税理士の専門特化型の会計事務所への転職について

会計事務所の転職

資産税や国際税務、SPC、医療、飲食など様々な業種・分野に特化している会計事務所が存在していますが、
会計事務所が特化型のサービスを展開するメリットとしては、特定の分野・業種に特化することで深くて価値の高いノウハウを積み上げていくことができ、高度で専門性の高い価値あるサービスを提供していくことができる点にあります。

例えば飲食業に専門特化している会計事務所では、開業や出店に係わる資金調達や借入に関するサポート業務、マーケティング支援、飲食業ではパート・アルバイト従業員が多くなるのでそうした方々の給与・労務サポートなど業界特有の悩みも踏まえたかゆいところに手が届くきめ細かなサービス提供を行っています。
こうした特化型の会計事務所へ税理士が転職するメリットとしては、ある一つの分野に関して超プロフェッショナルを目指すことができるということでしょう。
税務・会計に関するノウハウだけではなく、クライアントの悩みを全面的にサポートしサービス提供していくことが求められているため、飲食業を経営していくにあたり必要となる知識・ノウハウが全て身につくため、とてもやりがいのある仕事となります。

冒頭で述べた飲食や医療などのわかりやすい分野のみならず、スポーツ選手や芸能人等を中心とした会計事務所もあり、こうしたニッチな分野で一定の立場を築くことができれば安定した事務所経営が可能となります。
ニッチな分野の専門特化型の会計事務所は噂や口コミでクライアントがどんどん増えていく傾向にあるので、一度成功をおさめるとどんどん伸びていく傾向にあることから、比較的成功しやすい傾向にあります。

ただ、転職という点ではデメリットもあり、特化しているが故につぶしがきかなくなる可能性もあります。
特に業種特化の会計事務所の場合、一般的な法人税務など汎用性の高いスキルは身に付きにくいため、キャリアチェンジしようと思った際に苦戦する可能性はあるでしょう。
この先ずっと特化した業界の中でやっていきたいということであれば非常に良いとは思いますが、なんとなくで選んでしまって後悔される方も一定数いらっしゃいます。

そのため、特化型の会計事務所へと転職される際は、念のため転職エージェント等から詳細な情報を収集しておくことをお勧めします。
税理士として幅広い汎用性のあるスキルを伸ばしていきたいのかどうかなど、よくよく考えた上で転職を決断されることをお勧めします。
転職エージェント等への相談をお考えであれば以下の記事を参考にしてください。
税理士や会計事務所への転職に詳しい転職エージェントについて解説しております。

税理士の転職におすすめの転職エージェントを紹介!

2019年1月6日

会計事務所の転職に強い転職エージェントを紹介!

2018年9月28日

また、専門特化型の会計事務所に限らず税理士がどのようなフィールドへ転職することができるのか興味のある方は以下の記事もご参考ください。

税理士が転職して活躍できるフィールドは?税理士の転職先と転職事情を考える