会計士資格の良さ・メリットを教えてください

公認会計士の転職情報

<質問内容>
会計士試験勉強中です。
会計士資格の良さについて教えてください。

武石
こんにちは。監査法人での業務経験等を経て現在は独立している武石です。
今回は会計士の資格の良さについて見ていきたいと思います。
ただ、良さといってもプライベートからビジネスまでかなり幅が広いので、ここではキャリアという視点に絞ってみていきたいと思います。

多様性のあるキャリア

会計士資格の良さの一つにキャリアに多様性を持たせやすいということが挙げられるかと思います。

監査法人や事業会社に長く勤務するというキャリアの築き方も可能ですし、新たなキャリアを得ることを目指して転職することも可能です。

一概には言えませんが、会計士は他の職業の方と比べて、転職回数の多さが転職時に問題にならないことが多いので、よくも悪くも職場を転々とすることが可能です。

結婚や育児などで一時的に離れていても、復帰しやすい、転職先も見つけやすいということもあります。

会計士試験は国家試験として高難易度であることはよく知られていますので、一定の努力が出来る人間であるという印象・評価をもらうこともあります。

ただ、プロフェッショナルである以上、試験合格後に継続的な努力を行っていかないと、会計士資格を取得するだけで満足してしまったんだなと思われてしまうため、試験突破後も勉強は必要です。

プロフィール
監修者:武石大介(公認会計士試験合格者)

エルキャリ合同会社 代表社員
株式会社エクスペース 代表取締役

新日本有限責任監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)退所後、ウェディング関連サービスの開発や転職・採用支援事業を手掛ける。
会計・監査で培ったスキルを活かして様々な事業を展開。
公認会計士のベンチャー企業への転職やコンサルティング会社への転職支援も行っており、起業まで含めた幅広い経験・キャリアを活かした転職相談を行っている。

■公認会計士・税理士の転職エージェントサービス「エルキャリ」
https://el-career.com/company/

«前へ
次へ»