社会保険労務士が会計事務所(税理士法人)へ転職する際に知っておきたいこと

社会保険労務士は、労働関連や社会保障に関する法的な書類の作成や、労務管理や社会保険についての相談業務等を行う専門資格です。

就職先としては、社会保険労務士事務所や事業会社に所属して上記の業務を行うことが一般的ですが、最近では、税理士が経営する会計事務所や税理士法人が、社会保険労務士の求人を募集しているケースも多くなっています。

社会保険労務士が、そういった税理士事務所への転職を考える場合に、あらかじめ知っておくべきポイントや情報についてご紹介します。

会計事務所とは?税理士法人とは?会計事務所と税理士法人で何が違う?

会計事務所とは、一般的には、個人の税理士とそれをサポートするスタッフによって運営される個人事務所のことを指すことが多いです。税理士が個人事業主として経営するもので、比較的小さい規模のところが多く、所長先生の「色」がそのままその事務所の「色」になることが多いです。

税理士法人は、複数の税理士によって運営されている法人です。業務の内容は基本的に会計事務所と同じですが、法人化されているため、一般企業のように拡大路線を目指していたり、福利厚生などに力を入れているケースがあります。また、業務の規模が大きくなっているのが一般的です。

社会保険労務士の求人を募集するケースとしては、規模が大きく事業を拡張しやすいことから、税理士法人による募集が多くなっています。

ちなみに、「●●税理士事務所」と表記される方もいますが、こちらは、「会計事務所」と同義とお考え下さい。また、「●●公認会計士事務所」と記載されているものがあったとすれば、それは公認会計士の方が所長をやっている「会計事務所」と認識していただければ大丈夫かと思います。

ここでは、社会保険労務士の転職について説明するにあたって、会計事務所や税理士法人、税理士事務所のなどの表記について、まとめて「会計事務所」という統一した記載で説明していきます。

会計事務所が社会保険労務士を採用するメリット

会計事務所が社会保険労務士の採用を考える理由は、2つの業務が密接した関係にあるためです。

例えば、税金は税理士、社会保険は社会保険労務士が専門になりますが、給与計算や年末調整などはどちらの事務所でも取り扱っています。

重複する業務については統合し、別々の専門分野についてはそれぞれが力を発揮することで、事務所や法人のコストパフォーマンスが相乗効果によって向上するという仕組みです。

また、複数の有資格者が在籍していることで、事務所や法人に箔がつくという利点もあります。

顧客からみた社会保険労務士採用のメリット

会計事務所による社会保険労務士の採用は、顧客にとっても複数のメリットがあります。

メリット
1:会社設立において重要な要素である、税金と社会保険の両方を同時に処理できるので、スムーズな立ち上げが可能になる。

2:給与額の変更に伴う社会保険の月額の変更手続きなど、2つの分野が重なり合う業務について、迅速な処理をすることが可能になる。

3:税理士と社会保険労務士の2つの事務所とそれぞれ契約を結ぶよりも、割安なコストでサービスを利用できる。

社会保険労務士が会計事務所に転職するメリット

社会保険労務士は、その専門分野における実務の多くが、慣れれば普通の社員でもある程度の処理が可能、という特徴があります。

そのため、社会保険労務士としての将来を考えると、資格のみに頼るのではなく、自分の得意分野を見つけてそれを伸ばしていく、という戦略的な思考が重要になってきます。

そうした観点からは、会計事務所に所属して働くことは、周辺業務である税務や会計についても詳しい社会保険労務士、というキャリアを積むことができるという点で、大きなメリットがあります。

会計事務所の出身という経歴は、将来的に社会保険労務士として独立を考えている場合には、他との差別化を図るための大きな力になります。

また、開業が上手く行かなかった場合にも、自分の職務経歴を活用して、他の会計事務所に所属して収入を確保することにもつながります。

会計事務所に転職する際のポイント

社会保険労務士が会計事務所に勤務する場合の事業形態としては、会計事務所をベースとしつつ、社会保険労務士の事務所を併設するケースが多くなります。

事務所内における力関係としては、税理士業務が中心になっているため、税理士が上で社会保険労務士が下、という感覚になります。

注意点としては、本来社会保険労務士の業務の範疇である給与計算や社会保障等についても、実務において質問されることが多いため、税理士が詳しくなっている場合が多いことです。

事務所内での社会保険労務士としての価値を維持するためには、配属された後でも、毎日熱心に勉強を継続していく姿勢が重要になってきます。

また、会計事務所が社会保険労務士の求人を募集する理由は、採用によって様々な付加価値を獲得することが狙いになっています。

そのため、会計事務所に転職する場合には、期待に応えるために率先して新しい業務を提案するなど、自分から積極的に動いていく姿勢も大事になるかもしれません。
大変ではありますが、自身のキャリアの幅の広がりやスキルアップという点を考えると、メリットは大きいものと考えられます。

社会保険労務士の転職事情に詳しいエージェント

会計事務所などの別の業界への転職を考えている社会保険労務士の方は、一度専門の転職エージェントに相談してみるのもありかもしれません。その際に気を付けることは、士業の転職マーケットにそれなりに知識のある転職エージェントに相談するのが良いでしょう。幅広い角度から求人やキャリアの提案を受けることが可能です。

MS-Japan
社会保険労務士はもちろん、弁護士・公認会計士・税理士・司法書士など幅広い層の転職を支援している専門特化型の転職エージェントです。
事業会社への転職に強いエージェントではありますが、会計事務所の内情にも詳しいです。また、弁護士事務所など、その他の士業事務所への転職にも対応しているようです。