メーカーの経理は狭き門?メーカーの経理へ転職するためのポイントがこちら!

経理・財務の転職お役立ち情報

メーカーの経理への転職は狭き門と言われています。

転職を成功させる為には、経験や資格の有無が大きく左右するのです。

そこで、メーカーの経理への転職を成功させる為に必要なポイントを紹介します。転職を考えた時にぜひ参考にしてください。

メーカー経理への転職が狭き門と言われる理由とは?

メーカーの経理への転職は難しいというイメージを持っている人もいるでしょう。

メーカーの経理はバックオフィスの人数が多いので、仕事をするに当たって負担が少ないように感じますし、簿記の資格などを持っていれば簡単になれるというイメージがあるかもしれません。

ですが、メーカーの経理への転職はそう簡単にはいきません。

メーカーの経理募集欄をよく確認してみてください。そこには、メーカーでの経理経験がなくては難しかったり、専門知識が必要だったり、かなり条件が狭いのです。

メーカーが経理を募集する時というのは、欠員補充の場合が多いのです。人気が高い職種なので応募人数が多いのに採用枠が少ないのもメーカーの転職が難しいと言われている理由です。

メーカーとしては、経験者を雇って即戦力となって欲しいと考えています。経理の経験が浅かったり、未経験者では転職を希望してもなかなか採用される事は難しいでしょう。

メーカーの経理への転職が狭き門と言われているのは、こうした理由があるからなのです。

メーカー経理への転職を希望する人の特徴がこちら!

経理の仕事というのは、メーカーの売上に関する計算を常に行い、ほんの少しの計算ミスも許されません。

経理の仕事は、正確性を必要とする仕事です。ほんの少しの計算ミスをした事が、会社の業績を大きく左右するのです。

経理の仕事というのは、とても神経を使う仕事なので、高い集中力や分析力が求められます。

経理への転職を希望する人の特徴には、地道に努力する事が苦にならず、数字に関する事が得意な人というものがあります。

経理への転職を希望する時には、性格も大きく関係するのです。

メーカーが転職で採用したい経理の特徴は何?

メーカーが転職で採用したい経理とは、どんな経理なのでしょう。

その特徴を知る事が出来たら転職する時にはかなり有利になります。そこで、採用の時に求められる人材の特徴を紹介します。

原価計算の経験がある

原価計算というのは、メーカーが提供する商品やサービスにかかった費用を計算するという事です。

商品やサービスを提供した時の原価を計算するだけではなく、予算管理を行う為の原価計算をしたり、原価が適正なのかどうかをチェックしたりと複雑な計算を行います。

その為、メーカーとしては原価計算の経験がある人材を採用したいのです。

メーカーでの業務経験がある

メーカーが求める人材としては、実際に業務経験があるという事です。

メーカーが求めている人材は、即戦力になる人材です。知識が豊富な人が即戦力になると思われがちですが、知識と経験には大きな違いがあります。

実際に業務を行い経験を積んでいる人は、咄嗟の事にもすぐに対処する事が出来たり、トラブルへの対応も速やかです。知識だけでは補えない経験というスキルを持っているのです。

その為、企業としては実務経験がある人を採用したいと考えているのです。

メーカー経理に採用されるために必要な資格は3つ!

メーカーの経理へ転職を考えている時には、具体的にどんな資格を持っていると有利なのでしょう。

ここでは、メーカーで採用される為に必要な資格を3つ紹介します。転職をする時の参考にしてください。

簿記二級

経理への転職を考えた時に、簿記の免許を持っていると有利だと考えている人は多いでしょう。

ですが、簿記の資格なら全てが有利という訳ではありません。

簿記2級は株式の処理も勉強する為、経営に関する知識も豊富です。経営への転職をするなら簿記2級の資格が必要となるでしょう。

TOIEC

経理とTOEICは一見すると関係がないように思えるかもしれません。

ですが、グローバル系の企業も増えてきた事から、語学力は付加価値として認識され、採用条件にもかなり関わってきます。

TOEICの資格を持っていれば、外資系企業など一気に転職先の選択肢が広がります。この資格をとっておく事は、転職する時には大切な事です。

法人税法能力検定

採用される為には、他者との差別化をはかる事も大切です。その為には専門性の高い資格をとる事が大切です。

法人税法能力検定は、法人税の税務処理に関係する知識を身に付ける事が出来る為、この資格を持っているとかなり有利です。

メーカー経理への転職に成功した人はこんな人!

実際に転職に成功した人を紹介します。

なぜ経理へ転職しようと決意したのか、面接ではどんな事が大切だったのかなど経験者の話を参考にする事は、転職する時にとても大切な事です。

転職する時の参考にしてください。

30代男性のM.Yさんは、それまで食品メーカーで経理を担当していました。

Yさんが転職を決意したのは、勤めていた食品メーカーの業績が年々悪化してきた事がきっかけでした。このままずっと食品メーカーに勤め続けるか、それとも別のメーカーに転職してキャリアアップを目指すか考えた結果、Yさんは転職を決意したのです。

転職サイトに登録したYさんの希望は、社員のキャリアアップに力を入れていて、その為の研修制度が揃っている会社との事でした。

Yさんの希望条件に合う転職先を探した所、比較的新しいIT系のメーカーで、経理の欠員募集をしていた所が見つかりました。

そのメーカーでは将来のリーダー候補を育成する為の教育プログラムが充実していて、海外との取り引きも多いので、簿記2級とTOEICの資格を持っているYさんなら十分採用の可能性が高いとして勧められたのです。

Yさんの面接を担当したのは人事課長と経理課長で、Yさんの経理としての実績を高く評価してくれました。

人事課長の説明では、簿記2級とTOEICの資格を持っているだけではない、Yさんの人柄そのものも高評価に繋がったという事です。

Yさんが面接をクリアする事が出来たのは、これまでに取得した資格と人柄が大きく関係していたのです。

Yさんが面接の時に大切にしていた事は、これまで食品メーカーの経理としてどんな業務をしてきたかを丁寧に説明する事と、自分の考えを素直に伝える事でした。

Yさんは無事に二次試験をクリアし、内定を得る事が出来たのです。

メーカーの経理への転職を成功させるためにはメーカーが欲しいと思う人材になろう!

メーカーの経理への転職を成功させるには、メーカーが欲しいと思う人材になるという事です。

転職先のメーカーについて学び、そのメーカーに真に欲しいと思われる人材になるには、必要な資格をとったり、経験を積む必要があります。

そして、面接の時に大切なのはこれまでの経歴や実績を出来るだけ丁寧に伝える事も必要です。

人気記事経理・財務に強い転職サイト・転職エージェントは?転職で失敗しないために

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

大手上場企業やIPO準備企業等のベンチャー企業の管理部門(経理・財務・人事・労務・法務等)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門・士業としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。