30代女性経理の転職 家庭もキャリアも大事にしたい!

女性が経理職として働いてきて30代で転職するかどうかで悩むことは珍しくありません。

これから仕事を頑張りたいという女性でも、この年齢になると家庭もキャリアも重視したいと思う方が増えてきます。
そういった視点における転職でのポイントを紹介します。

30代女性経理が転職する前に考えておきたいこと

国の施策などでも女性活躍などが多数あげられており、管理職における数値目標などもありますが、アンケートを取ってもどちらかというとキャリア志向の女性はまだそれほど多くなく、どちらかというと時間が取りやすいポジションでそこそこの感じで働きたいといった要望が多いです。

もちろん管理職(あるいはプロフェッショナル)を目指すというケースももちろん多数ありますが、いずれのケースにしても「時間の確保(メリハリとバランス)」は重要な要素とあげられるケースが多いため、そういった視点において経理職の人がこれから転職するときにはどのようなことを考えておいた方が良いのか見ておきましょう。

イメージだけで転職してしまうと後悔するかもしれないので、考えておくべき点を確認しておきましょう。

どんな実績やスキルがあるのか

転職するときにはアピールポイントとなる強みがないと採用してもらえないのが基本です。

企業はあくまで即戦力となる人材を求めているからで、特に経理職の場合には実績がない人材でも受け入れたいという企業がそれほど多いわけではありません。

現場で経理業務を担う人材が不足しているだけのケースもありますが、事業内容や企業成長のステージが変化したことによって今までにはなかったスキルを持っている経理職が求められるようになることもあります。

このような現場の事情を理解し、自分が今まで経理職としてどのような実績を上げてきて、その結果としてどんなスキルが身についているとアピールできるのかを考えてみましょう。

その強みを生かせれば転職に成功する可能性が高まります。

一般的に30代で最低限求められる経理スキルとしては、企業規模や業種にもよるので一概には言えませんが、月次決算は主担当として一人で回せる、四半期決算・年次決算等の一般的な業務の経験は必須となってくるかと思います。

上記はあくまで一例ですが、どのような経験・スキルを有しているかにより転職できる先は変わってくるため、例えば、上場企業での決算(四半期決算・年次決算・連結決算等)経験があるというケースでは、大手企業まで含めて幅広くあなたにとって良い転職先を探っていくことが可能で、選択肢に広がりが持てると言えます。

希望条件から求人を探しても効率が悪いので、まずはスキル・キャリアの棚卸を行い、どのようなところへ転職が可能か整理して、そのフィールドの中から希望にあった最適な先を探していく方が全体的にミスマッチは少ないです。

仮に希望条件(労働環境等)における軸で求人を探して転職できたとしても、これまでの経験とのマッチ度合いと逸脱した職場へ転職しても、新しいことを覚えたりすることも大変ですし業務スキルミスマッチによる精神的負担もあるので、見かけ上程の時間の確保や充実度は味わえない可能性は高いです(完全なるキャリア志向での転職の場合はまた別ですが)。

自分の実績やスキルにあった求人は何か

先ほど記載した通り自分の実績やスキルについて考えてアピールポイントを明確にし、その活用が可能な企業へ転職するのは合理的な方法です。

転職のときには自分で求人を選んで応募することになりますが、果たして今までの実績や培ってきたスキルの価値を認めてもらえる求人を具体的に選び出すにはどうしたら良いのでしょうか。

大手で働いてきて四半期ごとの決算を正確に行えるというスキルがあったとして、そのスキルは中小企業で求められているとは限りません。

ベンチャー企業で新しい経理フローを作り上げた実績があっても大手企業で重宝してくれるとは限らないでしょう。

自分の能力を生かせる求人は何かをよく考えておくのは転職活動を進める上で欠かせないのです。

逆を言えば、一定度の業務を回せる人を欲する傾向にあり、上場企業の経理だと四半期決算もあるので見た目よりも残業が多く、1年中急がしくてかえって時間が取れないと言ったケースも多々あります。

この実情にあった求人を見つけるという作業が重要であり、ポイントとなります。

転職したい理由は何なのか

転職するときには理由もよく考えましょう。

冒頭では家庭の時間とキャリアのバランスとザックリ記載しましたが、それはつまりどういう状況なのかという整理です。

場合によっては同じ職場で働き続けた方が良い可能性も高く、あえて時間や労力、費用をかけて転職したいと思う理由は何なのかを十分に考えておくことは欠かせません。

給与に満足できない・残業が多すぎる・短時間勤務制度が形骸化しているといった制度上の理由もあれば、職場の人間関係が辛い・業務内容がつまらないなどといった現場に関わる理由もあるでしょう。

転職を決意する理由を明確にすることで次の職場の選び方も変わるので早い段階で考えておくべきポイントです。

転職先に求める条件は何なのか

転職理由に基づいて転職先に何を求めるのかを考えておきましょう。

今まで抱えてきた不満を解決できる条件は何かをリストアップするのがまず肝心です。

ただ、それだけでは不満が募ってしまうことは稀ではありません。

今まで満足してきた点が転職後に失われてしまうと新しい不満が生まれてきてしまうのです。

さらに、現職で経験してきたことを生かせるのも重要なポイントなので、詳しく条件を検討してリストにしておきましょう。

転職活動中の生活費はどれくらいかかるのか

家庭生活を考える上でもう一つ欠かせないのが生活費です。

30代女性の状況は人によってかなり違い、まだ独身のケースもあれば結婚して夫婦共働きのことも、自分が家計を支えていることもあるでしょう。

転職活動をしている間の生活費や活動費がどのくらいかかるのかを見積もり、手元に十分なお金があるかを確認しておくのも肝心です。

一般的には三ヶ月くらいで新しい職場で働き始められる傾向がありますが、実績やスキル、転職する地域によって違いもあるので予算は余裕を持っておくようにしましょう。

これらの情報を整理するのが面倒な場合は転職エージェントを頼る

30代女性が経理職として転職するときには転職エージェントのサポートを受けるのも重要な考え方です。

そもそも求人が非公開あるいは詳細情報が取り難い職種

なぜかというと、まず先ほど記載した通り情報を整理し、それらに適合する求人を見つけていくという作業が必要になりますが、正直経理職の求人は非公開だったり詳細に記載されていない募集が多いので、個人で情報取得をするのが困難だからというものがあげられます。

ご自身の状況整理は自分でもできるかもしれませんが、募集求人の詳細を適合するか否かに照らし合わせてチェックするのは至難の業です。

同じような30代女性経理職の転職事例を豊富に持っているから参考意見がもらえる

自分と同じような境遇の人がどういった転職をしてどういったキャリアや生活を送っているのかというのは転職を考えるうえでは良い情報と言えます。

転職において一番避けたいのはミスマッチであり、今よりも悪い環境へ転職したいと思う方は男女等の性別・年齢に関わらずいないかと思いますので、そういった意味でも具体的な事例を多数保持していてそういった事実をもとにしっかりとした転職のアドバイス・提案ができるエージェント利用はメリットが高いと言えます。

また、エージェントにもよるのですが、女性特有の悩みを男性アドバイザーにするのは抵抗があるという人も中にはいますが、希望すれば女性担当者をつけてくれるケースも多いので、そういった面でも相談しやすい(友達より他人の方が相談しやすいこともある)ケースもあります。

不安の解消に繋がり転職失敗リスクが下げられる

こうしたことから転職エージェントに登録して求人紹介を受けながら転職先を探すことで様々な不安を払拭し、転職に成功できる可能性も高まります。

自分の実績や強みについて棚卸しをするのを手伝ってくれるだけでなく、それに基づいてその能力を求めている企業を紹介してもらえるでしょう。
キャリアとライフ(生活)を両立しスキルアップもキャリアアップもしてプライベートも充実させていく転職を実現するには必要不可欠な存在と言えます。

さらに、在職中に求人に応募して内定をもらうこともできるので資金的な悩みがあるときにも魅力的な選択肢です。

転職活動にかける労力と時間を削減する方法として優れているので前向きに活用しましょう。

経理の転職というとMS-Japanが有名ですが、求人量の豊富さと経理職に対する理解度などの視点から良いアドバイスがもらえるものと想定されますので、とりあえず登録はしておきたいところです。

もし利用を検討される場合、経理の方が転職する上で利用すべき転職サイト等は下記の記事にて紹介しておりますので是非参考にしていただければ幸いです。

経理の転職サイト・転職エージェントのおすすめを紹介

30代女性経理が転職する場合は、現状と将来をしっかり見据えて転職活動しよう!

30代女性の経理職には転職している人が大勢いるのが現状です。

ただ、成功しているかはケースバイケースなので、しっかりと考えた上で適切な転職先を選びましょう。

まずは自己分析をして現状を正しく理解し、強みを生かせる職場を探すのが大切です。

そして、将来的にどのようにして働いていきたいかも考慮して適切な職場を見つけ出しましょう。

経理など管理部門におすすめしたい転職エージェントNo1のMS Agent<PR>

経理を始めとする管理部門転職決定率No.1の実績と創業から30年以上の歴史を持ち、保有する求人の数と質が高いのが特徴。各職種に精通したアドバイザーが所属しておりあなたにマッチする求人のご案内からキャリアの相談まで徹底サポートしています。
ABOUT US
株式会社インテグラルベース士業Job運営事務局編集部(管理部門領域)
職業紹介事業経験者や経理・財務・人事等の管理部門職として勤務経験のある方が執筆・監修を行っています。また、周辺領域である会計事務所などの士業事務所経験者が管理部門へ転職するケースなど幅広い状況を加味してコンテンツ作成を行っています。