資産税(相続・事業承継)の求人動向

近年、資産税は税理士に人気の求人です。現状として売り手市場と言われる会計事務所業界で今がチャンスであることは言うまでもありません。
労働環境を変えるための転職はもちろんのこと、何か強みを作りたいと考える未経験の税理士にとっても大いにチャンスとなるタイミングです。今回は資産税というニーズの高まりから、どういった経験やマインドの方が採用されやすいのかというのを余すことなくお伝えします。

今後のトレンドは資産税?資産税(相続・事業承継)の求人が人気の理由

資産税が人気である理由はずばり日本社会の高齢化にあります。日本では急速に高齢化が進んでおり2030年には日本の人口の1/3が高齢者となる予想もあります。また、東京商工リサーチによると2016年における日本の社長の年齢層は50代・60代合わせて56.55%と過半数を占めています。
また、会計業界においても日本税理士会連合会が実施した第6回税理士実態調査報告書によると60~80代の税理士が業界の約半数以上(約54%)を占めている状況です。このように日本全体が高齢化していることからもそこに付随して出てくるであろう相続・事業継承の問題はトレンドであり続けるでしょう。
また、資産税が人気の理由は他にも専門性が挙げられます。資産税は継続して顧客と関わり続けるのではなく、あくまでスポット対応という性格です。そのためある程度の専門性が要求されるため、スペシャリストとしてキャリア形成できます。
では、そんな人気で専門性の高い資産税部門に転職することはハードルが高いのでしょうか。特に未経験の場合、転職は難しいのでしょうか。次は未経験者の方でも資産税部門で働く可能性を高める、マインドについて見ていきましょう。

未経験でもチャンスがある!資産税部門で働くために必要なこと

資産税部門で働くなら今が転職のタイミングだといっても過言ではありません。特に未経験の方はこの機会を逃さないようにしましょう。
これは業界が売り手市場だからという単純な理由だけではありません。売り手市場であることに加えて、資産税に対する社会のニーズが高まっているからです。このような背景から中堅や大規模事務所でなくても、小規模・零細事務所が資産税を扱う割合が増えています。これが意味するところは、これまで法人税をベースにやってきた人でも資産税に方向転換しやすくなっているということです。
求人動向を見ても資産税未経験でも人柄重視で採用する事務所は増えており、希望の業務に就ける可能性が高いといえるでしょう。
具体的に転職するにあたって持っておくべきマインドとしては【希望の業務は絶対に譲らない】です。
会計市場としても社会のトレンドとしても資産税部門に就くなら今が最高のタイミングです。妥協はせず希望する業務は譲らないようにしましょう。この時期だからこそ多少のわがままも通用するのです。
また、求人自体も多くあるため腐ることなく次々に応募し続けましょう。
今転職を考えている方、その考えは絶対に間違っていません。この波に上手く乗り、新たなキャリアの可能性を広げてください。

資産税(相続・事業承継)ができる環境へ転職したい方へ

資産税未経験だが新たにチャレンジしたい、もっとレベルの高い仕事がやりたいなど資産税(相続・事業承継)に関する求人に興味を持つ転職希望者が増えています。「今の自分のレベルで資産税に強い会計事務所に転職できるのか?」「資産税を取り扱っている会計事務所はどのようなところがあるのか?」「資産税も法人もバランスよくやりたい」など多くの細かい悩みや不安があるかと思います。ご自身でこうした不安や悩みを解消できない場合は、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

ジャスネットキャリア
会計分野に強い転職エージェントです。相続や事業承継に興味のあるという税理士の方の転職実績も豊富で、自分のキャリアでどこまでチャレンジできるのか悩んでいる方、相続も法人もバランスよくやりたいけどなかなか良い会計事務所が見つけられないなど悩んでいる方は相談してみましょう。



MS-Japan
税理士法人・会計事務所への転職はもちろん、
事業会社の経理や財務部門などにも興味のある方におすすめの転職エージェントです。
非公開求人もたくさん扱っており、幅広い求人の中から最適なキャリアを目指しましょう。

DODA
相続や事業承継に関する求人が多数あります。
会計事務所の求人はもちろん事業会社の相続関連の求人も数多くあります。
その他相続のみならず数多くの求人を取り揃えているためとりあえずどこか登録してみようかな、くらいの温度感の人が登録するのによいかも知れない。

会計事務所の転職・求人記事一覧へ