司法書士の転職と年齢について

司法書士の転職お役立ち情報

これまで転職市場は20代から30代前半までの人材をターゲットにすることが多かったのですが、昨今は40代、50代を転職ターゲットとする企業も増えています。

特に司法書士を始めとする士業に関しては高齢化がより一層進んでおり、若年層人材がそもそもいないという要因もあることから30代のみならず40代、50代の方の転職も活発になりつつあります。

比較的求人数は安定しており、転職市況も悪くはないため、他の業界に比べ年齢による不利はそれほどありません。
また、独立に備えたスキルアップ・経験値不足を補うための転職をされる方も多い傾向にあります。

司法書士業界は年齢に関わらず転職しやすい

司法書士業界は現在比較的転職がしやすい状況で、東京・神奈川・千葉・埼玉等の首都圏を中心に司法書士事務所を中心に求人が年々増加傾向です。

司法書士事務所側としてはできれば20代、30代の若手が欲しいと思っているものの、近年の傾向としてそもそも若手がいないといったことが問題となっておりますので、40代以上の方でも人柄が良ければ転職自体は可能です。

事務員の募集も多くなっているので、司法書士資格を保持している人のみならずパートやアルバイトの募集もそれなりにある状況です。

一方で、企業への転職を検討される司法書士の方は注意が必要です。

現在転職マーケットは超売り手市場が続いておりますが、司法書士の方の場合、企業の法務部門を希望されるケースがありますが、
企業の法務部門は売り手市場とはいえハードルは依然として高く、スキルや経験が求められます。

司法書士でなければならない求人というのはほとんどなく、資格ありきという点では弁護士を求めるケースが多いため、スキルや経験でアピールできるものが必要となります。

司法書士におすすめの転職・求人サイトは?

昔は司法書士の転職においてはハローワークを利用するのが一般的でした。
現在もハローワークに求人を掲載する司法書士事務所は多いので、ハローワークをチェックしつつも、
司法書士等の法律系の士業の転職に強い転職エージェントや求人サイトを有効活用することで、希望の転職が叶えられる可能性は上がっています。

以下にて司法書士向けの転職サイトやキャリアに関する情報も記載しておりますので、ご参考ください。

司法書士の転職 司法書士の転職先とキャリアについて見てみよう

2019年5月31日

司法書士の転職・求人サイトはどこがいい?転職先ごとに使い分けよう

2019年10月17日

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

IPO準備企業や新規事業展開を行う成長企業の管理部門(経理・財務・人事・法務)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門人材としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。
«前へ
次へ»