未経験でも会計事務所に転職できる?採用されるために押さえておきたいポイント

未経験の方が会計事務所に就業する際には、事前に経理に関する資格の取得を済ませておいたり転職エージェントを活用するなど、就業にあたってコツが必要になります。

ここでは、未経験の方が会計事務所へ転職を進める際のポイントを紹介します。

未経験者でも会計事務所には転職可能!未経験者が採用されやすいところも?

会計事務所未経験の方でも会計事務所へ転職することは可能です。

特に近年は会計事務所業界は人手不足が続いており、実務未経験の方を採用し、教育していくところも増えていることから、これから会計事務所業界へチャレンジしようと思っている方にとってはとても良い状況です。

会計分野では、高卒の未経験であったとしても簿記検定に合格していたり、税理士試験の合格を目指すなど自分の努力次第で将来への道を開いていくことが可能になるものです。

求人情報サイトなどを参照して未経験者でも就業が可能な会計事務所を見つけた場合には、問い合わせを行なうのが良いでしょう。

未経験者が会計事務所に採用されるためのポイントはこの3つ!

未経験の方が会計事務所に採用されるには、コツを掴んだ転職活動を進めることが重要です。

以下に、未経験者の方が会計事務所に採用されやすくなる転職活動のポイントを記載します。

年齢が若いうちに転職する

未経験者の方を雇う会計事務所側は、ある程度の教育機関を設けることを前提に採用を行なうものです。

ある程度の知識があっても実務経験が無い方の場合には、実務で通じるようになるまではそれなりな時間が掛かってしまうものです。

勘定科目の仕訳から教えていくような会計業務に関する実務経験が皆無に近い方であっても、年齢的に若く将来に亘って自社で働く気持ちを感じることができるのであれば、採用する会計事務所の担当者も前向きな姿勢で採用活動を進めていくものです。

高卒で社会人経験が無いような方であっても、将来に亘って会計分野で働いていきたいと強く願うのであれば、自分のやる気を正直に面接時に話すことで会計事務所の採用担当者へ気持ちは通じていくものです。

会計や税務分野での就業に興味があるのであれば経験が無いことを気にするのではなく、積極的に会計事務で行われている求人募集へ応募していくのが良いでしょう。

若い頃であれば実務が未経験であったとしても、知識とやる気があれば会計事務所側も採用に積極的になっていくものです。

会計業務での就業を考えるのであれば、若い頃に転職活動を進めることが大切です。

税理士試験科目を2科目以上取得しておく

会計に関する実務経験が無い方の場合には、会計・税務に関する一定の知識があることを証明することが必要になります。

自分が会計・税務に関する知識を保有していることを証明するには、簿記検定や税理士の科目試験を受けることが有効です。

多くの方が受験する簿記会計に関する知識を証明する試験である簿記検定には、レベルに応じて3段階に分かれた試験が提供されています。

実務が全く未経験の場合には、簿記会計に関する入門レベルである簿記3級だけではなく、工業簿記の知識についても問われる簿記2級までの取得を済ませておくほうが良いでしょう。

簿記2級までを取得しておけば、会計事務所で就業することになっても基礎的な知識を保有していることになりますので、事務所の先輩のOJTを受けながら実務を進めることが可能になっていきます。

高校や大学などで学んだことが無い方であったとしても、簿記2級程度であれば数か月で合格することができますので、最低限簿記レベルの知識は身につけておきましょう。

会計分野での就業を続け、将来的には税理士事務所を開業したいなどの理由により大手の会計事務所への就業を検討するのであれば、簿記検定だけではなく税理士試験の科目合格まで目指すほうが良いでしょう。

税理士試験における試験科目である簿記論・財務諸表論の科目試験に合格しておけば、一定規模の会計事務所への転職も行えるようになります。

転職活動の前に自分なりに会計知識の学習を行なうことを検討するのであれば、簿記検定だけではなく税理士試験の必須科目でもある簿記論や財務諸表論までの学習を心がけましょう。

アルバイトなどの実務経験を積んでおく

未経験の方が会計事務所への転職活動を進める際には、可能であるなら会計関連のアルバイト経験を積んでおくほうが良いでしょう。
企業の経理経験等も評価されますので、一般企業の経理など含め、アルバイトでも派遣でもいいので何かしら会計・税務・経理に関する業務経験をしておくと良いです。

会計関連の実務経験無しで入っても、仕事になれるまで時間が掛かってしまいますし、自分でも仕事が思うようにできないことをストレスに感じてしまったりするものです。

会計事務所に転職をする前には、アルバイトなどの手軽にできる経理や会計に関する仕事を通じて可能な限りの実務経験を積んでおくのも良いでしょう。

市販の書籍や、専門学校の講座のレジュメで学んだ知識であっても実際に会計業務に従事していなくては、具体的な経理業務のイメージが掴めない場合も多かったりするものです。

会計業務のアルバイトを通じて、理論ではない、実践的な経理の知識とスキルを高めた後に会計事務所への転職を進めれば転職後の就業も問題なくこなせるようになるのです。

未経験者が会計事務所に転職するなら転職エージェントを活用しよう!

未経験の方が会計事務所への転職を考える際には、積極的に大手の会計事務所へ応募するのが難しかったりすることでしょう。

最近では未経験者や経験の浅い方を募集する求人も増えているので、転職エージェントを利用することで、実務経験が未経験の方であっても転職先を見つけることができます。

多くの転職希望者を斡旋してきた転職エージェントの会社では、経験豊富なアドバイザーの方が責任を持って就業先を紹介してくれます。

簿記の資格を取得したりと経理に関するスキルの自己研鑽を行ったのであれば、転職エージェントを活用して大手への就業を検討するのも良いでしょう。

未経験が会計事務所に採用されるためのポイントを押さえて転職エージェントを活用しよう!

未経験の方が会計事務所への転職を考える際には、若い頃に進めることが大切です。

実務経験が無くても経理・会計に関する資格を取得していたり、会計業務に関する高いやりがいを持っているのであれば、会計事務所の採用担当者も前向きに採用を進めるものです。

転職エージェントや転職サービスを活用し、転職を有利に進めていきましょう。

会計事務所・税理士に強い転職エージェント・転職サイトを紹介!

2020年4月13日

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

大手上場企業やIPO準備企業等のベンチャー企業の管理部門(経理・財務・人事・労務・法務等)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門・士業としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。
«前へ
次へ»