第二新卒者が経理に転職するコツまとめ~若さを活かした転職のポイントとは

経理・財務の転職お役立ち情報

第二新卒の方で経理職への転職を検討する方が多くなっています。

どの会社でも必要とされる経理職は、会計分野の仕事が未経験の第二新卒の方であっても、コツを掴んだ転職活動を進めていけば、就業は可能になるものです。

資格を取ったり、自分の若さをアピールすることで、希望の就業先への転職を実現することが可能になります。

第二新卒者は経理職への転職は難しいのか?

第二新卒の方で経理職への転職を考える方が増えています。

会社のお金を管理する経理職は、どのような業種でも求められる汎用的な仕事になります。コツを抑えた転職活動を進めることで、未経験の第二新卒の方でも経理職への就業は可能になります。

社会人経験がある第二新卒の方は、やる気さえアピールできれば、多くの企業で即戦力として期待するものです。会計分野が未経験であったとしても、経理分野への転職を検討してみるのが良いでしょう。

第二新卒者が経理職に転職する際の強み・弱みについて

第二新卒の方が経理職への転職を考える際にも、採用担当者が自分をどのように見るかを不安に感じる方も多いことでしょう。経理の採用担当者が、第二新卒の方をどのように見るかについて、以下に示します。

社会人としてのマナーが分かっている

第二新卒の方は、学校を卒業して数年の間は会社で就業をしているものです。社会人としての基礎研修を受け、ビジネスマナーや、会社での立ち居振る舞い、取引先との対応などの社会人としてのマナーが分かっているのが普通です。採用する側から見ても、ビジネスマナーを教育する手間が省け、経理に関する実務を教えるだけで戦力になる点が魅力に見えるものです。

すぐに辞めてしまうのではないかと企業側から懸念されてしまう

第二新卒の方は、どのような理由であったとしても、新卒で入った会社を辞めてしまっているのには変わりはありません。本人が前職でどのような感じで働いていたかの詳細までは、採用担当者も見えない部分がありますので、第二新卒の方の採用を検討する方も、自社で雇ってもすぐ辞めてしまうのではと考えがちです。第二新卒の方が経理職に転職する際には、長く働きたいと採用担当に印象付ける転職活動を行なうのが採用されるためのコツです。

第二新卒者が経理職への転職を成功させるためのポイント

第二新卒の方が経理職へ転職を成功させるためにはコツを掴んだ転職活動を進めることが大切です。以下に、第二新卒の方が経理職への転職を成功させるために抑えておくポイントを示します。

簿記検定3級・2級を取得しておく

第二新卒の方が経理職への転職を考える際でも、会計に関する経験や知識が無いと、採用時に自分をアピールするのが難しくもなっていきます。学校で会計に関する学習を行っていたので無ければ、簿記検定の資格を取得し、会計知識があることを面接時にアピールするのも良いでしょう。簿記検定を取得する際には、基本的な商業簿記のスキルを証明する3級だけではなく、可能であれば工業簿記までをカバーする2級の資格を取得しておくほうが良いでしょう。

ミスのない正確な仕事ができることをアピールする

経理の仕事は、会社の営業活動により生じる数字の流れを管理する重要な仕事です。経理職で働く方は、細かな点に気がつく、ミスの無い仕事ぶりができるかを求められるものです。第二新卒の方が経理職へ転職する際には、コツコツと地道な作業をミス無くできることを相手に印象付けることが大切です。

様々な部署の人達と上手に関われるコミュニケーション能力をアピールする

経理職は、会社において様々な部署とコミュニケーションを取るものです。営業部と売上伝票のやり取りや、買掛金の扱いを相談したり、技術部門へ原価計算の視点でアドバイスを行ったり、経営層に対して財務状況の改善や資金繰りの検討のために必要となる資料を作るなど、地味な印象のある経理職ですが、黙々と作業をするだけではなく、各部門との連携が必要となる高いコミュニケーション能力を必要とされる仕事でもあるのです。

今までの就業経験を活かした円滑なコミュニケーションが可能な点を面接時にアピールすることを心がけましょう。

前職で得た強みをアピールする

第二新卒ということは、社会に出て何かしらの就業経験を持っていることを意味するものです。営業職であっても、技術職でも、現場で経験した業務内容を経理職に活かすことは可能です。数字の流れの把握だけではなく、現場で経験した業務内容の感覚で数字を管理できることをアピールするのも良いでしょう。

将来的に会社の心強い戦力になれるよう若さとやる気をアピールする

第二新卒といっても、新卒と比べて年齢に大差があるわけでもありません。経理職が未経験だとしても、これから働くことで自社の戦力に変わっていくであろうという印象を面接時に強くアピールすることも大切です。

長く働き続けられるという根性を示す

第二新卒の方を採用する際に、採用担当者の方が不安に感じてしまう部分に、長く勤まるかを不安に感じる部分があります。新卒で入った会社を辞めてしまったことを意識させないような、強いやる気をアピールするよう心がけましょう。

ネガティブな志望動機は避けよう

第二新卒の方が面接で話す際には、志望動機を求められたりするものです。前職で営業を行っていて、ノルマをこなすのが厳しく、経理職への転職を希望したというようなネガティブな志望動機ではなく、財務会計のスペシャリストとして将来を歩んでいきたいというような、ポジティブな志望動機を答えることも大切です。

転職エージェントに転職をフルにサポートしてもらう

第二新卒の方が経理職への転職を考える際には、専門の転職エージェントを活用するのもコツです。経験豊富なアドバイザーの指示を受け、希望の就業先への転職を実現させましょう。

あなたの望み・適正から良い転職先を探してもらおう

転職エージェントを利用すれば、自分の希望や適正を判断してもらい、マッチングした就業先を紹介してもらうことが可能になるものです。豊富な経験を持つアドバイザーの方の意見を聞きながら、自分にあった転職先を見つけられるようになります。

1人では思いつかないような魅力的な転職動機を一緒に考えてもらおう

転職エージェントの方は、広範な業界へのネットワークを持っているものです。自分で転職サイトを見ている時には思いつかないような、大手の会計事務所や、コンサルティング会社への就業なども、転職エージェントを利用すれば実現できたりするのです。

経理の方が転職するにあたりおすすめの転職エージェント・転職サイトを紹介しておりますので、以下の記事も合わせてご参考ください。
経理は専門職としての一面も持ち合わせておりますので、経理に詳しい転職エージェントに相談するようにしましょう。

経理・財務に強い転職サイト・転職エージェントは?転職で失敗しないために

2020年5月21日

第二新卒者は若さと今後の伸びしろを最大限にアピールしよう

第二新卒の方が経理職へ転職をする際には、コツを掴んだ転職活動を進めることが大切です。簿記検定などの資格を取得して、自身の会計スキルのアピールを行ったり、転職エージェントを活用した就業先探しを行なうなど、効率的な転職活動を行なうことが重要です。第二新卒だというネガティブなイメージを与えず、将来への戦力になることを印象付けることが大切です。

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

IPO準備企業や新規事業展開を行う成長企業の管理部門(経理・財務・人事・法務)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門人材としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。
«前へ
次へ»