弁護士の転職におすすめの転職サイトは?企業内(事業会社)弁護士を目指すなら転職エージェントを活用しましょう

弁護士の転職

弁護士の転職で近年人気なのが事業会社(企業内弁護士)です。

企業内弁護士が増えた要因は様々あり、良い理由、悪い理由様々ありますが、法務省の企業における法曹有資格者の活動領域の拡大についての資料から見ても、ここ数十年で企業内弁護士は年々増回傾向にあり、採用企業側の需要も高まっているのは事実です。

公認会計士を始めとするその他の士業でも同様なのですが、一般企業へ転職し活躍する有資格者の方が急増しており、弁護士のキャリアの幅は他の士業同様年々広がっています。

一般企業の法務部等への転職を希望する弁護士がとても多くなっており、企業内弁護士へと転職するにはどうすればいいのかといった悩みを抱えている弁護士の方も増えています。

弁護士が転職する方法は様々ありますが、一般企業への転職という点で行くと、情報がとり難く転職活動に手間がかかったりするケースも多くなりがちです。

また、弁護士を求めるポジションの場合、求人が非公開となっていて一般の求人サイトでは求人がオープンになっていないことも多々あり、ご自身で求人サーチをするには限界があります。
そのため、必ず弁護士の転職に詳しい転職エージェントやヘッドハンティングサービス等を活用して転職してください。

弁護士が転職する際におすすめの転職サイト・転職エージェントについて

近年弁護士のキャリアは多様化しており、キャリアフィールドは広がっています。
それゆえ自身のキャリアに迷ってしまう弁護士も増えています。
ここでは、企業内弁護士を含め、弁護士のキャリアに精通している転職エージェントを紹介しますので、求人の紹介を受けるだけでなく、キャリアの相談もしたいという方にもお役立ていただけるのではないかと思います。

弁護士・企業法務の転職に強い転職エージェントMS-Japan

弁護士の一般企業への転職という点では、【MS-Japan】が実績豊富です。

弁護士だけではなく、公認会計士や税理士等の資格者としてプロフェッショナルに働く人材を一般企業へと転職するための支援を行っていることから、プロフェッショナル人材の企業の管理部門への転職サポートはとても充実しています。

企業内部の情報にも精通しており、転職ありきではなく、まずは情報収集をしたいという弁護士の方にもおすすめの転職エージェントです。

また、法律事務所や特許事務所、コンサルティング会社の求人も多数とりあつかっているので、企業法務部等への転職を中心に考えているが、その他のフィールドでの転職も考えているというケースでもおすすめの転職エージェントです。

[/box]

弁護士等のハイクラス人材の転職に強いビズリーチ

転職エージェントサービスではありませんが、ビズリーチを活用される弁護士の方もいらっしゃいます。

こちらはスカウト型の転職サービスなので、転職相談等はできないのですが、登録すると企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。
一定以上のスキルや年収、実績があれば企業法務や経営に近いポジションのスカウトも受け取ることができます。
また、良いヘッドハンターと巡り合うことで一般的に世の中には出回らない面白い求人と邂逅することもありますので、登録しておいても面白いでしょう。
弁護士に限らずハイクラスポジションでの転職をお考えの方の利用が多いサービスです。

弁護士専門の転職エージェント弁護士ドットコムキャリア

また、弁護士ドットコムが運営する転職サービスも最近実績が上がってきています。

まだサービスを立ち上げて年月が浅いため、上記で紹介したMS-Japan等と比べると実績は少ないのですが、弁護士ドットコムで培った集客力・認知力はとても高く、転職希望の弁護士・採用側の求人企業双方の利用者が増えています。

弁護士ドットコム自体は、弁護士の利用者数も多いのですが、それ以上に弁護士ドットコムを利用する企業がかなり多いため、企業とのコネクションもかなり多くなっており、企業法務ヘの転職を考える際に、多くの企業との接点を持てるのはとてもおすすめできるポイントでしょう。

加えて転職に際してネックになる弁護士特有の問題等もしっかり把握しているため、弁護士が転職するケースではとても相性の良い転職エージェントなのではないかと思います。

当然ながら法律事務所等の求人も多数抱えており、転職だけではなく、弁護士特有の事情についても深く理解しているでしょうから、弁護士が転職する上では良い転職サービスです。

企業法務へと転職したい弁護士の転職実績も増えており、弁護士特有の事情に精通しているのはとても強みと言えるでしょう。

法律系士業・法律系求人に強い転職サイトLEAGL JOB BOARD

法律系の求人に強い同社の転職サービスも良いでしょう。

法律事務所・弁護士事務所等の求人はもちろんですが、企業法務の求人も多数そろえており、弁護士としての知識を活かした転職を幅広くお考えであればよい求人が見つかる可能性は高いです。

スタートアップ含め、中小企業の法務求人など様々な転職先があるので、大手企業だけでなく、広く転職先求人をサーチしたいケースでおすすめです。

弁護士が転職先を探す際は転職エージェントを活用するのが良いのか

弁護士の方が転職先を探すケースにおいて、ひまわりを利用する方も多いです。

実際にご自身で求人をサーチして転職先を探し、希望の求人先があり、尚且つ転職先の情報収集ができるのであればそれも良いかと思います。

弁護士の方が転職の際にエージェントを活用するメリットとしては、あなたの悩みや希望にマッチした求人を変わってサーチしてくれるということ、キャリアに関する相談ができること、転職活動のサポート(面接対策や書類の添削、条件交渉)が受けられるということです。

特に日々忙しく働きながら自身で転職先を探し、情報収集をするのはとても難しいことです。

また、弁護士の求人はそもそも非公開で募集するものが大変ですので、転職エージェントを活用した方がマッチする求人先が見つかる可能性が高いということも理由としてあげられます。

企業の内部事情・内部情報等はなかなか自身ではとり難い情報かと思いますが、転職エージェントを活用することで、実際の企業の内部情報や企業へ転職した他の弁護士がどのようなキャリアを歩んでいるのか、どのような仕事をやっているのかしっかり情報収集することができます。

そのため、転職においては転職エージェントを活用される弁護士が多くなっています。

弁護士としてのキャリアの棚卸と転職先について

弁護士事務所の求人はそれほど増えているわけではありませんが、一般企業への転職という点では弁護士を求める企業は増加傾向にあり、企業への転職をお考えの弁護士の方にはチャンスの時期となっています。

M&Aに係わる法務案件や海外展開をされる企業は多いですので、そうした分野に知見のある弁護士の需要はとても高いでしょう。

特にM&Aにおいてはトラブルも多く発生するため、この分野に強い方の需要は高くなります。

ここでは、上記も含め転職先ごとに求められるスキルや条件等について簡単に見ていきます。

5大法律事務所への転職

ご存知の通り大企業を相手にした業務経験を行うことが出来ます。
クロスボーダーM&A案件など、大手企業を相手にしなければできない業務経験が積める反面、転職においては求められるものも大きいです。
専門スキルはさることながら、高いコミュニケーション能力も必要となります。
高額な年収がもらえる反面、求められるものも大きいですが、業務経験を積むことで、先のキャリアは大きく広がります。
転職においては必ず転職エージェントに相談するようにしましょう。

企業内弁護士として転職

近年増加傾向なのがこの企業内弁護士としての転職です。
業務内容は企業により大きく異なるため、転職においては必ず転職エージェント等から詳細を確認しておくべき事項となります。

一般論で記載させていただくと、多くの方が希望する大手企業企業への転職という点では、契約関係などの一般企業法務が中心となります。
ただ、近年多かったのが、M&Aを進めていく企業が増えていることから、大手企業やメガベンチャーを中心に、M&A専門に弁護士を採用するケースもありました。

企業のジャンルによりますので、ファイナンス分野に強みのあるかた、海外展開に強い方、不動産関連に強い方など得意領域により転職先企業は変わってくるかと思いますので、しっかり確認して転職先を選定するようにしましょう。

注意点としては、企業への転職の場合、年収が大きく下がる傾向にあるということです。

どのような法律事務所から転職するのかというところにもよりますが、一般企業の場合、給与テーブルが体系化されているので、ハイスキルの方だからといってとびぬけた年収がもらえるわけではありません。

そのため、年収を最重要視する方は転職においては事前にしっかり確認しておきましょう。

なお、法律事務所に比べると福利厚生が充実している傾向にあることから、福利厚生を重視される方、ワークライフバランスを重視される方の転職には向いているかもしれません。
ライフイベントにより働き方を柔軟に変えていくことが多い女性弁護士の方が企業の法務へ転職されるケースも多くあります。

企業法務中心の法律事務所へ転職

中小企業から大手企業まで幅広いクライアントを扱っていることが多いですが、クライアントは中小規模の企業が多くなります。
5大法律事務所に比べると対応業務範囲幅は広がるため、スペシャリストというよりはジェネラリストが求められる傾向にあります。

広く業務スキルが身につきますので、経験を積み、ジェネラリストを求める傾向が比較的強い企業の法務への転職を実現される方もいらっしゃいます。

一般民事系法律事務所への転職

個人を相手にする仕事が多くなります。
離婚問題の取扱いが多い他、近年は相続に関する案件も多くあります。

企業への転職をお考えのケースでは、企業法務のスキル向上は見込みにくいため、あまり適しませんが、個人相手の仕事がしていきたい弁護士の方はとても良いでしょう。

弁護士が転職に失敗するケース

弁護士が転職に失敗したなと感じるケースとしては大きく、
・入社後の業務内容の認識の相違、ギャップ
・待遇面

上記2点となります。

入社後のギャップや待遇面での転職失敗を避けるためには?転職エージェントを利用したからといって絶対に転職失敗しないわけではない

弁護士に限りませんが、入社後に思っていたのと違った、ということはとても多くあります。

この思っていたのと違ったという状況は幅が広く、これまで記載してきた通り、「仕事内容の違い」「社内の雰囲気」「待遇面」等においてそのように感じる傾向にあります。

待遇面については入社後に企業の運営方針が変わり、給与体系の変更、昇給幅の変更などもあります。

どんなに熱心に情報収集しても、実際に入社してみないとわからない点もあるため、こうしたギャップを確実に回避して転職する方法というのはありませんが、失敗のリスクを下げることはできます。

転職エージェント等からの情報収集に加えて、面接時にご自身でもしっかり確認しておくことが重要です。

採用面接の場ではなかなか質問し難いという方もいらっしゃるかと思いますが、あなたが転職時に譲れない条件等については、それが実現できるのかどうか、うまく質問する必要があるでしょう。

募集背景について質問することで、社内の状況を推し量ることは可能ですし、業務内容については、具体的なポジション、担当範囲をしっかり確認しておくことで、ある程度ギャップを埋めることはできます。

その他にも確認事項はあるかと思いますが、相手が求める条件に関して、ある程度コミットしつつも、あなたが求める条件についても確認する作業を行いましょう。

ご自身で交渉するのが少し苦手だ、という方に関しては、転職エージェントを経由して質問してギャップを埋めていくのも良いかと思います。

うまく転職エージェントを有効活用し、ギャップによる転職失敗を回避するようにしましょう。

弁護士の転職サイト・転職エージェントのまとめ

弁護士が転職するケースにおいて、大手の総合型の転職エージェントでも求人は取り扱っており転職すること自体はできるかと思います。
ただ、弁護士としてプロフェッショナルのスキルを活かしての転職というケースでは、弁護士のキャリアや業務に精通した転職エージェントを活用しないと的外れな求人や転職先を提案されてしまうこともあり、転職してから後悔するといったようなことも想定されます。

そのため、弁護士に強い転職エージェントを活用するようにしましょう。

いずれにせよ、転職においては事前の情報収集が重要ですので、エージェントを活用するにしてもしないにしても、しっかり下調べは行いましょう!

弁護士におすすめの転職サイトまとめ
MS-Japan
※法務部・知財等も含め企業の管理部門への転職に強く、弁護士のみならずその他士業の転職支援にも強いので、様々な観点から転職先を選定することができます。

ビズリーチ
※ハイクラスポジションへの転職に興味のある弁護士の方は登録すべきでしょう。

弁護士専門の転職支援サービス
※弁護士ドットコムが運営する転職サービスです。弁護士が運営している企業ですので安心して利用することができます。

LEAGL JOB BOARD
※法律系士業の転職に強い転職サービスです。スタートアップ企業などで弁護士を求める求人もあり、一般の転職エージェントにはない求人も多数あるため、押さえておきたい転職サイトです。

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

IPO準備企業や新規事業展開を行う成長企業の管理部門(経理・財務・人事・法務)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門人材としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。

次へ»