社会保険労務士(社労士)の転職 社会保険労務士事務所で勤務するケースについて

社会保険労務士事務所へ転職

社会保険労務士の資格を持っている方の勤務先は大きく分けて3つあります。
「一般企業の総務や労務、人事部」で働くというものと企業等に対して人事や労務関係のコンサルティングを行っている「コンサルティング会社」。そして顧問先の依頼を受けて事務手続きや相談業務等を行う「社会保険労務士事務所」の3つがあげられます。どのようなキャリアを積んで行きたいのか?どのようなスキルを磨いて行きたいのか?によりどの業界に転職するべきなのかは変わってくるのですが、今回は社会保険労務士事務所で勤務した際の仕事内容やキャリアパス、メリット・デメリットについて紹介して行きたいと思います。

多様な実務経験やスキルアップができる

社会保険労務士事務所は個人や法人の顧問先から依頼を受けて、事務手続きを行ったり、賃金体系や年金関係等や法律に関する相談にのったり、指導をしたりするのが主な仕事になります。
一般企業に勤めるケースと大きく異なるのが、企業の中であれば社員として自社に関する事のみの業務になりますが、社会保険労務士事務所に勤務する場合は、1社だけでなく、複数の企業の相談にのることになるので、様々なケースの案件に携わることができ、多くの経験を積む事が出来ます。数多くの実務経験を積んでスキルをあげて行きたい場合は、社会保険労務士事務所に勤務するのが良いと考えられます。

どのような事務所を選べばよいのか

社会保険労務士事務所と言っても、一人でやっているような個人事務所から一般企業のように複数の従業員を抱えている大規模事務所まで様々あるため、どのような事務所へ転職すべきか迷ってしまう方も少なく無いと思います。

個人事務所に転職した場合

個人事務所で勤務する場合、所長1人もしくは所長とその奥さんで事務所を運営しているというケースが多いです。こうした事務所では、所長のキャラクターや方針によって業務内容は大きく異なってくるため、転職先としては慎重に考えた方がよいでしょう。
個人事務所が採用を検討するケースというのは、所長一人では仕事がさばくけなくなってきたので、補佐業務を行ってもらうために人材を募集するというケースが多いです。このようなケースでは、社会保険の手続きや給与計算等の業務が多くを占め、事務的な仕事が多くなる傾向にあります。初歩的な業務が多いので、一見すると実務経験が浅い人にはよいと思われがちですが、クライアントの規模が小さい事がほとんどで、仕事の幅を広げていきたいと思っている方や徐々に高度な仕事をできるようになって行きたいと思っている方は慎重に転職先を選ぶべきでしょう。

中堅以上の社会保険労務士事務所に転職した場合

所員数が10名以上いるような事務所では顧問先の規模も零細企業から中堅・大手企業まで幅広くなっている傾向があり、多様な業務経験が積める可能性が高くなります。顧問先の規模や業種にもよりますが、評価制度の策定・賃金テーブルの作成、就業規則の作成や相談、助成金に関する相談など顧問先やご自身のスキル状況に合った業務が割り当てられます。
実務経験が浅いうちは、規模の小さい顧問先や給与計算などの単純業務が多くなるとは思いますが、担当先で出てきた課題に対応し、スキルが上がってくるにつれて任される業務の幅や顧問先の規模もあがっていくことでしょう。また、ある程度の規模の事務所であれば教育制度やOJt等の仕組みもしっかりできているところが多くなりますので、はじめて取りかかる業務があっても安心して行う事が出来ます。
しかし、一方で、事務所の規模が大きいと、しっかり組織化されていて分業化が進んでいるところも多くなります。事務所によっては、業務ごとに担当が振り分けられ、給与計算や手続き等の単純業務しか経験できないケースもあります。こうした事務所で勤務すると限られた一部の分野のスペシャリストにはなれますが、仕事の幅は広がり難いという状況に陥る可能性もあります。転職先を選ぶ際には、ご自身がどのようなキャリアを歩んで行きたいのかしっかりと棚卸しをし、勤務しようとしているその事務所がどういう組織体なのか、どういう方針で所員を育てているのか、求人票や面接等でしっかり確認する必要があります。

社会保険労務士事務所への転職まとめ

社会保険労務士事務所の規模ごとに仕事内容の傾向等を書かせて頂きましたが、一概に事務所の規模だけで経験できる業務が決まる訳ではありません。事務所の方針や顧問先の傾向など様々な要素が関わってきますので、転職先は慎重に選ぶ必要があります。今後、ご自身がどのようなキャリアを歩んで行きたいか、どのようなスキルを身につけて行きたいのかなど転職の目的を整理し、それに合わせて求人先を選定していくことが重要です。
社会保険労務士の求人を検索する

社会保険労務士の転職に詳しい転職エージェントの紹介

社会保険労務士のキャリアの幅は広がっており、それゆえ自身のキャリアに悩む方も多いようです。
そのため、ここでは、社会保険労務士の転職実績が豊富で、様々な視点でキャリアプランを考えてくれる転職エージェントを紹介させていただきますので、興味のある方はご覧ください。

MS-Japan
企業の管理部門(人事・総務・経理・法務等)や社会保険労務士事務所を始めとする士業事務所への転職に強いエージェントです。
転職実績が豊富で、様々な転職事例を持っているため、キャリアの相談はもちろん情報収集の一環で登録してみるのもよいでしょう。また、面接対策はもちろん、書類の書き方に自信の無い方向けに添削なども行ってくれるため、安心して転職活動をすることができるでしょう。求人数も豊富なため、おすすめの転職エージェントの一つです。



DODA
総合型の転職エージェントです。大手ということもあり、応募書類の書き方から面接対策、退職交渉まで、しっかりとしたノウハウを持っているため、安心して転職活動をすることができます。