CATEGORY 公認会計士の転職

公認会計士の転職に関する情報を掲載しています。
従来は監査法人に勤務するのが一般的でしたが、昨今公認会計士のキャリアフィールドは広がっており、会計士の転職先も様々です。
思いがけない場で活躍する会計士の方も増えています。

転職市況としては、事業会社・FASを志望する方が増加傾向にあり、売り手市場ということもあるのか多少スキル不足であっても転職を実現させている方が多い印象です。そのため、比較的希望の叶えやすい転職市況といえます。

一方で、事業会社へ転職した会計士が監査法人へと再び転職されるケースも2017年はよく見られました。よく情報収集せずに転職した結果、思っていたのと違ったということでまた監査法人へと転職される会計士も一定数います。

売り手市場で転職しやすい状況であることに間違いはないのですが、必ず事前にしっかり情報収集してから転職をすることで、失敗のリスクを下げることができるでしょう。

会計士の方ではじめて転職されるという方に関しては、最初に以下のコラムを読んでいただくと良いかも知れません。会計士の転職に関することやキャリアパスに関して総論的に説明していますので、是非ご一読ください。
公認会計士の転職 会計士の転職先とキャリアについて