会計士の企業再生コンサルティングファームへの転職

再生分野に興味を持つ会計士の方が多い一方、
企業再生等の業務をやっている会計士から、もっと未来を創る仕事がやりたい、ということで再生分野から別の道を探る会計士も多いです。
再生コンサルからベンチャーのCFOへと転職される方も多いです。

何かしら問題(財務面等において)を抱えた企業を相手に仕事をすることになるので、嫌な思いや暗い気持ちになることもあるのは確かです。
そんな企業再生分野のコンサルファームへと会計士が転職した場合、どのような仕事をしてどのようなキャリアがあるのでしょうか。

会計士が企業再生をしたい場合どのような転職先があるのか?

再生といってもその中で様々な分類があります。
資金繰りや財務改善等をメインに行うようなものもあれば、法律的な観点から再生支援を行うようなファームもあります。
財務やファイナンス面のみならず、経営戦略、マーケティング戦略等も含めて総合的な再生支援を行っているコンサルティングファームもあります。
同じ再生といっても、どこに転職するかによって、経験できる業務や身につくスキルは異なるケースがあるので注意が必要です。

総合型のコンサルティングファームで再生業務を行う

総合型のコンサルファームでは、文字通り総合的に経営全般を支援し再生へと導きます。
会計士だけではなく、その他のジャンルのプロフェッショナルの方々と業務を進めていくことになるので刺激になります。

ただし、こうした総合型のコンサルファームでは再生案件ばかりやっているわけではありませんので、企業再生をメインにその他の案件にも興味があるという場合には良いでしょう。

最近ではコンサルティングという形態をとらず、経営権を取得して企業再生に取り組むハンズオン型のファーム等も多くなっています。
ハンズオン型のコンサルティングファームで会計士の方が興味を持つ転職先の一つに経営共創基盤などがありますが、こうしたファームへといくことができれば、財務やファイナンスのみならずマーケティング等も含めた全体戦略を経験することができるので、
会計士として大きくパワーアップできるかと思います。

ただ絵を描くだけのコンサルは求められなくなってきており、ハンズオンで支援できる専門領域を持った人材のニーズが高いように感じています。

なお、会計士がコンサルティングファームへと転職される場合は、必ず転職エージェント等を活用するべきでしょう。
選考のハードルは比較的高く、ケース面談等が行われることもあるため、
専用の対策をしておくことで面接突破の確率が高まります。

その際はマイナビ会計士会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』の利用がおすすめです。
ビズリーチはエージェントサービスではありませんが、ヘッドハンターの方などからいろいろ情報が聞けますので、コンサルへの転職ということであればおすすめです。

FAS系コンサルティングファームへ転職

企業再生の分野では会計士がもっとも転職しやすい分野になるでしょう。
財務リストラや再生計画など財務面からの再生をメインの業務としている傾向が強いため、会計士の方でも業務に入っていきやすいことから、とりあえずコンサルやりたいという方がよく転職する先となっています。

採用ニーズは時代の流れとともに変化しているのが常ですが、最近では、再生に関連したM&Aエグゼキューションができる人、もしくは興味のある人の採用も多いです。
エグゼキューションのフェーズでは、単に財務・会計のスキルのみならず各専門家の方と一緒に業務を遂行する必要があるため、高いコミュニケーション能力も必要となります。
会計士がコンサルへ転職した際に、ひらすらデューデリばっかりというケースもあるのですが、
大きく成長したい方は、こうしたコミュニケーションが必要になるところで頑張ってもらいたいものです。

なお、FASというとBig4系を思い浮かべる方が多いかと思いますが、
独立系のFASや少数精鋭でやっているFASまで様々ありますので、どのような仕事がしていきたいのか、
クライアントの規模はどのようなところを相手にしたいのかによって転職先は変わってきます。

M&Aや再生コンサルの次にPEファンドや事業会社のCFOへと転職する会計士は多い

M&Aや再生コンサルで培ったスキルはこの先大きく活かすことができます。
よくあるキャリアとしては、事業会社やベンチャー企業のCFOへと転職されるケースです。
再生コンサルでは単に評価や調査を行うだけではなく、各当事者が納得いくようにまとめていく必要があることから、
コミュニケーション能力はもちろん問題解決力が身に付きます。
その他ビジネスセンスそのものが重要となる業務であるため、非常にハードでレベルが高くならないと務まらない業務であることから、
こうした現場で身につけたスキルはこの先のキャリアを大きく広げてくれます。

そのため、先々ベンチャーのCFOをやってみたいという方などもチャレンジしておくと良いでしょう。

会計士が再生やM&A等のコンサルに転職するにはどうすればいい?

こうしたファームでは会計士だけが活躍しているフィールドではありません。
ただ、財務・会計の専門スキルというバックボーンを持っていることは大きなアドバンテージになります。
実際に監査法人から再生コンサルタントへと転職し活躍しているケースは多いので、
あなたの周りにもロールモデルとなる人物は何人かいるのではないでしょうか?

そのため、転職すること自体は簡単ではありませんが、それほど難しいものでもありません。

転職先のファームにもよりますが、一般の企業では行われない特殊な面接が実施されるケースもあるので、
コンサルティングファームへの転職をご検討であればエージェントやヘッドハンターから必ず情報収集してください。
冒頭の方で紹介しましたが、
マイナビ会計士では最近コンサルティングファームへの転職実績もかなり豊富であり、転職サポートも手厚くなってきているので、現時点ではかなりおすすめのエージェントです。

その他、会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』の利用もおすすめですが、こちらはある程度キャリアがある方が利用した方がうまくいくケースが多いです。
スカウト型の転職サービスなので、自身での見極めも必要になってくることから、たくさんスカウトは来るけど結局よくわからないということになりかねないので、はじめて転職されるケース等においては、エージェントとの併用が良いでしょう。

とりあえず、上記2つ利用しておけば問題はないかと思います。

ただ、相性もありますので、上記で紹介したエージェントと相性が合わなさそうなのであれば、別のところも検討してください。
以下に転職エージェントを紹介した記事もありますので、その際にはご参考ください。

公認会計士におすすめの転職エージェントは?転職先ごとにエージェントを使い分けよう

2018.09.09

転職をご検討中の方へ

転職をお考えの士業の方や管理部門で勤務されている方に向けて、おすすめの転職サイトや転職エージェントに関する情報を紹介しています。 特に士業の方や士業事務所にて勤務されている方の場合、キャリアは独特な方も多いので、転職先の業界や職種ごとに転職エージェントは使い分けた方が良いでしょう。 そうした情報を紹介していますので是非ご覧ください。

資格取得を目指している方へ

公認会計士や税理士、社会保険労務士、司法書士、弁理士などの資格を目指している方、もしくはこれから目指そうとしている方向けに、資格取得に役立つ情報やおすすめの勉強サイト・サービスなどを紹介していますので、是非ご覧ください。