後から転職してくる人の方が年収が高くて不満です 公認会計士・税理士の転職

最近、特に、会計事務所に勤務する税理士の方からお話を頂くのですが、
後から入社してくる社員の方が年収が高く、とても不満であるという声をよく聞きます。
ひょんなことから、同僚や後輩、先輩の給料を知ってしまうことも多いようです。

実際に同じ業界内やこれまでスキルを活かす形での転職であれば、大半の方が年収をUPさせて転職しています。
そのため、元々働いている社員より年収が高くなるという傾向は税理士に限らずどの業界でも実は起きている現象です。
そうしたことは、ネットなどの情報からもわかってしまうのでしょう。

これまで長くその企業のために働いてきた社員にとっては、納得のいかないことも多いかと思います。
ここでは、そうしたことも踏まえた転職マーケットに関して解説します。

採用側はとにかく人手が足りないので現年収より高めに年収を提示する

現在の転職マーケットでは、税理士・公認会計士に限らず、多くの方が年収UPを実現しています。
もちろん、自身の経験が浅い分野や未経験の業界に飛び込むのであればこの限りではありませんが、
同じような業界でこれまでのスキルを活かした仕事をする場合、公認会計士・税理士を必要とする企業や会計事務所は多いので、転職により年収が上がる方が多いのが現状です。

転職者も複数の内定をとることも多いため、最終的に年収等の条件面が内定承諾の決め手になることも多いことから、採用側としては年収を高めに提示せざるを得ないという状況があります。

そういう事情もあり、高いスキルを持った人材だけではなく、割と一般的な能力の方でも年収を上げて転職できる傾向があるのです。

一時的な年収の違いに惑わされる必要はない。整合性はとっている

ただ、そうは言っても、後から入ってきた人ばかり高い年収という状況を採用側も良しとしているわけではありません。
多くの企業や会計事務所では、優秀な人材に辞められては困りますので、給与改定時や賞与等で必ず調整は行っているはずです。
後から入ってきた方の方が一時的に年収が高かったとしても、基本的に昇給や昇格はその企業の人事評価制度の範囲で行っていますので、あなたの能力が確かな物であれば、数年以内に調整されるはずです。
逆に言えば、転職により一時的に年収は上げることはできますが、結局のところそもそもの実力が備わっていなければ、その後の昇給はどこの企業に行っても見込めませんので、一時的なものに惑わされるのではなく、スキルを磨き、自身の能力を高くすることに目を向けましょう。

すべての企業がきちんと給与体系を整備しているわけではない

ただし、会計事務所の場合、給与体系や人事評価制度が整備されていないところも多いです。
大手税理士法人やBig4監査法人などは当然しっかり整っていますが、中小規模の記帳業務等を中心としたいわゆる普通の会計事務所ですと、残念ながら適当なところも実際多いです。
実際に転職理由として、正当に評価されていない、そもそも評価制度や給与体系が不明等を上げる方も多いです。

そのため、そうした事務所にお勤めの方は、まず年収の相場観を理解し、適正な給与が貰えるように転職活動をしてみるのも良いでしょう。転職活動の結果、意外と自分は恵まれた環境で仕事をしていた、と気が付けることもあるので、転職ありきではなく、世の中を知るために転職活動をしてみるのも良いです。
転職市場を知るには、会計士・税理士の転職に強いエージェントを活用すると便利です。

年収が気になるなら転職エージェントに市場動向を聞いてみよう

後から入社した人の方が年収が高いというケースが比較的多くなっていることからわかるように、それなりにキャリアを積んでいる方であれば、今の市況であれば転職による年収UPはそれほど難しくありません。
転職を機に年収をアップさせ、さらに期待値が高まっているうちに転職先で結果を残し、キャリアを伸ばしていく方も少なくありません。
一方で、転職活動の結果、現在の自身の評価は正当だった、あるいは期待されていたんだとわかることもあります。
不満から転職活動を始めたものの、いろいろ知ることで思いとどまる方もいます。
そのため、一人で悩むのではなく、第三者や外部の友人などにも相談し、幅広い視点で検討されるのが良いでしょう。
ここでは、会計士や税理士の転職に詳しい転職エージェントを一部紹介します。

マイナビ会計士
マイナビブランドということで、知らない方はいないかと思います。
大手ということもあり、利用者も多いことから最近の転職マーケットや年収事例も豊富に持ち合わせているでしょう。

ジャスネットキャリア
会計士・税理士の転職には非常に強いです。一人ひとりのキャリアステージや状況に応じてレベルの高い転職相談が受けられるのが特徴で、転職ありきではなく、キャリア全体を俯瞰したサポートが受けたい方にお勧めです。
古くから会計士や税理士の転職支援を行っているため、蓄積されたデータを基に、年収事例なども聞くことができるのではないでしょうか。
また、アカウンタンツマガジンという冊子を登録者向けに発行していますが、ここでは、企業のCFOとして活躍する会計士のキャリア感や会計業界で活躍する会計士に焦点を当てた記事を読むことができるのでとても参考になります。
アカウンタンツマガジンは今後のキャリアを考えるうえでもとても参考になるので、これのためだけに登録する公認会計士もいるくらいとても参考になる冊子なので、これだけでも登録する価値はあります。



MS-Japan
会計業界はもちろんのこと、事業会社への転職も視野に入れているという公認会計士・税理士に特におすすめの転職エージェントです。
求人数はかなり多く、事業会社のみならず、会計事務所や会計系のコンサルティングファームにも強いので、幅広い視野で転職先を探すことができます。会計業界から外に出たときに年収がどうなるのかということを気にされる方もいらっしゃるので、事業会社などに転職した場合の年収が気になる方は聞いてみると良いでしょう。転職事例も豊富で様々なケースの転職を支援していることから、相談することでいろいろな気づきがあるかもしれません。

DODA
総合型の転職エージェントですが、最近DODAを使って転職したという会計士や税理士の話もチラホラ聞くようになりました。特化型の転職エージェントには無い非公開求人も多数保有しているようです。大手ということもあり面接対策等のノウハウもしっかりしてそうなイメージがあるので、一度転職相談してみるのも良いかもしれません。
会計士・税理士というくくりを取っ払って、世の中の動きを聞くには特に良いでしょう。一般的に、会計士・税理士は年収面では恵まれているケースも多いため、大きな視点で年収やキャリアを模索したい方にはよいでしょう。

BIZREACH(ビズリーチ)
ハイクラス案件が多い転職サイトで、ベンチャー企業などからもスカウトが届きます。
高年収や上のクラスでの転職を狙うのであれば、登録しておいて損はないでしょう。
ただし、転職エージェントではなく、スカウト型の求人サイトになります。
企業からのみならず、
ヘッドハンターからスカウトが届くので、ヘッドハンターの方とお話しすることで勉強になることは多かったです。
彼らは話術も巧みですし、情報もたくさんもっていますので、自身のスキルと年収の適正に関しても、鋭い目で見てくれるでしょう。