司法書士の転職 司法書士の転職先とキャリアについて見てみよう

司法書士といえば、従来は資格を取得後に個人事務所でしばらく修行をして独立開業する、といったパターン多かったようです。しかし、近年では規制緩和により司法書士事務所の中でも法人化したり、共同経営という形を取ったりするところも増えています。

司法書士の転職先とは

司法書士の転職①:司法書士事務所で働く

まず、司法書士が真っ先に就職・転職先として考えるのは、司法書士事務所ではないでしょうか。一口に司法書士事務所といっても、司法書士の有資格者が一人で経営している事務所から、司法書士法人として全国展開している事務所まで規模もカラーもさまざまです。

業務内容としては、以下のようなものがあげられます。

・商業登記・不動産登記などの登記業務
・成年後見人
・簡裁や裁判外の和解・調停での代理人としての業務

司法書士の転職②:法律事務所へ転職する

司法書士の就職・転職先として、弁護士が経営する事務所も候補になります。法律事務所では、有資格者として採用された場合は、入所間もない頃に登記業務などの専門性の高いお仕事を任されることもあります。渉外案件を取り扱っている事務所では英語力が問われることもあるでしょう。

主な業務内容は以下の通りです。

・会社設立、各種商業登記、議事録作成、外為法上の諸届出や報告
・事業譲渡、合併手続等における法律的な事務手続
・法律や判例の調査

司法書士の転職③:企業の法務部門へ転職

事務所で働くほかに、法律の知識を活かして企業の法務部門で働く方法もあります。企業の法務部門では、社内のスタッフから他部門の上長・役員、社外の弁護士・司法書士などの士業まで、幅広く関わることとなります。そのため、難しいことをわかりやすくかみ砕いて説明できるコミュニケーション能力が必須となるでしょう。また、目まぐるしく変わる法改正にも常にアンテナを張っておく必要があります。

主な業務内容は以下の通りです。

・契約書等の作成・チェック
・株主総会の運営全般、他部門へのリーガルアドバイス、訴訟への対応
・弁護士や司法書士、行政書士との連絡窓口
・その他、法律問題への対応

司法書士のキャリアとして独立開業を目指すのも手

しばらく司法書士事務所などで基本的なスキルを習得すれば、その経験を活かして独立開業することができます。独立開業をする場合は、幅広い分野を扱う事務所にするのか、ある分野に特化した事務所にするのかなど、方向性についてあらかじめ考えておいたほうがよいでしょう。またクライアントも、個人・法人のどちらを相手にしたいのかについても検討しておくと独立してからスムーズに顧客獲得に乗り出すことができます。

司法書士の年収を見てみよう

転職先や独立により司法書士の年収はどのようになるのか気になる方もいらっしゃるかと思います。
やはり企業の法務部門へと転職される場合、比較的高い年収を実現することができるようです。
ただし、法務部門への転職は弁護士が得意とする領域でもあり、非常に狭き門であることから容易ではありません。
昨今の転職市場は売り手市場が続いておりますので、難しいながらも過去に比べると転職のハードルは下がっておりますので、企業の法務部門へと転職をお考えの方は、一度転職エージェント等に相談しても良いでしょう。

なお、司法書士の年収や独立開業により年収をあげるための記事も当サイトでは記載しておりますので以下の記事を参考にしてみてください。

司法書士の年収はどのくらい?年収UPの秘訣は?司法書士の年収を勤務先別に解説

2017.11.05

司法書士の転職における求人の見つけ方

司法書士の資格を持って転職しようとする場合、求人は決して多くはありませんので、根気強く探す必要があります。
転職エージェントや求人サイトに登録をすると、求人情報が掲載された際に定期的に求人紹介のメールマガジンが受け取れたりしますので、そうしたサイトを活用してみるのも一つの手かもしれません。

司法書士と言っても、キャリアパスはさまざま。自分がどのような司法書士になりたいのか、そして、将来的には司法書士法人の一員となって全国でビジネスを展開したいのか、それとも独立開業して「一国一城の主」となりたいのかをよく考えた上で、それにふさわしい道を選ぶことができればいいですね。

面接が苦手な司法書士が多い

転職活動において面接は避けられません。
司法書士の方が企業へ転職されるケースで多いのですが、いわゆる企業で行われる面接がどういうものかわからず、とても不安であるという方が一定数います。
せっかく書類審査に合格しても、面接でうまくあなたの経歴やスキルをアウトプットできないと売り手市場とはいえ面接を通過するのは難しいため、面接に不安があるという方は転職エージェントの活用も考えてみてはいかがでしょうか。
一般的に面接で聞かれる質問事項はもちろん各企業ごとに個別のアドバイスをもらうことができます。
心配な方は検討してみてはいかがでしょう。

司法書士の転職を支援してくれる転職エージェントについて

司法書士に専門特化した転職エージェントというのはあまり多くありません。
ただ、司法書士をはじめとする士業の転職に強い転職エージェントや一般企業の法務や総務部門への転職に強いエージェントというのはいくつかありますので、紹介させていただきます。
司法書士事務所への転職をお考えの場合は、ハローワークの活用などが良いかと思いますが、
司法書士事務所をはじめとして、一般企業なども含めて総合的に今後の転職先を探っていきたい司法書士の転職の場合、司法書士に特化している転職エージェントを使うよりは、司法書士をはじめとする士業全般の転職に詳しいエージェントや企業の法務部門等の転職に強いエージェントや転職サイトを活用してください。

MS-Japan

司法書士や社会保険労務士、公認会計士、税理士などの転職に強い転職エージェントです。
昨今、こうした資格者の活躍できるフィールドは広がっていることから、こちらのエージェントでは士業事務所に加えて、一般企業の管理部門(人事・総務・法務・経理)への転職にも非常に詳しいです。
司法書士はまだまだ一般企業で働く方はそう多くはないのですが、その他の資格者は一般企業への転職を希望する方が多く、そうした方の転職実績がかなり豊富です。
司法書士事務所も含め、一般企業の法務部門等への転職も視野に入れたいという方は是非活用したい転職エージェントです。
doda

総合型の転職エージェントです。恐らくほとんどの方がdodaさんの存在はご存知でしょう。
一般企業の法務部門へと転職したい方はこちらのエージェントサービスは必ず活用しましょう。
求人数も多く、当然ながら転職実績も豊富なので、多角的なアドバイスをもらうことができるでしょう。
司法書士事務所への転職をお考えの場合は、それほど強くありませんが、司法書士を必要とする求人はいくつか保持しているため、ためしに相談してみる、というのもありかもしれません。ただ、試しにということであれば、上記に紹介したMS-japanさんが良いかと思います。

その他の司法書士の転職に役立つ情報を見る

司法書士の転職・求人サイトはどこがいい?転職先ごとに使い分けよう

2018.09.24

司法書士の資格は就職・転職で有利になるのか?

2018.04.24

司法書士の年収はどのくらい?年収UPの秘訣は?司法書士の年収を勤務先別に解説

2017.11.05


司法書士の転職・求人記事一覧へ

転職をご検討中の方へ

転職をお考えの士業の方や管理部門で勤務されている方に向けて、おすすめの転職サイトや転職エージェントに関する情報を紹介しています。 特に士業の方や士業事務所にて勤務されている方の場合、キャリアは独特な方も多いので、転職先の業界や職種ごとに転職エージェントは使い分けた方が良いでしょう。 そうした情報を紹介していますので是非ご覧ください。

資格取得を目指している方へ

公認会計士や税理士、社会保険労務士、司法書士、弁理士などの資格を目指している方、もしくはこれから目指そうとしている方向けに、資格取得に役立つ情報やおすすめの勉強サイト・サービスなどを紹介していますので、是非ご覧ください。