司法書士の転職・求人サイトはどこがいい?転職先ごとに使い分けよう

司法書士の転職お役立ち情報

司法書士に専門特化した転職サイトはいくつかありますが、どこも求人が少ない印象です。
それもそのはずで、残念ながら、「司法書士」じゃなければならない求人というのは意外にも少ないのです。

しかし、司法書士の資格やスキルを活かして転職したいと考えた場合、転職先はかなり広がります。

そのため司法書士の方が転職する場合、司法書士に専門特化した転職サイトだけを活用するのではなく、
司法書士の転職に知見があり、それでいながら多くの企業や事務所への転職に詳しい転職エージェントや転職サイト等も活用するのが良いでしょう。

将来独立開業をお考えのケース等、描いているキャリアにもよりますが、
志向性に合わせて転職・求人サイトをご紹介させていただきます。

司法書士事務所・法律事務所への転職をお考えの方向けのサイト

司法書士が転職を検討するケースでは、独立を視野に入れている場合も多く、
その後のキャリアプランが明確な場合も多いでしょう。

また、経験の浅い方が転職するケースでは、
実務経験を積むためにより良い環境へと転職するということもあります。

そうしたプランが実現できるような募集を探すということが、司法書士が転職する場合には重要な要素になってきます。

ここでは、司法書士としてのキャリアを伸ばすのにおすすめの転職サイトをご紹介します。

LEAGL JOB BOARD

司法書士・弁護士・弁理士など法律系の求人サイトとしては国内トップクラスの転職サービスです。

司法書士をメインに取り扱っている転職サービスの数はそれほど多くないなか、
LEAGL JOB BOARDでは他の転職・求人サイトと比べて司法書士向けの事務所求人が非常に多く、様々な種類の求人を取り揃えています。

事務所の詳細や仕事内容に関してエージェントに相談することもできるため、あなたが転職において実現したいことが叶う事務所なのかどうか等見極めた上で応募することができます。

司法書士事務所の求人がメインとなるものの、企業法務の求人も取り扱っているので、幅広い可能性の中から転職先を選ぶことができるでしょう。

司法書士が転職を考えるにあたって、最初に利用したい求人サイトとなりますので、まだ登録されていない方はまずはこちらからチェックすることをお勧めします。

企業の法務などに転職したい司法書士が使うと良い転職サイト

転職先として企業の法務部を検討される司法書士の方もいらっしゃいます。

しかし、企業の法務となると司法書士だから転職で有利になるというわけではなく、持ち合わせているスキルと企業側のニーズが合致するかどうかが重要です。

法務となると弁護士が非常に強い領域のため、司法書士のみならず、弁護士や企業の管理部門への転職にも知見のある転職エージェントを活用すると良いでしょう。

MS-Japan

企業の管理部門(人事・法務等)への転職に強い転職エージェントで、企業への転職を考えている司法書士は必ず活用すべきサイトでしょう。

企業の管理部門への転職に加えて、
司法書士や弁護士、公認会計士、税理士の転職にも精通しており、士業のキャリアに全般的に詳しく、尚且つ士業を求める企業とのコネクションも非常に強いため、企業への転職をお考えであれば必ず利用すべき転職エージェントです。

司法書士を始めとする士業事務所への転職にも強いため、企業への転職も視野に入れているケースにおいては活用することをおすすめします。

司法書士の転職マーケットは売り手なのか?

現在転職マーケットは売り手市場が続いており、多くの方が転職を成功させています。

司法書士の転職マーケットに関してみてみると、
過払い金問題などが流行った時期は一時期そうしたものを取り扱っている転職先は多かったのですが、現在においては基本的に、司法書士を求める求人先というのはそれほど数としては多くないのが現実です。
ただ、数は多くないものの、比較的転職はしやすい状況ですので、転職を考える時期としては今は良い時期と言えます。

司法書士としての経験やスキルを活かして、企業の法務や別の部門への転職まで視野に入れると幅は広くなりますので、キャリアチェンジをするにも良い時期でしょう。

司法書士の転職を支援してくれる専門の転職サイトは少ないのですが、
司法書士事務所を中心に転職をお考えの方は、LEAGL JOB BOARD
企業の法務等への転職を視野に入れている方はMS-Japanの利用がおすすめですので、転職をお考えの方は是非ご検討ください。

司法書士業界のマーケットそのものが巨大なわけではないので、転職マーケットもその分他の職種と比べると小さいものの、
転職自体は比較的しやすい市況ですので、希望を叶えるには良い時期です。

この機会に是非転職してみてはいかがでしょうか。

司法書士のキャリアパスについて、解説している記事もございますので、キャリアが気になる方は以下もご参照ください。
司法書士の転職とキャリアパス