M&A業界の転職 M&Aの仕事は激務?高年収?会計知識はなくても転職可能?

転職エージェント

現在M&A市場は活発であり、転職先候補としても人気となっています。
高年収が期待できる職種でインセンティブ要素が大きいことから、入社2年目には数千万から多いと数億円の給与を得ている方もいらっしゃり、こうした部分も人気の理由の一つとなっています。

ただ、転職を検討されている方がお持ちの不安事項として、激務、ノルマが厳しいといったものがあげられます。

そうした面も含めてM&Aコンサルタントとして転職するケースについて見ていきたいと思います。

目次

M&A仲介会社やM&Aコンサルタントとして転職される方のバックボーンについて

まず、そもそもM&A会社が募集する要件について見ていきたいと思います。

M&Aというと、営業力や財務・会計・ファイナンスの知識がないと転職できないと思っている方もいらっしゃるようですが、必ずしもそうではありません。様々なバックボーンの方が働いています。

一般的には例えば公認会計士等の財務・会計プロフェッショナルや銀行で法人営業等を行っていて経営者との折衝やファイナンスの知識を持ち合わせている方などは比較的転職しやすい傾向にあります。

ただ、例えばIT業界に特化したM&A会社では、元エンジニアやディレクターの方が活躍していたりしますし、その他の会社でも、高い営業力やコミュニケーション能力を活かして働いている方もいらっしゃいます。

M&Aアドバイザリー業務を主として行っているような企業ですと財務・会計のバックボーンが重要視され、M&Aの戦略策定から財務DD、バリュエーション、合併後のPMI等の専門性を活かした業務のため公認会計士等のプロフェッショナルが求められることが多いのですが、M&A仲介を主とした業務の場合、売り手と買い手の経営者の間に入り、交渉を行うことから高い営業力や経営者とのコミュニケーション能力が求められます。
そのため、金融機関やその他領域で高い営業実績を出して来た方や経営者との折衝に長けている方はM&A仲介を行う企業での需要はとても高い傾向にあります。

銀行などの金融機関からの転職の場合、一般事業会社へ転職すると大きく年収が下がってしまうことから、これまでのキャリア・年収という双方の視点からうまく合致するM&A仲介という業種へと転職されるケースが増えている状況です。

M&Aコンサルタントは激務なのか?

M&Aというと営業やノルマがきつく、激務というイメージをお持ちの方も多いようですが必ずしもそうとは限りません。

個人にたいしてノルマが課せられる企業等では確かに人によっては大きく負担を感じることもあるかもしれません。
ただ、最近はチームで業務を行うM&A仲介企業も多く、チームで目標達成を目指していくケースではこの限りではありません。

チームで目標を達成し、インセンティブを得ていくのでワークライフバランスを保ちつつそれなりの高年収を得ることが可能な企業もございます。

あなた自身がどのようなものを望むかによって転職先は変わってくるかと思いますので、M&Aに興味のある方は一度転職エージェントに相談してみると良いかと思います。

全くの未経験者でも20代~30代前半であればM&Aコンサルタントとして転職が可能なケースは多い

金融や会計、その他専門領域を持たない方であっても強い意欲があればM&A仲介企業へと転職することは現在のところ可能です。
基本的には20代ということが前提にはなりますが、営業力・コミュニケーション能力が優れており、営業職として高い実績が残せそうであると判断されるケースでは転職成功の可能性は割と高いです。
ただ、転職のハードルが低いというわけではなく、あくまで可能性は大きいということになりますので、面接に臨む際はなぜM&Aがやりたいのかといった動機や営業やコミュニケーション能力が優れていることをアピールできるようにしておきましょう。

M&Aの流れについて

求人票を見ると、「ソーシングからエグゼキューションまで一気通貫で行っていただきます」等と書かれているケースがあると思いますが、ソーシングとは案件の開拓から交渉までのことを指しており、また、エグゼキューションとは契約の締結などのクロージングまでを指します。

未経験の方向けにM&Aにおける一連の流れについて簡単に見ておきたいと思います。

M&A業務の流れ
・見込み案件・顧客の開拓
→かなり重要な部分で、これができるかどうかで大きく成果が変わってきます。
ただ、見込み客の獲得方法に関しては企業ごとで手法が大きく異なり、紹介やインバウンド中心のところもあります。どのようなことを求めているのかによって転職先は変わってきます。

・分析・準備(資料収集・分析、戦略・スケジュール策定など)

・マッチング

・合意書、契約書の作成代行、助言

・デューデリの実施

・クロージング、フォロー

上記はザックリとした流れになります。
基本的にM&A仲介としては案件を開拓することが課題となることが多いですので、営業力や経営者とのコミュニケーション能力がとても重要な要素となります。

M&A領域への転職に強いエージェントの紹介

最後にM&Aコンサルタントとして転職したい方向けに転職エージェントを紹介します。

エルキャリ
転職ならエルキャリ

監査法人や事業会社での勤務、起業経験を活かしたコンサルタントがM&Aに関する転職支援や財務・会計・金融出身者の転職支援を行っています。

M&Aとひとくちにいっても様々な領域があり、また、様々な業務内容が存在しています。

求職者の皆様のバックボーンによりどのような企業、どのようなポジションへ転職するのが良いのか違う傾向にあるため、財務・会計のバックグラウンドを持った知識のある転職エージェントに相談することで希望に合った転職先を紹介してもらうことが可能です。

監査法人等で培った人脈を活かした求人案件獲得も行っているため、他ではない求人も紹介してもらうことが可能です。

M&Aに興味のある方は一度相談してみると良いでしょう。

M&A業界の転職・求人

M&A仲介やアドバイザリー等M&A関連の求人を当サイトでも掲載しております。
興味のある方は是非ご覧ください。

公認会計士

【営業企画部】平均年収3千万円以上の企業 M&A提携プロジェクト支援責任者として営業部門を巻き込みながら提携先開拓

求人詳細を確認する


税理士・税務会計スタッフ

【M&Aアドバイザー(FA業務)募集/マネージャー】中規模M&A案件からベンチャーのM&Aまで多岐にわたる経験が積めます!監査法人・金融・商社出身者多数在籍!

求人詳細を確認する


税理士・税務会計スタッフ

【M&Aアドバイザー(FA業務)募集/マネージャー】中規模M&A案件からベンチャーのM&Aまで多岐にわたる経験が積めます!監査法人・金融・商社出身者多数在籍!

求人詳細を確認する


税理士・税務会計スタッフ

【M&Aアドバイザー(FA業務)募集/アソシエイト】中規模M&A案件からベンチャーのM&Aまで多岐にわたる経験が積めます!監査法人・金融・商社出身者多数在籍!

求人詳細を確認する


公認会計士

IT業界に特化したM&Aアドバイザリー(フロントオフィス)/業界未経験可の求人

求人詳細を確認する


税理士・税務会計スタッフ

IT業界に特化したM&A税務アドバイザリー(ミドルオフィス)/業界・職種未経験可の求人

求人詳細を確認する


公認会計士

【ボードメンバーとして株式を持ちながら働けるチャンス】建設×IoTで急成長中の企業の財務コントローラー(CFO/管理部長候補)の求人

求人詳細を確認する


税理士・税務会計スタッフ

【会計士/税理士/会計事務所/経理経験者】アナリスト(株式価値算定)/家庭に合わせた柔軟な働き方も可能な求人

求人詳細を確認する


税理士・税務会計スタッフ

【M&A案件審査ポジションの求人】財務・ビジネスモデルを読み解き案件クオリティー・管理を担当する求人

求人詳細を確認する


管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

大手上場企業やIPO準備企業等のベンチャー企業の管理部門(経理・財務・人事・労務・法務等)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門・士業としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。