公認会計士におすすめの転職エージェントは?転職先ごとにエージェントを使い分けよう

公認会計士の転職お役立ち情報

監査法人にて3年~5年程度経験を積んでくると、次のキャリアについて模索し始める会計士の方が多いです。
事業会社への転職はどうなのか?コンサルティング業務にチャレンジしてみたい、税務の経験を積んで独立に備えたい、そもそもどのようなところに転職できるのか知りたい、疲れたからワークライフバランス重視のところが良い、など理由は様々です。そこで、ここでは公認会計士の転職先や転職先の業界ごとにどのような転職エージェントを使えばいいのか見ていきたいと思います。

転職エージェントって登録したら絶対に転職しないといけないの?

はじめに、転職エージェントについて、少し補足情報を記載しておきます。
転職エージェントに登録してみようと思っているけど、絶対転職したいわけじゃないし、そういう場合は登録しない方が良いのか?と疑問に思っている方が多いのですが、転職エージェントに登録したからと言って必ず転職しなければならないわけではありません。

情報収集がしたいという理由だけでも転職相談を受けてくれます。
それどころか、転職しない方が良いですよ、とアドバイスをいただいたこともあります。
実際に監査法人に勤務する会計士の場合、監査法人にいるうちに経験しておいた方が良い業務もありますし、
監査法人内での異動もできたりするものです。
転職ありきではなく、そうしたアドバイスをしてもらえるので、無理やり転職させられるとかそういうことはないのでまずは安心してください。
総合的・俯瞰的にアドバイスをくれるので、個人的にはいろいろ利用してみて良かったなと思っています。

なお、一般的に転職に成功した方の大半が転職エージェントや転職サイトを複数使い分けています。
というのも、どうしても転職エージェントごとに得意分野が違ったり、懇意にしている企業が違ったりするため、出てくる求人に差が出てくるからです。

私のように、半分趣味で10社以上登録してしまう人間もいるかもしれませんが、そこまでやらなくても大丈夫です。
ただ、彼らは本当に情報は豊富に持っていて、外から冷静に見た意見を教えてくれるので、転職エージェントが嫌いな人も一度は使ってみてもいいと思います。

会計士におすすめの転職エージェントを転職先や希望条件ごとに紹介

転職エージェントも万能ではありません。
エージェントごとに得意なゾーン・不得意なゾーンはあります。

また、事業会社に転職したいと考える会計士は多いのですが、事業会社の数はものすごく多いので、事業会社への転職に強いとうたっているエージェントでも限界があります。
そのため、上手に転職エージェントを使い分けながら転職活動を行うと良いでしょう。

転職エージェントごとに懇意にしている企業も異なってくるので、幅広く可能性を探りたいという方は2社程度の転職エージェントを利用する会計士の方が多いです。登録しすぎると面倒なので、はじめのうちは2つくらいに絞ったほうが良いかと思います。

転職先が監査法人や会計事務所など、会計業界での転職をしたい公認会計士におすすめの転職エージェント

監査法人から会計事務所や別の監査法人へと転職したい場合、基本的に会計士に特化した転職エージェントであればどこに登録しても求人の紹介は受けられます。

ただ、例えば、規模は小さいが少数精鋭でハイレベルな業務を行っている会計事務所・監査法人に転職したいといった場合など、会計業界の中で条件を付けて転職するのであれば、以下の転職エージェントが良いでしょう。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

大学との共同研究による独自開発の「AI」を用いた転職診断が行えます。
会計事務所は全国に3万事務所以上存在しており、そうした情報を自身でサーチするのは困難なため、AIを活用した転職診断はとても有用なのではないかと考えられます。

1万件以上のデータに基づいた解析を行っており、
様々なデータを基に、あなたの希望にあった会計事務所や監査法人の求人の紹介が受けられます。

全国の会計事務所や監査法人の求人を多数保有しているため、幅広い選択肢の中からあなたに最適な求人が見つかることと思います。

AIによる転職診断だけではなく、
多くの公認会計士の転職支援実績のある専門のエージェントにLINEやメール、電話で24時間相談ができるので、転職相談を重視したい方にもおすすめです。

たった5分のAI転職診断であなたにぴったりの転職先を見つけることができるので、この機会にAIによる転職診断を試してみてはいかがでしょうか。


MS-Japan

事業会社の管理部門への転職のイメージが強いですが、会計事務所、監査法人への転職にも強いです。こちらの転職エージェントの場合、とにかく求人数が豊富なので、とにかくたくさん求人が見たいという方にお勧めです。
また、後ほど記載しますが、コンサルティングファームへの転職を考えた際にも、比較的幅広く求人を取り扱っているため、おすすめです。
公認会計士でMS-Japanの利用者は多いので、既にご存知の方が大半かと思いますが、一応紹介させていただきました。
マイナビ会計士

監査法人のアドバイザリーに興味のあるという方やワークライフバランスを意識した転職がしたいなど、個別の悩みに応じた転職のサポートができるエージェントです。

監査法人への転職というケースではどのエージェントに登録しても出てくる求人自体に差はそれほどありません。

ただ、個別の悩みに応じた転職の実現というケースでは転職サポートが手厚いこちらのエージェントが良いでしょう。

また、監査法人も含めてその他の可能性も探りたいというケースも多いのですが、こうしたケースでは様々なフィールドへの転職に対応できる幅の広さも重要な要素となりますので、全般的におすすめの転職エージェントとなります。

なお、監査法人から税務を経験するために会計事務所や税理士法人への転職をする場合、年収が大きく下がる傾向にあるため、その点はご注意ください。
同じ会計業界でも少し違った業務経験を積むための転職の場合もエージェントを利用することで、先のキャリアや年収などの参考になるデータも聞けるでしょう。

監査で培ったスキルを活かしつつ、税務も経験できる会計事務所もありますので、そうした求人先であれば、年収を落とさず新しいことにチャレンジすることができます。
このように細かい条件で会計業界の求人をお探しであれば、上記に記載した転職エージェントに相談してみると良いと思います。

監査法人からコンサルティングファームへと転職したい会計士におすすめの転職エージェント

監査法人からの転職を考える会計士の中で、コンサルティングファームへの転職に興味を持っている会計士も非常に多いです。

監査法人からの転職ですと、FAS業界への転職が比較的転職しやすく、転職後のミスマッチも少ない傾向なので人気となっております。

ただし、FASはBig4だけではなく、中小の独立系のFASも存在しており、各社ごとで仕事の進め方や経験できる業務範囲が異なるので注意は必要です。

大手のfas系コンサルティングファームでは、業務が細分化されているので、横断的な業務がやりたい方には向いていないケースもあります。
また、いわゆる「コンサル」的な業務がやりたいのであれば、大手のfasよりも中小のfasの方が濃い経験が積めるところも多いので、規模感やネーミングだけで判断しないように注意が必要です。

その他、転職のハードルは高いのですが、戦略系等含め、幅広くコンサルティングファームへの転職を検討しているのであれば、マイナビ会計士が良いでしょう。

公認会計士のコンサル系の会社への転職実績は非常に豊富で様々な転職事例を持っていることから、監査法人から初めて転職するという会計士の方でも安心して相談することができます。

また、コンサルはコンサルでもよりハイクラスなところへの転職をお考えなのであれば会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』等もお勧めです。

こちらは転職エージェントサービスではありませんが、コンサルティングファームを始めとするハイレベルな求人を取り扱っており、公認会計士の登録者も多くなっています。
スカウト型の転職サービスで、あなたのスキルが高ければレベルの高い企業・ヘッドハンターからスカウトを受け取ることができるでしょう。
はじめて転職されるという会計士の方の場合は、自信があったとしても会計士専門の転職エージェントとの併用がおすすめです。

マイナビ会計士

コンサルティングファームへの転職をマイナビ会計士を使って成功させる方がとても増えておりますので、コンサルを検討されているのであれば情報収集もかねて必ず登録しておきたいところです。

公認会計士の転職に役立つ情報や転職サポート体制も充実しており、応募書類の書き方から面接で聞かれるポイント、面接官の特徴まで丁寧に解説してくれるため、はじめての転職でも安心です。

BIZREACH(ビズリーチ)

ハイクラス案件が多い転職サイトで、公認会計士を求めるコンサルティングファームをはじめとして、ハイクラスポジションのスカウトも届きます。
公認会計士の登録者も多く、より上のクラスでの転職を狙うのであれば、利用を検討しても良いかと思います。
企業からだけではなく、厳選されたヘッドハンターからもスカウトが届くため、ヘッドハンターから情報を聞いてみるのも面白いです。彼らは一般の転職エージェントには無い面白い求人をたくさん持っており、ハイクラスを目指すにあたり、現時点で足りない能力などがあれば教えてもらうこともできます。

届くスカウトはあなたのレベルにもよるところがありますので、意識を高く持ちたい会計士の方は登録しておきましょう。

その他にもコンサルティング業界の転職に強いエージェントはあるのですが、私自身が利用したことがないので、割愛させていただきます。興味があれば、「コンサルティングファーム 転職」等で検索してみても良いでしょう。

ただ、コンサル会社は会計士だけを採用しているわけではありませんので、業界知識が浅い方に関しては、会計士とコンサルの転職両方に詳しい転職エージェントに相談することをおすすめします。

なお、企業再生やFAS、戦略系のコンサルティングファームへの転職に興味のあるという会計士の方は、こちらとは別に以下の記事もご参照ください。

会計士の企業再生コンサルティングファームへの転職

2018年10月21日

コンサルへ転職したい会計士の転職 戦略系コンサルティングファームに転職する会計士も増えている

2018年9月17日

公認会計士の転職で人気のFAS業界とは?

2018年4月24日

事業会社の経理や財務、経営企画部門等に転職したい会計士におすすめの転職エージェント

ここ数年、公認会計士の方の転職先で一番多いのが事業会社です。
ワークライフバランスを求めて事業会社へ転職される方もいますし、企業の中から自身のスキルを活かして成長させていきたいと考えて転職される方が多いです。

また、最近少し増えているのが、公認会計士としての転職ではなく、営業や企画、マーケティング等の公認会計士の資格を全く生かさない転職も少しですが増えています。

公認会計士の「資格」に頼るわけではなく、会計士として多くの企業を見てきた経験を活かし、全く違う職種へと転身され、活躍している人も増えています。
実際に、会計・財務にとらわれず、経営戦略的なコンサルティングをしようと考えたときに、マーケティングの視点など具体的に売り上げを伸ばしていく施策に対しての知見も重要になります。

そのため、結果的に会計業界に戻ってくるとしても、こうした他の職種として身につけたスキルは大いに活かすことができます。
公認会計士としての基本スキルはどこの企業でも必要とされるものですが、それに加えてプラスアルファのスキルを身につけることで、他の方には真似のできないサービスを展開することも可能になります。

ここでは前提として公認会計士としてのスキル・経験を活かして転職することを前提に考えて記載していきますが、
事業会社への転職であれば以下のエージェントの利用が良いでしょう。

・マイナビ会計士

・MS-Japan

・最速転職HUPROの無料AI転職診断

MSさんに関しては多くの方がご存知かと思いますが、事業会社の管理部門への転職という点では知名度は一番高いのではないかと思います。

しかし、最近では、マイナビさんの実績がかなり上がってきており、非常におすすめです。

というのも、転職サポート体制や情報提供能力に各社差が出てきており、こうした部分を重要視するのであれば・マイナビ会計士が良いでしょう。

経理・財務に関するポジションのみならず、内部監査、経営企画など会計士の方が活躍できる有力なポジションの求人を多数お持ちで、転職サポート体制も手厚く、監査法人からはじめて転職されるという方でも安心して利用することができます。
コンサルティングファームも視野に入れつつ、事業会社にも興味のある方にも対応ができますので、幅広い視野で転職先を探りたい方には特に良いでしょう。

また、ここ最近利用者が急増しているのがAIを活用した公認会計士を始めとする士業や管理系の方々の転職支援を行っているHUPROです。
AIの活用により効率的・効果的な求人のサーチ・転職活動が可能です。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

会計事務所・監査法人への転職の項目でも触れましたが、
HUPROでは大学との共同研究による独自開発の「AI」を用いた転職診断・求人の紹介が受けられます。

事業会社へと転職する公認会計士の転職理由の一つにワークライフバランスがよくあがるのですが、
残業時間や休日日数、有給消化率などのデータも踏まえているため、
「スキルアップ・キャリアアップ」という視点だけではなく「ワークライフバランスを大事にしたい」という方にもとてもおすすめです。

たくさんのデータに基づいたAIによる解析を行っているため、あなたの希望にマッチした事業会社の求人の提案が受けられるのです。
ベンチャー企業から大手上場企業まで幅広く求人を保有しているため、幅広い選択肢の中から最適な求人が見つかることでしょう。

AIによる転職診断だけではなく、
多くの公認会計士の転職支援実績のある専門のエージェントにLINEやメール、電話で24時間相談ができるので、転職相談を重視したい方にもおすすめです。

AIの活用は会計業界でも必須となってきていることもありますので、興味のある方はこの機会にAIによる転職診断を試してみてはいかがでしょうか。

マイナビ会計士

20代、30代の会計士の利用者がかなり増えているように感じました。
事業会社への転職を希望する会計士は近年最も多いゾーンなのですが、
直近1年で見てみるとマイナビ会計士を利用して転職される会計士はかなり増えており、サポートのレベルもかなり高くなっています。
当然のことながら事業会社の求人はかなり保有しており、書類作成のアドバイスや面接対策にも力を入れているので最初に利用するエージェントとしておすすめです。
その他最近実績が増えてきているのが以下のdodaです。
doda

総合型の転職エージェントです。
dodaを使って転職したという会計士も多いです。大手の総合型の転職エージェントなので、取扱求人の幅はかなり広いです。
事業会社の経理・財務部門への転職はもちろん、今とは全く違うキャリアにも興味があるという方にはおすすめです。幅広い可能性の中で次のキャリアを模索したいという方は、一度転職相談してみるのも良いかもしれません。
ただし、初めて転職される方の場合は極力マイナビ会計士等の会計士専門の転職エージェントの活用をお勧めします。

事業会社への転職というケースにおいて、ワークライフバランス等を考慮した転職を求めているケースがあります。
特に女性の場合ですと、ライフイベントを機に転職されることも多いのですが、
この場合では、同性のエージェントの方が話しやすいということもあるようですので、
そのようなケースでは希望を出してみても良いでしょう。

また、担当になったエージェントと相性が合わないなと感じたら、担当者の変更なども相談してみてください。
私が転職相談したケースでは、だいたいの会社さんが担当の方を変えて頂くことができました。
ただ、本人に直接言うのは当然避けたいので、サポートセンター等にメールで連絡してみるのが良いかと思います。

年収UP・ハイクラスの転職先に興味のある会計士におすすめの転職サイト

商社や投資銀行、コンサルティング会社など比較的年収が高いところへ転職したいという公認会計士の方もいます。
そうした場合は、会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』の利用を検討してみても良いでしょう。

こちらは公認会計士に特化した転職サイトではありませんが、各企業のハイクラス案件を保有しており、
レベルの高い業務へとチャレンジしてみたいのであれば、是非登録してみてください。
また、登録した結果、自分では無理そうだと感じることもあるでしょう。
それはそれで、勉強になりますので、スキルアップの糧となります。
また、ヘッドハンターからスカウトが届くので、ヘッドハンターの話を聞くことで参考になることもあるでしょう。
年齢にもよりますが、低くても現年収が750万程度ないと該当する案件が無い可能性がありますのでご注意ください。

ハイクラスポジションに拘っているわけではなく、単に年収が気になっているという方に関しては会計士の転職に強いエージェントを活用してみるのが良いかと思います。

公認会計士の資格を活かすというよりもスキルや知見を活かして幅広く転職先を検討したい場合

先ほど事業会社の転職の項目でも少し触れましたが、
最近公認会計士の転職で少しずつ増えているのが、会計士じゃないと転職できない先ではなく、
会計士としてのキャリアやスキルは活かせるが、会計士じゃなくてもいい仕事がしたいという方も増えています。

マーケティングや企画、営業、ライフプランナー等その職種は様々ですが、思い切った転職をされる方も一定数いらっしゃいます。
そうした方の場合、公認会計士に専門特化している転職エージェントよりも、幅広い職種を取り扱っている転職エージェントを使うと良いでしょう。

注意点としては、公認会計士のキャリアに詳しいわけではないので、ある程度自身の責任で転職先を選んでいく必要があるということです。しかし、万が一転職に失敗してしまったとしても、今の転職市況であれば、監査法人等に出戻り転職することは容易なので、ある意味思い切ったチャレンジをするには良い時期と言えます。
その中でも一番のお勧めは、以下のdodaです。

doda
こちらのエージェントの良い点として、公認会計士に専門特化しているわけではないのですが、公認会計士のキャリアに詳しいエージェントも一定数いらっしゃるという点です。それに加えて様々な業界・職種の求人を取り扱っているので、
このようなケースでは登録しておいて損のないエージェントとなるでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントを使う公認会計士も多いです。
求人数も10万件以上と圧倒的です。
グローバル案件をお探しの際にもお勧めです。



高い英語力を活かした転職をしたい会計士におすすめの転職エージェントは?

TOEIC●●点とかそういうレベルではなく、
読み書き、話すということがビジネスレベルで行える方は、「英語+ハイクラス」の転職エージェントを使ってみても良いでしょう。
ただし、このようなエージェントでは、スキルがない方にはほとんど求人を紹介してくれません。
そのため、英語が得意といっても、どのレベルかによって利用するエージェントは使い分けましょう。

JAC

JACリクルートメントを活用されている方も多いかも知れませんね。
グローバル企業(日経・外資)への転職では国内ではトップクラスの実績を誇っています。
こちらのエージェントはとにかく担当してくれるコンサルタント(エージェント)の質が高く、
非常に評判が良いです。
ハイクラスのポジションとなると、面接も一般的なものではなく、戦略コンサルほどではないにしろケース面接のような特異な面接が設定されることもありますが、企業ごとに過去の面接内容等の記録も残しているのか、非常に多くのノウハウをお持ちで、役立つアドバイスをたくさんもらうことができます。
そのため、ハイクラス且つ語学力も活かしたいという方は、まず初めにこちらのエージェントさんに相談してみるのが良いかと思います。
ロバート・ウォルターズ

こちらの転職エージェントは外資系のハイクラスポジションへと転職を希望されているのであればとてもおすすめです。
ただし、会計士のキャリア支援を行うとかそういう目線でサービスを行っているわけではなく、スキルの高い人を純粋にハイクラスのポジションへと導くための転職サービスなので、これからキャリアどうしたらいいでしょうか?という人には向きません。
会計士の方に多いのですが、何をやったらいいかわからない、というようなフワッとした感覚の人は登録してはいけません。
英語力+会計スキルに自信があり、キャリアの道筋もある程度自身の中でたてられていて、そのうえで外資やグローバル企業のハイクラスポジションに興味のある人だけ使ってください。
リクルートエージェント

先ほども紹介しましたが、リクルートエージェントにはグローバル企業の求人案件も豊富なので、
英語力を生かした転職をしたいという方にもおすすめです。
先ほどのロバート・ウォルターズよりも求人の幅は広いので、英語がそこそこ得意という方からビジネスレベルで使える方まで幅広い層に対応できるでしょう。ただし、FP&Aなどの外資系のハイクラスポジションにつきたいのであれば、上記のロバート・ウォルターズさんに登録した方がよいです。

リクルートエージェントは他のエージェントと違い、最初の転職面談以降、担当のエージェントからそれほど連絡が来ません。
利用者が多いから仕方がないとは思うのですが、求人の紹介等はメール(自動送信)等が中心となります。
そのため、相談しながらじっくり転職したい方には向きませんが、逆にあんまりしつこく連絡されても困るという方やドライに転職活動したい方には結構おすすめです。

公認会計士の転職に強くて英語も活かせる求人も多数保有しているのが、マイナビ会計士となりますので、会計士としてのキャリア相談もしつつ語学力を活かせる転職先を紹介してもらいたい場合はこちらを活用すると良いでしょう。

なんとなく転職を考えているけど具体的にまだ何も決まっていない会計士や結局どこに登録すればいいのか決められない会計士におすすめの転職エージェント

監査法人に勤務されている公認会計士に多いのですが、
なんとなく監査法人から転職したいのだけど自分が何をしたいのか自分でもよくわからない、
そもそも自分には何ができるのかわからない、
なんとなく次はコンサルをやってみたいんだけど、自分にできるだろうか?
他の人がどういったキャリアを歩んでいるか知りたい、
たくさんあって結局どこの転職エージェントにすればいいのかわからない、
といった具合に、迷ってしまったり、
具体的にどこに転職したいのか、何がやりたいのかまだ固まっていない方も非常に多いです。

やりたいことが決まっていない方の場合は、転職エージェントなどで転職事例やキャリアパスの事例などの情報を聞いてみることで、自分では気が付けなかった新しい発見があることも少なくないので、公認会計士の転職に詳しいエージェントを使うようにしてください。

また、合わせて、たくさん転職エージェントがあってどれにすればいいのか決められない、という方もいるかと思いますので、
このように希望がフワッとしている方におすすめの転職エージェントを2社に絞りました。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

迷っているのであれば、AIによる転職診断はとても有用でしょう。
監査法人や会計事務所はもちろんコンサルティングファームや事業会社まで含め様々な選択肢の中からあなたに合った転職先が見つかるかもしれません。
糸口を探る意味でも一度AI転職診断を試してみても良いかと思います。

また、HUPROではAIによる転職診断だけではなく、
公認会計士の転職支援実績のある専門のエージェントにLINEやメール、電話で24時間相談ができます。
AIによる転職診断だけではなく人を介在したフォローもしてくれるため安心して利用することができるでしょう。

一般的な転職エージェントの場合、登録後訪問して2時間程度の転職面談を行うという流れになるため、少し面倒だなと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、
こちらの転職サービスの場合、わざわざ訪問する必要はないため、手間をかけずに効果的な転職活動が行えます。
もちろん上記で記載したように、電話等で相談は受けてくれるため、じっくり転職したい方にもおすすめですし、
まずは手間をかけず気軽に転職活動を始めたいという方の利用も良いでしょう。

この機会にAIによる転職診断を試してみてはいかがでしょうか。


マイナビ会計士

マイナビ会計士は転職サポートが手厚いため、まだキャリアの方向性が固まっていない方やじっくり相談しながら転職したいという方にもおすすめの転職エージェントです。

近年会計士の転職という点で、実績はトップクラスなのでとても頼りにすることができるでしょう。

監査法人への転職はもちろんコンサルや事業会社への転職実績が特に高く、転職に役立つ情報も豊富なため監査法人の次のキャリアを考えている方には特におすすめです。

監査法人から転職される方の事例をたくさん持っているので、監査法人からの転職を検討しているが迷っている、どのようなキャリアパスがあるのか知りたい等情報収集を目的とした転職相談にも活用できます。

はじめて転職をされるという公認会計士の方から少しレベルの高い転職先へとキャリアアップをしたいという会計士まで幅広い方におすすめできる転職エージェントです。

公認会計士のおすすめの転職エージェントまとめ

以上公認会計士の転職先ごとのおすすめのエージェントを記載させていただきました。
上記に記載した転職エージェントであれば、どこもそれなりにレベルは高いので、転職自体は問題なくできるでしょう。

また、ここに記載した以外にもたくさんの転職エージェントがあります。
全国には1万社を超える転職エージェント会社が存在しているようですので、全てのサービスについて調べるのは難しいのですが、いろいろ活用してみた中でご紹介させていただきました。
あくまで参考の一つとして情報をご活用ください。

監査法人からはじめて転職されるという会計士の方へ

公認会計士の中には、監査法人からの転職を考えているがどのようなフィールドで活躍できるのかわからないといった悩みを抱える方もいらっしゃいます。
転職エージェントに相談する前に自身で情報収集をしておきたいといったケースもあります。
以下のような監査法人から転職したい会計士向けの記事も記載しておりますので、ご参考ください。

~公認会計士の転職~監査法人から転職したい会計士が活躍できるフィールドは?

2018年4月5日