40代経理は転職できる?管理職ポジションが詰まっていて年収が上がらない40代の転職希望が増加

40代経理の転職

40代経理職の転職希望と共に採用需要が高まっています。

一昔前は20代や30代前半などの若手が求められることが大半でしたが、近年はグローバル化や事業の複雑化に伴って会計や経理処理も高度化しており、一定以上の経験・スキルを有する人材の需要が高まっている他、働くことに対する価値観の変化など、さまざまな要因により40代経理職の転職も増えているように感じています。

また、求職者側の視点にたって考えてみると、もともと経理職は転職しない方がほとんどでしたが、30代・40代のミドル層を中心に転職を検討しているという人も増えています。

そうした方々と企業側との意思が合致して40代経理の転職実績も伸びています。

ここではそんな40代の経理職の転職市況について見ていきたいと思います。

40代の経理職は転職できる人とできない人とで差が顕著

40代前半の経理職の方はもちろんのこと、40代後半であっても転職を実現している方は多くいらっしゃいます。

冒頭で記載したとおり、経験豊富な人材が不足している企業が増加しており、一定以上の実務スキルに加えてマネジメント経験を有する人材の不足が顕著であり、部下の教育から評価までの経験がある40代経理職の需要が大きく高まっています。

世の中の価値観の変化からマネジメントスキルの重要性が増加

昔は根性論がまかり通っていましたが、近年はそうもいきません。

教育体制を整え、若手が育っていく環境を作ってあげないとなかなか仕事を覚えてくれませんし、スキルアップも目指そうとしない傾向が増加しました。

また、評価指針もハッキリさせないと頑張る傾向にありません。

タスク管理をしっかり行い、労働時間も含めて丁寧にマネジメントしてあげないとすぐに辞めてしまいますし、会社側も労働管理はしっかり行わないと経営リスクが高くなることから大手だけでなく中小企業であっても管理体制をしっかり整えていきたいと考える企業がかなり増えています。

昔と比べると企業経営において管理職の重要性が高くなってきていると言えます。

こうしたことから、経理実務経験が豊富でスキルがあり、マネジメント経験のある(管理職でなくとも素養や準ずる経験がある等でも可)40代の需要が高まり、好条件での転職を実現しているケースが増えています。

経験・スキルが低い40代は転職が厳しい状況

しかし、40代であれば誰でも転職が実現できているわけではありません。

経験年数は長いものの、スキルアップできていない40代経理職の方は転職活動で苦戦する傾向にあります。

これから育てていくのであれば、20代や30代前半の若手の方が教えやすく、教育後に活躍してくれる年数も長いため、コストという面でも若手を育てた方がメリットが高いため、採用され難いです。

現時点でスキルに自信が無く、このまま会社に居続けても経験値が得られそうにないのであれば、早い段階でスキルアップやキャリアアップが実現できる先へ転職する必要があるケースが考えられるものの、既に40代の場合、求められているのは一定以上のスキルをお持ちの方のため、上記のような理由から苦戦することは覚悟し、長丁場になることも考慮の上転職活動をする必要があるでしょう。

スキル不足の40代経理職は必ずしも転職した方が良いとは限らないため、慎重に行動すべきといえます。

マネジメントポジションが詰まっているという現象と年収の停滞

経理職のプレイヤーとして高い能力は持っていてもマネジメント経験が薄いという方がかなり増えています。

というのも、経理職の方々はほとんど転職しない傾向にあり、加えて各企業マネジメントポジションが数席しか存在しないという問題があります。
同じ人が管理職として10年、20年と長く在籍していることもめずらしくないため、下手をするとずっと上位ポジションが空かず、年収も上がらないという中年層が大勢います。

会社の中で経理部門自体が拡大していくということも考えにくいので、部長や課長など自分よりも上のポジションの方々がどいてくれないと役職に就けないという方がかなり増えています。

ただ、プレイヤーとしての能力があれば転職することは可能であり、そうした方々が上位のポジションに就ける可能性を探して転職をするという背景があります。

そして、管理職候補を探す企業は増えているので、マッチングの機会はそれなりに多くなっています。

全体的に経理の転職市場は売り手有利な状況のため、経験値があれば条件を良くする転職は実現しやすい傾向にあると言えます。

待遇改善・年収アップなどを狙う40代経理職はどんなところへ転職している?

では、こうした転職していく方々はどういったところへ転職しているのでしょうか?

基本的には上のポジションが目指せる企業へ転職する傾向にあります。

グローバル企業などの大手企業

それほど多くいるわけではありませんが、大手上場企業や非上場の大手企業(プライム市場含むグローバル展開するような大手企業等)へ転職されるケースもあります。

もっとも、この場合、大手から大手といった形で大企業での経理実務経験が高い方が転職しているケースが多くなっています。

大手企業でも上位のマネジメントポストが詰まっているところは結構あるため、40代に限らず、30代のうちから積極的に動く方も一定度いらっしゃいます。

ただ、転職のハードルは高く、そう簡単にこうした企業へ転職できる方ばかりではありませんので、他のルートを探っていくのが得策な場合が多くなっています。また、転職後も上のポジションに行けるかどうかというところで見ると、難しいケースも多くなっています。

ただ、大手上場企業はそもそも年収が高いため、主任クラスでも残業代込で年収800万円など行くケースもあるため、年収アップという意味では問題無いというケースもあります。

上場ベンチャー

グロース市場へ上場を果たしたベンチャー企業などでも経理の求人募集はかなり多くなっています。

既に上場を果たしているものの、スタンダードやプライムなどへの変更を進めている企業も多くあり、管理部門の強化を行っているところは多いです。

実務をやってもらうと同時に、マネジメントポジションに就いてもらい、経理部門を育てていくことが求められるポジションが多くなっており、この場合、年収アップでの転職も可能です。
また、上位ポジションに就ける可能性も、会社の成長性の高さという視点で見ると停滞している企業よりは高く、出世もしやすい可能性も高くなるので、待遇面の上昇も期待できます。

転職のハードルは決して低くないのですが、意外とねらい目です。

ただ、上場企業での経理経験が求められるため、非上場企業での経験しか無い場合は厳しい可能性があります。

IPOを目指すベンチャー企業

もう一つ狙い目なのがこれから上場を目指していくベンチャー企業です。

上場を目指していくにあたっては経理業務フローも含めてしっかりとした体制を構築していく必要があります。

そうした中ではある程度成熟した企業で経理実務を行い、部門としてのあるべき姿が描ける人材が必要となることから、経験豊富な経理の人材需要があります。

CFOの直下ポジション(例えば経理マネジャーなど)での募集は多くあり、上場するまではCFOと共に上場準備の面で苦労することも多いのですが、うまくいけば良いポジションで良い待遇を得られる可能性が高いです。
将来的には経理部門長や管理部門長なども狙っていけるため、上昇志向の高い一定の方々に人気があります。

上場企業基準の経理が求められるため、上場ベンチャー同様に上場企業での実務経験は必須ですが、こちらも狙い目です。

大きな注意点としては、IPOできないベンチャー企業の方が多いため、ベンチャーであればどこでも良いポジションが得られ、最終的な待遇も良いものが得られるわけではありません。

企業の見極めが重要ですので、経営陣の価値観や目指すべき方向性、管理部門に対する考え方(管理部門軽視の経営者は一定数いますのでそういう企業は要注意)などはチェックしておきましょう。

また、経理だけやっていればいいというわけでもなく、人事や労務など、広く管理部門と関わっていくことが求められるケースが多くなっています。

こうした経験は将来管理部長を目指すにあたっては有用ですが、人によっては望まないキャリアであることもあるので、転職前に何が求められているのかしっかり把握しておくのが良いでしょう。

エージェント経由であれば、転職エージェントの担当者を通じてもろもろチェックした方が良いかと考えます。

MS-Japanであれば、上場企業はもちろん、これからIPOを目指すベンチャーの求人も保有しているため、広く情報収集や求人を探したい場合は利用を検討してみましょう。

公認会計士などの専門家の転職支援を行っているので、上場企業はもちろんですが、上場準備企業の取り扱いもしっかりあります。

非上場の中小企業でも年収アップやキャリアアップは目指せる

上場企業ばかり記載してきましたが、非上場で尚且つ大企業ではないところの経理でも良い年収をもらっている40代経理職の方はいらっしゃいます。

募集背景はさまざまですが、こうした企業ではそもそも部長などの管理職に適した経験が積めない環境にあることから若手が育っておらず、内部から部長などに昇進させるのが厳しいと言う企業も一定数存在しています。

そうした企業へ転職し部長として活躍されている40代の方も一定数いらっしゃいます。

なお、非上場の中小企業の場合、経理だけでなく、労務や総務、法務あたりの管理職も兼ねる経理部長という名の管理部門長の役割が求められることも多くなっています。

上場企業とは求められる能力や経験が違う場合もありますので、その後のキャリアも含めて注意が必要です。

地方には隠れ優良企業も

都心部ではなく、地方に本社を構える企業も狙い目です。

求人の数としてはそれほど多いわけではありませんが、地方で名の知れた優良企業というのは結構あり、相応の待遇+労働時間が短いという環境のところも結構あるので、都心部に拘りがない場合は地方も考えてみてはいかがでしょうか?

ただ、ご家族がいるケースでは反対されることが多いです。

でも、可能であれば地方まで見てみましょう。

40代経理がマネジメントポストを求めて求人を探すなら転職エージェントの活用も視野に入れる

管理職・管理職候補のポジションはもちろんですが、IPO準備企業などで上場を目指すための体制構築にあたって経理を募集するケースでは非公開で求人を募集するケースが多くなっているので、転職エージェントを活用せざるを得ないケースが多くなっています。

公開して募集するケースもありますが、件数としては非公開のものと併せないと選択肢が狭まることから基本的にはエージェント利用をおすすめしています。

その上で、上場企業からベンチャーまで広い視野で求人を探すのであればMS-Japanをまずは検討してみると良いでしょう。

先程記載したように公認会計士などの専門家向けの求人を取り扱っている関係で、上場企業はもちろん上場準備中のベンチャーやスタートアップの求人も保有しており、広い視点で求人を探すことができるのが特徴です。

転職活動に不慣れな方が多い

経理職の方は転職回数がせいぜい1回か2回ということで、転職活動に慣れていない方が多い傾向です。40代で初めての転職という方もいらっしゃいます。

応募書類の作成や面接に不安を覚える方が多いので、その辺りも含めてエージェントに相談しておくべきと言えます。

40代になって立ち居振る舞いに難があるとかなり印象が悪くなるため、不安がある場合は必ず相談しておきましょう。

また、面接での質問内容なども過去のデータがもらえるケースもあり、少しでも選考通過の確率を高めたいのであれば、個人的にはエージェントに相談しておいた方が良いと考えます。

現在の状況を客観的に判断してもらうために

現在勤務している会社で管理職などの上位ポジションを目指せないから転職をしたいという人の中には、ご自身のスキルがイマイチであることに気が付いていないケースもあります。

他の会社で勤務したことが無い場合、ご自身の経験・スキルが他の経理職の方と比較してどうなのかがわからないという方も多くいらっしゃいます。

客観的に見て、現状のご経験であれば今の待遇は恵まれている、というケースも無きにしも非ずです。

これが20代や30代であれば転職して新天地でスキルアップを目指すのも悪くないのですが、40代であることを考えるとそう気軽に動かない方が良い場合も多々あります。

いくら売り手市場でも40代・50代となっていくと厳しくなっていきます。

今の会社でそこそこもらえるのであれば、動かない方が幸せであるということもあります。焦らないようにしてください。

MS-Japanをおすすめとして記載しましたが、他にも経理の方が利用可能なところはあるので、興味がある方は経理に強い転職エージェントのページもご覧頂ければと思います。

マネジメントポジションが詰まっている企業は多いが、40代経理が転職して状況を打開することは可能

経理で上位の役職者(部長クラス)はなかなか転職しませんし、なかなか辞めません。リスクのある行動もとらないので降格するケースもほとんどありません。

そのため、現在の職場で上が目指せないのであれば基本的には転職しないと年収アップや職位のアップは見込めないと言えます。

ただ、マネジメントポジションが詰まっている職場も確かに多いのですが、本ページで記載したように、上場ベンチャーやIPO準備企業、その他の非上場の中小企業などで管理職が足りていない求人先は多数あります。

特にベンチャー領域は経理人材が集まらない傾向にあることから狙い目であるといえます。

経理以外の職種はアグレッシブな方が一定数いるのですが、経理はそうではない方が多いからかベンチャーへチャレンジされる方は少ない傾向です。

それゆえにチャンスは多いです。

毛嫌いせずに、一度ベンチャー領域はどうか?という視点でもサーチしてみることをおすすめします。

なお、非上場の中小でも良いところはありますが、求人が出るタイミングとあなたが転職したいタイミングが合うかどうかは別問題です。

そのため、非上場で優良を狙っていくのであれば、中長期の目線で求人サーチをしていく必要があります。また、地方にも目を向けて見ましょう。

経理など管理部門におすすめしたい転職エージェントNo1のMS Agent<PR>

経理を始めとする管理部門転職決定率No.1の実績と創業から30年以上の歴史を持ち、保有する求人の数と質が高いのが特徴。各職種に精通したアドバイザーが所属しておりあなたにマッチする求人のご案内からキャリアの相談まで徹底サポートしています。
ABOUT US
アバター画像
樋口 智大株式会社インテグラルベース 代表取締役
公認会計士・税理士・経理などの士業・管理部門の人材紹介を行う株式会社レックスアドバイザーズで勤務し、転職エージェントや会計専門メディアの事業の立ち上げを経験。その後、株式会社インテグラルベース(厚生労働省特定募集情報等提供事業者51-募-000806)を創業。現在は転職・採用・人事に係わるコンサルティングや求人サイトの運営を行っています。 士業JOBでは、これまで培った人脈と10年弱に及ぶ転職や採用に関する業務経験・実績を活かして転職に役立つ情報の配信を行っている他、多数の人材紹介会社とも協業し、最新の情報をブラッシュアップしながら配信を行っています。また、行政書士として事務所を開設しており、自身も士業として活動しております。 執筆者・監修者・編集者情報へ