公認会計士の転職失敗要因

公認会計士転職失敗事例

本記事では会計士が転職失敗する要因と転職先フィールごとのよくある失敗事例なんかを見ていきたいと思います。

職種に関わらず転職することが当たり前の時代になりましたが、その一方で転職失敗による短期離職も増えています。

会計士も同じような傾向にあります。

会計士の場合、他の職種と違って転職回数が多少増えても転職市場で大きく不利になるといったことはありませんが、それでも無駄な転職失敗は避けた方が良いでしょう。

会計士が転職失敗するケースとしては、情報収集はしっかり行っているけれどその判断が甘いというものが多い他、面接現場でしっかりと入社判断に必要な情報をゲットしてこないといった問題があげられます。

また、転職エージェントを利用されているケースにおいては、転職エージェントが親身で良い人だから、といった形で割と簡単に信用してしまい、彼らが言っていることを鵜呑みにして転職失敗するケースも多いです。

会計士が転職失敗してしまう要因で見落としがちなもの

まず初めに会計士が転職に失敗する要因として見落としがちなものを見ていきたいと思います。

知り合いに誘われて入社して後悔するケース

転職相談などを行っていて定期的に聞くのが、「知り合いに誘われて転職したんですが、、、」というものです。

会計士の場合、ベンチャー企業への転職でこのケースをよく聞きます。

例えば知り合いのベンチャー企業の社長から手伝って欲しいという形で声をかけられ、しっかり吟味しないで転職を決めてしまうケースがあります。
ビジネス上で「誘われる・声を掛けられる」という経験が少ない方が多いので、誘われたことに舞い上がってしまってじっくり検討しないままうっかり転職してしまうケースは職種に限らず多くあります。
会計士でもたまにあります。
このケースでは大当たりを引くことも稀にありますが、だいたいにおいてうまくいかず後悔することが多い傾向にあります。

うまくいかないというのは、その会社自体のビジネスがうまくいかないことも多いですし、人間関係が悪くなって居難いということもあります。

後は友達や先輩に誘われて入社したものの、永遠のその人の下に就き続けないといけないといった状況になってしまって腑に落ちないといったケースなど様々です。

知り合いから声を掛けられること自体は悪いことではありませんが、落ち着いてじっくり情報収集し、話を詰めて比較検討の上転職するか決めるようにしてください。

後は、先輩や知り合いが会計コンサルを行うファームを立ち上げたケースにおいてジョインして欲しいということで誘われるケースもありますが、これも良く確認するようにしてください。

というのも、こういったケースでは友人関係あるいは先輩後輩といった関係性から諸条件やこの先の展望についてじっくり話を詰めていくことができないという問題が発生し、いろいろ未確認のまま転職してしまって後悔するケースが多くあります。

そして、後悔する理由としては人間関係の崩れであったり辞め難いという問題が発生するという部分が深刻になるからです。

辞め難いという問題が一番やっかいなので、本当にご注意ください。

知り合い同士でやっている事柄において、そこから自分だけ抜けるということに罪悪感を感じる人は多い傾向にあるので、知り合い経由というお話の際はくれぐれも慎重に対応するようにしてください。

友人・先輩の情報を鵜呑みにしてしまう

まず、転職の相談を友人あるいは先輩にすることが悪いわけではないという前置きをしておきます。
むしろ良いと思います。

具体的に希望する転職先企業があるケースではかなり有効で、リアルの情報をリアルタイムで聞くことができるので、貴重な情報と言えるでしょう。

ただ、注意しなければならない部分もあります。

まず、あなたと先輩・友人とは価値観が違う可能性があるという点を注意する必要があり、何を良い・悪いと感じるかは人それぞれですので、各人の「感覚・価値観」に関わる情報を収集をするケースでは注意を払いましょう。

例えば、雰囲気が良いかどうか、ワークライフバランスがとれるかどうかといった感覚的な事項に関する情報です。何をもって雰囲気が良いと感じるかは人それぞれですし、ワークライフバランスといっても人によりその定義が大きく異なります。残業がなければワークライフバランスがとれているという人もいますし、柔軟な働き方に対応してくれることをワークライフバランスという人もいます。

なので、もし感覚的な部分まで情報収集しようと思うのであれば、ある程度定義を明確にしたうえで話をした方が良いでしょう。何をもって雰囲気が良いと定義するか、ワークライフバランスがとれるとはどういったことを指すのか、こうしたことが曖昧のまま話を聞いて勘違いするケースも多々あります。

もっとも、友人との会話でこうしたことをするのはあまり気が進みませんが。

なので、友人から情報収集する際は、どんな仕事内容なのか、会議は多いのか、実際にリモートワークできているのかといった具体的な事実に関する情報を中心に聞いた方が良いかなと思います。

よく知っている友人だから相手の価値観もよく分かっているし大丈夫、と思う人もいるかもしれませんが、仲の良い友人とビジネスを一緒に始めたけど一緒に働いてみたら価値観や方向性のズレからうまくいかないといったことは多くあります。
働くことの価値観も同様で、同じような感覚を持っていると思っていたら、実は違ったんだってことは結構あるので、その友人や先輩会計士からもらうアドバイスの内容いかんによっては注意しましょう。

後は、そもそも論として、転職市場に詳しいわけではないと思うので、そういった視点で現状とのズレが生じていたり、悩みに応じた的確な転職アドバイスができる人というのも多くありませんので、そのあたりも注意しましょう。

転職ブログや転職お役立ち情報サイトなどを信用しすぎてしまう

このサイトも転職情報を配信するメディアなので、何とも言い難いところではあるのですが、運営にあたっては皆様に有益な情報を届けたいと思っていたとしても、ポジショントーク的なものが発生する可能性はゼロではありません。

その他のブログサイトやメディアも同様です。

ブログにしてもメディアにしてもそこに何かしら利得が発生するからやっているというケースが9割以上で、純粋に情報発信がしたいという意思でブログをやっているというケースはほぼ皆無なので、そこに何かしらの意思が働いていることを理解した上で読むようにすると良いでしょう。

また、ブログに限らず最近はYoutubeも同様です。

そのうえで、例えば「会計士がワークライフバランスを取りたかったらコンサルへの転職はやめておきましょう」といったことが書かれているケースはかなり多いですが、それは正しい部分もありますが、正しくない部分もあります。
コンサルであっても昨今は在宅OK残業ほぼ無しの会計コンサルもありますし、場合によってはコンサルを経験しておくことで、数年後にワークライフバランスをとりながら働くための経験とスキル身につけることができるようになるので、ワークライフバランスを目指すケースでも人によってはコンサルに転職しておいた方がよいケースもあります。

上記はあくまで単なる一例ですが、こうしたケースのように、ある事柄について書かれた情報が全ての人にとって有益(もしくは当てはまる)というわけではなく、ただ単に一般論として何となく記載されているケースが多いので、個別の事情に当てはめた際は最適ではないケースというのは結構多くあります。

そのため、断片的な情報をそのまま鵜呑みにするのではなく、様々な角度でその事柄についての情報を収集し、否定的あるいは不都合な情報も目に入れながら総合的に情報を集めていく必要があります。

特に最近のWebツール(Google、Twitter、Youtube等)はあなたが気に入りそうな情報を自動的にAIがピックして提示してくれるようになっているので注意が必要です。何かを検索した際に表示される情報もカスタマイズされることが増えてきました。

なお、言うまでもなく、口コミサイト(Googleの口コミ含)も上記と同様に注意して閲覧した方が良い他、「正式なサービスサイト(例えば転職サイト内のコンテンツ等)」でも同様の注意が必要です。

サービスを提供する企業側も、得意なゾーン・不得意なゾーンが必ずあります。

そして、自社で売上を上げるためには、得意なゾーンを良さげに見せていく必要があるので、一面的に見るのではなく、複数の面から検討するようにしましょう。

もっとも、このことは転職に限らず何でもそうで、皆さんが勤務する企業でも同じですし、普段の買い物なんかでも同様のことが言えるでしょう。

こうしたネット上での情報に翻弄されて転職失敗するケースも多少あります。

SNSを信用しすぎてしまう

上記と関連する事項なので続けて記載させていただきますが、昨今はTwitter等のSNSを利用して情報収集される方も多いかと思いますが、ご存じの通りTwitterなどのSNSはポジショントーク・自己都合の巣窟なので、情報の取得には注意が必要です。

無論信頼に値すると判断できるような発信者もいらっしゃるかと思いますが、上記のWebブログ・メディアなどの項目で述べたような部分を注意するようにしてください。

なお、念のための記載しておきますが、誤解しないで頂きたいのがTwitterにしてもメディアサイトにしてもそれらの情報配信が全て悪だから見ない方が良いといったようなことではなく、注意をもってコンテンツを見る必要があるという意味合いになりますので、こういった情報収集をすること自体が間違っているというわけではありませんのでご注意ください。

転職エージェント任せになっている

転職エージェントを利用される会計士の方は非常に多いのですが、情報収集から意思決定まで転職エージェント任せになってしまっている人も多くいらっしゃいます。エージェント任せになりすぎるとミスマッチによる転職失敗が発生するケースが多いのでご注意頂きたいですが、詳細は別の記事中に全く同じ内容のコンテンツを載せているのでそちらをご確認頂ければと思います。

>>会計士が転職に失敗しないためにはエージェントに頼るだけではダメの項目へ

なお、言うまでもなく、求人を送り付けてくるだけといった質の悪いエージェントを利用して転職に失敗しましたというのは論外ですので、登録したエージェントがダメそうだなと思ったら切るようにしましょう。

後は、会計士に特化しているエージェントであったとしても、会計系コンサルの求人はあるけど事業会社の求人はあまり持っていない、事業会社の求人はたくさんあるけど会計業界(事務所含)には全然詳しくないなど、エージェントごとに得手不得手がありますので、その辺りも加味して選ぶようにしましょう。

エージェント情報が気になるケースでは以下の記事もご参考ください。

会計士向け転職エージェントを転職先や悩み別に比較して紹介

この他にも要因はいくつかありますが、概ね情報収集といったところに要因があると言えるかなと思います。

公認会計士が転職失敗する上でよくあるケース

続いてはよくあるケースについて見ていきましょう。

ワークライフバランスを求めて事業会社へ転職して失敗するケースが多い

最近は減ってきましたが事業会社への転職が盛んだった時期が数年前にあり、そのころは会計業界への出戻り転職も多かったです。

事業会社の風土に合わない会計士が多いという問題もあるのですが、それ以上にワークライフバランスや福利厚生といった部分でやらかすケースも多く、思い込みや単なる情報収集不足での転職失敗が結構ありました。

この辺は公認会計士の事業会社の経理への転職|転職失敗する人が多い?のページで解説しているので興味のある方はご覧ください。

また、ワークライフバランスについては会計士がワークライフバランスを意識した転職をする上で知っておきたい事で解説しているのでご覧ください。

残業減らすための転職のはずが増えてしまって失敗。面接で情報を引き出そう

上記にも関連する事項ですが、残業時間を減らしたいということで監査法人等から転職を検討されるケースも多いのですが、転職したらかえって残業時間が増えたというケースは多いです。

監査法人は確かに繁忙期は残業が多くなりますが、それ以外は休みが取りやすかったりしますし、繁忙期明けなどは長期休暇もとれますが、一方で事業会社だと長期休暇がとり難かったりして休める日数まで考慮すると労働時間が結果的に増えたというケースも多くございます。

また、月間平均残業時間の開示などが求人票などでもされていますが、この辺りの表記マジックに引っかかってしまう人も多くいます。表記されているのは会社全体の残業時間の平均であることが多いので、あなたの所属する部門の残業時間がどうなのかをしっかり確認するようにしましょう。また、残業時間削減をやたらアピールする企業もありますが、怪しいなと思うこともあると思うので、それとなく面接時に確認しておいた方が良いです。

ここでは例として残業時間をあげていますが、この辺りの欲しい情報の引き出し方は別ページになりますが、会計士向け転職エージェントの紹介ページ内の>>情報を引き出すにはどうすればいい?の項目で残業時間も含めた面接時における各種情報の引き出し方のポイントについて解説しています。
当該項目のちょっと下の方になります。
参考になるとは思いますのでご覧いただければと思います。

税務を経験したいということで会計事務所へ転職して失敗するケース

会計士が将来独立を考えた際に税務を経験しておきたいと考える人も多いかと思いますが、その際にどの会計事務所へ転職するかというのは非常に重要です。

このケースでよくある失敗が、思ったような税務業務の経験ができないという問題の他、待遇が悪すぎるという問題を抱えるケースが多々あります。

税務を経験したい公認会計士の会計事務所・税理士法人への転職の注意点で詳しく記載しておりますが、税務未経験の会計士を受け入れてくれる会計事務所はあるにはありますが、年収が大きく下がるなどの問題が発生するケースが多くありますのでどの事務所へ転職するかという事務所選びは非常に重要です。

ただ、会計士の方は意外と会計事務所業界に疎く、どういった事務所が良いのかわからないというケースが多くあり、見極めができない人が多いです。

また、転職エージェントを利用するにしても、「会計士に強い転職エージェント」と言っているにも関わらず、会計業界(事務所)に全く詳しくないというエージェントも多くあります。

なので、情報がうまく取得できず失敗するケースが多いです。

会計事務所の内情を詳しく知るのは正直至難の業なので、会計業界と会計士のキャリアに精通したエージェントを頼るのが得策なのですが、事務所への転職という事であればレックスアドバイザーズが圧倒的に知識量が豊富なのでこちらを利用すると良いでしょう。

ベンチャー企業への転職で失敗するケース

会計士に人気の転職先の一つとしてベンチャー企業がありますが、転職失敗が最も多い領域に一つと言えるでしょう。

ベンチャーへの転職に際しては、ビジネスモデル、組織、経営者(経営陣)に関する事項等チェックすべき項目は多くあり、見極めが難しいのが特徴です。

また、状況の変化も激しいので、そもそもあなた自身がそういったベンチャーの環境に適した人物像なのかというところから確認していく必要があります。

そういったことも含めて対応策としてはベンチャー企業に転職する公認会計士が増えているのはなぜ?のページの中で詳しく解説しておりますので、ベンチャー領域での転職失敗を避けたいといった方はご覧ください。

転職に失敗したくないならエージェントもうまく活用する

エージェントの印象を悪くしそうな記述もいくつか記載しましたが、情報量の多さという観点からエージェントは利用した方が良いと言えます。

特に会計士の場合、転職活動どころか就職活動も実質的にまともにやっていない(特殊な業界である監査法人のみ)という方が大半なので一般的な転職活動における情報を取得する意味でも登録して話を聞いておいた方が良いかと思います。

また、会計士向けの求人は一般に公開せず募集するケースも多いので、転職先の選択肢を増やすという意味でもその方が良いかとは思います。

そのうえでどういった転職エージェントを利用すべきかという話になりますが、本ページで記載した転職失敗要因あるいは事例などから逆算したケースで登録しておくべきエージェントはレックスアドバイザーズとなります。

情報提供力に優れているので、転職失敗の大きな要因になりえる情報不足などの問題が解消しやすい傾向にあります。

ただし、事業会社の求人は少ないので、事業会社メインの場合はマイナビ会計士も合わせて登録しておきましょう。

エージェント情報をお探しのケースでは公認会計士におすすめの転職エージェントはどこ?転職先や悩み別に比較して紹介!のページをご覧いただければと思います。

会計士が転職失敗を避けたいのであれば情報収集を多面的に行う

ミスマッチ、入社後のギャップなど転職失敗を避けるためにはあらゆる角度で情報を集めることが重要です。

TwitterやYoutubeなど便利なツールが増えた一方で、情報精度も荒くなっていますので、何が本当なのか、間違っているのか、有益なのか、有害なのか、確認と判断を行っていきましょう。

ご自身でうまく情報収集ができないケースやそもそも判断するための知識が欠けているといったケースではプロである転職エージェントの活用も検討してみましょう。

会計士の転職サポートの手厚さは業界トップクラス!<広告>

マイナビ会計士の転職サポートの手厚さは業界でもトップクラスです。

徹底した面接・職務経歴書対策が受けられるので、転職活動に不安を感じている方でも安心することができます。