弁護士の転職におすすめの転職サイトは?企業内(事業会社)弁護士を目指すなら転職エージェントを活用しましょう

弁護士の転職で近年人気なのが事業会社(企業内弁護士)です。
公認会計士を始めとするその他の士業でも同様なのですが、一般企業へ転職し活躍する有資格者の方が急増しており、弁護士のキャリアの幅は他の士業同様年々広がっています。
一般企業の法務部等への転職を希望する弁護士がとても多くなっており、企業内弁護士へと転職するにはどうすればいいのかといった悩みを抱えている弁護士の方も増えています。

弁護士が転職する方法は様々ありますが、一般企業への転職という点で行くと、情報がとり難く転職活動に手間がかかったりするケースも多くなりがちです。
また、弁護士を求めるポジションの場合、求人が非公開となっていて一般の求人サイトでは求人がオープンになっていないことも多々あり、ご自身で求人サーチをするには限界があります。
そのため、必ず弁護士の転職に詳しい転職エージェントやヘッドハンティングサービス等を活用して転職してください。

弁護士が転職する際におすすめの転職サイト・転職エージェントについて

近年弁護士のキャリアは多様化しており、キャリアフィールドは広がっています。
それゆえ自身のキャリアに迷ってしまう弁護士も増えています。
ここでは、企業内弁護士を含め、弁護士のキャリアに精通している転職エージェントを紹介しますので、求人の紹介を受けるだけでなく、キャリアの相談もしたいという方にもお役立ていただけるのではないかと思います。

弁護士の一般企業への転職という点では、【MS-Japan】が実績豊富です。

弁護士だけではなく、公認会計士等のプロフェッショナル人材を一般企業へと転職するための支援を行っていることから、プロフェッショナル人材の企業の管理部門への転職サポートはとても充実しています。

企業内部の情報にも精通しており、転職ありきではなく、まずは情報収集をしたいという弁護士の方にもおすすめの転職エージェントです。

また、法律事務所や特許事務所、コンサルティング会社の求人も多数とりあつかっているので、企業法務部等への転職を中心に考えているが、その他のフィールドでの転職も考えているというケースでもおすすめの転職エージェントです。

プレミアムな転職をサポート|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

転職エージェントサービスではありませんが、ビズリーチを活用される弁護士の方もいらっしゃいます。

こちらはスカウト型の転職サービスなので、転職相談等はできないのですが、登録すると企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。
一定以上のスキルや年収、実績があれば企業法務や経営に近いポジションのスカウトも受け取ることができます。
また、良いヘッドハンターと巡り合うことで一般的に世の中には出回らない面白い求人と邂逅することもありますので、登録しておいても面白いでしょう。
弁護士に限らずハイクラスポジションでの転職をお考えの方の利用が多いサービスです。

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

また、弁護士ドットコムが運営する弁護士専門の転職支援サービスも最近実績が上がってきているようです。

まだサービスを立ち上げて年月が浅いため、上記で紹介した【MS-Japan】等と比べると実績は少ないのですが、弁護士ドットコムで培った集客力・認知力はとても高く、転職希望の弁護士・求人企業双方の利用者が増えています。
当然ながら法律事務所等は多数抱えており、転職だけではなく、弁護士特有の事情についても深く理解しているでしょうから、弁護士が転職する上では良い転職サービスなのではないかと思います。

弁護士の転職サイトまとめ

弁護士が転職するケースにおいて、大手の総合型の転職エージェントでも求人は取り扱っており転職すること自体はできるかと思います。
ただ、弁護士としてプロフェッショナルのスキルを活かしての転職というケースでは、弁護士のキャリアや業務に精通した転職エージェントを活用しないと的外れな求人や転職先を提案されてしまうこともあり、転職してから後悔するといったようなことも想定されます。

そのため、今回弁護士に強い転職エージェントということで2社紹介しましたが、まずはこの弁護士に強い転職エージェントに相談し、そのうえで足りないと感じた際に大手の転職エージェント等も活用すると良いかと思います。

いずれにせよ、転職においては事前の情報収集が重要ですので、エージェントを活用するにしてもしないにしても、しっかり下調べは行いましょう!