、例えば実際にあなたが面接を受ける部門の残業時間が仮に少ないことがわかったら、
今度は実際の面接の場で、なぜ残業時間が少ないのか、あるいはなぜ少なくすることができたのか質問してみると良いです。

どのような取り組みをしているから残業が少ないのかその根拠がわかると安心できるという点と、その企業の労働に対する基本スタンスが見えてくるため、あなたの仕事の価値観とマッチするかどうか判断することができます。

上記は残業に関する事項になりますが、その他あなたが重視する要素があるかと思いますので、工夫して情報を引き出す方法を考えてみることで、企業情報を引き出すことができ、転職意思決定の判断材料を増やすことができます。

何度も書きますが、その企業に入社するかどうか判断しなければならないのはあなた自身です。

面倒だなと感じるかもしれませんが、転職で失敗したくないのであれば、あなたの考え・価値観をベースにどのような情報が必要かを考え、その情報を自ら仕入れ、意思決定するという癖をつけましょう。

効率ばかり追求し、自分で情報を集めることを怠ると後悔する可能性が高いので、ここは面倒でも考えてやってみてください。

ちなみに、面接時にどうしても自分で質問し難い事項というのもあるかと思います。
基本的に自分自身で確認してほしいのですが、どうしても出来ないという方は、エージェントを通じて確認してください。

ポイント
工夫して転職先から情報を引き出すような質問をしてみるのも手段の一つです。
後から気が思いついた場合、転職エージェントを通じて質問するのも良いでしょう。

あなた自身が転職先企業を選ぶというスタンスを持つ

面接官に好印象を与えることばかりに目が行き、良くも悪くも頑張りすぎてしまう方がいます。

好印象を与えることは間違いではありませんが、あなた自身もしっかり企業を選んでいかなければなりません。

よくある転職失敗として、面接時に自分を過度に良く見せ、入社後に双方の意識のギャップが大きくなり居辛くなってしまうケースです。

これは企業から選ばれたいと潜在的に思っているから起こることで、間違いではありませんが、本当の自分とはかけ離れたものをアピールして入社しても最後に苦しむのはあなた自身です。

面接で相手が望むことを言い、ある程度自分を良く見せること自体は必要ですが、譲れない条件や価値観はしっかり主張するべきです。

転職という選択肢を取ったということは、現状抱えている不満、あるいは希望があるからかと思いますが、そうしたものを主張しないで転職しても意味がないのです。

逆に言うと、しっかり主張した上でマッチングが成立するのであれば、その企業はあなたにとって良い転職先である可能性が高いのです。

ポイント
最終的に自分自身が実際に目にして感じた情報が最も信頼できるものとなります。
人伝に「良い」と聞いていても、その人とあなたは別の人格です。
あなたにとって本当に良いかどうかは実際の面接の場や職場見学の場で判断していく癖もつけましょう。

転職したいのであればまずは行動する

転職しようと思っていたのに気がつけば時間だけが過ぎていき、転職機会を逃してしまったという会計士の方は多いものです。

公認会計士の場合、繁忙期が明けたら転職活動しようと考えていたものの、そうこうしているうちにいつの間にかまた繁忙期がやってきて仕事が忙しくなって転職機会を逃してしまうという方はいるでしょう。

なんでもそうですが、はじめの一歩は腰が重くなりがちで、なかなか踏み出せない方が多いのです。
考えすぎてしまい、不安で行動できなくなる方もいます。

ただ、最初の一歩さえ踏み出せれば、後は意外と意識が高まっていきどんどん進めていけるものです。

転職活動における最初の一歩は、転職サイトへの登録が最も労力が少なく踏み出せる一歩です。

まず行動し、動きながら考えることで前進していくことができます。

動くことで情報がどんどん入ってくるので不安もそれに比例して減っていきます。

公認会計士の転職先やフィールドのことを良く知ってから転職する

公認会計士転職先業界図

監査法人から転職するというケースを中心としてどのようなところへ転職する会計士が多いのか簡単に見ていきましょう。

最も転職先として多いのはBig4系のFASなどの会計系コンサルティング会社と事業会社経理となります。

なお、細かく全ての企業を記載することは難しいため、具体的に知りたいケースではエージェントさんに相談してみましょう。

また、監査法人から転職したい会計士が活躍できる転職先は?の記事もご覧ください。

監査法人

監査法人から監査法人へ転職するケース、あるいは事業会社から監査法人へ転職するなど様々なケースがありますが、昨今は監査法人の人手不足は深刻なので転職すること自体はそれほど難しくありません。
また、昨今は監査難民企業も多いため、中小監査法人での採用意欲もかなり高いです。
代表的なものをいくつか見てみましょう。

Big4監査法人

  • EY新日本有限責任監査法人
  • 有限責任監査法人トーマツ
  • 有限責任あずさ監査法人
  • PwCあらた監査法人
  • ※多くの会計士が最初のキャリアとなります。

中堅・大手監査法人

  • 太陽有限責任監査法人(グラントソントン)
  • 三優監査法人(BDO)
  • 東陽監査法人(Crowe Japan)
  • ※監査法人同士の合併も多いため変更の可能性もあります。

上記あくまで一例ですが、最大手の事業会社の監査をしているところはBig4が間違いなく多いのですが、近年は中堅から準大手監査法人も合併等によりクライアント数等を大きく伸ばしている現状があります。
特に太陽監査法人では、大企業のクライアント数はPwCあらた監査法人より多いデータも公開されています。

また、早めにインチャージの経験を積みたい等があれば準大手の方が良いケースもあるため、監査法人での転職を検討するケースがもしあればエージェントから情報を取得してみましょう。

コンサルティングファーム

会計士のキャリアとして会計系コンサルへの転職というものが一番多いかと思います。
ただ、大手のコンサルと中小独立系のコンサルとでは経験できる範囲が大きく異なってくるので、将来のことを見越して転職先を選ぶ必要があります。なお、必ずしも大手の方が良いということはありませんので、特性を理解して転職先を選びましょう。
なお、以下分類はあくまで参考としての分類となります。

Big4 FAS

  • デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(DTFA)
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(旧EYTAS)
  • PwCアドバイザリー合同会社
  • KPMG FAS

※監査法人の次のキャリアとして選ぶ方も多いが業務が縦割りなので注意も必要

再生・M&A領域コンサル

  • 経営共創基盤
  • AGSコンサルティング
  • GCA
  • スピアヘッド・アドバイザーズ
  • 山田コンサルティンググループ

※基本的に幅広く展開しているファームが多いため参考としてご覧ください。

M&A仲介

  • 日本M&Aセンター
  • ストライク
  • M&Aキャピタルパートナーズ

※M&A仲介ではフロントからバックまで会計士としての経験・知識を活かせるポジションがあります。

その他の会計系コンサル

  • JBAグループ
  • 響きパートナーズ
  • フェアコンサルティング
  • プライム・ジャパンコンサルティング

※IPO・国際・業務改善など会計士としてのスキルが活かせる転職先は様々あります。

上記は一例となりますが、各種ファームごとで経験できる業務内容も異なりますし、クライアント規模や仕事の進め方も大きく異なります。

コンサルといっても様々で、例えば経営共創基盤などではハンズオンでガッツリ支援に入る傾向もあるため、合わない方には合いませんし、Big4Fas等では場合によっては財務DDしかやれないといったこともあります。

イメージだけで転職先を決めるのではなく、まずはマイナビ会計士などの会計士のコンサル転職に強いエージェント等から情報を取得することをおすすめします。

コンサルへの転職に興味のある会計士の方は以下の記事もご覧ください。

公認会計士のコンサルティングファームへの転職
公認会計士のFAS業界への転職

会計事務所

会計事務所へ転職する会計士も一定数いらっしゃいます。
基本的には税務経験を積むためというものが多いでしょう。

大手会計事務所(Big4除く)

  • 辻・本郷税理士法人
  • 山田&パートナーズ
  • ※大手会計事務所では会計士採用需要も高くあります。

中堅や専門特化会計事務所

  • 東京共同会計事務所
  • あいわ税理士法人
  • ※会計事務所は少数精鋭から中堅大手まで幅広く、数も多いため一部を記載しています。

なぜ会計事務所なのか、就業条件はどこまで許容できるか等により転職可能な会計事務所は変わってきます。

ここではあくまで一部を記載したにすぎませんので会計事務所に興味のある方は担当のエージェントさんに効いてみると良いでしょう。

また、会計士が会計事務所へ転職するケースでは年収ダウン等の注意点もあるので以下の記事にて解説しているのでご確認ください。

事業会社へ転職するケースの転職先一例

事業会社の場合、非公開で募集される求人が大半なので具体的な企業名を出しての例が出せないので、規模感ごとに見て見たいと思います。

大手上場企業の経理
会社の成長を内部から支援することができる、とよく聞きますが、意外とそんなこともないです。
ポジションや企業にもよりますので一概に言えませんが、業務が細分化されていることが多いので、割とルーティンになりやすいです。
事業会社で何をしたいのか、そこの考えをまとめておくと、マッチした求人の紹介が受けやすいでしょう。
どの会社のどのポジションで仕事をするかで大きく変わってきます。
どんなものがあるのか知りたいというケースは転職エージェントに聞くのが早いです。
ベンチャー企業
ベンチャー企業に興味があるという方は非常に多いです。
ただ、ベンチャーの場合会計士でなくても良い(そもそも会計や財務、経理と関係ない)仕事も多くなります。
会社の成長のために幅広く柔軟なマインドをもって対応できる人物じゃないと務まらないです。
会計・財務だけとかカッコいい仕事だけやっていたいという方には向かないです。
結構社内のゴタゴタの対応とか総務庶務的な仕事も多いです。
現実的にどのようなことを行っているのか、様々な事例を聞くためにも1人の人からの意見を聞くのではなく、たくさんの事例を持っているエージェントに聞くと現実が見えてくると思います。

事業会社へ転職したものの早期退職してしまうというケースは多いので、イメージで転職するのではなく、まずは実際にどんな感じか総論的なものをエージェントを通じて聞いておくと良いかと思いますよ。

また、ここでは会計士の転職先として一部を記載させていただきましたが、このほかにも金融業界やVCなど会計士の転職先は多岐に亘ります。

その他以下記事もご参考ください。

会計士の事業会社の経理への転職
ベンチャー企業に転職する公認会計士が増えているのはなぜ?

監査法人・会計事務所・事業会社などにおける会計士の採用者側の視点を理解しておく

コロナ禍前の超々売り手市場の時の転職状況と現在ではかなり変わってきているため、採用側の考えもある程度理解しておいた方が良いでしょう。

業界ごとで採用の温度感は異なるため、主要どころを中心に見ておきたいと思います。

監査法人の採用状況

監査が受けられない監査難民企業が多い点や新しく監査法人を立ち上げるケースが増えていることからもわかる通り、監査法人の採用状況はかなり売り手市場と言えます。

30歳代で初めて会計士試験に合格し、実務経験がほとんどないというケースでもBig4監査法人を始めとして各種監査法人から内定が得られているケースは多く、中途採用においても中小中堅監査法人にて50代で監査ほぼ未経験者を採用した事例もありました。

基本的には採用意欲は高く、門前払いというケースはほとんどないと言えるでしょう。

ただ、採用状況は半年・1年で大きく変わる物なので必ず最新の情報をエージェント等から入手しておいてください。

監査法人は採用意欲高
人手不足が続いており大手から中小含め監査法人へ入所することはそれほど難しくない
ただ、Big4監査法人は各社ごとで中途採用は厳選採用の動きもある

会計系コンサルの採用状況

基本的には採用意欲は高い状況と言えますが、コロナ禍前と違いただ単に会計士資格を持っていればOKという状況ではなくなてきており、採用のハードルは高くなりました。

例えばBig4FAS等においても2019年頃までは3年程度の経験でも転職できていたのが、昨今は監査5年以上の経験を必要とするなど一定の経験とスキルを書類選考の段階で求めるケースが増えています。

最も採用意欲が高いのがM&A領域であり、コロナ禍以降M&Aの活発化により会計士の転職先は増えている状況です。
ただ、採用のハードルが低いということはありません。
その他、一口にM&Aといっても、求められるもの、経験できるものが異なるため、必ずしも簡単に内定がとれるという状況ではありません。

なお、コロナ前が異常な売り手市場だっただけであり、現在もハードルは上がったとはいえ転職市場は売り手有利と言えるでしょう。

会計系コンサルも基本的には売り手市場
採用要件は高くなり、書類選考のハードル・面接のハードルは高くなっている。
コロナ禍以降はファームにより採用意欲が異なってきているので希望する転職先があるケースでは事前の情報収集が重要でしょう。

会計事務所での会計士の採用状況

税務未経験者の採用意欲はコロナ禍前と比べるとハードルはかなり上がったが、転職は可能です。
全体でみると採用要件は厳しくなっているものの、事務所によっては人手が足りない、あるいは会計士としての知見が欲しいケースもあるので転職自体は出来るでしょう。

ただ、会計事務所全体でこれまでは資格者あるいは科目合格者であれば誰でも採用するという方針のところが多かったのが、経験者を求める動きも多くなってきているので、希望の事務所へ転職することを考えるのであれば、早めにエージェント等から情報を取得されることをおすすめします。

その他、専門特化型事務所でも採用意欲は事務所によるところが大きいため、ここもエージェントに確認しておくと良いでしょう。

会計事務所の採用難易度は高くなっている
税務未経験者の採用は少し減ってきている。
会計士資格者の場合、会計士業務と並行できるところであれば採用の可能性は高い

事業会社の会計士採用状況

財務・経理人材の不足が顕著であり、求人そのものは多く、転職はしやすいです。
大手上場企業となると求人は限られるのと転職のハードルは元々それなりに高いのですが、現在意外と多いのがIPOベンチャーのCFO候補等の求人です。

IPO準備に入ったものの、それを指揮する人材がいない、財務・経理体制を作っていける人材がいない、内部統制や手続き的業務を推し進める人材がいないという企業はかなり多く、興味があれば転職はしやすいでしょう。

ただ、ベンチャーにいったものの辞める会計士もいて退職者もそれなりに多いので、質の良いベンチャーへ転職すべく情報収集は必須と言えます。

使い捨てではありませんが、採用時に有期条件を設定していることもあり、IPOがうまく行かなさそうなら早々に辞めてもらうつもりの設定の採用企業も多いので、雇用条件含めてしっかり見ておいてください。

社会情勢が不安定なので採用側もリスクを減らす採用をしてきています。

その他増えているのが、事業会社の経営企画部門での採用です。

先ほども記載しましたがM&Aにより事業多角化あるいは相乗効果を狙っていくケースは増えており、FA業務経験のある会計士を求める求人はかなり多いです。

事業会社内でM&Aがやりたい会計士にとっては良い転職時期と言えるでしょう。

事業会社での会計士採用意欲はそれなりにある
採用のハードルはコロナ禍前よりは上がっているが、財務・経理が人手不足なこともあり転職はしやすい。
M&Aの需要が高いため、経営企画での会計士(FA業務経験者)採用意欲は高い。
IPO準備企業での採用意欲も高いが注意が必要

公認会計士の転職の方法は様々

以上公認会計士の転職先ごとのおすすめの転職エージェントとエージェントを利用するメリット・注意点等を記載させていただきました。

ここで紹介した転職エージェントであれば、どこもそれなりにレベルは高いので、転職自体は問題なくできるでしょう。

また、ここに記載した以外にもたくさんの転職エージェントがあります。
全国には65社を超える転職エージェント会社が存在しているようですので、全てのサービスについて調べるのは難しいのですが、主要どころをメインにご紹介させていただきました。

あくまで参考の一つとして情報をご活用ください。

なお、公認会計士の転職といえば転職エージェントを活用しての転職が一般的でしたが、最近は人伝の転職も増えています。

このケースでは初めて転職するというよりは、ある程度経験を積んだ後、ベンチャー企業のCFOとして転職するケースや要職のポジションでの転職ということが多いのですが、いずれにせよ人脈が重要となりますので、働きながら人脈形成等も行っておくと良いかなと思います。

会計士の転職活動はWeb面談・Web面接が主流に

以前からあることはありましたが、最近は転職エージェント側もWeb転職面談といった形でオンラインで転職相談をするのが一般的になってきました。

昔は必ず対面で転職相談していたのですが、オンラインになって気軽に利用できるようになったのは良い傾向です。

また、エージェントとの面談だけでなく、企業側の面接もWeb面接へと切り替わっており、1次面接・2次面接(最終面接前)あたりはオンラインが主流です。

これにより、採用側・求職者側双方の面接の負担が軽くなったというものがあげられます。

特にエージェント利用においてはわざわざ転職エージェントのオフィスのあるところまで出向いて面談するのは正直だるいという会計士の方も多いので、良い傾向かなと思います。

また、在宅・リモート・テレワークを希望する会計士も増えていますが、フルリモートの正社員求人というのも増えています。

もっとも、企業の管理部門へ転職するケースにおいては、職種側フルリモートは難しいことも多いですが、会計業界での転職ということであれば、それなりに増えています。

リモート勤務に興味があるケースでは数カ月おきに状況が変わっていることも多いので、転職エージェントなどから最新情報を仕入れておくと良いでしょう。

あなたにマッチした働き方が実現できる職場は増えつつあると思います。

一定数以上の会計士の方が今後テレワークが一般的になると感じているというデータもありますが、もしテレワークを希望されるということであれば、良い風がふいていると言えるでしょう。

会計士のキャリアパスの多様化により転職エージェント利用の重要性が増加

公認会計士のキャリアパスの多様化

会計士の転職先・活躍の場の広さをここまでで何度か記載しました。
「事業会社」一つとってもその数は膨大ですしポジションも様々です。

また、「会計士」としての知識・経験を活かして全く別の業務をする方もいらっしゃいます。

ファイナンシャルプランナーや営業、マーケティングなど職種・仕事は様々ですが、意外な業務に飛び込む方もいらっしゃいます。

あなた自身が現在どういった志向性を持って転職活動に臨んでいるかにもよりますが、各人がどういった考えの元どういったキャリアを歩んでいるのかを知り、その後どういったキャリアパスを描いたのか知ることは結構重要です。

会計士の良い部分でもあり、良くない部分でもあるのが、やろうと思えば何でもやれるというところです。

それゆえにキャリアに悩むという方も多いのですが、各種事例を知ることでイメージが沸くということも多いことから、たくさんの会計士の転職支援を行って事例を持っている各エージェントから事例を聞いてみるのも良いかと思います。

また、今は転職市場は売り手で会計士が不足している状況ですが、今後は資格を持っている人じゃないとダメだという仕事はそれほど人数が必要無くなるというデータも出ていることから、先々のキャリアに不安を覚えている方にとってもどういったところに需要が広がっていきそうか、優位性が出そうか知る意味でも相談しておくと良いでしょう。

会計士が非常勤の求人を探して転職をする場合のエージェントはある?

独立したもののなかなか仕事が取れないといったケースや様々な事情で監査法人等の非常勤の仕事をお探しのケースもあろうかと思います。
ほとんどの人がご存じでしたが、一定数知らない方がいたので念のため終わりに記載しておきますが、会計士が非常勤案件を探す際は日本公認会計士協会が運営する無料職業紹介所JICPA Career Naviを利用しましょう。
非常勤だけでなく正社員の案件も載っています。

ただ、独立したものの、、、という方は何かしらが足りない結果だと思いますので、転職して再度修行するということも検討された方が良いケースも多いです。

USCPA(米国公認会計士)の方の転職エージェントについて

USCPA(米国公認会計士)の方も本ページで紹介した転職エージェントを参考にしていただいて構いませんが、別途でUSCPA向けの転職に関するページも作成しておりますので、こちらも合わせてご確認頂けましたら都思います。

USCPAにおすすめの転職エージェント

公認会計士におすすめの転職エージェントのまとめ

このページでは公認会計士が転職エージェントの利用を考える際は希望転職先などに応じて使い分けるのが良いことと、それぞれの領域におけるおすすめの転職エージェントなどを紹介してきました。

非常に長いコンテンツとなりましたので、ここまでたどり着いた方はそんなにいらっしゃらないかと思いますが、もう一度転職エージェントに関する情報を見たい方は以下より該当箇所へ移動し確認することができます。

参考文献

公認会計士の転職エージェント情報や転職市況を記載するにあたり、一部目を通した文献や論文、サイト等の情報を記載します。
※本文中に記載したものは除く。
また、実際に転職を経験された会計士の方の属性あるいは転職エージェント勤務経験者の方の属性など執筆にあたって監修・情報提供を頂いた方の情報のご案内です。

【参考文献】


【免責事項】
本記事は記事更新日現在転職を希望する公認会計士の方に向けて、公認会計士の転職エージェントサービスに関して調査を行い、執筆・掲載・更新したものです。本記事の掲載・更新日以降サービスの内容などに変更がある可能性がございますのでご注意ください。また、本記事内で紹介している各企業の転職エージェントサービスの内容や質に関して保証をするものではありません。サービスの詳細や利用に関する事項は各サービスを提供する企業へご確認ください。