経理・財務の転職で年収600万円以上をもらうのに必要なスキルや経験は?

経理・財務の転職お役立ち情報

経理のお仕事は、会社が運営している限り必須のポジションです。

専門性が強くなるので、経験があれば転職にも有利に働くでしょう。

具体的に年収600万以上を目指すためには、どのようなスキルや経験を持っていると有利になるのでしょうか。

この記事では、経理や財務の転職で年収600万円以上をもらうために必要なスキルや経験について説明して行きます。

経理の年収の相場と年齢やスキル・英語力との関係は?

経理職の平均年収は約500万円です。

日本人の平均年収が420万円程なので、平均よりは高い収入を求める事ができる職種でしょう。

ただ、経理の年収は実力というよりは、働いている会社によって差が出るようです。

大企業はもともとの給料水準が高いため、年功序列の制度により、経理の経験年数というよりは会社での勤続年数や年齢によって差が出ます。どんなに高いスキルを持っていても、その会社に留まる限りは年功序列には勝てません。

年収を上げたいと思ったら、給料水準の高い企業への転職を目指すのが一番なのです。

転職を目指すうえで、600万以上の年収を求めるためには、その企業に好まれるスキルを身に着けておく必要があります。

大企業と中小企業の間には大きな賃金格差があります。1000万を超える年収を得ることができる会社もあれば、200万に満たない年収で働いている中小企業の社員も沢山いるのです。

大企業ではグローバル化の影響により、英語スキルがある人材を求めていますので、英語ができることをアピールできれば有利になるでしょう。

また、経理の上級資格を持っていれば経営の上部で活躍できることのアピールにもつながります。

経理の転職で600万円以上の年収を得るために必要なスキル・資格はこの3つ!

600万円以上の給料水準の高い会社への転職を目指すうえでアピールできるのは、経理の上級資格と英語力を証明する資格です。

資格があれば、客観的な自分の評価につながりますね。持っておきたいスキル、資格には次のようなものがあります。

簿記

日商簿記2級の資格は、経理職では必須でしょう。そこまで難関ではないので、きちんと勉強すれば取得は可能です。

基本的な経理の基礎があることの証明となります。

次に日商簿記1級ですか、2級と比べてハードルが非常に高いです。そのため、取得することによって評価が高まることは間違いありません。

経営の幹部を目指すのであれば、経営全般に役立つ中小企業診断士の資格もよいですね。

税理士科目

税理士になるためには全科目合格が必要ですが、個別の科目合格でも評価につながります。

簿記論や財務諸表論を取得すれば、基礎的な経理の知識をアピールできます。

法人税法や消費税法であれば、経営での評価も高くなるでしょう。

TOEIC

大企業や外資系企業では、英語のスキルは大きなアピールに繋がります。

TOEIC最低700点以上、800点以上あれば評価も高くなります。

管理職を目指すのであれば、ビジネス英語の経験を問われることもありますが、30歳くらいまでであればそこまで実用経験を求められることは少ないようです。

経理の転職で600万円以上の年収を得るために必要な経験はこの3つ!

転職する時、それまでの経験は大きなアピール材料となります。

評価されるスキルとともに提示できれば、経理職での600万以上の年収を得るうえでの大きなアドバンテージになるでしょう。

次のような経験があれば理想の転職にぐっと近づきます。

会計・財務・税務の3年以上の実務経験

経理の仕事は資格があればできるというものではありません。若いうちの転職であれば未経験でも可能性があるかもしれません。

しかし、即戦力を求められる企業への転職は、実務経験なしではなかなか厳しいといえるでしょう。

一つの業務を続けてきたのであれば専門性をアピールできますし、広範囲の業務を担当していれば様々なケースに対応できることが評価の対象になります。

業務上の英語使用経験や海外経験

グローバル化が進む大企業や外資系企業への転職をするにあたり、英語力を求める企業は多いです。

現地での英語使用経験があれば、評価は高くなります。ビジネスで英語を使用した経験があれば、積極的にアピールしましょう。

ビジネスレベルの中国語スキル

日本と世界の企業との取引を考えたとき、中国の存在を無視することは出来ません。

目覚ましい発展を遂げている中国ですので、クローバル企業の取引先としては大きな存在です。

英語と同じように、中国語の使用経験があれば、企業での評価も高くなるでしょう。

経理の転職で600万円以上の年収を得るために必要なマネジメント能力とは?

経理で600万円以上の年収を目指すにあたって、経験やスキルだけでなく、マネジメント能力も求められる場面があります。

マネジメントとは経営管理のことを指し、企業の経営の上層部分を担うために必要な能力です。

経理の仕事は企業の管理部門の根幹部分に携わる必要があるため、決算業務を行いつつ、組織の統括も担っていけるような能力を求められることがあります。

特に大企業では、グループ会社や支社、子会社などたくさんの部門があります。必然的に人員配置も複雑で膨大になっていくため、管理していける能力がある人物を企業は高く評価してくれるでしょう。

仕事に対する積極性や、コミュニケーション能力が問われます。

経理の転職で年収が600万円以上になった人はこんな人!

経理での転職に成功した人の体験談を聞くと、年収600万円以上の転職に必要なスキルや経験がみえてきます。

大企業の子会社に就職したTさんは、入社間もなく親会社に出向となります。そこでの配属は経理部門でした。

期間限定の出向でしたが、そこで働くうち、子会社には戻らず上場企業での経理スキルを磨きたいと思うようになります。

年は30歳前半でまだ若く、いずれは海外での勤務も経験してみたいという希望もあったようです。

出向先の会社では、連結決算や単体決算、有価証券報告書の作成など、企業で必要となる一連の業務は一通り経験がありました。

Tさんが選んだのは、経理ではなく税務のポジションを募集している大手企業でした。

税理士の資格を持つ上司がおり、企業の連結決算などの業務を手伝いつつ、税務の経験を積むことができるところが決め手だったようです。

経理とはまた違った経歴を積めるという事は、Tさんのキャリアアップにも大きく役立ちます。海外出向の機会もあり、中途社員の採用に積極的だったところもTさんの希望にぴったりでした。

Tさんは前職での経験を踏まえつつ、これから何をしたいのかというビジョンを明確にすることで、見事大企業への転職をものにしました。

仕事に対する前向きな姿勢と、チャレンジ精神が評価されたといえるでしょう。

経理の転職で年収が600万円以上になるために必要な経験とマネジメント能力を抑えよう!

経理で600万円以上の年収を狙うには、大企業や、外資系企業への転職が不可欠です。

簿記などの経理の資格や実務経験といったスキルに加え、自分を含めた総合的なマネジメント能力が求められます。

さらに、グローバルに対応できる英語力や中国語といったビジネススキルがあれば、きっと理想の転職に近づくことが出来るでしょう。

人気記事経理・財務に強い転職サイト・転職エージェントは?転職で失敗しないために

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

IPO準備企業や新規事業展開を行う成長企業の管理部門(経理・財務・人事・法務)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門人材としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。
«前へ
次へ»