銀行等の金融機関からの転職

転職エージェント

近年、銀行からの転職をお考えになる方がとても増えています。
昔は銀行と言えば人気の転職先であり、高収入が期待できる職場でしたが、昨今の金融業界の情勢や銀行内のポストの減少など様々な要因から銀行への転職・就職を希望される方は減少傾向であり、むしろ銀行から転職したいという方の相談が増えています。

銀行といっても様々な仕事がありますが、多くの場合、他業種では活かしにくいスキルや経験をお持ちの方が多いため、金融等の知識が活かしにくい業種・職種への転職となると苦戦されるケースが多くあります。

年齢などにもよる部分も多いため、ここでは簡単にケースごとにどのような転職先が考えられるのかといったこと等具体的な転職に関することについて見ていきたいと思います。

銀行等の金融機関からどのようなところが転職先として考えられるのか?

銀行等の金融機関でどのような仕事をしていたのかによって考えられる転職先は変わってきます。

銀行の総合職(営業系職種)から転職

法人営業等を行っていた場合、20代であれば別領域の法人営業系職種への転職はほぼ問題ありません。
ITやWeb業界の提案型営業職へ転職された方もいますし、人材業界やメーカー、ベンチャー等様々な領域への転職が可能です。

基本的にポテンシャルが評価される部分も大きいため、20代であればそれなりに転職先を選ぶことができるでしょう。
金融関連の顧客を持つ事業者等への転職であれば、業界知識が評価されることもあります。

似たような領域で行くと、税理士法人等の会計業界やM&A関連の事業を行っている企業であれば、金融業界での経験値を求めているケースも多く、転職がしやすいです。
税理士法人等は意外と狙い目でこれまでの知識も活かせる傾向にあるため、キャリアを構築しやすい部分はあります。

M&Aの領域は銀行からの転職として比較的人気があり、転職後も大きな収入(インセンティブ)を期待することが可能です。
ファイナンスのスキルは大きく評価される傾向にあり、また、中小企業の経営者等との折衝経験等も大きく評価されます。

気になる方は一度M&A関連企業の求人を見たり転職エージェント等に相談してみても良いかと思いますのでお問い合わせください。
なお、M&A関連の求人は以下よりご確認頂けます。

M&Aの求人情報を見る

営業以外の職種へと転職したいと考えるケースでは、それなりに事前の勉強や強い動機などを示す必要があるものの、転職自体は可能です。

一方で30代になってくると未経験分野への転職が少し難しくなる傾向にあります。
マネジメントや管理職の経験は評価されるものの銀行での業務経験は基本的に汎用性がないため、銀行以外のその他の金融機関への転職が中心となります。
最近ですと仮想通貨関連やFX等を運営する企業へ転職されるケースもあります。

金融機関以外の転職の場合、高い営業力、提案能力があると判断されるケースではその他の分野の営業関連職へと転職されるケースはありますが、一方で銀行にいた時ほどの年収の維持が難しいという問題もあり、転職を躊躇されるケースもあります。

いずれのケースにせよ、一度転職エージェント等に相談してみると良いでしょう。

リスク管理・AML・業務管理等

他業種への転職となると難しい傾向にありますが、金融業界、あるいは金融に関連した企業での採用ニーズはとても高い傾向にあります。

リスク管理ポジションといって様々あり、市場リスク、信用リスク、オペレーショナルリスク等、それぞれ転職市場において需要は高いです。
専門性の高い職種であり、少数精鋭な傾向もあるため、未経験者が採用されることはなく、経験値を持った方の需要は大きいです。
Fintechや仮想通貨関連の企業において、AML・CFT対策における企画立案や規程の整備等を進めているところも多く、国際水準のAML対策やそれらに関連したアシスタント業務のある方の需要もあります。

現在においては規制対応がひと段落しており、一時期にくらべると求人総数はやや減少傾向にありますが、専門スキルや経験を求める案件は依然としてありますので転職のチャンスはあると言えるでしょう。

銀行からコンサルティングファームや外資系の事業会社へ転職するケースも

経験にもよりますが、30代前半くらいの方ですとコンサルティングファームや投資ファンド、外資等へ転職される方もいらっしゃいます。

銀行からの転職の場合、日系の事業会社の場合どうしても年収で折り合いがつかないということも多く、上記のようなカテゴリを転職先として選ぶ方もいらっしゃいます。

当然語学力は必須ですが、M&Aや証券の経験があると良いでしょう。

銀行からベンチャー企業へ転職

上記でも記載しましたが、近年若い方が銀行からベンチャーへと転職するケースも増えています。

資金調達や財務面に課題を抱える企業が多いため、ファイナンスの知識のある方をCFO候補等で財務担当として据えるパターンも多くあります。
このケースでは財務や資金調達、監査法人対応、管理部門構築等多岐に亘る業務を任されるケースが多いため、幅広い知識が必要となりますが、ファイナンスや財務の知識があれば大きく評価される傾向にあります。

年収は銀行と比べると大きく下がることが大半ですが、ストックオプション付与等上場時に大きなリターンが得られる可能性があることや自身の成長といったことが魅力の一つとなります。

財務関連のポジションのみならずその他のポジションでの転職も多くあります。

銀行からM&A関連企業へ転職

昨今M&Aが盛んなことからこうしたM&Aの支援を行っている企業は採用意欲がとても高い傾向にあります。

冒頭でも記載しましたが、銀行での経験は評価されるという点と、M&A業界では年収数千万円程度が期待できるため、意外と転職される方が多いです。

M&Aというと激務なイメージを持たれる方もいらっしゃるのですが、案件をインバウンド中心にとってきているところも多く、また残業もそれほど多くないところもあるため、興味のある方はお問い合わせください。

銀行から転職する際に利用するとおすすめの転職エージェント

銀行から転職する際は転職エージェント等に相談すると良いでしょう。
希望する転職先にもよりますが基本的に金融業界や会計・財務の知識のあるところに相談することをおすすめします。

エルキャリ
転職ならエルキャリ

監査法人や事業会社での勤務、起業経験を活かしたコンサルタントが会計・財務のプロフェッショナルや金融出身者の転職支援を行っています。

特に金融機関から別の領域への転職実績は豊富ですので、金融機関以外のところへ転職したいといったケースでは転職登録してみると良いでしょう。
M&A領域の転職やベンチャー企業への転職にも強く、求人も独自のものを保有しているためおすすめです。

監査法人での勤務経験もあることから会計分野・ファイナンス分野の職種の方の知見は多く持っており、銀行から転職するにあたっては転職登録してみても良いでしょう。

JACリクルートメント

JAC
JACリクルートメント

比較的ハイクラスよりの転職エージェントで、金融出身者向けの質の良い求人をたくさん持っています。

グローバル企業や外資の転職に強いので外資に興味のある方は登録してみると良いでしょう。
ただ、求人そのものは日系企業の物も多いと感じましたので、幅広で転職先を探りたいというケースでもOKかと思います。

担当してくれるエージェントの方の質も良く、紹介してもらえる求人のレベルも高くて良いので、上のクラスへとステップアップしたいとお考えの30代の経理の方が転職する際にとても良いかと思います。

なお、スキル不足の場合は求人を紹介してもらうことができないこともありますが、登録して損はないでしょう。

銀行から転職したい方向けの転職・求人情報

銀行などの金融機関での経験が活かせる求人を一部掲載いたします。
気になる方は是非ご覧ください。

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

大手上場企業やIPO準備企業等のベンチャー企業の管理部門(経理・財務・人事・労務・法務等)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門・士業としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。