司法書士の転職とキャリアパス

司法書士といえば、従来は資格を取得後に個人事務所でしばらく修行をして独立開業する、といったパターン多かったようです。しかし、近年では規制緩和により司法書士事務所の中でも法人化したり、共同経営という形を取ったりするところも増えています。

司法書士の転職先とは

司法書士事務所で働く

まず、司法書士が真っ先に就職・転職先として考えるのは、司法書士事務所ではないでしょうか。一口に司法書士事務所といっても、司法書士の有資格者が一人で経営している事務所から、司法書士法人として全国展開している事務所まで規模もカラーもさまざまです。

業務内容としては、以下のようなものがあげられます。

・商業登記・不動産登記などの登記業務
・成年後見人
・簡裁や裁判外の和解・調停での代理人としての業務

法律事務所で働く

司法書士の就職・転職先として、弁護士が経営する事務所も候補になります。法律事務所では、有資格者として採用された場合は、入所間もない頃に登記業務などの専門性の高いお仕事を任されることもあります。渉外案件を取り扱っている事務所では英語力が問われることもあるでしょう。

主な業務内容は以下の通りです。

・会社設立、各種商業登記、議事録作成、外為法上の諸届出や報告
・事業譲渡、合併手続等における法律的な事務手続
・法律や判例の調査

企業の法務部門で働く

事務所で働くほかに、法律の知識を活かして企業の法務部門で働く方法もあります。企業の法務部門では、社内のスタッフから他部門の上長・役員、社外の弁護士・司法書士などの士業まで、幅広く関わることとなります。そのため、難しいことをわかりやすくかみ砕いて説明できるコミュニケーション能力が必須となるでしょう。また、目まぐるしく変わる法改正にも常にアンテナを張っておく必要があります。

主な業務内容は以下の通りです。

・契約書等の作成・チェック
・株主総会の運営全般、他部門へのリーガルアドバイス、訴訟への対応
・弁護士や司法書士、行政書士との連絡窓口
・その他、法律問題への対応

独立開業を目指す


しばらく司法書士事務所などで基本的なスキルを習得すれば、その経験を活かして独立開業することができます。独立開業をする場合は、幅広い分野を扱う事務所にするのか、ある分野に特化した事務所にするのかなど、方向性についてあらかじめ考えておいたほうがよいでしょう。またクライアントも、個人・法人のどちらを相手にしたいのかについても検討しておくと独立してからスムーズに顧客獲得に乗り出すことができます。

司法書士の転職における求人の見つけ方

司法書士の資格を持って転職しようとする場合、求人は決して多くはありませんので、根気強く探す必要があります。
転職エージェントや求人サイトに登録をすると、求人情報が掲載された際に定期的に求人紹介のメールマガジンが受け取れたりしますので、そうしたサイトを活用してみるのも一つの手かもしれません。

司法書士と言っても、キャリアパスはさまざま。自分がどのような司法書士になりたいのか、そして、将来的には司法書士法人の一員となって全国でビジネスを展開したいのか、それとも独立開業して「一国一城の主」となりたいのかをよく考えた上で、それにふさわしい道を選ぶことができればいいですね。

その他の司法書士の転職お役立ち記事を見る

司法書士の資格を取ると就職・転職で有利になるのか?

2018.04.24

司法書士の年収ってどのくらい?年収UPの秘訣は?

2017.11.05

司法書士の転職・求人記事一覧へ