IFRSと公認会計士の転職市場価値について!

公認会計士の転職情報


公認会計士として働く場合、「IFRS」について理解することが大切です。

IFRSの知識があれば、年収やスキルアップにも役立つでしょう。

これから、IFRSや公認会計士の転職市場についてご説明しますので、参考にしてみてください。

IFRSとは何?

IFRSとは、国際会計基準のことです。民間団体の「国際会計基準審議会」が設定しています。

2005年にEU圏で開始され、現在では110ヶ国以上で採用されており、今となってはIFRSは事実上の世界基準となっています。

IFRSは原則主義となっていて、詳しい規定や基準は定まっていません。自由度は高いですが、解釈の根拠などを示す注記が必要です。

また、資産価値の評価では貸借対照表を重視しています。

さらに、IFRSはグローバル基準で、各国の税務問題などを加味していません。定義や議論などは全て英語で行い、言語や各国の考えで異なることを防いでいます。

IFRSを導入することで、海外に子会社がある時は便利になります。子会社と指標などが同じになるため、管理がしやすくなるのです。

また、業績を把握する時も分かりやすくなります。

さらに、海外投資家がいる場合や海外で資金調達をする時に便利なのもメリットです。そのまま財務諸表が使えるため、勘違いや計算違いによるトラブルを防げます。

日本のIFRS対応の現状をチェック!

日本でIFRS任意適用が認められたのは、2010年の3月期決算時です。

その時に、強制適用も検討されました。

しかし、翌年に東日本大震災が起きたことで、国内対応を重要視する必要があり、強制適用は見送りになったのです。

その時にIFRSを適用していた企業は、約17社でした。

その後、ifrsの監視団体「モニタリングボード」のメンバーになるためには、「その国でIFRSを多く使用している」という要件が加わります。

IFRSの策定プロセスで日本の意見を発信させるためにも、任意適用の企業を増やすことが必要になりました。

このメンバー要件の追加がされたことで、適用企業の拡大が国策になります。

2012年、金融庁から「IFRSの任意適用企業の積み上げ」という方向性が発表されました。その後、政府と民間が協力して、任意適用の企業を拡大させる環境整備を進めていきます。

2015年には、日本における「修正国際基準」を公表しました。

そして、2016年にIFRSの任意適用企業が140社以上になります。

その後徐々にIFRS導入企業は増えており、知識のある人材が求められていくことになります。

公認会計士が市場価値を高めるならIFRSの知識を身につけることは必須!?理由は3つ!

公認会計士試験論文式試験でも出題されるため勉強している方が多いと思いますが、公認会計士の市場価値を高めたい場合、IFRSの知識をより深めていくと良いでしょう。

これからの業務で求められる知識であり、身に付けておくことが必要です。

IFRS導入先の業務に携わっておくとより良いかと思います。

これから、IFRSの知識を持つべき理由について簡単に見ていきたいと思います。

IFRSを導入している企業は大企業ばかりでなく中小企業でも進んでいる

日本でIFRSを取り入れているのは、大手企業が中心でした。

約3600社の上場企業の中で、約10%の企業がIFRSを導入しています。

一時のブームは去ったとはいえ、IFRS導入はまだまだ需要がありますし、内部で働く上でもスキルは重要となります。

また、近年は大企業のみならず中小企業でも進んでいます。

日本基準を採用している企業とIFRSを採用している企業の間に入り、それぞれを比較・計算する場合もあります。

IFRSの知識があれば、それらも問題なく行えるでしょう。

キャリアの選択肢も広がります。

今後IFRSによる会計を導入する企業は経験者を優遇する

IFRSの知識や経験がある公認会計士は、導入している企業や今後導入予定の企業から優遇される可能性があります。

実際にIFRSを導入しようとしている企業では、「経験者を優遇する」という求人が多いです。

つまり、年収やポジションなどの待遇で、優遇されやすくなります。

IFRSを適用する企業が増えており転職に有利になる

IFRSを適用する企業は今後も増える見込みがあり、その知識を持った公認会計士の需要も高まります。

2015年以降は毎年15社~35社の企業が導入をしていて、今後も導入企業は増えていくでしょう。

その際に、IFRSの知識を持った人が求められるのです。

つまり、転職を検討している場合、IFRSの知識があれば選択肢は広がります。優遇された条件で働ける可能性もあり、年収アップやスキルアップをすることが可能です。

IFRSの知識を身につけて公認会計士としての転職市場価値を高めよう!

IFRSの知識やスキルを持った公認会計士は、今後も求められる人材として需要があります。

導入を予定している企業からは優遇されやすく、年収アップも見込めるでしょう。転職でも有利になり、IFRS関連の求人も増えているのです。

公認会計士試験でもIFRSに関する出題はありますが、実務レベルで経験を積んでおくと良いでしょう。



経理・財務・CFO・IPO・M&A関連の転職に強み!
転職エージェントサービスの紹介!

上場企業の財務・経理はもちろんIPO準備企業のCFO求人や各種IPO支援を行うファーム、M&Aに係わるコンサルティング、一般事業会社の経理・財務等公認会計士がキャリアアップやキャリアチェンジを目指した転職支援を行っています。
労働環境を良くしたいとお考えの方の転職サポートももちろん行っておりますので、転職をお考えの方はお気軽にご利用ください。
«前へ
次へ»