経理の転職理由、面接で聞かれたらなんて答えればいい?転職理由の考え方

経理への転職を考えた時に、転職動機について答え方に困るという人もいるでしょう。

転職動機は採用に大きく関係するので、できるだけ魅力的に感じる動機にしたいものです。

そこで、どのように答えたら良いのかを考えてみましょう。

経理担当者はなぜ転職を考える?転職理由トップ5はこちら!

経理担当者は経理職のどこに不満があって、なぜ転職を考えるのでしょう。

そこで、転職理由トップ5を紹介します。まずは転職理由を知る事から始めましょう。

労働時間や環境が不満だった

労働時間に対して不満を感じるという人もいます。

お金を扱う経理は帳簿とお金が合わなければ帰る事ができず、長時間の残業もあり得ます。肉体的にも疲労が溜まり辞めてしまうという人もいます。

また、環境にも不満を感じている人は多いものです。

なぜなら、経理は会社の経営を陰から支える重要な業務でありながら周囲からは間違いが許されない仕事としてのプレッシャーが強く、精神的にもストレスを感じる事が多い職業です。

そういった職場の環境に不満を感じ転職を考える人もいます。

人間関係がうまくいかなかった

経理の仕事というのは、狭い部屋でいつも同じ人と長時間を共にします。

些細な事から意見が合わなかったり、意思疏通が上手くいかなくなると途端に人間関係が悪くなってしまいます。

1度こじれてしまった人間関係はそう簡単に戻る事はなく、『気まずい思いをしながら過ごすぐらいなら職を変えた方が良い』と転職を考える場合もあります。

給与やボーナスが低かった

経理は会社の経営を支えていますが、その給与やボーナスは安くその事に不満を感じるという人もいます。

なぜ経理職は給与やボーナスが安いのでしょう。それは、経理職は特別なスキルが必要ではない為、少し知識がある人なら誰でもできてしまう仕事ということがあります。

それでいて評価がされにくい仕事でもあるのです。

業務が多いのに給与もボーナスも低い事が納得できず、転職に踏み込む人もいます。

仕事内容自体が面白くなかった

経理の仕事というのは、その内容は単調なものが多くつまらないと感じる人が多いものです。

確かに、経理の仕事は毎日同じルーティンで回っていきます。

業務時間はほとんどデスクの前に座りパソコンを見つめ、書類を作成をするという繰り返しです。

その単調な日々に嫌気が指して転職を決める事もあります。

経理の転職理由はネガティブにならないようにしよう!

経理からの転職を希望する動機にはネガティブな要素が多いものです。

ですが、動機を聞かれた時にそのままネガティブな要素は話さないように心がけましょう。

その理由は、採用担当者が聞いた時に良い印象を持たないからです。転職希望者にとっては真実の事でも、聞いている方からすると単なる不平不満を口にしているだけにしかうつらないものです。

例えば、残業時間に不平不満があった場合にそのまま伝えてしまうと、採用担当者からすると『残業が嫌なだけではないのか』と受け取られてしまうかもしれません。

更に、上司や同僚との人間関係が上手くできなかった事を話すと、コミュニケーションが上手くとれないのではとされてしまい、採用される事は難しくなるかもしれません。

転職する時の志望動機は内容によって、その人の人柄さえも形成してしまいます。

転職動機を聞かれた時には、ネガティブな動機は言わないように気を付けて少しでも前向きな印象にしましょう。

ネガティブな転職理由ならポジティブに伝えるようにしよう!コツはこちら!

ネガティブな転職動機をどのようにしたらポジティブなものへと変える事ができるのかというと、それには転職そのものの意義を考える必要があります。

単なる今の職場が嫌だから転職をするというものではなく、転職はステップアップする為だとポジティブな考え方にしてみましょう。

そうすれば、転職動機も自然とポジティブなものへと変える事ができます。

例えば、人間関係に疲れた事が理由だとしても転職する時には、『以前の職場では個々の個性や能力を大切にしてきました。ですが、1つの大きなチームとしての達成感を感じてみたいと思い転職を考えました』と言い換えればマイナスな印象にはなりません。

大切なのは、本音も入り混ぜながら転職への意欲を感じさせる事です。

ポジティブな転職動機にする事で、採用担当者から見た時に仕事に対する意欲を感じてもらえます。

伝えなくてはならないのは、転職に対しての自分の考え方です。志望動機が好印象だとそれだけ採用の可能性が近づきます。

そして、言葉だけではなく表情も大切です。明るい表情を心がけると更に好印象になります。

経理の転職では志望動機をしっかり練ろう!『御社じゃなきゃダメ』という熱意を伝える3つのコツ

経理の転職では、志望動機をしっかり練っておく必要があります。

大切なのは、『御社じゃなきゃダメ』という気持ちを全面に押し出す事です。

そこで、転職の時に熱意を伝えるコツを3つ紹介します。面接の時の参考にしてください。

企業が採用したい人物像を明確にする

転職を成功させるには、自分の志望動機と会社の採用したい人物像が一致する事が大切です。

企業が探し求めている人材を知る為には求人票を確認してみる事が必要になります。

求人票を隅々まで読む事で企業がどんな人材を探しているのか知る事ができるかもしれません。

面接を受ける前に、企業が探す人材の特徴を知り、その人物像を明確にしましょう。

企業のホームページを確認し人事部のメッセージをチェックする

転職を考えている時には、企業のホームページをチェックする事も忘れないようにしましょう。

その中に採用情報のページがあったら、そこをじっくりと読んでみてください。

特に大事になるのは人事部からのメッセージです。そこには単なるメッセージではなく、採用したい人の特徴も書かれている事があります。

何度も読み返して、どういう人材を探しているのかを考えてみましょう。

企業理念に共感できるかどうか確認する

企業のホームページには企業理念が書かれています。

企業の経営者がどのような思いで経営を行っているのか、将来はどのような展望を持っているのかを知り、その考えに共感できるかどうかを確認しましょう。

企業が採用したいのは、経営理念に賛同してくれる人です。

前もって経営理念を熟知し、面接の時にその内容に触れると一気に好印象になります。

経理の転職では理由をしっかり練って事前のチェックポイントを押さえよう!

経理の転職では志望動機をしっかり練る事が大切です。

その為には企業が求めている人材について、事前のチェックポイントを元にしっかり押さえてから対策をしておきましょう。事前に対策をしておく事で企業が採用したい人材を知る事ができます。

企業が探している人材に近づく事で、採用されるかどうかが大きく変わってくるのです。

管理部門・士業の転職に強み!
転職エージェントサービスエルキャリ!

IPO準備企業や新規事業展開を行う成長企業の管理部門(経理・財務・人事・法務)の求人案件や税務・会計・財務のプロフェッショナルを求める求人案件が多数あります。 独自ルートから入ってくる求人案件も多数あり、管理部門人材としてキャリアアップ・スキルアップしたい方向けの求人が豊富です。
«前へ
次へ»