司法書士の転職・求人サイトはどこがいい?転職先ごとに使い分けよう

司法書士に専門特化した転職サイトはいくつかありますが、どこも求人が少ない印象です。
それもそのはずで、残念ながら、「司法書士」じゃなければならない求人というのは意外にも少ないのです。
しかし、司法書士の資格やスキルを活かして転職したいと考えた場合、転職先はかなり広がります。
そのため司法書士の方が転職する場合、司法書士に専門特化した転職サイトを活用するよりは、
司法書士の転職に知見がありつつ、それでいながら多くの企業や事務所への転職に詳しい転職エージェントや転職サイトを活用するのが良いでしょう。

企業の法務などに転職したい司法書士が使うと良い転職サイト

転職先として企業の法務部を検討される司法書士の方は非常に多いです。
しかし、企業の法務となると司法書士だから転職で有利になるというわけではなく、持ち合わせているスキルと企業側のニーズが合致するかどうかが重要です。法務となると弁護士が非常に強い領域のため、企業の法務部門への転職にも強く、尚且つ司法書士や弁護士の転職にも強いサイトを使うのが良いでしょう。
そうした場合は、以下の転職サイトがおすすめです。

MS-Japan

企業の管理部門(人事・法務等)への転職に強い転職エージェントで、企業への転職を考えている司法書士は必ず活用すべきサイトでしょう。
というのも、企業の管理部門への転職に加えて、
司法書士や弁護士、公認会計士、税理士の転職にも精通しており、士業のキャリアにも詳しく、尚且つ士業を求める企業とのコネクションも非常に強いからです。
ただ、司法書士事務所への転職となると、そこまで求人が多いわけではありません(そもそも司法書士事務所の求人自体が世の中全体で少ないのですが)が、司法書士を始めとする士業事務所への転職にも強いため、おすすめの転職エージェントの一つです。

doda

総合型の転職エージェントです。法務の求人数という点ではトップクラスです。
こちらは特別士業の転職に強いわけではありませんが、法務への転職という点では、転職実績は豊富ですので、おすすめの転職サイトです。

法務への転職ということになると、大手の転職サイトも良いのですが、とりあえず最初に利用するところとしては、最初に記載した、MS-Japanが無難かと思います。
ただ、あなたが、いわゆる士業としての司法書士なのではなく、どこかの企業に勤務する傍ら、ステップアップのために司法書士資格を取得したという方であれば、必ずしも士業の転職に詳しい転職サイトの活用でなくても大丈夫でしょう。

司法書士事務所へ転職する場合

司法書士事務所へ転職する場合、司法書士に専門特化した転職サイトの利用を検討されるかと思いますが、
ほとんどのサイトにおいて求人が全くありません。
その中でも、リーガルブライドが比較的まともそうです。
ただ、正直やはり求人数は多くありません。
ハローワークに求人を掲載される事務所も多いので今はやりのIndeed等で求人検索をしてみても良いでしょう。
Indeedはハローワークを始めとして、全国に転がっている求人を収集しているため、Indeed上で司法書士向けの求人を検索すると色々出てきます。

ただ、この方法はかなり面倒なので、結局のところ、とりあえず最初に聞くところとしては、最初に紹介したMS-Japanが無難かなと思います。

司法書士の転職マーケットは売り手なのか?

現在転職マーケットは超売り手市場で、多くの方が転職を成功させています。
しかし、司法書士はそれほどでもありません。
過払い金問題などが流行った時期は一時期そうしたものを取り扱っている転職先は多かったのですが、基本的に、司法書士を求める求人先というのはそれほど多くないのが現実です。
しかし、司法書士としての経験やスキルを活かして、企業の法務や別の部門への転職ということであれば、今の転職市況であれば可能でしょう。

正直に申し上げて、公認会計士・税理士を求める企業や事務所はものすごく多いです。●●ができる会計士が欲しいという依頼はたくさん来ます。
しかし、司法書士が欲しいという依頼は、ほとんどありません。
逆に、司法書士でも良いですか?と聞くと、司法書士でもいいよ、というものがあるくらいです。

そのため、どういった面で司法書士としての経験が活かせそうかよく考えて、そのうえで転職先の選定や自身がどうなっていきたいのかキャリアを考えると良いでしょう。
そうしたキャリアの棚卸や他の方のキャリアパスを知るにも、先ほど紹介したMS-Japan等の転職エージェントの活用などはおすすめではあります。

少し歯切れの悪い記事になってしまいました。
現実としてそこまで司法書士の転職マーケットはものすごく良いわけではありません。
しかし、転職自体は可能ですので、希望の転職先が見つけられると良いですね!
少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

下記の記事でも司法書士のキャリアパスについて、少しですが解説しておりますので、興味のある方はご覧ください。
司法書士の転職とキャリアパス