司法書士の資格を取ると就職・転職で有利になるのか?

司法書士は、国家資格の中でも取得することが困難な資格の1つです。
年齢にもよりますが、資格が就職や転職を希望する業務に直接の関係がなくても、難関資格を保有していること自体が、ステータスとしての評価の対象になることがあります。
人材を採用する側から見ると、業務に関する知識や経験が豊富でなかったとしても、難関の国家資格を取得できるだけのポテンシャルを持った人材である、と評価する場合は少なくありません。

特に、ポテンシャルを重視して採用する割合が高くなっている、新卒や第二新卒などの就職の場合は、特にその傾向が強くなります。

大学などの在学中にこうした難関資格を保有している人材の割合は少ないため、数多くの就職希望者の中でも、特に目立つ存在になり得るものです。

企業の風土や職種などによって評価の程度は異なるため、全ての就職・転職活動においてプラスに働くとは限りませんが、難関資格を保有している、というステータスが有利に働く場面は少なくないといえます。

一般企業への就職・転職

司法書士の資格を活かした一般企業の就職・転職先としては、会社の法務部や総務部の従業員として採用されるケースが典型例になります。

会社の法務部では、契約書の作成やチェック、法務局などの公的機関に提出する書類の作成、などの業務において、司法書士の資格保有者としての専門知識を活用することになります。

総務部では様々な仕事がありますが、司法書士の知識を活かせる業務としては、商業登記関連、株主総会対策、コンプライアンス、顧問弁護士との提携、弁護士との提携、などがあります。

司法書士の主要業務の1つが登記であることから、ある程度の実務経験がある場合などは、不動産金融業で登記に関連した業務に携わることも期待できます。

一般企業に就職して働くことで、不動産関連の会社や銀行など、後に司法書士として開業した場合の力となるコネクションを築くことも可能です。

また、司法書士は、就職・転職した企業が倒産することで働けなくなった場合にも、独立開業できる資格を保有しているという特徴があります。
それによって、一種の保険を有しているような安心感を得ながら企業内で働ける、という魅力もあります。
※司法書士として独立を考えるのであれば、司法書士事務所での業務経験は必須です。

司法書士が一般企業への就職・転職を希望する場合には、年齢は低いほど、経験は高いほど採用されやすくなっているので、出来る限り早めに動くことが重要です。

司法書士事務所への就職がキャリアアップの土台となる

司法書士の有資格者の就職先として最もスタンダードなのが、司法書士が経営する事務所です。司法書士事務所に所属しながら、不動産登記や債務整理などの業務を遂行していきます。

司法書士事務所に就職する場合は、司法書士会の研修や求人の紹介などが豊富なため、一般企業に就職するよりも比較的難易度が低い場合が多くなっています。

特に、都市部では一般に登記などの司法書士の業務の需要が高いため、地方に比べて就職しやすい傾向があります。

地方の場合でも、需要に比べて法律の専門家が不足している過疎地域などでは、逆に司法書士の需要が非常に高い場合もあります。年齢などの理由で就職が難しい場合には、そうした地域を意識して探すことも有効です。

また、一般企業への就職・転職が第一志望でも、高年齢や経験不足などの理由で現状では難しい場合には、司法書士事務所に所属して経験を積むことで、将来のキャリア形成に役立てることが可能です。

司法書士事務所以外にも、顧客のためのワンストップサービスなどを実施している弁護士や税理士などの事務所にスタッフとして所属して、専門家の1人として活躍する道もあります。

こうした事務所では、会社設立、事業承継、M&Aなど、一般の司法書士事務所とは異なる分野についての経験を積める可能性が高くなっています。

いずれにせよ、司法書士事務所に所属して働くことは、将来的に独立して自分の事務所を構えるためだけでなく、一般企業に転職するための職務経験を積む場としても有効になります。

最後に

今回は就職・転職という視点で司法書士資格について記載させていただきました。
確かに就職や転職で有利に働く面もあるのですが、将来司法書士として独立して自分の事務所を構えたいとか企業の法務に関する業務がやりたい、法律が好きだ、などの理由がない限りは、無理に取ることもありません。
よく資格を取ればなんとかなると思っている方もいますが、資格を取っただけでは何とかなりません。ご自身のキャリア像と司法書士という資格がどのような接点を持つのかよく考えてみると良いでしょう。



また、司法書士の仕事内容をこちらの司法書士の資格をとったらどのような仕事があるのか?でも解説してますので、仕事内容を詳しく知りたい方はご覧ください。