経理・財務の転職で年収600万円以上をもらうのに必要なスキルや経験は?

経理のお仕事は、会社が運営している限り必須のポジションです。

専門性が強くなるので、経験があれば転職にも有利に働くでしょう。

経理転職者の方がよく上げる年収の基準として600万円を提示される方がいますが、具体的に年収600万以上を目指すためには、どのようなスキルや経験を持っていると有利になるのでしょうか。

この記事では、経理や財務の転職で年収600万円以上をもらうために必要なスキルや経験について説明して行きます。

経理の年収の相場と年齢やスキル・英語力との関係は?

厚生労働省賃金構造基本統計調査によると経理事務の平均年収が444万円です。

日本人の平均年収が420万円程なので、平均よりは高い収入を求める事ができる職種でしょう。

ただ、経理の年収はご自身の実力・スキルの高低以上に、働いている会社によって差が出るようです。

大企業はもともとの給料水準が高いため、年功序列の制度により、経理の経験年数というよりは会社での勤続年数や年齢によって差が出ます。どんなに高いスキルを持っていても、その会社に留まる限りは年功序列には勝てません。

年収を上げたいと思ったら、給料水準の高い企業への転職を目指すのが一番なのです。

転職を目指すうえで、600万以上の年収を求めるためには、その企業に好まれるスキルを身に着けておく必要があります。

大企業と中小企業の間には大きな賃金格差があります。1000万を超える年収を得ることができる会社もあれば、200万に満たない年収で働いている中小企業の社員も沢山いるのです。

大企業ではグローバル化の影響により、高度な財務会計スキルに加えて英語スキルがある人材を求めていますので、英語ができることをアピールできれば有利になるでしょう。

また、経理の上級資格を持っていれば経営の上部で活躍できることのアピールにもつながります。

経理の転職で600万円以上の年収を得るために役立つ資格はこの4つ!

600万円以上の給料水準の高い会社への転職を目指すうえでアピールできるのは、経理の上級資格と英語力を証明する資格が一例として挙げられます。

もっとも、誤解の無いよう記載しておくと、資格の有無はあくまでアピールポイントとしての要件であり、必須という事でもありません。

どちらかというと経験と実際のスキルが重要です。

ただ、資格があれば、客観的な自分の評価につながります。参考までに年収600万円以上の方は次のような資格を有していることも多いです。

簿記

最低限として日商簿記2級の資格は、経理職では必須でしょう。

そこまで難関ではないので、きちんと勉強すれば取得は可能です。

基本的な経理の基礎があることの証明となります。

次に日商簿記1級ですか、2級と比べてハードルが非常に高いです。そのため、取得することによって評価が高まることは間違いありません。

公認会計士・税理士

公認会計士資格を有し企業内部で財務経理ポジションで勤務される方も増えています。

会計士が経理として勤務するパターンは大手上場企業あるいはベンチャーのCFOに近しいポジションとなるため、年収は比較的高い傾向にあります。

昨今の高度化・複雑化する社会情勢において企業は財務・会計の専門的な知見を有する人材を常に欲していますので、会計士資格を有していないにしても、深い専門性をお持ちの経理パーソンは高い評価を受けるケースもあり、年収UPに繋がることも多いです。

また、これから経理を目指す、経理としてのキャリアのきっかけをつくという意味においては会計士試験合格(短答)も評価されるので20代であればそこからキャリアを築くこともできるでしょう。

なお、公認会計士になるには難しい試験(短答式・論文式)に合格した上で実務要件を満たし修了考査に合格する必要が求められるので、非常に難関です。

一方で税理士資格者に関してですが、企業内ではそこまで多く求められるものではありませんが、税務申告経験のある人材を求めるケースも多い他、海外展開する企業においては国際税務の知見があるケースにおいて高い年収が提示されるケースも多くあります。
税理士になるためには全科目合格が必要ですが、個別の科目合格でも評価につながります。

簿記論や財務諸表論を取得すれば、基礎的な経理の知識をアピールできます。

法人税法や消費税法であれば、経営での評価も高くなるでしょう。

その他、中小企業診断士としての知見が評価されるケースもあり、そこから幹部へステップアップし高い年収を得ている方もいます。

ただし、いずれも経理として必須というワケでは無く、あくまで資格という視点で見た際のケース事例という形でのご案内です。
また、資格だけ持っているから評価されているわけではなく、やはり当該資格者としての勤務経験があってこその評価となります。

TOEIC

大企業や外資系企業では、英語のスキルは大きなアピールに繋がります。

TOEIC最低700点以上、800点以上あれば評価も高くなります。

管理職を目指すもしくは海外勤務を目指すのであれば、当然ビジネス英語の経験を問われることもありますが、一般的な日系企業であれば評価はされるけどそこまで実用経験を求められることは少ないです。

そのため、英語を活かしたいというケース以外であったとしても語学力があって損をすることは無いでしょう。

英語も含めて、これらはあくまでパターン・事例の話であり、実際に何が必要とされるかは個々人の置かれている状況にもよるため、資格に頼るといった発想は控えた方が良いでしょう。

どちらかといえばスキル・経験が重要です。

経理の転職で600万円以上の年収を得るために必要な経験はこの5つ!

転職する時、それまでの経験は大きなアピール材料となります。

評価されるスキルとともに提示できれば、経理職での600万以上の年収を得るうえでの大きなアドバンテージになるでしょう。

次のような経験があれば理想の転職にぐっと近づきます。

会計・財務・税務に関して1社で3~5年以上の実務経験

経理の仕事は資格があればできるというものではありません。若いうちの転職であれば未経験でも可能性があるかもしれません。

しかし、即戦力を求められる企業への転職は、実務経験なしではなかなか厳しいといえるでしょう。

一つの業務を続けてきたのであれば専門性をアピールできますし、広範囲の業務を担当していれば様々なケースに対応できることが評価の対象になります。

また、年間を通した経理業務経験も転職市場では求められますので日常経理から月次、四半期、年次と行い、それらを踏まえて翌年どういったアクションをしてどういった改善ができたのか等の実績があると年収UPでの転職がしやすくなります。

そのため短期での転職をするのではなく、最低3年程度は1社で経験しておく必要があります。

高い専門性を持つ

やはり専門職としての一面もあるので、高度なスキルを持ち難易度の高い業務が任せられる場合は年収UPがしやすいです。

連結会計、減損会計、国際関連処理など通常の経理業務プラスアルファの知見があると給与UPがしやすいです。

また、経理処理ということでなく、財務的な知見を高めていくことで要職につきやすくなるので年収600万円以上も可能です。

業務上の英語使用経験や海外経験

グローバル化が進む大企業や外資系企業への転職をするにあたり、英語力を求める企業は多いです。

現地での英語使用経験があれば、評価は高くなります。ビジネスで英語を使用した経験があれば、積極的にアピールしましょう。

ビジネスレベルの中国語スキル

日本と世界の企業との取引を考えたとき、中国の存在を無視することは出来ません。

目覚ましい発展を遂げている中国ですので、クローバル企業の取引先としては大きな存在です。

英語と同じように、中国語の使用経験があれば、企業での評価も高くなるでしょう。

課長以上(マネージャー)になる

多くの企業でマネージャーの年収提示が600万円~というものが多いため、やはり管理職になるのが年収600万円を得るのに最も効果的と考えられます。

企業規模に関わらずベンチャーから中小でもこの傾向にあります。

特に伸び盛りのベンチャー企業では一定経験以上の経理人材が不足しているので意外と600万円提示が出る傾向にあります。

ただ、マネジメント経験やスキルが要されますので、そのあたりは押さえておく必要があるでしょう。

経理の転職で600万円以上の年収を得るために必要なマネジメント能力とは?

経理で600万円以上の年収を目指すにあたって、経験やスキルだけでなく、先ほど記載したように管理職に近いポジションになるケースもあることからマネジメント能力も求められる場面があります。

マネジメントとは経営管理のことを指し、企業の経営の上層部分を担うために必要な能力です。

経理の仕事は企業の管理部門の根幹部分に携わる必要があるため、決算業務を行いつつ、組織の統括も担っていけるような能力を求められることがあります。

特に大企業では、グループ会社や支社、子会社などたくさんの部門があります。必然的に人員配置も複雑で膨大になっていくため、管理していける能力がある人物を企業は高く評価してくれるでしょう。

仕事に対する積極性や、コミュニケーション能力が問われます。

経理の転職で年収が600万円以上になった人はこんな人!

経理での転職に成功した人の体験談を聞くと、年収600万円以上の転職に必要なスキルや経験がみえてきます。

大企業の子会社に就職したTさんは、入社間もなく親会社に出向となります。そこでの配属は経理部門でした。

期間限定の出向でしたが、そこで働くうち、子会社には戻らず上場企業での経理スキルを磨きたいと思うようになります。

年は30歳前半でまだ若く、いずれは海外での勤務も経験してみたいという希望もあったようです。

出向先の会社では、連結決算や単体決算、有価証券報告書の作成など、企業で必要となる一連の業務は一通り経験がありました。

Tさんが選んだのは、経理ではなく税務のポジションを募集している大手企業でした。

税理士の資格を持つ上司がおり、企業の連結決算などの業務を手伝いつつ、税務の経験を積むことができるところが決め手だったようです。

経理とはまた違った経歴を積めるという事は、Tさんのキャリアアップにも大きく役立ちます。海外出向の機会もあり、中途社員の採用に積極的だったところもTさんの希望にぴったりでした。

Tさんは前職での経験を踏まえつつ、これから何をしたいのかというビジョンを明確にすることで、見事大企業への転職をものにしました。

仕事に対する前向きな姿勢と、チャレンジ精神が評価されたといえるでしょう。

給与水準の高い規模の企業あるいは業界の経理へ転職する

冒頭で記載した通り、どの企業に所属しているかもかなり重要です。

これは経理に限った話ではないかもしれませんが、利益がしっかり上がっており、伸びている企業・業界へ転職するのが手っ取り早いと言えます。

例えば以前であれば金融業界は非常に年収が高かったので、当該業界の経理、また、ITや広告業界も年収が高い傾向でした。

この辺りのトレンドは日々変化しているのでここでは具体的な言及はしませんが、こうした情報はMS-Japanなどの転職エージェントに相談することでしっかり仕入れることができるので、エージェントを有効活用していきましょう。

今伸びているという視点だけでなく、今後どうなるかという視点での情報収集も可能です。

経理の転職で年収が600万円以上になるために必要な経験とマネジメント能力を抑えよう!

経理で600万円以上の年収を狙うには、大企業や、外資系企業への転職が不可欠です。

簿記などの経理の資格や実務経験といったスキルに加え、自分を含めた総合的なマネジメント能力が求められます。

さらに、グローバルに対応できる英語力や中国語といったビジネススキルがあれば、きっと理想の転職に近づくことが出来るでしょう。

経理・財務の転職SYNCAの市場価値診断<PR>
経理・財務のスキルマッチ転職
市場価値診断を行うことでミスマッチの少ない転職が実現可能。
大手優良企業から優良ベンチャーまで年収UPが期待できる他にはない求人多数。


経理など管理部門におすすめしたい転職エージェントNo1のMS Agent<PR>

経理を始めとする管理部門転職決定率No.1の実績と創業から30年以上の歴史を持ち、保有する求人の数と質が高いのが特徴。各職種に精通したアドバイザーが所属しておりあなたにマッチする求人のご案内からキャリアの相談まで徹底サポートしています。