【会計士の転職】失敗ばかりで悩み続けた経験を活かした公認会計士の転職支援

会計士の武石 公認会計士の転職情報


公認会計士の転職者数は近年増加傾向にあり、それに合わせて新設される転職エージェントの数や既存の人材紹介会社が会計士向けの転職サービスを打ち出す傾向が増えているように感じます。

ただ、一般的な職種の転職に強いところがとりあえずラインナップに加えたというケースも多く、会計士の転職やキャリアをそこまで熱心に考えているケースはそれほど多くないのが実情かとは思います。

そのため、実際に転職活動をする際は自身の転職目的に合わせて使い分けていくのが良いと思います。

そんな中、今回は、監査法人での勤務経験や起業経験をお持ちで尚且つその過程で多くの失敗を経験してきた武石氏が運営している会計士向けの転職サービス「エルキャリ」について話を伺う機会がありましたので紹介してみたいと思います。

成功体験も重要ですが、過去の失敗やチャレンジからも学べることも多いため、キャリア等に悩みのある会計士の方は転職相談してみると良いかと思いました。

失敗のキャリアと起業等のチャレンジ経験を活かした会計士の転職支援業を行っている「エルキャリ」の特徴

公認会計士の武石大介

エルキャリ代表社員
公認会計士試験合格者:武石大介氏

はじめに、同氏が公認会計士の転職支援を始めるに至るまでの道のりを見てみたいと思います。
経歴が面白く(興味深かった)、キャリアに悩む方の参考になるかもしれません。

中途半端なキャリアと失敗が転職相談に活きる

エルキャリでは同社の代表を勤める武石氏自らが、起業経験や事業会社での経理・コンサルタントとしての勤務、監査法人での業務経験を活かしたキャリア相談を行っていますが、ここに至るまでの過程は厳しいものがありました。

公認会計士試験失敗と就職

同氏は学生時代から起業したいという想いと、公認会計士として財務・会計のスペシャリストになりたいという想いの両方を持っており、始まりとしては会計士試験にチャレンジするところからとなります。

ただ、大学院に進んで公認会計士試験の勉強を行っていたものの、合格することができず断念し、一度事業会社の経理として就職することとなります。
当時は合格することができず、経済的にも精神的にも相当苦しく、尚且つ誰にも相談することができずにおり、逃げるように会計士試験勉強をやめ、何となく求人サイトで見つけた事業会社の経理に就職という選択をとることとなりました。

当時を振り返ってみると 、リーマンショックの後で国内も不景気であり、少し前の大量合格による人材飽和の状態も相まって、監査法人も超買手市場です。
公認会計士試験に合格しても就職先も見つからないなら公認会計士試験に合格しても意味もないのではないかという悲観的な心理状態に陥っていたようです。

その一方で勉強を続けて会計士試験に合格した学生時代の同期たちは、厳しい面接を通過して監査法人に就職する人がいたり、監査法人に残念ながら就職できずに事業会社に就職した人も会社内でステップアップしたり、経験を積んで転職マーケットが再び売り手市場になってから監査法人に転職したりする人もおり、不合格後であったとはいえ自身の短期的な視点に後悔したようです。

経理として働きだしてからも、頭では経理として頑張ろうと思いつつも常にモヤモヤした思いを抱えており、この先のキャリア・人生について思い悩んでいたようです。

事業会社の経理を退職し起業。しかし、、、

その後、もう一つの目標であった起業するという想いが日々大きくなり、思い切って起業を決意し、「空いている駐車場の一部を時間貸しできるサービス」を立ち上げ、自身でビジネスを展開します。

しかし、ここでも途中で断念せざるを得なくなります。
事業モデルそのものは注目され、面白かったものの、当時としてはまだ新しいサービスであったため、収益化に時間がかかり、継続していくことが難しくなったことから一度サービスを断念。

再度就職先を探すにあたり、初めて人材紹介サービスに登録。
理由としては大きく二つあり、一つは、以前の失敗を踏まえ、自分のキャリア(と言ってもなしに等しい状態でしたが、、)をキャリアコンサルタントに伝えたうえで、就職先を見つけたいと思ったこと、
二つめとして、その時点において就職するという気持ちが強かったものの、会計士試験の勉強を再開したいという想いも少しあり、第三者に相談をしたいという理由でした。

転職エージェントに言われた悔しい一言と面白い提案

転職活動を行っているなかで、ある印象深い面談が二度あったようで、
一度目は、担当してもらったエージェントの方に、就職せずに公認会計士試験の勉強を続けるか迷っていることを伝えたところ、強い口調で、「あなたはもう20代後半でしょう、そんな年で会計士試験に合格できないなら今は買い手市場でもあるし、就職先も見つからないですよ。手遅れになる前に、この会社にエントリーした方がいいですよ」と伝えられたことでした。

自分自身、エージェントが伝えたいことは頭では理解していたものの、心ではそこまで言われないといけないのかと悔しく、その後は、そのエージェントに相談することは無かったとのことです。

二度目は、別会社の転職エージェントに会った時の出来事です。
そのエージェントは武石氏のこれまでの経験を見たうえで、「公認会計士・税理士の転職支援をしつつ新規事業創出を目指している人材紹介の会社があるので、そこの会社の面接を受けてみないか?」という提案でした。

はじめは担当エージェントの提案に驚いたものの、面白いと思ったこと、誤解を恐れずに言えば、不快だったエージェントとの面談という経験を踏まえて、自分が面談をする側になる際は、相手に寄り添った面談や提案をしたいという気持ちがあり、提案された人材紹介会社の面接を受けることになりました。

そして、縁があって入社することになり、新規事業創出には残念ながら携われなかったものの、転職エージェントとして、会計士・税理士の方と面談し、一人ひとりが望むキャリアプランに沿った提案をすることが出来た時は、喜んでもらうことで自身も喜びや達成感を得ることができました。

ここでの経験は、現在転職相談事業を行っているきっかけの一つでもあります。

人材紹介会社の退職と起業、そして監査法人への就職

しかし、転職エージェントの仕事自体には満足していたものの、自分でビジネスをやりたいという想いが抑えきれなくなったことから退職し、再び事業を立ち上げることとなります。
ウエディング関連事業を展開し、結婚式の席次表を紙だけでなくWeb化して利用できるサービスを開発し、事業が回り始めます。

ただ、それと同時に、公認会計士試験に突破するという想いも捨てきれてはおらず、後悔は残したくないという想いから、同時に会計士試験の勉強も並行して進めていくこととなります。
そして、今回は見事会計士試験に合格することが出来ました。
幸い転職マーケットは超売り手市場が続いており、監査法人へもすんなり入所することが出来そうだったことから、ウエディング事業からは一度身を引くこととなります。

その後一通り監査業務を経験できたことから退所し、ウエディング事業に戻ります。
その傍らで知り合いの会計士の転職相談にのっていたようですが、自身のこれまでの経験が他の人の役にも立つと思えたことから、会計士の転職支援サービス「エルキャリ」を立ち上げ現在に至っています。

一見すると失敗が多いように見えるかもしれませんし、キャリアもグチャグチャで中途半端なように見えるかもしれませんが、遠回りしていることが、当人の魅力・強味になっており、現在に活きているように感じます。

当人は、こんな中途半端なキャリアを歩んでいる人間に転職相談したい人がいるのだろうかと最初は疑問に思ったそうです。

ただ、キャリアに悩み続けたからこそ親身に転職相談を行うことができ、他の転職エージェントとは違った価値が提供できているのだと感じました。

武石
キャリアに悩んでいる、迷っているといったケースや失敗したらどうしようといった不安を抱えているケースでは、誰かに話をしてみるということも重要です。
信頼のできる友人や先輩に相談するのも良いかと思いますが、第三者の方がかえって話しやすいということもありますし、フラットにあなたのことを見ることができるので、今まで考えつかなかった選択肢や道筋が見えてくることもあります。
ぜひ一度転職相談にお越しいただければと思います。

会計士の転職先はどのようなところがあるのか?

会計業界(会計系のコンサル等)のみならずベンチャー企業(CFO/CFO候補/経理・財務等)への転職支援や、一般事業会社の経営企画・M&Aポジション、PEファンド等への転職支援を行っています。

特にIPO準備中の企業への転職支援実績が多くなっているようです。

近年会計士の転職先は様々で、キャリアの多様性も広がっていることから、転職相談に力を入れるだけでなく、幅広い選択肢が提供できるよう会計士向けの求人を増やしているようです。

単に大量の求人だけを見たい、というケースでは大手の転職エージェントを利用した方が良いのかもしれません。
ただ、会計士としてどのようなキャリアを構築していこうか悩んでいる、なんとなく転職しようと思っているけど悩んでいる、将来独立や起業に興味があるといった方が先を見据えながら転職相談、求人応募をするには良いでしょう。

また、監査法人から転職しようかどうか悩んでいる会計士の方は多いようですが、とりあえず転職活動を始めてみようかな、情報を集めてみようかな、というケースでは意見をもらうのにちょうど良いと思います。

登録したからといって必ず転職しなければならないというわけではありませんし、基本的にスカイプ等のビデオによる面談も行っているので、気軽に転職相談できることから、一度転職の相談をしてみることをお勧めします。

税務がやりたい会計士の転職も増えている

独立等に備えて税務を経験しておきたいという会計士の方もいらっしゃいます。
このケースでは監査法人での業務経験を活かしつつ税務にチャレンジできるような税理士法人へと転職することで大きく年収を落とさずに新しいことにチャレンジ出来たりしますので、そうした悩みがある会計士の方の利用も良いでしょう。

公認会計士有資格者だけでなく試験合格者や税理士・会計事務所スタッフにも対応

税務求人の紹介も行っており、税理士や会計事務所スタッフの転職支援にも対応しています。

また、近年は国際の需要が高くなっており、会計士・税理士問わず国際にチャレンジしたい方の転職も良いでしょう。

最近は語学力にそこまで自身の無い方の転職も可能となってきており、入社の時点ではそこまで高い英語力が求められないことも多いです。

チャレンジしたいという方にはとても良い転職マーケットとなっている状況です。

公認会計士のための転職相談会

エルキャリでは公認会計士向けの個別転職相談会を定期的に実施しています。

現在は、コンサルティング会社への転職をお考えの会計士向けの転職相談会、
ベンチャー企業への転職に興味のある会計士向けの転職相談会、
会計士試験合格者(修了考査受験者向け)向けの転職相談会、
の3つを開催しています。

詳細はエルキャリの公式ページよりご確認ください。

会計士の履歴書・職務経歴書・面接対策等の事前準備が転職成功のカギ

転職をするにあたり事前の準備は非常に重要です。

転職の動機・目的の整理から始まり、履歴書や職務経歴書の作成など面倒な作業は多いです。

特に転職の動機や目的の整理は重要な事項で、なぜ転職する必要があるのかを明確にしておかないと転職後に後悔することは多いです。

エルキャリではこうした転職目的の整理から情報提供、応募書類のアドバイスまで行ってくれるため、初めて転職するという会計士の方でも安心して相談することができるでしょう。

転職Q&A

公認会計士や会計士試験勉強中の方から頂いた質問に回答してもらっています。

現状まだ数は多くありませんが、少しずつキャリアや転職に関する疑問にお答えしておりますので、気になる方は以下のコンテンツもご覧ください。

会計士資格の良さ・メリットを教えてください

2020年3月9日

公認会計士はモテますか?公認会計士試験勉強中の学生より

2020年3月9日

公認会計士試験合格者です。まだ会計士登録できない状態で転職することは可能ですか?【20代会計士試験合格者】

2020年3月9日

転職を考えていますが監査法人にいるうちにやっておいた方が良いことは何かありますか?【20代会計士】

2020年3月9日
公認会計士武石

転職事例をもとに公認会計士のキャリアパスを考えてみる

2020年3月9日
公認会計士武石

公認会計士の転職を監査法人・事業会社勤務、起業の経験者が解説!

2020年5月20日

会計士の転職「エルキャリ」のまとめ

公認会計士の転職ならエルキャリ
エルキャリでは自身の失敗体験を活かした転職相談を行っており、転職を含めてチャンレンジをしていくことの面白さや重要性についての話を聞くことができます。

ただ、だからといってむやみに転職することをすすめているわけではなく、現在置かれている状況(キャリアの視点だけでなく家庭の事情も含めて)をしっかり理解した上で、場合によっては今すぐの転職はやめた方が良いのでは?といったアドバイスも行っており、各人の状況に合わせた転職相談を行っています。

また、具体的にはIPO準備企業への転職やM&Aに係わるポジション、IPOコンサルへの転職実績が多いようですので、こうした分野に興味のある方は特に相性が良いでしょう。

他の転職エージェントとは違った目線の意見が得られるかもしれませんので、この機会に是非利用してみてください。

プロフィール
武石大介(公認会計士試験合格者)

エルキャリ合同会社 代表社員
株式会社エクスペース 代表取締役

新日本有限責任監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)退所後、ウェディング関連サービスの開発や転職・採用支援事業を手掛ける。
会計・監査で培ったスキルを活かして様々な事業を展開。
公認会計士のベンチャー企業への転職やコンサルティング会社への転職支援も行っており、起業まで含めた幅広い経験・キャリアを活かした転職相談を行っている。

■公認会計士・税理士の転職エージェントサービス「エルキャリ」
https://el-career.com/cpa/



経理・財務・CFO・IPO・M&A関連の転職に強み!
転職エージェントサービスの紹介!

上場企業の財務・経理はもちろんIPO準備企業のCFO求人や各種IPO支援を行うファーム、M&Aに係わるコンサルティング、一般事業会社の経理・財務等公認会計士がキャリアアップやキャリアチェンジを目指した転職支援を行っています。
労働環境を良くしたいとお考えの方の転職サポートももちろん行っておりますので、転職をお考えの方はお気軽にご利用ください。
«前へ
次へ»