英語ができる経理は転職で引く手数多?英語力が活きる経理の転職とは

経理・財務の転職お役立ち情報

経理の仕事も転職先がグローバルに事業を展開している企業であると、英語力が必要となるでしょう。

英語力を測る一つのテストとしてtoeicがあります。

本記事では、経理職についての英語の必要性や、どのくらいのtoeic点数が必要になるのか紹介します。

経理の業務で英語力・TOEICが必要になる場面とは?

経理の仕事でも、海外子会社があるグローバル企業で働いている場合や海外と取引のある企業の場合は英語力が必要になるでしょう。

本項ではそれぞれのシチュエーションについて、英語力が必要になるシーンを紹介します。

海外子会社があるグローバル企業で経理をしている場合

グローバル企業に勤める場合は、toeicで高得点を取ると大きな力になります。

特に海外に子会社があるグローバル企業では、海外の子会社を含めての連結決算を算出することが必要です。

当然、海外の子会社の決算書は英語で記載されているため、連結決算を算出するには英語読解能力が必要なのです。

また、連結決済を算出するにあたり、海外支社に対して資料授受作業や送られてきた資料に対して質疑をする必要があり、この時に英語のヒアリングとスピーチ能力も必要になるのです。

また、経理担当者でも企業買収などをする際に、海外出張することもあります。買収候補の経理状態をチェックするために経理担当者が必要となるのです。

その他にも、海外の子会社への会計処理指導としてテレビ電話会議をすることがあり、そんな時も英語力が必要です。

海外との取引がある企業で経理をしている場合

海外に子会社がない場合でも、海外企業と取引があれば英語力が必要です。

海外企業と取引する際には、必ず条件などを定めた契約書を作成します。

社内に翻訳する営業マンがいれば良いのですが、翻訳者がいないケースもあり、その場合は経理担当者が自力で英語の契約書を読む必要があるのです。

英語ができる経理が転職で引く手数多と言われる理由はこちら!

日商簿記1級を取得している上、toeicがハイスコアであると企業からはかなりの高評価が得られます。

大きな企業であるほど、経理職の人は日商簿記1級や公認会計士、税理士などの資格を保有している方が在籍しているケースは多くあります。

そうした中、上記のような資格を保持していなくとも他の方と差別化できるのが語学力です。

大企業でも実務に耐えうる英語力を保有している人は、12%から14%程度しかいません。

企業の中では、会計・税務スキルと語学力、社内事情の知識を有する人材を求めています。

また、このようなスキルを持っていると社内でも居心地が良いはずです。

TOEIC(英語力)と経理の年収は本当に関係しているの?

経理の仕事の求人を参照すると、語学力が必要な案件は3割から4割程度あり、語学力が必要な求人案件は多い傾向です。

しかも、語学力が必要な案件は年収が高いのが特色です。

もし、スカウト制度のある転職サイトを利用すると、toeicの点数が高ければオファーを受けやすい傾向でもあります。

特に語学力があると、外資系企業やグローバル系の企業など職場の選択肢も広がり高収入案件にも出会えます。

なお、転職サイトや転職エージェントを利用したとしても語学力ははっきりと付加価値として認識してもらえますので、転職も有利です。

経理の転職を成功させるための英語学習方法はこちら!

近年のビジネスのグローバル化が進む中、経理担当者や監査法人に勤める人にとって英語を身につける必要性は日を追うごとに高まっています。

英語の金融ニュースや決算書を正確に読む能力は、全てのビジネスマンに求められ始めています。

特に会計で使用する英語は専門用語が多く含まれているため、会計分野に絞って集中的に学習するのがおすすめです。

職業別レッスンプログラムがあるオンライン英会話のmytutor(マイチュー ター)を使う

mytutorは、専門分野で必要となる英語をシチュエーションごとで学べて、専門職の人の即戦力を養うために最適化されています。

職業別のレッスンプログラムが用意されているのです。

特に会計・経理分野のプログラムは、Accountingと呼ばれるクライアントや同僚と英語でコミュニケーションするための最適なプログラムが用意されています。

ビジネスに強いオンライン英会話mytutor

PROGRIT

英語コーチングサービスで、本気で英語力を伸ばしたいとお考えのケースではおすすめです。
科学的知見に基づいた学習カリキュラムの設計と専属コンサルタントによる徹底したサポートにより、短期間で飛躍的な英語力の向上を実現します。

英語学習コンサルティング【PROGRIT(プログリット)】

USCPA(米国公認会計士)の資格習得にチャレンジする

USCPAとは、アメリカの各州が認定する公認会計士資格です。

この資格は世界で最も広く知られたビジネス資格といっても過言ではありません。

世界中の人々がキャリアアップなどの目的でこの資格にチャレンジしています。英語がある程度身についたらこの試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この資格は4つの科目に合格してライセンスを取得することで、USCPA(米国公認会計士)の資格を取ることが可能です。

各科目の75%以上の得点が合格ラインで、出題方針は広く浅くが特徴の試験です。難易度の高い出題はないものの、広範囲からの出題です。

短期合格を目指す場合は、効率よく全科目を網羅する学習法が必要です。

ただし、この試験は1科目ごとの受験ができますので、マイペースに1科目ずつ取得していく方法も選べます。合格科目の有効期限は各科目18カ月です。

USCPAの魅力は活躍の場が広がることです。

語学力を活かして活躍の場を広げたいとお考えのケースではUSCPA取得は効果的です。資格取得においてはアビタスが有名ですので、興味のある方は資料請求などしてみると良いでしょう。以下にリンクを掲載しておきます。

USCPAを目指すならアビタス。

経理の転職で有利になるにはTOEICで600~700点以上は必要!

一概にtoeciのスコアで判断することはできないのですが、例えば、テレビ会議をする場合に議題が決まっていて使用される専門用語がだいたい分かっている場合は、toeic600点~700点くらいのスコアがあれば会議もなんとかついていくことができるようになるでしょう。

600点に満たない人の場合は、テレビ会議でヒアリングできている様子はなく発言もできない傾向があります。

また、英文の契約書を見る際にも最低限の語学力は必要です。

ただし、一人で海外出張に行き重要な契約をするなどの仕事はtoeicのスコアもある程度欲しいのですが、それ以上にネイティブレベルの語学力も求められます。
実際語学がある程度必要になる職場の社員たちは800点前後くらいのスコアの人が多いですが、企業サイドとしてはスコアだけでなく、全般的に語学力を磨いて欲しいと考えている経営者が多いようです。

経理の転職ではtoeicや英語力を活かそう!

経理担当者もこのグローバル社会を生き抜いていくには、語学力を磨く必要があります。

最低でもtoeicで600点以上のスコアを取れるように頑張りましょう。

特に大手企業であると、経理担当者のほとんどは経理の資格は持っています。そこで差別化ポイントとなるのは語学力なのです。

mytutorを利用するなどして語学力を身につければ、経理担当者として引く手数多となります。

英語など語学力が活かせる経理の転職に強いエージェントについて

語学力が活かせる職場へ転職したいとお考えの経理の方向けに転職エージェントをご紹介します。
当サイトでも経理の求人は掲載しておりますのでこちらもご確認頂ければうれしいのですが、実際の転職においてはエージェントの活用も有効ですので是非ご参考ください。

キャリアアップ・キャリアプランに悩む経理におすすめの転職サイト・転職エージェント
エルキャリ
※大手監査法人での勤務経験や事業会社の経理としての勤務経験、起業経験を持つエージェントが転職の相談や求人の紹介を行ってくれます。経理の求人を紹介してくれるのはもちろん、語学力と経理の経験を活かして例えば会計業界で働きたいといったケースやコンサルで働きたいといったケースでも良い転職先を紹介してくれます。
会計・財務の専門家として働いてきた経験と起業家としての顔を持っているので、語学力を活かした転職先の紹介はもちろんキャリアの相談をするにもとてもおすすめです。

JAC Recruitment
※JACさんはグローバル企業や外資の求人も多く、英語などの語学力を活かした経理の転職を実現するのにとても良いです。
情報提供レベルも高いので、語学力を活かした転職をお考えのケースでは必ず登録しておきましょう。

最速転職HUPROの無料AI転職診断
※AIと膨大なデータを活用してあなたにマッチする最適な求人の提案をしてくれます。
英語力を活かした転職先を探すケースではスピーディーに求人サーチが出来る点と現在のスキルでどのようなところへ転職できるのか判断することができるため、まずは会員登録をしてみると良いでしょう。

【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】
※経理の転職全般に強く、求人量も豊富なため、語学力の有無に関わらずとりあえず登録しておいて損はない転職エージェントです。

ジャスネットキャリア
※経理・会計分野にとても強い転職エージェントです。
特別語学力の転職先に強いわけではありませんが、経理の求人は豊富で実績もあるのでおすすめです。

人気記事経理・財務に強い転職サイト・転職エージェントは?転職で失敗しないために

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

大手上場企業やIPO準備企業等のベンチャー企業の管理部門(経理・財務・人事・労務・法務等)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門・士業としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。