平成30年公認会計士試験合格発表 受験者数・合格者数は回復傾向

ニュース

公認会計士試験は一時期人気を失っておりましたが、近年は受験者数も伸びてきており、回復基調にあります。
社会で活躍する会計士が増えていることもあり、税理士とは異なり学生からの注目・人気も高い傾向です。

以下は平成22年~平成30年までの公認会計士試験論文式試験受験者数と合格者の推移です。

公認会計士試験受験者と合格者の推移:公認会計士・監査審査会より抜粋
会計士試験論文受験者数 合格者数 合格率
平成 22年 25,648 2,041 8.0%
平成 23年 23,151 1,511 6.5%
平成 24年 17,894 1,347 7.5%
平成 25年 13,224 1,178 8.9%
平成 26年 10,870 1,102 10.1%
平成 27年 10,180 1,051 10.3%
平成 28年 10,256 1,108 10.8%
平成 29年 11,032 1,231 11.2%
平成 30年 11,742 1,305 11.1%

公認会計士試験論文式の受験者数・合格者数ともに平成27年の底値から上昇しており、平成30年の合格者数は平成24年以来の合格者数1300人超となりました。

監査法人ではここ数年超人手不足が続いており、合格者が増えるということに関してはとても良い兆候でしょう。
また、公認会計士を必要とする企業も多く、活躍する会計士が増えていくことで、今後も会計士になりたいという若手は増えていくのではないでしょうか。

監査法人への就職は比較的容易な状況のため会計士を目指すには良い状況

就職氷河期時代には公認会計士試験に合格したものの監査法人に就職することができず、一般企業で働く方も多くいました。
そうした方が景気回復と比例して2014年前後からBig4監査法人へと転職するケースが目立っています。

現在の就職・転職マーケットは超売り手有利な状況が続いており、この先も続くことが予想されますので、公認会計士を目指すのであればとても良い状況でしょう。

また、監査法人で働く会計士ばかりではなく、一般企業の財務部門やベンチャー企業のCFOとして活躍する会計士も増えており、会計士のキャリアの広がりが認知されてきたこともあり、会計士を目指す若者は今後も増えていくのではないかと考えられます。
そもそも若年層の人数が減少しているので爆発的な上昇というのは考えられませんが、会計士の資格がキャリアにどのように良い影響を及ぼすのか広げていくことでどんどんなりたいという方は増え、レベルも上がっていくのではないでしょうか。

監査法人以外での公認会計士のキャリアフィールドについて解説した記事もありますので、興味のある方は以下もご参照ください。

~公認会計士の転職~監査法人から転職したい会計士が活躍できる転職先は?

2018年4月5日

公認会計士になるには?

公認会計士は大学在学中に試験突破する方が多い傾向で、平成30年の試験においても在学中の合格者比率43.1%となっています。
多くの方が大学在学中、もしくは卒業後2年以内程度に合格しており、25歳までに合格を果たす方が多くなっています。

ただ、在学中に合格できるからといって簡単なわけではなく、大学生活の多くの時間を勉強に充てなければならないため、大変ではありますが、それだけの価値のある資格といっても良いでしょう。

公認会計士を目指したいという方がもしこの記事を見ておりましたら、会計士になるまでの道のりを解説した記事がございますので、以下をご参照ください。
※税理士試験と比べて説明しております。

公認会計士・税理士の資格の取り方 会計士と税理士の違いをふまえて会計士と税理士の資格どちらを取るべきか解説

2018年4月13日

公認会計士になりたい人におすすめの記事

当サイトでは公認会計士の転職やキャリアに関する記事を含めて、会計士になりたい人にも参考になる記事をいくつか記載しておりますので、興味のある方はご覧いただければと思います。

公認会計士の年収を転職先ごとにチェック

2018年10月28日

会計士の転職において英語は必要?転職先ごとに見てみよう

2018年10月8日

会計士・税理士に英語は必要?英語を勉強するのにおすすめのwebサイト12選

2018年9月22日

公認会計士におすすめの転職エージェント 転職先ごとに転職エージェントを使い分けよう

2018年9月9日

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

IPO準備企業や新規事業展開を行う成長企業の管理部門(経理・財務・人事・法務)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門人材としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。
«前へ
次へ»