経理・財務に強い転職サイト・転職エージェントは?転職で失敗しないために

経理・財務の転職お役立ち情報

公認会計士や税理士が経理へと転職する際はもちろん、
一般の経理・財務部門で働いている方にもおすすめの転職エージェント・転職サイトを紹介します。

経理というと総合型の転職エージェントを活用される方も多いのですが、
専門職としての一面も持っているので、エージェントを活用するのであれば、経理の転職に詳しい転職エージェントを活用されることをお勧めします。

単純な求人の紹介だけではなく、キャリアパスや他の方の転職後の事例なども含めて、多角的なアドバイスをもらうことができます。

経理の転職マーケットはどうなっている?売り手市場なのか?

はじめに、経理の転職市場について見ていきたいと思います。

昨今、事務業務はAIやRPAにとってかわられるため、経理職は人材の需要が減るのではないかと疑念を持たれている方もいらっしゃいましたが、現時点においてはむしろ経理職の人材需要は伸びており、比較的条件の良い職場へ転職がしやすい状況です。

確かに一般事務の求人は、求人数よりも転職希望者の方が多い状況なのですが、
経理事務や一般の経理というところでいくと求人需要の方が圧倒的に高い状況が続いています。

基本的には経理の経験者や会計事務所等で専門的なスキルをもった方が欲しいというのが企業側の本音ではありますが、
こうした背景もあり、比較的経験の浅い方でも転職が可能な状況が続いています。

長期的なスパンで見た場合、単純な業務しかできない方は確かに職を失っていく可能性もありますが、
経理は単純業務だけではありません。
今のうちからスキルアップが目指せる企業の経理部門へと転職を考えておいても良いでしょう。

なお、公認会計士や税理士などの専門スキルを持った人材は、一般的な経理スタッフとしての求人ももちろんありますが、
財務部門の責任者や管理会計の導入、IFRS導入支援など様々なポジションの求人案件がありますので、幅広い目線で求人を探すことができる市況ではあります。

また、ベンチャー企業においては、IPOを目指す企業も多く、管理部門(経理・財務部門等)構築から監査法人対応、内部統制まで幅広く業務が行える公認会計士の需要もかなり大きいです。
その他、海外展開を検討する中小企業も多いため、語学力のある方はどこでも重宝されるでしょう。

このように、経理や財務の経験の浅い方からプロフェッショナルレベルの方まで、幅広いスキルの経理人材が今企業で求められているのです。
ここ数年でもっとも転職のしやすい状況がやってきている状況です。

経理・財務の転職におすすめの転職エージェント・転職サイトを紹介

ここからは、経理として転職するのにおすすめの転職エージェントを紹介します。
以下に紹介する転職サイトは実績という点では申し分ありませんので、それぞれの特徴を見ていただき、気になったところを活用していただければと思います。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

経理・財務・税務・会計分野の転職に強い転職サイトです。

サイト名に「最速」とついている通り、独自の技術(AI)と膨大なデータを用いて超スピーディーに希望にマッチする求人の提案が受けられます。応募から内定まで最短で12時間ととてもスピーディーに転職活動が行えます。

単にAIによる求人の提案を行うだけでなく、経理の転職に精通したエージェントに相談することもできるため、ミスマッチの無い転職が実現できるでしょう。

転職活動にかかる手間や無駄を大きく削減できるため、忙しくてなかなか転職活動に割ける時間がないという方や子育て等で転職活動の時間がとり難いという方の利用にもおすすめです。

テクノロジーと人をうまく融合させた転職サービスということもあり、実績も上がってきておりますのでこの機会に是非利用してみてはいかがでしょうか。


MS-Japan

企業の管理部門(経理・人事・総務等)への転職と会計事務所業界への転職に強い転職エージェントです。
経理を始めとする管理部門への転職をお考えであれば、間違いなく活用した方が良い転職サイトです。
企業の管理部門への転職支援という点では、トップクラスの実績を誇っており、経験の浅い方からレベルの高い人材向けの転職まで幅広く対応しています。
経理経験者の転職の場合、稀に経理から会計事務所等の会計業界への転職を検討される方もいらっしゃいますが、
そのような場合、企業の経理と会計事務所業界の双方に詳しいこちらの転職エージェントの活用が良いでしょう。

当然ですが、書類の書き方から面接対策まで対応していただけるので、面接などに不安がある方も安心です。
求人数も豊富で、幅広い選択肢の中から転職先を選ぶことができるので、経理の転職ということであればとてもお勧めできる転職エージェントです。

ジャスネットキャリア

公認会計士の方が創業したということもあり、財務・経理・会計に関する転職という点ではとても強く、頼りになる転職エージェントです。
経理経験者であれば、上記のMS-japanさんとお好きな方をどちらか活用すれば問題なく転職できるであろうと考えられます。

どちらかと言えば経理経験が3年以上ある方向けの転職エージェントなので、経験者がこれから先どのようなキャリアを構築していこうかと迷っている時に活用すると良い転職エージェントです。

doda

総合型の転職エージェントです。
テレビCMもやっているので、知らない方はいないでしょう。
こちらの転職エージェントも評判がよく、書類の書き方から面接対策まで行ってくれます。転職においてはキャリアの棚卸が重要になりますが、そうした振り返りのためのコツ等も教えてくれるので、志望動機の考える際などにとても参考になります。
言うまでもなく、経理の求人はかなり保有しており、大手上場企業から中小の優良企業まで、各レベルに合わせた求人を取り扱っているため、キャリアの浅い方でも応募できる求人は多数保有しています。

先に紹介した2社で希望の求人が出てこなかった際や大手上場企業に絞って転職したいケースで利用されると良いでしょう。

経理・財務のハイクラスポジションへと転職したい場合はどうすれば?

経理スタッフとしてではなく、経営に近い経理・財務の責任者ポジション等で転職したいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。
そのようなケースでは、ビズリーチを利用されるのが良いでしょう。

こちらは転職エージェントではなくスカウト型の求人サイトになります。
登録すると優良企業や上質なヘッドハンターからスカウトが届きます。
基本的に一般的な求人サイト等では取り扱っていないレベルの高いポジションの求人が多いので、上のクラスを目指すのであれば必ず利用しておきたい転職サービスです。
良いスカウトを受け取るためにはある程度スキル・年収(750万円程度)が必要になりますが、
ハイクラスポジションへの転職に興味のある方は是非登録しておきましょう。
以下から経理・財務のハイクラスポジションの求人の一部を確認することができますので、興味のある方はご覧ください。

CFO・コントローラー・経理・財務ハイクラス転職・求人検索

公認会計士が経理へと転職する場合はマイナビ会計士の活用もおすすめ

公認会計士が企業の経理部門へと転職されるケースも増えています。
こうしたケースでは、同じ経理でも求められる能力や役割も異なってくるケースもあるため、
会計士の転職に詳しいエージェントの活用がおすすめです。

会計士の事業会社の経理への転職と言うと、上記で紹介したMS-Japanさんの実績がかなり高いのですが、
ここ最近で行くと、マイナビ会計士での実績をよく聞くようになってきており、特に監査法人からはじめて転職される会計士資格者の方向けのアドバイスやサポートが充実しているので、若手の会計士には特に良いのではないかと思います。

全くの未経験だけと経理に転職したい方はどうすれば?

全くの未経験者の方は、最低限簿記3級・2級あたりの知識の習得はいるでしょう。
そのため、まずは簿記検定3級を取得されることをお勧めします。

ジャスネットキャリアさんでは、こうした経験の浅い人向けに経理や簿記の勉強ができる動画サービスを行っています。
簿記程度であれば独学でも十分なのですが、興味があるという方は、こちらも参考にしてみてください。
初月無料で経理の仕事に役立つ150以上の動画が学べるサイト【Accountant’s library】

経理の転職で評判の良いおすすめの転職エージェントまとめ

ここで紹介した転職エージェントさんは評判が良いので、どこを活用しても問題はないでしょう。

【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】最速転職HUPROに関しては、経理のみならず、会計事務所への転職にも強いので、
これまでの経理経験を活かしつつ新しい分野で働いてみたいといった希望や、会計事務所等でどのようなキャリアパスが描けるのか聞いてみても面白いかと思います。

公認会計士の方で事業会社の経理・財務への転職をお考えの方は、マイナビ会計士を中心に考えていくのがおすすめです。

転職エージェントを活用する際の注意点として、担当のエージェントの方との相性が合わないという問題も出てきます。
人間同士のやりとりになるので、どうしても価値観や考え方が合わない方が担当についてしまうこともあるのです。
そうした場合、エージェント会社側に、担当を変えてほしいということを伝えることで、別の方が担当をしてくれるケースがほとんどです。
転職というと人生の大きな転機の一つとなりますので、悪い気がする、というような変な気をつかわず、後悔がないようにすることをお勧めします。

経理におすすめの転職サイトまとめ
最速転職HUPROの無料AI転職診断
※転職活動のための時間が割けない、転職エージェントと会って話をするのは面倒と感じている方に良いでしょう。
AIと膨大なデータを活用してあなたにマッチする最適な求人の提案をしてくれます。テクノロジーを活用し転職の面倒な部分の最適化を目指しているので、軽い負担で情報収集ができます。とりあえず今のスキルでどんな求人出てくるのかな?など気軽に試したい場合などにかなり良いです。
キャリア志向の方はもちろん、企業の残業時間や休日日数データも加味した解析を行っているのでワークライフバランスを重視したい方にもおすすめの転職サービスです。

マイナビ会計士
※公認会計士が経理へ転職する際におすすめです。
大手総合型の転職エージェントということもあり、事業会社と会計士向けコンサルの求人が豊富です。転職ノウハウと情報はかなり持っているので監査法人以外のフィールドへ転職するケースにおいてはまずはこちらを活用するのがよいでしょう。

【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】
※経理・財務で転職をお考えの方で登録していない人はあまりいないかもしれませんが、企業の管理部門への転職においてはトップクラスの実績を誇っています。
経理の転職においては必ず登録しておきましょう。