監査法人への出戻り転職【公認会計士の転職事情】

公認会計士の転職情報


監査法人から転職する公認会計士も多いのですが、
一方で監査法人への出戻り転職を希望される方も一定数いらっしゃいます。

再び監査法人へ転職する理由は様々ですが、監査法人への出戻り状況について見ていきたいと思います。

監査法人の外に出てみることで自分には監査法人が合っていたと気が付くことも多い

監査法人から転職した公認会計士が再び監査法人へ戻りたいと転職相談を受けるケースは近年増えているように感じています。

実際に外に出て現実を知ることで監査法人の良さがわかる、あるいは事業会社の現実を知ることで思っていたほど良いところではないということに気が付くケースがあります。

良く聞く理由としては、
・ワークライフバランスが取れると思っていたが想定以上に忙しかった(残業が多かった)
・福利厚生や評価制度等がしっかりしていると思ったが、制度はあるものの機能していない
・監査以上に単調な業務ばかりで飽きる
・ベンチャーなら刺激てきな仕事ができると思ったが雑務ばかりで想定していた業務内容と大きなギャップがあった
・自由がない
・社内調整や人間関係が面倒である

といったものが挙げられ、事業会社といっても企業により仕事の進め方、仕事内容、文化は様々で、そうしたことに関するギャップによる退職は多くなっています。

監査法人の外に出てみたことで、自身の価値観を再確認することができ、自分にはやっぱり監査法人が合っていたと思いなおすことができ、出戻り転職して活躍される方も多くいらっしゃいます。

逆に事業会社で馴染めている方というのは公認会計士という立場に拘っていないという特徴があるように感じます。
「先生」・「専門家」としての立場ではなく、しっかりと所属企業の社員として内部から一緒に協力して成長させていく意識を持って仕事を進めていく意識を持っておく必要はあるでしょう。

監査法人への出戻り転職は問題がない

円満退職をしていれば、出戻り転職はむしろ歓迎されるケースも多くあります。

というのも一度監査法人の外に出て、自身の価値観を再確認したうえで監査法人に戻ってきた社員はしっかり業務に取り組んでくれる傾向にあるからです。
監査法人としても有力な採用対象となっています。

そのため、事業会社へ転職したものの再度監査法人へ戻りたいとお考えの方は転職を検討してみても良いと思います。
監査法人を辞めた際の年収は保証してくれるケースが多いので、ポジションや年収が気になる方も比較的安心でしょう。

実際に転職する際は、繋がりが残っているのであれば内部の上司や仲間に相談してみるのも良いでしょう。

自身が在籍していた監査法人とは別の法人への転職や、監査法人以外の領域への転職も視野に入れているという方は転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

また、監査法人に出戻り転職するケースにおいては、監査部門ではなくアドバイザリー部門を希望される方も多くいらっしゃいます。
監査業務に飽きたと感じている方はこの傾向が強いように感じますが、
監査法人では近年アドバイザリーに力を入れており、事業会社での経理・財務の経験など多彩な経験が評価される傾向にあるため、経験やご年齢によってはアドバイザリー部門への転職を視野に入れても良いでしょう。

監査法人への転職であれば会計士の転職に強いエージェントであればそれほど差はありませんので、以下の記事を参照して気になったところをご利用いただければ問題ありませんので、興味のある方はご覧ください。

公認会計士におすすめの転職エージェント 転職先ごとに転職エージェントを使い分けよう

2020年5月2日

人気記事公認会計士の転職先とキャリアについて



経理・財務・CFO・IPO・M&A関連の転職に強み!
転職エージェントサービスの紹介!

上場企業の財務・経理はもちろんIPO準備企業のCFO求人や各種IPO支援を行うファーム、M&Aに係わるコンサルティング、一般事業会社の経理・財務等公認会計士がキャリアアップやキャリアチェンジを目指した転職支援を行っています。
労働環境を良くしたいとお考えの方の転職サポートももちろん行っておりますので、転職をお考えの方はお気軽にご利用ください。
«前へ
次へ»