会計事務所・税理士事務所の面接時の服装 スーツじゃないとダメなの?

税理士と言えばスーツでの勤務が一般的ですが、
IT系のベンチャー企業を相手に仕事をしているような会計事務所ですと、オフィスカジュアルで勤務している方も増えてきました。

これまで会計事務所のイメージというと、地味・暗い・かたいなどのイメージを持っている方が多かったように思いますが、
最近はそうしたイメージとは良い意味でほど遠い事務所も増えています。
オフィスの雰囲気にも気をつかう会計事務所も増えているように感じます。

ただ、そのような事務所であったとしても面接時はラフな格好で行って良いものなのか?
また、パートやアルバイトでの面接の場合もスーツじゃなきゃだめなのか?

気になる方も多いようですので、簡単に見ていきたいと思います。

正社員募集の面接であれば基本的にスーツで行くべき

一部の事務所を除いてスーツで行くのが基本です。
基本的に税理士の仕事は経営者を相手にする業務であることから、清潔感・信頼感のある服装が基本です。

会計事務所の面接の場合、必ず所長との面談がありますが、多くの会計事務所では比較的高齢なケースが多く、
オフィスカジュアル等のラフな格好で行くと礼儀に欠いていると判断される可能性が高いため、
必ずスーツで行きましょう。特に男性の場合はなおさらです。

なお、ごく一部ですが、ベンチャー企業風の会計事務所も存在しており、そうした事務所ではスーツでなくてもOKの場合があります。そうした事務所で面接を受ける際は、スーツでなくても大丈夫な可能性はありますが、オフィスカジュアル(ジャケパンスタイル等)ぐらいがラインになるかと思います。

私服OK,オフィスカジュアルOKと書いてあれば指示に従っていただいて問題ありません。

ただ、私服OKだからといって、短パン・サンダルで行くのは辞めてくださいね。
あくまで、ビジネスの場で人に会うということは意識してください。

なお、スーツを着用する際は、汚れやシワがないかきちんと確認しましょう。
シワシワだったり汗ジミで汚れているようなスーツで行くと不潔な印象を与えてしまいます。
当然ですが、髪の毛もしっかり寝癖を直してキッチリとした格好で面接に臨みましょう。
税理士の方に多いのですが、服装・髪型にズボラな方も多く、時々事務所側から指摘を受けることもありました。

スーツに関して興味のある方は以下の記事も参考にしてください。
1着くらいは身体にぴったり合うスーツを持っておいた方がいいですよ。

公認会計士・税理士の服装 スーツをしっかり着こなし印象をよくしましょう

2018.09.16

会計事務所にパート・アルバイトで面接を受ける場合の服装はどうすれば?

最近は主婦の方のパート先として会計事務所を選択される方も増えてきました。

会計事務所経験者のみならず未経験の方が採用されるケースも増えているのですが、
会計事務所は堅い業界だから、パートでもキッチリした格好じゃないとダメなのではないか?
と不安に感じるかたもいるようですが、パート・アルバイトの場合は、
スーツでいく必要はありません。
オフィスカジュアル的な服装で問題ありません。
ジャケットでなくても大丈夫です。ブラウスでOKです。

そのため、例えばブランクがあいていてスーツを持っていない、といった場合でも、
面接のためだけにスーツを購入する必要はありません。

恐らく、パート・アルバイトでの採用ということであれば、入力業務などの内勤であることが大半だと思いますので、
内勤の方がよく着ているような感じの服装で大丈夫です。

ただ、対面での顧客対応が発生するケースにおいては、スーツでなくてもよいのですが、ジャケットは羽織っておいた方が無難かもしれません。
いずれにせよ、女性のパート採用において服装を厳しく言われることはありませんので、安心して良いでしょう。

念のため記載しておきますが、ジーンズや派手な髪形(紙の色も)、派手なネイルは清潔さ・誠実さにかける印象を与えてしまうのでやめましょう。また、靴もサンダルみたいなタイプのものは避けてください。
ごく稀に服装の指定があるケースもあるので、その場合は指示にしたがうようにしてください。

まとめ

うまく伝えられたかわからないのですが、能力ではなく服装で面接に落ちてしまうのはもったいないのです。
男性であればスーツがシワシワでないか汚れていないかしっかり確認しておくようにしましょう。
パートでの応募であれば、それほど服装についてうるさく言われることはありませんが、
働く場であることを意識した服装選びをしてください。
失敗したくないのであれば、ある程度無難な格好をしていくのが良いかと思います。