子育て育児休暇の後に経理職への転職するのは難しいのか?成功させる秘訣について

経理・財務の転職お役立ち情報

家庭を支える女性にとって、子育ての時間は時に仕事より大切な時間へと変わります。育児休暇を十分に取得して子供と一緒の時間を過ごした後は、元の企業に復帰したり、経理職に転職したいという人も多いことでしょう。

今回は、育児休暇を終えた女性が、再び経理職に就くことができるのか、調べてみました。命を授かり、人として成長を遂げようとしている人は是非、参考にしてください。

子育てのための育児休暇を終えたママは経理職に転職しやすいのか

子育てのために育児休暇を取得していた女性には経理職への転職の道が開かれているのでしょうか。その可能性があるのかという点から、有利に転職できるようにするための流れを一通り確認しておきましょう。

経理業務はどの企業でも似ているため転職の可能性は十分にある

経理職の募集が十分にあるかという観点では特に心配ありません。どの企業でも経理業務は必要数の人材を確保して正確に行わなければならず、需要が絶えてしまう心配はないからです。

また、業種が違ったとしても経理業務の内容は類似しているので、すぐに現場に慣れることができるでしょう。その点は採用側も理解しているので経理の経験があれば転職の可能性は高いと言えます。

決算業務などをこなせる高いスキルを保有しておけば転職の確率は飛躍的に上がる

経理の中途採用は主に即戦力を求めるものとなっています。ただ経理の知識があるだけでなく、経理業務の中でも一つでも強みを持っていると転職の成功率は飛躍的に向上するでしょう。決算業務などのレベルの高い業務をこなせるスキルがあるのであれば、あなたを求めている企業はきっと多く存在することでしょう。

託児所のある企業への転職を狙うことで育児と仕事がやりやすくなる

育児休暇が終わった直後の場合はまだ子育ての必要がかなり高い時期です。そんな状況でも十分に仕事に集中できる環境を整えるためには、育児支援制度が整っている企業を選んで転職するのが重要になります。

社内託児所がある企業が大手を中心として増えてきているので転職のときには候補に挙げておきましょう。転職しても仕事がまともにできずに退職してしまうようなリスクを低減させるために欠かせないポイントです。

 

繁忙期は必要に応じて家族に子育てを支えてもらうことも大切

経理職は年度末などにはかなり忙しくなってしまい、残業ばかりになってしまうことも少なくありません。社内託児所がある企業に転職できたとしても、その営業時間内に仕事を終えられない時期があってもおかしくはないでしょう。

それでも働き続けられるようにするには企業からの育児支援を最大限に利用するだけでなく、家族の協力を得ることも大切です。子育ては家族全員で行っていくものだというのをパートナーにも理解してもらうのが重要になります。

 

子育てのための育児休暇中も可能であればスキルアップを目指しておく

育児休暇中は子育てに一辺倒になってしまいがちですが、その後に経理職で働こうと思っているならスキルアップを目指すのが大切です。転職するときには特に強みにできるポイントなので前向きに取り組みましょう。

社会人に戻った時にきちんと仕事ができるよう勉強しておくことは大切

育児休暇が仮に一年だったとすると社会人としてのブランクが一年間生じてしまうことになります。ブランクがあると仕事のやり方も忘れてしまうことが多く、培ってきた知識やスキルも思い出せなくなってしまい、ルーチンでできていたタスクも慎重にやらないとこなせなくなることもあるでしょう。

育児休暇で仕事から一度離れてしまった人は、会社の業務にちなんだ復習を行いながら、スキルアップができれば転職時のアピールポイントになりますよ。

可能であれば新たな資格取得や知識を身に着けておく

スキルを維持できるように勉強するのも悪い考え方ではありません。しかし、それは最低限だと考え、前向きにスキルアップに取り組むのが転職を成功させる秘訣です。

新しい資格を取得したり、今まで持っていなかったスキルやその周辺の知識を習得することにより、育児休暇中に能力を高めたと示せるように努力しましょう。

子育てのための育児休暇中の上手な経理の勉強法

子育てをしているとどうしても勉強する時間を確保できないという問題に直面してしまいます。ただ、時間は作るものだと考え、効率的な方法を選びながら着実に学んでいくことが転職を成功させることにつながります。その有用な考え方や方法を一通り把握しておきましょう。

通信教育を上手に利用しよう

勉強方法で悩んだときには通信教育を使うのが最も簡便なやり方です。自宅で隙間時間に少しずつ学べるだけでなく、定期的に試験を受けて送付する必要が生じるので試験本番を想定した勉強もできます。

簿記検定などのように経理業務に直結するものから、税務や人事などの関連性のある仕事に関するものまであるので、自分なりのキャリアパスを考えて適切なものに申し込みましょう。

おすすめの参考書・問題集を活用して勉強を

インターネットなどを使って情報を集めてみれば経理業務について詳しく学べる参考書や、関連する資格を取得するのに役に立つ参考書はたくさん紹介されています。通信教育を使わずとも、自分に合っている教材を選び出して使っても良いでしょう。自分のペースで学んでいきたい人にはうってつけの方法です。

開いた時間を上手に活用できるようになろう

時間の有効活用は子育てと勉強を両立させる上で欠かせないポイントです。ちょっと時間があったときに参考書を読んだり、いくつかの問題を解いてみたりする習慣を作るだけでも着実に成長を遂げることができます。

子供が眠ったタイミングをねらい目に、参考書を読んでいけば、少しづつ知識は身についていくことでしょう。お昼寝などの機会を上手に勉強に当ててみてください。

夫や家族に育児をお願いして勉強の時間を確保する

子供の様子によっては本当に手を離すことができない場合もあります。お昼寝の時間に他の家事をしなければならないこともあるでしょう。それでもやはり、何とかして勉強の時間を作りたいと思ったら、重要になるのは家族の支えです。

夫や両親などに相談して子供の面倒を見てもらいましょう。育児が落ち着いたら経理職で働きたい、転職して仕事と家庭を両立させたいという意志を伝えれば、きっと協力的に育児に参画してくれます。育児中に勉強したいと思うなら必ず家族からの理解を得るようにしましょう。

 

とても忙しい育児休暇に無理はしないように注意しよう

育児休暇が終わってから経理職として転職するのは難しいことではありませんが、戦力として認められるような実績や資格などがないと、受け入れてくれる企業が少ないのは確かです。

子育てによるブランクが問題にならないようにしつつ、その時間を上手に使ってスキルアップを図りましょう。その能力向上の結果が企業のニーズにマッチすれば転職を成功させられます。

現在子育て等に負われて転職活動が難しい方におすすめの経理向けの転職サイト

子育てに入る前に経理で働いていたという方や簿記3級、2級を持っていて経理として転職したいけど、家庭の時間もあるし、なかなか転職活動の時間がとれないという方もいらっしゃるかと思います。

最近では、そうしたなかなか時間がとれない方向けの転職サービスも充実してきていますので、もし現在転職をお考えでしたら一度利用を検討してみてはいかがでしょうか?

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

経理・財務・税務・会計分野の転職に強い転職サイトです。

サイト名に「最速」とついている通り、独自の技術(AI)と膨大なデータを用いて超スピーディーに希望にマッチする求人の提案が受けられます。応募から内定まで最短で12時間ととてもスピーディーに転職活動が行えます。

単にAIによる求人の提案を行うだけでなく、経理の転職に精通したエージェントに相談することもできるため、ミスマッチの無い転職が実現できるでしょう。

転職活動にかかる手間や無駄を大きく削減できるため、忙しくてなかなか転職活動に割ける時間がないという方や子育て等で転職活動の時間がとり難いという方の利用にもおすすめです。

テクノロジーと人をうまく融合させた転職サービスということもあり、実績も上がってきておりますのでこの機会に是非利用してみてはいかがでしょうか。


その他経理向けの転職サイト・転職エージェントに興味があるという方は以下もご参照ください。

経理・財務に強い転職サイト・転職エージェントは?転職で失敗しないために

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

大手上場企業やIPO準備企業等のベンチャー企業の管理部門(経理・財務・人事・労務・法務等)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門・士業としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。