税理士の転職情報

税理士の求人情報や転職に関するお役立ち情報を掲載しています。

転職のトレンドとしては、国際税務や連結納税に関するスキル、組織再編税務に関する需要は高くなっております。
また、 相変わらず資産税(相続・事業承継)領域の会計事務所へと転職を希望される税理士の方は多く、人気の転職先となっています。

Big4税理士法人に勤務する税理士は、転職潜在層は多いものの、なかなか希望の転職先が見つけられないという方が多くいらっしゃいます。
Big4税理士法人と比べると年収で見劣りする企業や事務所が多く、転職に踏み切れない方も一定数います。

ただ、これも情報の取り方次第で解消する問題でしょうから、しっかり情報収集をして転職成功へと進んでいってください。

税理士の求人情報について

税理士資格者はもちろんですが、税理士科目合格者や簿記レベルの一般の税務・会計スタッフの方を求める求人も非常に多くなっています。

税理士業界は相変わらず超売り手市場が続いており、年齢に関わらず様々な職場へと転職することが可能な状況です。

例えば、これまでは法人税務を一通り一人でこなせるようになったから新しいスキルを身につけたいということで、資産税(相続・事業承継)や組織再編の領域にチャレンジされる方がいたり、国際の領域に入っていく税理士の方もいらっしゃいました。
経験が浅くともチャレンジできる求人先が多いことから、やる気があれば比較的容易に転職ができる状況が続いておりました。

最近はAIやRPAが注目されていますが、経理・財務領域における業務支援・効率化の提案業に従事される方も増えています。

もちろんこれから税務の経験を積んでいこうという方向けの一般的な税務求人も多数あり、売り手市場が続いています。

旧来までの業務から新しい領域まで様々な業務が出てきており、転職して何かスキルを身につけたいとお考えの方には良い状況が続いています。

当サイトでも税理士や税務スタッフ向けの求人を掲載しておりますのでご覧いただければと思います。

税理士の転職先について

税理士が転職する先に関してはあまり変化はなく、会計事務所・税理士法人が中心です。
ただ、新たに若手税理士が立ち上げる法人も増えており、そうしたところでは財務・会計・税務の知識を活かしたコンサルティング業務を展開していたり、いち早くテクノロジーを取り入れたサービスを提供するなど、サービス提供のあり方には変化が見られるようになってきています。

よくAIの登場で税理士の仕事は無くなるなんてことが言われますが、むしろそうした技術をうまく活かしてもっと価値のあるものを提供していこうという動きが強くなってきているように感じます。

税理士の「資格」を活かすか「知識」を活かすか これからの税理士に必要なスキル

2020年2月25日

どのようなタイプの税理士になるか?これから税理士を目指す人・キャリアアップを目指す人向けに解説

2019年5月30日

税理士が転職して活躍できるフィールドは?税理士の転職先と転職事情を考える

2019年12月23日

税理士試験勉強に理解のある事務所への転職

近年は若い人の税理士試験受験者数は減少傾向にありますが、逆にそれゆえに事務所側はしっかり制度や環境を整え、若い方が入ってこれるように事務所を整備しているところが増えています。

税理士試験勉強を一緒に頑張る仲間がいる事務所もありますし、サポートしてくれる事務所も多いですので、勉強中の方はそうした事務所を選びつつ、業務経験も積んでおくと良いでしょう。

税理士試験勉強と業務の両立は大変かもしれませんが、やはり最後に評価されるのは実務経験ですので、しっかり両方得られる環境で働くことをおすすめします。

税理士・税理士科目合格者の転職失敗事例 会計事務所への転職での注意点

2019年10月28日

税理士試験後の転職活動について 転職のタイミングは税理士試験に合わせる必要は必ずしもない

2019年6月26日

ワークライフバランスや子育てに理解のある税理士法人等への転職

スキルを上げていくことも重要ですが、ライフの部分も疎かにしたくないという方が多いでしょう。

特に結婚して子供が出来た場合などは家族との時間も大切にしたいとお考えの方が大半かと思います。

近年は会計事務所もしっかり各種制度を整えてきており、尚且つ比較的女性が多い職場でもあることから、産休・育休やワークライフバランスをしっかり考えている会計事務所は増えています。

税理士業務の場合、税理士法との兼ね合いで在宅業務が出来なかったりする問題はまだ抱えているものの、事務所側はしっかり配慮してくれる傾向にあります。

また、産休等から復帰後もしっかりキャリアが積める環境でもあるため、仕事も家庭も大事にしたいとお考えの方にとっても良い転職ができる状況にはなってきています。

ただ、全ての事務所がこのような傾向にあるわけではありませんし、あなたとの相性等もあろうかと思いますので、しっかり面接等を通じて見極めていく必要もあります。

こうしたケースでは転職エージェント等も利用して情報収集していくと良いでしょう。

会計事務所・税理士に強い転職エージェント・転職サイトを紹介!

2020年2月28日

税理士の転職と年収の関係について

近年転職することで年収がかなり上げやすくなっています。

人手不足が続いている影響で、提示する年収を高めに設定しておかないとなかなか人が集まらないという問題があるというのが大きな要因です。

そのため、あなたもある程度知見のある分野での転職でしたらそれなりに年収をあげて転職することが可能でしょう。

最近よくある問題として、後から転職してきた人の方が年収が高い、というケースがあることです。

ただ、一時的なもので、事務所側もちゃんと調整はしているので基本的に気にする必要はないのですが、それでも給与体系がしっかりしていない税理士事務所もまだまだ多いので、交渉するなり転職を検討するなりを考えても良いかと思います。
事務所側も、基本的に辞められては困る状況なのです。

後から転職してくる人の方が年収が高くて不満です 公認会計士・税理士の転職

2019年6月28日

税理士は年収が低い?給料が気になる税理士・会計事務所スタッフの転職情報

2019年6月26日

税理士の転職支援サービスについて

当サイトは税理士・会計士向けの人材紹介会社「エルキャリ」と提携し、税理士向けの転職支援サービスを提供しております。

会計業界での勤務経験や事業会社、起業の経験を活かしたキャリア相談を行っており、経営者目線と会計業界で働くことを意識した目線での転職相談が可能となっています。

現状公認会計士の方の転職支援が多くはなっており、サービス紹介サイトでは会計士向けの記述が中心となっておりますが、税理士の転職実績も豊富に持っているため、一般の転職エージェントを利用するよりも良いお話が聞けるでしょう。
この機会にぜひ転職サービスの利用を検討いただければと思います。

税理士の転職お役立ち情報

当サイトでは税理士向けに転職に関する情報を配信しています。
求人もございますが、こうした情報も参考にしてみてください。

会計事務所の転職情報

業種特化型の会計事務所と普通の会計事務所で何が違うの?税理士の特化型会計事務所への転職

会計事務所には様々な業態がありますが、最近は特定の業種に絞った「業種特化型の会計事務所」という事務所が増えてきました。 業種特化型の会計事務所は普通の会計事務所とは何が違うのでしょうか?業務特化型の会計事務所の特徴を解説…