【会計士の転職】いつか転職したいという考えは転職機会を逃す

公認会計士の転職情報


公認会計士が転職を考え始めるきっかけとして、監査業務のマンネリ感やそこから来る不安があげられます。

やりたいことが明確にあって、そこに向けてキャリアを実現するために転職をする方もいますが、最近の傾向としては監査に飽きたというものや会計士(監査業務)の将来性に不安を感じて転職が頭をチラつき始めるケースが多いように感じます。

転職相談を行っていても、この先どのようなスキルを身につけていけばいいか?監査業務経験だけでは生き残っていけない気がするけど何をすればよいのかわかりません、といった悩みを抱えている方は多くなっています。

ただ、多くの方がいつか転職したいと思っているだけで、具体的に行動を起こさないため、いつまでたっても転職することができず、いざというときに転職できなくなってしまうケースや年齢がネックになって希望通りの転職ができないケースも出てきています。

20代中盤~後半にかけて転職しようと思っていたけど、気がついたらたいした経験も無いまま30代になっていて転職しようにも年齢がネックになり苦戦されるケースもあります。

そのため、ここでは、監査業務に飽きてきた・なんとなく不安だから「いつか転職しようと思っている」という方に向けて、
転職が頭をチラつき始めたらどのようなことをするべきなのか見ていきたいと思います。

会計士のキャリアパスを知ることで現在の仕事にも価値を見出すことができる

監査に飽きたから転職したい、というケースにおいては、現在行っている監査業務がただの作業になってしまっているケースが見受けられます。
これは非常にもったいないことで、監査を通じてその企業のビジネスモデルから収益の仕組み、失敗する点など様々なことが読み取れるのです。

様々な企業のビジネススキームや事例を数字をとおしてみることができ、こうしたことを自身の今後のキャリアを意識した上で取り組むことで監査業務もただの作業ではなくなります。

もちろん、大手企業の監査を行っている方が多いので、部分的にしか関与できないといった問題もあるかもしれませんが、それでも意識が変わるだけで十分意味のある仕事になります。

監査に飽きたからいつか転職したいとお考えの方は、具体的にやりたいことが決まっていないケースが多いのですが、まずは会計士にはどのようなキャリアがあるのかしっかり知ることが重要です。

他の公認会計士の方がどのようなキャリアを歩んでいるのか、監査法人の経験を活かしてどのようなところに転職出来てどのようなスキルを身につけてどのようなフィールドで活躍していくことができるのか、しっかり頭に入れておきましょう。
公認会計士のキャリアや転職先については以下の記事で解説しておりますので、こちらの記事をご参照ください。
ここでは説明を省きます。

~公認会計士の転職~監査法人から転職したい会計士が活躍できる転職先は?

2018年4月5日

上記のように、どのようなキャリアがあるのか知ることで、あなたにも目標ができる可能性が高まります。また、目標ができることで、現在のあなたに足りないスキルや経験が見えてくると思いますので、現在行っている業務についてもハリが出てくることでしょう。

ただ漠然と「いつか転職したい」と思って仕事をしているのと目標をもって仕事に取り組むのとでは、自身の成長に大きな差が出ますので、たとえ今すぐ転職をお考えでなかったとしても情報収集は行っておくべきです。

また、こうした情報を取得しておくことで、漠然とした転職に対する不安は薄くなるものですので、転職することを前提とするのではなく、情報収集目的で転職活動を行ってみるのも良いかと思います。

会計士の転職において年齢がネックになるケースもある

どの職種でもそうですが、公認会計士も年齢によって求められるスキルや経験というのは変わってきます。

例えばコンサルティングファームに転職するケースにおいて、会計士の業務経験が活かしやすいFAS等においては監査経験しかない30代の会計士でも十分転職は可能なのですが、それ以外の戦略コンサルを始めとする、会計士でなくても良い職種に関しては新たに覚えなければならないことも多いため、比較的若い年齢の方が有利なケースもあります。

一方、事業会社の財務や経理への転職というケースではインチャージの経験も評価対象になったりするので、このようなケースでは焦って転職する必要はないこともあります。

いずれにせよ、どこで何をやりたいかによって、年齢・スキル要件が変わってきますので、なるべく早いうちに各業種・業界で求められる経験やスキルに関する情報を取得しておきましょう。

いつか転職したいという気持ちでいると気がついたら40代目前になっていたという感じで年齢だけ上がってしまい、結局希望するキャリアが歩めなかったということになりかねませんので、なるべく早い段階から情報収集を行っておきましょう。

転職先の業界・年齢によっても求められるものは変わるということを念頭においておきましょう。

会計士のキャリアパスや転職事例について情報収集をするなら

情報収集をするケースでは、一番有効なのは、先輩会計士の話を聞いたりすることです。

やはり直接生の意見を聞けるというのは、あなたのモチベーションアップにも繋がりますし、実体験を基にした話が聞けるのでとても参考になります。
しかし、主観的な話であり、属人的な傾向が出てくるので注意は必要です。

そのため、客観的に第三者目線での話を聞くためにも、やはり転職エージェントにも意見を聞いてみることをおすすめします。

最近は人材業界も人手不足が続いている関係でエージェントのレベルも若干落ちてきており、
ただ求人を紹介するだけ、というところが増えてきています。

このようなエージェントの場合、なかなか参考になる意見は聞けませんので注意が必要です。

一方で、転職相談は親身にのってくれるけど、全然求人の紹介をしてくれない会社もあります。
このようなケースでは保有求人が少ないので、とにかく相談を重視しつつ、自社が保有する求人に誘導しようとする傾向にあるため、やはり注意が必要です。

そのため、求人の量と転職相談の質のバランスが良い転職エージェントに相談するのが最も良いと考えられます。

求人の量と質及び転職相談もそれなりにやってくれる転職エージェントは、現在であれば、マイナビ会計士がバランスが良いかなと感じました。

大手の転職会社ということもあり、求人は多数保有しています。
加えて公認会計士の転職に詳しい専任のエージェントもいらっしゃるため、求人と相談のバランスは比較的良い方です。

多くの公認会計士の転職事例を基に、ケースごとのキャリアパス事例や必要とされるスキル、監査法人で経験しておいた方が良いことなど、参考になる意見を聞くことができます。

ハイレベルな環境へ身を置きたいという会計士からワークライフバランスを重視した職場へ転職したいという方まで幅広く対応できるので、いろいろな悩みに合わせた転職相談が可能です。

また、転職を焦らせられるようなことはないので、いつか転職したいとお考えの会計士の方にもとてもおすすめです。
じっくり転職活動を行い方もすぐに転職したい方もいずれのケースでも対応が可能なので、まだ登録したことがないという方は一度相談してみると良いでしょう。

ただ、最近はAIを活用した転職サービスを利用して、手間なく効率的に転職を進める公認会計士も増えています。

最速転職HUPROの無料AI転職診断では、AIと大量のデータを活用して、現在のあなたにピッタリマッチする転職先を超スピーディーに紹介してもらえます。

転職にかかる手間を大きく削減できるので、転職活動の負担がかなり軽くなります。

本来であればエージェントと対面で合わないともらえないような情報も気軽に取得することができるので、
転職活動のとっかかりとして活用するのにとても良いです。

実際にこちらを活用して、事業会社やコンサルティングファームへの転職を成功させている方は増加していますので、腰が重くてなかなか転職活動が始められていないという方に関しては、2019年現在としては、こちらもいいのかなと思います。

いつか転職したいとお考えであれば、まずは会計士としてどのようなキャリアパスがあるのかを知ることで、あなたの行く先のヒントになると思いますので、とりあえず転職サイト等で情報収集するところから始めてみてはいかがですか?

腰が重い公認会計士におすすめの転職サイト
エルキャリ
※監査法人勤務や経理経験、起業して自身でビジネスを行っているコンサルタントに転職相談をすることができます。
様々な経験をしているため、転職のタイミングや業界を考える上で相談するのに良いでしょう。

最速転職HUPROの無料AI転職診断
※AIとデータを活用してあなたに最適な求人先を最速で提案してくれます。
もちろんAIによるマッチングだけではなく、会計士の転職に詳しい専任のエージェントに電話やメールで相談することもできるので、安心して活用できます。
企業の残業データや有休消化率等のデータも加味しているので、ワークライフバランス重視の方が企業探しをするのにも良いです。
転職活動って面倒くさそうだなと思っている人がまず初めに利用するにはもってこいなので、腰が重くてなかなか転職活動始められていない方は良いでしょう。

マイナビ会計士
※大手の人材紹介会社ということもあり、安定しています。
こちらは対面型の転職エージェントなので、マイナビさんのオフィスまで訪問しなければなりませんが、面接対策や書類の添削も丁寧にやってくれるので、じっくり転職活動したい方によいです。
事業会社・コンサル系の転職に興味があるのであれば、情報収集するのに良いでしょう。

人気記事公認会計士の転職先とキャリアについて

人気記事公認会計士におすすめの転職エージェントは?転職先ごとにエージェントを使い分けよう



CFO・経理・財務・IPO・M&A関連の転職に強み!
転職エージェントサービスの紹介!

IPO準備企業のCFO求人や各種IPO支援を行うファーム、M&Aに係わるコンサルティング、事業会社の経理・財務等会計士がキャリアアップやキャリアチェンジを目指した転職支援を行っています。
労働環境を良くしたいとお考えの方の転職サポートももちろん行っておりますので、転職をお考えの方はお気軽にご利用ください。
«前へ
次へ»