年収が落ちる?税務を経験したい公認会計士の会計事務所・税理士法人への転職

税務がやりたいということで会計事務所・税理士法人への転職を視野に入れる公認会計士の方は結構多いです。

自身の事務所を開くなど将来独立を検討しているケースでは税務が出来るかどうかで顧客の取りやすさが大きく変わってくるので税務経験を積むべく会計事務所(少数精鋭等)への転職を希望される会計士の方も少なくありません。

また、最近は税理士登録するにあたり、税理士試験を突破するよりも会計士試験突破を目指す方が時間的な効率が良いということで修了考査に合格して公認会計士登録できる段階になったら税務へと移行する人も少数ですがいらっしゃいます。

いずれのケースにせよ、基本的に会計士が税務を経験するためには会計事務所へ転職する必要がありますが、ここでは会計士が会計事務所・税理士法人へ転職する際の注意点やポイントなんかを簡単に紹介します。

税務未経験なので年収はかなり落ちる?

ほとんどの方が監査法人からの会計事務所・税理士法人への転職というケースになろうかと思いますが、基本的には年収は大きく落ちると思っておいた方が良いです。

というのも税務未経験者を会計事務所側が採用するメリットはほぼありません。
むしろ一から教えないといけないこと等を考慮して戦力化するまでを考えると高い年収はあげられないというのが多くの事務所の本音です。

また、会計士の年収が最も高くなる職場(会社員としての)というのは基本的には監査法人となります。

そうした視点で見ても年収は落ちると言わざるを得ないでしょう。

ただし、税務も行っているけどグループとして監査や会計コンサルも行っているという税理士法人系列のグループ企業的な企業も存在しており、そうしたところであれば、規模の大小問わず年収を大きく落とさずに税務の経験ができるケースもあります。

業務の4割が税務、6割が会計士としての知見が活かせる会計コンサルといった形で業務に入っていき、徐々に税務の比重を増やしていくといったようなことが可能なところも無いことはないので、そうしたところへ転職できれば、年収面では助かるでしょう。

ただ、過去数年にわたった続いた転職市場における超々売り手市場は終わっており、どちらかと言えば未経験者ではなく経験者が欲しい求人が現在の主流と言うことも有り、転職するタイミングによってはベストマッチする求人が無いケース等も考えられます。

なので、転職エージェントに登録して、税務やりたい旨を伝えて、ちょうど良い求人がある時に転職をするなどタイミングを見計らう必要はあるでしょう。

税務がやりたい会計士の場合はMS-Japanが会計事務所・税理士法人の求人が豊富でそれでいて会計士に詳しいのでおすすめです。
会計業界では恐らく実績トップクラスなのと転職支援の歴史はかなり古いので老舗から新興事務所まで幅広くカバーしてくれています。

その他、古い税理士先生の中には会計士が税理士登録して税務をやることを良くないと思っている方も少なくないので、受ける事務所を選択ミスすると面倒ですので、そういった視点でもエージェントから情報取得しておいた方が良いでしょう。

転職活動をするにあたり会計士であるあなたがなぜ税務をやろうと思ったのかの動機は明確にしておいた方が良い

表題の意味合いとしては2つ視点があり、一つは転職活動を突破するための志望動機としての意味合い、二つ目は先々のキャリアを構築していくにあたりどこを目指して税務がやりたいのかは押さえておかないと痛い目を見るという側面があります。

独立に備えて税務がやりたいということであればそれはそれで構いませんが、一方で転職活動の際にそれを正直に話してしまうとマイナスに働くケースも多いため、あなたが面接をうける事務所の傾向がどうなのかを見極めて「動機」を検討する必要があります。

将来独立を考えている方ウェルカムみたいな事務所であれば問題ないケースもありますが、独立すること前提の人にわざわざ仕事を教えたくないという方も実際問題多いので、ケースごとで動機はしっかり考える必要があります。

また、キャリアの視点で見ると、先ほどの独立という視点もありますが、例えば将来大手企業の中で国際にかかわる分野に関わっていくことも視野に入れているというケースであればそれに即した事務所へ転職する必要がありますし、一方でIPO支援等のベンチャー界隈で活躍していくにあたっての税務みたいなところであれば、そうした支援を得意とする事務所で経験を積む必要があります。

上記は一例ですが、なぜ税務なのか、税務を経験して何をしたいのかによりマッチする転職先が変わってくることも視野に入れておきましょう。

こうした部分の整理・棚卸という意味でも会計士向け転職エージェントに相談しておくのは良いかと思います。

会計士が税務を経験すべく会計事務所への転職をする際の注意点まとめ

簡単ではありますが、会計士が税務を経験するために税理士事務所へ転職する際の注意事項等を記載させていただきました。

一番多いのは将来の独立を視野に入れてというケースかと思いますが、単に税務実務が出来ればよいというわけではなく、一番問題になるのが顧客獲得と顧客の維持(満足度上昇)となります。

そうした視点でもしっかり学べそうな規模感の事務所が個人的には良いかなと思います。

会計士の方でありがちなのが、実務スキルばかりに目が行き顧客対応(提案力や顧客グリップ力など)が疎かでうまくいかないケースは正直ありますので、そこまで見越しておくと良いかと思います。

税務実務スキルと経験がつめて、年収があまり落ちず、それでいて将来の独立に役立つ会計事務所へ転職できればかなり良いと言えるでしょう。

公認会計士の税務を経験するための転職まとめ
  • 年収が落ちる可能性が高いが、会計士としての業務経験を活かしつつ税務ができる転職先であれば大きく年収を落とさずに済む
  • 以前までの超超売り手市場と比べると求人は見つけにくくなっているため、マッチする転職先が見つかるようにエージェントに早めに相談しておくと良い(今でも会計業界は売り手有利です)
  • 転職エージェント利用を考えているならMS-Japanが税務領域に強く、会計士の会計事務所への転職実績も高いのでおすすめ
  • なぜ税務なのか、その目的・動機を整理しておくと良い。整理にあたっては、転職活動における面接突破等の視点とキャリアの視点があるが双方ともにエージェントに相談することで良い意見がもらえるケースも多い。
  • 独立に備えての税務経験であれば、顧客とのかかわり方などもしっかり学んでおく必要があり、実務面よりもそちらで失敗する会計士が多いので転職先選びは重要です

会計士の転職サポートの手厚さは業界トップクラス!

マイナビ会計士の転職サポートの手厚さは業界でもトップクラスです。

徹底した面接・職務経歴書対策が受けられるので、転職活動に不安を感じている方でも安心することができます。

忙しいあなたのための最速転職HUPROの転職サービス!

最速転職HUPROなら効率的にあなただけのあなたにマッチした求人を見つけることができます。 AI(人工知能)と専任のエージェントが手間なく・速くて効果的な転職活動をサポート!会員登録(無料)後、最速転職診断等のAIを活用した転職サービスも利用できます。

ABOUT US

株式会社インテグラルベース 士業Job運営事務局編集部
会計士・税理士等の士業の転職支援に精通したメンバーが執筆・監修しています。また、記事は内容によって公認会計士資格者・税理士資格者等の国家資格者や監査法人・会計事務所での勤務経験のあるメンバー等に執筆・監修をお願いしています。 一般的な職種の転職とは異なり、各資格ごと、各士業事務所ごとで転職事情やキャリアパス、志向性が大きく異なっており、士業が事業会社の経理や人事等の管理部門への転職を希望されるケースも多いことから、士業事務所領域だけでなく幅広い視点でのキャリアについての解説を行っています。
執筆者・運営者情報詳細を見る