税理士のコンサルティングファームへの転職!会計事務所からコンサルへの転職などを考える

税理士として経験を積んできた人が、会計事務所からコンサルに転職する事例は少なくありません。

転職の際に選べる現場の候補や転職におけるメリットなどを一通り理解し、コンサルティングの道へ進むかどうかを考えてみましょう。

コンサルティング会社の種類

転職先の候補となるコンサルティングファームにはいくつか種類があります。

税理士が活躍できる可能性が高いコンサルティングファームは最初に記載する会計系のコンサル会社になろうかと思いますが、それ以外の領域で活躍するケースもあるため、まずはザックリと全体を見てみたいと思います。

転職先の候補を見つけるときのためにもそれぞれの特徴を簡単に把握しておきましょう。

会計系コンサルティングファーム

税理士法人系列などの会計系のコンサルティングファームが最も転職しやすい先となるでしょう。

M&Aや事業承継、事業再生等、IPO支援、その他税務コンサルティングなど会計・税務を中心に様々な領域のコンサルティングを行っています。

会計事務所・税理士法人が母体となっているケースが多く、税務・会計支援の付加価値としてこうしたコンサルティング業務を提供していることから、勤務者にとっても双方を経験することができ、キャリアとしてはプラスに働きます。

事業再生では事業が立ち行かなくなりそうな企業の再建を多角的にサポートを行いますが、ステークホルダーとの間に立って交渉するなど、事業再生に向けて色々な角度から手を差し伸べているのが特徴です。

税務知識・スキルを活かして仕事をすることが可能です。

昨今単純な税務業務(作業)しかできない税理士の需要は減少傾向にあるため、こうした経験が積めるコンサルティング会社への転職はとても良いでしょう。

クライアントとの対話が求められるので、コンサルティング業務全般に言えることですが、コミュニケーション能力は必須となります。

総合系コンサルティングファーム

総合系は企業の抱える課題の解決や将来展望に関する戦略を、代表として総合的な経営のアドバイスをするのが特徴です。

会計事務所経験しかない税理士が転職するケースはそこまで多くありませんが、一定度の活躍が見込める領域です。

戦略系コンサルティングファーム

戦略系は経営戦略に特化したアドバイスを提供するのが特色で、新規事業戦略や吸収合併など大きな転換となる戦略を提案しています。

ただし、求められる要件は非常に高く、税理士の方が転職するケースはほとんどありません。

また、面接などにおいてもケース面談等の特殊な面談が組まれるので相応の対策が必要となります。

シンクタンク系コンサルティングファーム

シンクタンク系は調査やリサーチをメインとしているのが特徴で、ITの活用やマネジメントに関するコンサルティングも行っています。

人材系コンサルティングファーム

人材系は企業のビジョンや人事戦略、人事制度に関する改革をサポートしているのが特色です。

人事部門が抱える福利厚生や人材教育などの課題についてもアドバイスしています。

IT系コンサルティングファーム

IT系はITを活用する事業戦略や業務改善、システム導入支援などを行うのが特徴で、マーケティング戦略の策定にも貢献しています。

マーケティング系コンサルティングファーム

マーケティング系は商品やサービスの広告から内部マーケティングに至るまで幅広く補助しているのが特徴です。

ただアドバイスをするだけでなく、具体的なシステムの提案をするのが一般的になっています。

税理士法人系列の会計系コンサルティング会社へ転職し経験を積むのが一般的

税理士がコンサルを目指すうえでは税理士法人あるいはそこから派生・独立してできたコンサルティング会社などの関連するファームへ転職することが一般的であり、そうすることでこれまでの税務経験を活かしつつコンサルティング業務に入っていけるので、負担が少なく経験が積みやすいと言えます。

コンサルとして税理士が求められるゾーンとしては基本的に税務コンサルティングの部分であり、そこに集中して業務を行って欲しいというケースが多く、また税理士自身も税務に関するコンサルティングに特化することを望む傾向があるため、大半がこの領域となります。

その中においてどのような領域に携わるか次第というのもありますが、コンサル業務においては税務・経営に関する知見はもちろんですが、IT/システム、マーケティングなど広く経験が求められる業務もあり、また、それらの専門家とチームを組んで業務にあたることもあるため、幅広いスキル・知見が身につきます。

ご自身が税理士として独立する際にもこのコンサルティング業務経験が非常に役立つでしょう。

専門領域に特化したコンサルティングも

一般的には企業に対する各種税務コンサルティングが中心となりますが、少し変わった領域のコンサルティングとして、例えば飲食店に専門特化した税理士法人等では飲食店の立ち上げから軌道にのせるまでの部分までを一貫して支援を行う経営の総合コンサルティングまで含めた支援を行ったりするようなコンサルティングという立ち位置もあります。

このケースでは税務だけでなく、出店に関するマーケティングも含めた支援を行うため、当該領域における専門家としてのスキルが身につきます。

こうした専門領域は飲食に限らず、福祉に専門特化した税理士法人やコンサルティング会社、歯科医療などの分野に専門特化したコンサルティング会社、国際に特化したコンサルティング会社など各種領域に特化し、その業界ならではのスキルを身に着けコアなコンサルティングサービスを提供しています。

独立もしやすく、また、特化しているが故に報酬も高いのでうまく当てはまる人にとっては天職になります。

ただ、一般的な税理士としての業務に戻ってき難いなどのデメリットは多少あるのでご理解のうえキャリアを決定しましょう。

税理士がコンサルティング業務に転職すると年収はどれだけアップする?

税理士がコンサルティングファームに転職したときに、どのくらいの年収になるかはケースバイケースです。

例えば所員数10名程度の会計事務所からなんとか会計系コンサルへ転職ができたと仮定して、年収は多少上がるケースが多いかと思います。

一般的な中小企業の顧問業務・申告などを行う税理士として働いている人に比べると、コンサルティングファームに転職した人は100万円程度のベースアップに成功しています。

働き方によってはもっと高い水準で給与を得られるようになっているので、経営に関する知識とスキルを手に入れるのに意欲的な人は勉強した上で転職することを検討した方が良いでしょう。

ただ、給与が上がった分純粋に労働時間が伸びているというケースもあります。

税理士がコンサルティングファームに転職するメリットは3つ!

税理士は本当にコンサルティングファームに転職すると良いのでしょうか。

税理士がコンサルティング業務に従事するメリットや、転職によって得られる魅力について理解しておきましょう。代表的なメリットとして知られている者には3つあります。

クライアントに付加価値を提供しやすい

単純な税務だけでなく経営課題を解決する提案スキルを持つことで付加価値の高いサービスが提供できる税理士として需要が高くなり、転職という視点でも市場価値は高まりますが、独立した際にも案件を獲得していく上で有利となるでしょう。

税理士・コンサルとしての経歴と実績がこのような付加価値を生み、活躍できる機会を飛躍的に増やしてくれるでしょう。

年収が上げやすい

前述のように一般的には税理士として働いているよりも、そのキャリアを生かして経営コンサルタントとして働くなど選択肢も増えますので、年収を上げようと思えばあげられるようになります。

コンサルティングスキルを身に着けることでやれることが増えるわけですからご自身の選択で案件受注を増やすことも減らすことも可能になっていきます。

クライアントに選ばれる税理士になれる

単純な税務に関するアドバイスや申告業務しか出来ない税理士の需要は減少しつつあります。

経営や財務に関するアドバイスをしてもらえるとなるとクライアントに喜ばれるのは明らかでしょう。

税理士として働きつつ、経営についても関与していける魅力的な立ち位置を獲得できるのがメリットです。

税理士の場合、コンサルティングスキルが無い人がかなり多いので、差別化という意味でもよろしいかと思います。

将来コンサルティングができる税理士は生き残る

昨今AIの台頭により税理士の仕事はなくなると言われています。
ちなみに今のところ無くなる兆しはありません。

ただ、記帳等の単純業務は減少しており、価値も下がっていきますので、今後単純作業は無くなっていくでしょう。

一方で、経営の悩みである資金繰りや財務に関する問題の解消の需要はなくならないでしょう。

こうした問題は、経営者とのコミュニケーションを重ねて解消していく問題であり、それらを解決していくためには、テクニカルな税務スキルも重要ですが、周辺分野の知識やコミュニケーション能力がとても重要です。

コミュニケーションスキル等の経営者の不安を解消してあげるスキルは今後重要になってきますので、コンサルティング業務の経験を積み、こうしたスキルも磨いていくと良いでしょう。

なお、税務の延長線上で、MAS業務と呼ばれる経営アドバイスを行っている会計事務所も多くありますが、とりあえずコンサルティング的な業務がやってみたい、くらいの感覚の方はこうしたMAS業務に力を入れている会計事務所に転職して経験してみるのも良いでしょう。

こちらもコミュニケーションスキルがとても重要となる業務です。

現在単純業務ばかり行っているという方は、この機会に是非ステップアップのための転職を考えてみてはいかがでしょうか。

こうしたキャリアを意識した転職先を考えていきたいケースではレックスアドバイザーズのような税理士のキャリアに精通しているエージェントに相談するのがおすすめです。

参考会計事務所・税理士に強い転職エージェント・転職サイトを紹介!

忙しい税理士のためのAI転職診断!<PR>

最速転職HUPROのAIを活用した最速転職診断なら効率的にあなただけのあなたにマッチした求人を見つけることができます。 AI(人工知能)と専任のエージェントが手間なく・速くて効果的な転職活動をサポート! 税理士資格や簿記、税務・会計スキルを活かした転職先を効率的に見つけましょう。会員登録(無料)後転職診断機能等が利用できます。
ABOUT US
樋口 智大株式会社インテグラルベース 代表取締役
2014年4月から公認会計士・税理士の人材紹介を行う株式会社レックスアドバイザーズに勤務し会計士の職業紹介事業や会計専門メディアの立ち上げに携わる。2018年5月に独立し、株式会社インテグラルベースを創業、現在は採用人事に係わるコンサルティングなどを行っています。 士業JOBでは、公認会計士や税理士の人材紹介事業で培った経験や人脈なども活用し、転職に際して役立つ情報の配信を行っている他、多くの人材紹介会社とも協業し、最新の情報をブラッシュアップしながら配信を行っています。