会計事務所でのアルバイト・派遣勤務の経験は転職市場で評価される?

税理士や社会保険労務士の仕事の場合、会計事務所でのアルバイトや派遣での経験が評価されるのでしょうか。

確かに仕事をする上で経験は重要ですが、アルバイト・派遣は正社員と業務内容が異なります。

ここではそのような場合、どう評価されるのかをご紹介します。

会計事務所でのアルバイト・派遣の求人傾向は?

さまざまな仕事があるなかでも、会計事務所の仕事の人材ニーズは年々高まっています。

特に実務経験者の需要は高くなり、今後も引き合いは強くなっていくでしょう。

しかし、その一方で会計事務所が必要とする若手は一般企業に就職してしまうことも多く、人材不足に悩まされることも少なくありません。

そのため、会計事務所ではさまざまな工夫をして人材確保に努めているのです。実際に、実務経験のある有資格者を募集することもありますが、なかなか集まらず募集枠を広げる会計事務所もあります。

また、正社員採用ができない場合は派遣やアルバイトを採用することも多いです。

さらに新規の顧客や案件が安定して獲得できている会計事務所の場合、内勤業務専門の部署やチームがあります。

このポジションは内勤業務さえきちんとできていればかまわないポジションですから、正社員でなくても問題ありません。

アルバイトや派遣は正社員よりもコストがかからないため企業側にとってもメリットは大きいです。そのため求める企業も増えているでしょう。

会計事務所の人材不足が続く限り、このトレンドは今後も変わらないでしょう。

このまま人材不足がさらに深刻化すれば、実務経験者がアルバイトとして採用されることがさらに増える可能性もあります。

ただしアルバイトのなかにはさまざまなパターンがあり、全てのアルバイトが有利になるわけではありません。

なかには不利になるものもあるため注意が必要です。

会計事務所でのアルバイト・派遣で積むと良い実務経験とは?

会計事務所ではアルバイトとして働く方も多いですが、経験を経て資格を取得し正社員として働く方もいるでしょう。

会計事務所で正社員を募集している求人には、事務所経験者優遇という条件が挙げられていることがあります。

この場合、経理の実務経験のほかに会計事務所で働いた経験者を求めているのです。会計事務所では、このような条件の提示は珍しいことではありません。

しかし、応募者側としては少し求人のハードルを高く感じることもあるでしょう。

特にアルバイト経験しかない場合は求人に応募する際、どう評価されるのか不安になる方も多いかもしれませんね。

確かに就職する上で雇用形態は大きな指標となりますが、それ以上にどのような業務内容を経験したかが重要になります。

たとえアルバイトでも実務を経験してきたという実績は正社員と変わりませんから、業務さえきちんと経験しているのであれば、それだけで未経験の応募者よりも有利になるでしょう。

職務経歴書を書く場合は、具体的な業務内容を記載すると印象も良くなります。

アルバイトは正社員以上に経験で判断されることが多いため、業務内容は自己PRとしても重要なポイントです。

今まで自分自身がどのように仕事に取り組んできたかを知ってもらい、相手にとって有益な人材であることを伝えることが必要です。うまく伝わればその分評価も上がるでしょう。

また今はアルバイト・派遣でも勉強とうまく両立できれば、キャリアアップしたり資格を取得したりすることも可能です。

これらの段階を経て正社員になることはそれほど難しいことではありません。

会計事務所でのアルバイトにはキャリア形成上有利になるものとならないものがある!?

会計事務所の業務内容はどれも重要ですが、どうせならキャリア形成に必要な業務に携わりたい方も多いでしょう。

ここでは、キャリア形成するために有利なアルバイトとそうでないアルバイトを紹介します。

キャリア形成上有利になるアルバイト・派遣業務

月次巡回、申告書作成までを行うタイプの業務は主に外勤業務が多くキャリア形成には欠かせません。

この場合、記帳や決算業務、月次巡回を一人で請け負うことも少なくないため、会計事務所で必要な専門知識やスキルを高められます。

特に個人会計事務所は所長や事務員数名だけでする小規模のところがほとんどで、業務も記帳代行を始め月次や年次決算、年末調整に税務申告などの基礎的なものが多いです。

キャリア形成していくにはまず基礎的な学びは必要不可欠です。基礎を学んだ上で専門性の高い知識や技術を習得することが重要です。

そのため、キャリア形成を目指す方にとっては最適な場所といえます。

また個人事務所は少数精鋭であることから、より高い専門スキルを学べます。

このような個人事務所は郊外にあることも多いため、自宅付近でアルバイトを探している方には丁度良いかもしれませんね。

勤務地が近ければその分プライベートの時間はきちんと確保できます。

時代の変化に伴い、労働環境を整えている会計事務所も増えています。そのため管轄がしっかりしていることも多く、以前よりも効率良く働けるようになっているのです。

会計事務所にもさまざまな場所がありますが、このような場所であればアルバイトでも重要な実務経験を養えます。

キャリア形成上有利になりにくいアルバイト

記帳代行メイン、会計入力業務中心のタイプの場合はキャリア形成上有利とはいえません。

なぜなら、この業務の場合は会計事務所の業務が完全に分断しているため内勤業務中心になることが多いからです。

会計事務所において内勤業務も重要な仕事ですが、主に記帳代行が中心のため事務作業が多くなります。

そのため、外部とコミュニケーションをとる機会が少なくなり、専門的な知識を学び習得する機会が少なくなってしまうのです。

事務作業だけではキャリア形成に必要な実務経験を積むことは難しいといえます。将来的に税理士として就職する場合、当然ですが未経験者よりは経験者が優遇されます。

なかでもスキルの高い方はより良い条件で就職できる可能性が高くなるでしょう。そのため実務経験はとても重要です。

せっかく実務経験を積んでもほとんどが事務作業では、いざ税理士の仕事に就いたときに困ることも多くなりますよね。

もちろん会計事務所もできれば即戦力になる人材が欲しいものです。

そのため将来を考えるのであれば内勤業務だけではなく外勤業務も経験することが重要といえます。

前述したような月次巡回、申告書作成(補助)などは専門性が高く必ず将来必要となる業務です。

まずはそれらの業務を経験できるアルバイトを探すことが重要となります。

会計事務所でアルバイトするならキャリア形成上有利になるアルバイトをしよう!

会計事務所にもさまざまな業務がありますが、スキル形成のためには専門性の高い実務経験を積むことです。

もちろん内勤業務などの単純事務作業も大切ですが、それ以上に専門性の高い月次巡回や申告書作成に係わる業務などの実務経験がある方が有利といえます。

まずはそのような業務に携われる会計事務所を探し、派遣・アルバイトとして勤務してみると良いでしょう。

なお、会計事務所のアルバイト求人をお探しのケースでは、簿記3級程度の知識があれば問題が無く、経験も求められない求人が多いので、一般的な求人サイト等を利用すれば問題ありませんが、派遣業務をお探しの際は、経理経験や会計事務所での業務経験、場合によっては税理士試験の科目合格をしている方が好ましいことが多いため、会計事務所に強い派遣会社を使うのが良いでしょう。

その場合、会計、税務、経理・財務分野の派遣・紹介予定派遣に強い【ジャスネットスタッフ】を利用すると良いでしょう。

会計・税務・経理に強いので、手厚いサポート、希望にあった求人先の提案が受けられます。

その他にも派遣会社はございますので、興味のある方は以下の記事もご参照ください。

経理・会計事務所のおすすめの派遣会社を紹介!

2019年1月1日
«前へ