会計士の転職において英語は必要?転職先ごとに見てみよう

公認会計士の転職お役立ち情報

転職に際して英語はできたほうがいいのか?英語力は評価されるのか?と悩む会計士の方も多いかと思います。
転職できるかどうか、という視点でいくと英語ができなくても会計士の転職先はたくさんあります。
むしろ英語を必須とする求人の方が少ないです。
Big4系FASへの転職でも、現在では国内の業務も多いため、英語力がなくても転職すること自体は可能です(ただし、入社後は英語の勉強はしてほしいと思っているようです)。

そのため、一見英語が必要と思われる転職先であっても、現時点で英語が苦手でも転職自体は可能な状況も多くなっていることから、英語力はなくても転職はできるでしょう。

しかし、当然ことながらグローバル企業で活躍したいとお考えの方や、
年収UP、ハイクラスポジションへの転職をお考えの会計士の方の場合、英語力は求められることが多いです。
ここでは、そんな会計士の転職と英語力に関して見ていきたいと思います。

会計士が監査の次のキャリアとしてFAS業界への転職を考えた際には英語はできた方が良いが、高いレベルでなくても大丈夫

本サイトでも会計士の転職先としてFASが人気であるということには触れていますが、
現在の転職市況ではFASへの転職に際して英語力がなくても大丈夫なケースが増えています。
理由としては、他の記事でも記載しているとおり、国内関連の業務が多くなっているからです。

そのため、現時点で高い英語力を擁していなくてもFASへの転職は可能です。
英語はいま勉強中だ、という方で、FASへの転職をお考えの会計士は売り手市場が続いている今のうちに転職しておくのも良いでしょう。勉強中であることが一程度評価されます。

ただ、やはり英語力が高い会計士の方が受けが良いです。国際的なM&A案件も多く、FASへの転職を希望される方はこうした業務に興味がある方が多いかと思いますが、やはり英語ができた方が経験できる業務の幅は広いでしょう。
あくまで、国内業務があるから英語がそこまで得意じゃなくても良いのであって、本来的には英語ができた方が良いと考えています。
そのため、英語への意識は持っている、という前提において、現時点で英語が得意でなくても転職は可能という認識でいてもらえればと思います。

割と短期間で英語力を伸ばす会計士の方も多いです。
英語の勉強に役立つサイトやツール等も紹介していますので、興味のある方は下記をご覧ください。
TOEIC700点くらいあるのが望ましいのですが、そのくらいの点数であれば誰でも数カ月の勉強で十分とれます。実際に私は400点台から700点まで半年であがりました。思いのほか時間かかりましたけど、もうちょっと勉強時間しっかりとればもっと短期間でいけると思います。特に会計士であれば学歴が高い方も多く、大学受験の時に偏差値60以上あった方が多いのではないのでしょうか?
私の場合偏差値50程度でしたので、それでも十分いけました。
ちなみに、全然しゃべれません。あくまでTOEICで点数とることを意識して取り組んだからです。
それでも英語に対する意識があることは一定度評価されました。

会計士・税理士に英語は必要?英語を勉強するのにおすすめのwebサイト12選

2018年9月22日
また、FASに興味のある方は合わせて以下もご確認ください。

公認会計士の転職で人気のFAS業界とは?

2018年4月24日

大手上場企業や総合商社に転職したい会計士は英語力が必要

大手上場企業に転職したい会計士も多いのですが、
商社に転職したいという会計士は意外と多いです。

理由は様々ですが、英語力という点で行くと、TOEIC700点以上は最低ラインとしてほしいところです。
逆に、TOEICのスコアがこれ以下の場合、書類選考で落ちる可能性が高いです。
TOEIC受けていなくてもその他に留学などの英語力を証明するものがあれば大丈夫です。
ただ、念のためTOEICあるいはTOEFLなど英語力を証明する試験は受けておいた方が良いでしょう。

こうした企業では、海外連結や海外子会社の管理、IFRS対応など比較的業務難易度が高いものが多いです。
そのため、FASと違って入社の時点で高い英語力が要求されます。

なので、こうしたグローバル企業や総合商社へと転職をお考えの会計士は、英語力は必須です。
そのため、こうした先に転職をお考えの会計士は英語のスキルを伸ばしておく必要があります。

ベンチャー企業のCFOや経営企画などのポジションに転職する場合英語は必要?

多くの場合、英語力は求められません。
ベンチャー企業のCFOになりたい場合、英語の勉強するよりは、会計士としてのスキルに加えて、
ビジネスへの理解、マーケティング力、人脈構成などが重要になるかと思います。
もちろん市場が海外というケースは別ですが、一般的に英語力は求められません。

会計士が転職の際に英語は大きな武器になるが必須ではない。何がしたいか次第です。

英語ができることでキャリアに幅がでることは間違いありません。
グローバル化の流れが進んでいるので、これは会計士に限らずどの職種でも同じです。

しかし、まず考えてほしいのはあなたが何をやりたいのか、ということです。

本質的にはそこから逆算してあなたに必要なスキルを磨いていくべきでしょう。

あなたが考えるキャリアに英語が必須なのかどうか、どの程度のレベルが求められるのかもっと詳細に知りたいという方もいるかと思いますが、そうした方は転職エージェント等から情報収集してみても良いかと思います。

仕事内容によるところもありますが、企業ごとで求められる英語力は違ってくるため、
もし目指す企業があるのであれば、早いうちにどの程度のレベルが必要になるのか情報収集を行い、
そこに向かってスキルを磨くのが良いでしょう。

おすすめの転職サイト2つ
最速転職HUPROの無料AI転職診断
※転職活動のための時間が割けない、転職エージェントと会って話をするのは面倒と感じている方に良いでしょう。
AIと膨大なデータを活用してあなたにマッチする最適な求人の提案をしてくれます。テクノロジーを活用し転職の面倒な部分の最適化を目指しているので、軽い負担で情報収集ができます。
英語力が必要となるコンサルから事業会社まで幅広くマッチする求人の提案が受けられますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

マイナビ会計士
※大手総合型の転職エージェントということもあり、事業会社と会計士向けコンサルの求人が豊富です。
英語を活かした転職だと商社を検討される方もいるかと思いますが、そうした転職難易度が比較的高めの転職先へ行くケースでも面接対策等がしっかり行われているので、安心して利用することができるでしょう。