東京でおすすめの会計士の転職サイト・転職エージェントまとめ

公認会計士の転職情報

公認会計士が活躍する地域の中心は東京となります。

近年地方に本社を置く企業も増えていますが、やはりまだまだグローバル企業や大手企業の本社が集まるのが東京ということもあり、会計士が在籍するのも東京というケースが大半で、出張で地方へ出向き監査、あるいはコンサルを行うというスタイルが多いかと思います。

また、案件規模が大きいのも東京で受ける案件が中心ですので、会計士として大規模なプロジェクトに関わりたいケースでは東京勤務は外せないことから、大阪等の地方都市から東京へと転職されるケースも少なからずあります。

勤務地のみならず希望する転職先の業界や現在置かれている状況によって有用な転職エージェントは変わってくるため、転職サイト・エージェントを探しているという会計士の方は是非本記事を参考にしてみてください。

※転職エージェントはおすすめ順に並んでいるわけではありません。

東京をはじめとする首都圏の転職に強いマイナビ会計士


全国対応ではありますが、東京を起点とした首都圏の求人が多い傾向にあります。
事業会社の経理やFAS等の会計系のコンサルティングの転職に強いので、必然的に東京の求人が多くなるかと思いますが、監査法人以外の転職に興味のある方が利用するのにおすすめです。
理由としては、まず豊富な求人数と転職実績があげられます。
特に事業会社の求人は大手の人材会社ということもありかなりたくさん保有しているので、様々な条件で転職先を探すことができます。
加えて、各企業の詳細にも詳しいので、情報を得るのにもとても良いでしょう。
コンサルティング会社への転職においては、財務・会計系だけではなく、戦略コンサルや総合的なコンサルティング会社の求人も保有しており、各コンサルティング会社の特徴や違いについても知ることが出来ます。
転職サポート体制も充実しており、会計士の転職先も会計業界から事業会社、コンサルまで概ね網羅していることから、もっともおすすめの転職エージェントとして紹介されることが多い傾向にあります。

マイナビ会計士を利用するのにおすすめの方

  • 応募書類や面接対策をしっかりやりたい方
  • 事業会社・コンサル・会計業界等幅広い視野で求人先を選定していきたい方
  • 会計士のキャリアに詳しいコンサルタントに転職相談したい方

最速転職HUPROのAI転職診断


データとAIを用いた転職サービスです。
東京での転職におけるおすすめとして紹介しておりますが、地方で求人を探す際もAIを利用してすぐに探せるのでおすすめです。
会計士を始めとするの会計系士業の転職に強く、お持ちのスキル・経験と希望を加味してAIと会計士の転職に詳しい専任のコンサルタントの方があなたに合う求人先を素早く紹介してくれます。
AIを用いた転職診断により、あなたの転職市場における価値判断をすることもできるため、最近利用者が増えています。

HUPROを利用するのにおすすめの方

  • 転職活動にあまり時間や手間がかけられないという方(子育て中の方や残業等で忙しい方)
  • まずはどのようなところへ転職できる可能性があるのか、自身の転職市場価値を客観的にチェックしたい方
  • ワークライフバランスや残業、休日・休暇等を重視される方

アンテロープ

基本的に東京近郊での転職が中心です。
金融やコンサルの求人が多いため東京での勤務が基本の求人が多い傾向です。
投資銀行やコンサルティングファーム等の転職に興味のある会計士の方は利用を検討してみても良いでしょう。
会計士に専門特化しているわけではなく、あくまで投資銀行等の金融、コンサルといったハイクラスな転職先へと転職する際に利用すると良い転職サイトとなります。
会計士向けの求人も多数ありますが、会計士でなければならないというわけではありませんので、利用する際はマイナビ会計士等の会計士に強い転職エージェントと併用するのがよいでしょう。
担当してくれるエージェントの方自身がハイレベルな企業での経験をお持ちな方が多かった印象です。

アンテロープを利用するのにおすすめの方

  • 投資銀行やハイレベルなコンサルへ転職すると決めている方
  • 会計士のキャリアに拘っているわけでは無い方
  • 金融業界に興味があるから話を聞いてみたいという方
  • ※若手の方や経験の浅い方は会計士向けの転職エージェントと併用した方が無難です。

VRPパートナーズ

会計士・税理士・アクチュアリー等の財務・会計・数字関係に強い方の転職支援を行っているエージェントです。
私の周りでは利用者がおらず詳細な記述は割愛させていただきますが、掲載されている情報を見る限り、会計士の転職においては一般的な会計系コンサルや会計事務所系のコンサルティング会社等の求人、保険会社の求人を取り扱っているようです。

ムービン

コンサルティング業界へと転職したい会計士の方にはおすすめの転職エージェントです。
特に戦略コンサルへと転職するケースにおいては特殊な面接(ケース面談)が行われるケースがほとんどですので、そうした分野への転職をお考えのケースでは、コンサル転職の実績が豊富なムービンさんを利用するのも良いでしょう。

ムービンを利用するのにおすすめの方

  • コンサルティング会社、特に戦略コンサル等への転職をお考えの会計士の方
  • ケース面談等の特殊な面接が発生するコンサルでの面接対策が必要な方
  • ※財務・会計系のコンサルへの転職であれば、会計士向けの転職サイトの利用の方が良いケースもありますので、コンサル1本に絞っているわけでは無い場合、会計士向けの転職エージェントと併用をおすすめします。

MS-japan


会計士を始めとする士業と経理等の管理部門への転職に強い転職エージェントです。
東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪に拠点があるので東京のみならず主要都市における転職に対応できます。
数年前に会計士の方が事業会社の経理・財務等へと転職する傾向が強くなりましたが、そうした背景もありMS-Japanさんの利用者はかなり増えたように感じました。
ただ、意外と会計事務所の求人もかなり保有してくれているため、マイナビ会計士同様に、幅広く求人先を探りたいというケースではかなりおすすめの転職エージェントです。
転職サポートを重視する人よりも、事業会社や会計事務所の求人をたくさん見たい方に合いそうな転職エージェントです。

MS-japanを利用するのにおすすめの方

  • 事業会社だけでなく会計事務所への転職にも興味のある方
  • とにかく求人をたくさん見たいとお考えの会計士の方

Rex

会計事務所含め会計業界での転職をお考えであればおすすめの転職エージェントです。
東京都の会計事務所(会計事務所系のコンサル含む)の求人はそれなりに多い印象ですが地方に目を向けると少し弱い印象です。
会計士・税理士に特化しているため、会計士資格者向けの転職先は豊富ですが、事業会社への転職においては求人の幅はそこまで広くありません。
会計士の資格を活かして新しいことにチャレンジしたいというケースよりは会計業界で働きたいという場合の利用に良いでしょう。
登録するとメールや電話等で何度も連絡が来るのですが、それを「良い」と感じた人と「しつこい」と感じたという意見の双方が出たため、相性によるでしょう。ただ、気長に転職相談にのってくれるというメリットはあります。

Rexを利用するのにおすすめの方

  • 会計業界での転職をお考えの方
  • じっくり転職転職活動をしたい方

PCP

会計士の履歴書で有名な会社ですね。
東京での転職のおすすめとして紹介していますが大阪でも実績がありますので東京・大阪にて利用することができます。
実は転職サービスについては利用したことがなくよくわからないのですが、展開しているサービス、運営者の経歴を見る限り転職相談をするのには良いと言えるでしょう。
イベントも結構行っており、そちらは面白いので転職実績はそれなりに高いのではと考えております。
保有している求人についてはよくわからないのですが、ベンチャー企業や有名どころの事業会社、会計事務所等ともつながっていることがサイト上のインタビューからもわかりますので、意外と掘り出しものの求人を保有している可能性はあります。
ただ、名前はよく聞くのですがこちらを利用して転職したという話をあまり聞かないため、念のため他の転職エージェントと併用しておくのが無難かもしれません。

PCPを利用するのにおすすめの方

  • 会計士の履歴書等PCPのサービスが好きな方

JACリクルートメント

外資系企業や英語を活かした転職をしたい場合におすすめの転職エージェントです。
外資系や語学を活かす求人は東京の物がおおくなりますので、東京の求人が多めです。
会計士じゃなければならない転職先を探すというよりは、これまでのキャリアや語学力を活かして、外資系企業の有力ポジションへと転職したいとお考えの方やグローバル企業で活躍したいとお考えの方が利用すると良いです。

JACリクルートメントを利用するのにおすすめの方

  • 外資系企業・グローバル企業への転職に興味のある会計士
  • ハイクラスポジションへの転職に興味のある会計士
  • ※はじめて転職される会計士の場合は、会計士特化型の転職サービスと併用しましょう。

クライスアンドカンパニー

ハイクラスの転職をサポートしている転職エージェントです。
会計士の転職に精通しているわけではありませんので、会計士としてのキャリアアップをお考えのケースではそれほどおすすめではありませんが、ハイクラスポジションの求人を見たいというケースにおいては利用してみても良いでしょう。
たまたま1人利用者がいたので話を聞いてみたのですが、それほど会計士の転職支援に強いわけではないものの、会計士でも良い転職先の求人はお持ちなので、監査法人以外で年収800万円以上絶対に欲しいとかそういったケースで求人サーチのために登録してみるのは良いでしょう。

ワイズアライアンス

公認会計士ナビを運営する企業なので、多くの会計士の方がご存知でしょう。
イベント等も盛んに行われており、参加者もそれなりの人数がいることから転職実績はそれなりにあるかと思われますが、私の周りではこちらを利用して転職したことがあるという方が1人もいないため、実績や具体的な求人保有については不明となります。

ジャスネットキャリア


会計士・経理・財務の転職に強みを持つ転職エージェントです。
ここまでで紹介した、MS-japanやRexと似ている印象です。
どちらかというと会計業界よりも事業会社の経理・財務の転職に強い印象を受けましたので、経理・財務・経営企画等のポジションに興味があるケースでは利用してみると良いでしょう。
また、転職相談にも定評があり、しっかり相談にのってくれるため、キャリアについてじっくり考えながら転職したい方にも良いです。
個人的にはアカウンタンツマガジンが割と好きだったので、それを読むのに登録するのもおすすめです。
活躍する会計士に焦点を当てたインタビューや各会計事務所、企業のインタビューが掲載されており、イメージが沸きやすくなります。

ジャスネットキャリアを利用するのにおすすめの方

  • 事業会社への転職に興味がある会計士の方
  • アカウンタンツマガジンを読んでみたい方
  • 転職相談を重視したい方

ビズリーチ


ビズリーチを利用している会計士の方も多いですね。
ハイクラス・年収UPの転職に興味のある会計士の方の利用が増えています。
こちらは転職エージェントサービスではなく、スカウト・ヘッドハンティングサービスとなりますので、登録しどのようなスカウトが受けられるのか試してみることで、現在の転職市場におけるあなたの立ち位置を判断するのに良い材料とすることができます。
転職エージェントではありませんので転職相談等はできませんが、ヘッドハンターからのスカウトを受けるケースでは、ヘッドハンターに相談することはできます。
注意点としては、会計士のキャリアに詳しいヘッドハンターからスカウトがえらえるわけではありませんので、会計士として活躍していくにあたっての転職相談もしたいというケースでは、他の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

ビズリーチを利用するのにおすすめの会計士

  • ハイクラスポジションへの転職に興味のある会計士
  • スカウトを待ちたい方
  • ※基本的には会計士に強い転職エージェントとの併用をおすすめします。

doda


会計士のキャリアを活かして新しい業務にチャレンジしたいとお考えのケースや企業の経理・財務等への転職をお考えであればdodaの利用も良いでしょう。
近年、会計士の資格にとらわれないキャリアを構築される方も多いため、新しいフィールドへの転職をお考えであればdoda等の総合転職エージェントを利用してみるのも良いです。
会計士の転職に特別強いわけではありませんので、会計士として転職相談がしたいのであれば、別の転職エージェントと併用するようにしましょう。

dodaを利用するのにおすすめの会計士

  • 新しいフィールドへ転職したいケース
  • 事業会社の経理・財務を中心に転職先を考えているケース
  • ※基本的には会計士に強い転職エージェントとの併用をおすすめします。

どの転職エージェントに登録すべきか?

一概にどの転職エージェントが良いとは言い切れませんが、一般的な会計士が転職する上で失敗が少ないと考えられるものをまとめますのでご参考ください。

基本的には転職エージェント選びが転職成功・失敗を分けるわけではなく、どこの転職エージェントに登録してもそれなりに問題はありません。
ただ、現在置かれている状況によって、より最適な転職エージェントというのもありますので、情報源の一つとして是非参考にしていただければ幸いです。

会計士の転職エージェントまとめ

  • マイナビ会計士
  • ※会計業界、事業会社(ベンチャーから大手、グローバル企業まで)、コンサルと会計士の転職先を幅広くカバーしており、どのような方にもおすすめです。
    転職サポートもしっかりしているので初めて転職される方が利用するのにも良いでしょう。

  • ジャスネットキャリア
  • ※事業会社の経理へ転職したいケースではおすすめです。
    転職相談もじっくりやってくれるので、相談を重視したい方の利用も良いでしょう。

  • ビズリーチ
  • ※ハイクラスの転職をお考えの方はとりあえず登録し、スカウトを待ってみてるのも良いかと思います。
    基本的に他の転職エージェントとの併用をおすすめします。

  • 最速転職HUPROの無料AI転職診断
  • ※AI等の最新テクノロジーを用いたサービスに興味のある方は利用してみても面白いでしょう。
    もちろん求人も多数保有しており、どのような求人の提案が受けられるのか、現在の市場価値を確認する上での利用もおすすめです。

  • JAC Recruitment
  • ※外資系・グローバル企業を中心に考えるケースでは登録してみましょう。
    利用に際しては、基本的に会計士の転職に強いエージェントとの併用が良いです。

転職エージェントには転職を考え始める前から登録しておいて損はない

会計士の場合、具体的に転職するかどうか決まっていない段階であったとしても、将来転職するかもしれないと少しでも思っているのであれば早めに転職エージェントサービスに登録し話を聞いておくことをおすすめします。

修了考査に合格した段階など、次のキャリアが頭をよぎる段階というのはあるかと思いますが、そうしたタイミングで会計士にはどのようなキャリアパスがあるのか、各転職先で求められる能力はなんなのか、それを理解しておくことで業務に対する姿勢も変わってくるので、成長も変わってきます。

ある程度年齢が上がってくると、監査業務経験しかない会計士の場合転職が難しくなってきてしまう転職先もありますので、まずは世の中を知るという意味でも転職エージェントサービスに登録し、情報収集してみると良いでしょう。

なお、具体的に転職活動を進めていく際は、転職エージェントだけに頼った転職活動を行うのではなく、自身でもしっかりリサーチしたり考えたりすることが重要です。
会計士が転職に失敗しないために、後悔しないために、そうした部分を踏まえた会計士の転職サイト・転職エージェントと転職に失敗しないコツという記事も記載しておりますので是非こちらもご覧ください。

«前へ
次へ»