社会保険労務士(社労士)の試験の難易度は?社労士資格を取るなら独学と学校どちら良い?

社会保険労務士の資格取得を目指す方の半数は既に企業で働いている社会人です。
企業の人事・総務部門で働いている方がステップアップのために取得するケースです。

もう一つが、「社会保険労務士」として、つまり士業としてその道のプロとして働いていくために取得するケースがあります。
この場合も、社会保険労務士事務所に勤務しながら資格取得を目指す方が多い印象です。

いずれのケースにしても働きながら社会保険労務士の資格取得を目指し、勉強しています。

社会保険労務士の試験は比較的難易度は高めですが、働きながらでも十分に資格を取ることは可能です。

社会保険労務士の試験を受けるためには受験資格を満たす必要がある

はじめに、社会保険労務士の試験を受けるためには、受験資格を満たす必要があります。
基本的に大学や短大、高等専門学校を卒業していれば問題ありませんが、
受験資格を満たしているか心配な方はこちらからチェックしておきましょう。

社会保険労務士の試験は難易度は高いがしっかり勉強すればだれでも合格できる試験である

社会保険労務士資格の合格率は毎年10%前後と、合格率は低く、難関資格の一つに数えられています。
しっかり勉強しないと合格することができませんので、難易度が高いのは間違いありませんが、
それでも公認会計士や税理士と比べれば、そこまで難しい試験というわけでもなく、
勉強時間も費用もそこまで大きくかけずに合格することはできます。
ただ、働きながら受験する方が多いので、どうしても勉強時間が足りず不合格になってしまうケースが多いのです。

そのため、効率的・効果的な勉強が必要になります。

社会保険労務士試験に合格するために必要な勉強時間は?

資格学校等で一般的に言われている勉強時間としては、1000時間が目安になるようです。
もちろん、700時間で合格する方もいますし1500時間くらいかかってしまう方もいるとは思うのですが、
多くの方の中央値を取ると、1000時間前後というのが相場のようです。

この1000時間を目安に、資格取得までのスケジュールをたてると良いでしょう。

例えば、あなたが一日平均3時間勉強時間を確保できそうなのであれば、約1年で合格できる計算になります。
働きながら資格取得に向けて勉強するとなると、腰を据えて勉強できるのは平日は1時間程度しか勉強する時間が確保できないかもしれません。しかし、暗記項目の多い資格でもありますので、土日のみならず、通勤時間など隙間時間を見つけて勉強することで、ある程度勉強を進めることができる資格です。
3年も4年もかけて取得する資格ではありませんので、効率的・効果的に勉強を進め、
1年で合格するためのスケジュールを立てるのが、良いのではないかと考えられます。

社会保険労務士の試験勉強を効率的に行うには?独学でも大丈夫なのか?

社会保険労務士試験は独学でも十分合格することができます。
試験対策用の書籍はたくさんでていますので、独学で合格される方もたくさんいます。

しかし、働きながら社会保険労務士試験の合格を目指すのであれば、完全な独学はあまりお勧めしません。

働きながら社会保険労務士の資格を取るのであれば、通信教育やオンライン上のe-ラーニングサービスが効率的。半独学で合格を目指す

昨今、インターネット上で勉強ができるツールがたくさん増えています。
TOEICの勉強しかりプログラミングの勉強しかり安くて便利な勉強ツールがたくさんあります。

国家資格においても同様です。
費用を抑えて、効率的且つ効果的に勉強できる時代になっているので、わざわざ独学で苦労して勉強しなくても、
安くて良いものがたくさんあります。
例えば、以下の資格スクエア等は非常に効率的に勉強することができます。
あなたの時間は限られている!最も効率的な法律学習法!【資格スクエア】



こちらのサイトはある種半独学という形になるかと思います。
基本的に全てオンライン(スマホやPC)上で動画による講義を受ける形式になります。テキストは市販されているものを利用するため、別途購入の必要がありますが、熟練された講師により講義が行われるため、完全に市販のテキストだけで勉強するよりも理解もスムーズで、効率的に勉強ができます。校舎等がなく、オンラインのみの講義になるので、その分費用もかなり安く抑えられます。
法律科目の勉強においては、法改正も頻繁に行われるため、専門家による授業を受けるのが良いでしょう。また、各法律科目もそれぞれ関連性を持っているため、体系的に勉強するためにも、講義を受けることをお勧めします。
無料会員登録をすることで、サンプル講義が見れますので、どのようなサービスなのか気になる方は見てから決めても良いでしょう。

こうしたオンライン上の勉強ツールはたくさん存在しており、その他ユーザーが多いのが、こちらの【オンスク.JP】です。



こちらのサービスは月額980円と非常にリーズナブルです。
ただ、先ほど紹介した資格スクエアよりも独学性の強いサービスになります。

また、最近は、以下のフォーサイトの評判をよく聞きます。


2017年度の合格率は全国平均の3.14倍!短期間で社労士に合格できる話題の勉強法とは?
こちらからもわかるように、非常に高い合格率をたたき出しているため、こちらのサービスは特におすすめです。
ただし、DVD・CDによる受講がメインとなります。ただ、オンライン上で勉強できるサービスもあるので、
隙間時間にも勉強したいという方のニーズには応えられており、最近特に利用者が増えているようです。

昔から実績のある資格学校の方が安心だと感じる方や時間が取れそうなので学校に通ってしっかり勉強したい方は

昔から高い実績を出している資格学校の方が安心だという方もいるかと思います。
少し費用は高くなってしまいますが、資格学校の場合、古くから実績も豊富なので安心感という意味では一番良い選択肢でしょう。資格学校でもe-ラーニングサービスは行っていますので、こうした学校系のe-ラーニングを活用しても良いかと思います。
LEC等は比較的有名かと思いますが、正直なところ学校系はどこに行ってもしっかり体系化されているため、有名どころで好きなところを選んでみても良いでしょう。


なお、国家資格では、やはり下記の大原さんが一番有名かもしれません。
信頼と安定感を重視するのであれば、大原さんが一番良いでしょう。
資料請求などで詳細をご確認ください。
よく下調べしてから本登録されることをおすすめします。
資格の大原 社会保険労務士講座

社会保険労務士の試験は、資格の勉強時間をしっかりとり、効率的に勉強することができれば、合格はできます。
働きながら資格取得を目指す方が多いと思いますので、効率的且つ効果的に勉強して、試験に臨みましょう。

また、合わせて以下の記事もご参考ください。

社会保険労務士の資格の勉強におすすめの学校・通信教育の紹介

2018.10.11

転職をご検討中の方へ

転職をお考えの士業の方や管理部門で勤務されている方に向けて、おすすめの転職サイトや転職エージェントに関する情報を紹介しています。 特に士業の方や士業事務所にて勤務されている方の場合、キャリアは独特な方も多いので、転職先の業界や職種ごとに転職エージェントは使い分けた方が良いでしょう。 そうした情報を紹介していますので是非ご覧ください。

資格取得を目指している方へ

公認会計士や税理士、社会保険労務士、司法書士、弁理士などの資格を目指している方、もしくはこれから目指そうとしている方向けに、資格取得に役立つ情報やおすすめの勉強サイト・サービスなどを紹介していますので、是非ご覧ください。